TopRSS管理
春は放棄の季節
今日は犬3匹、猫2匹を放棄された知らせを受け
マルチーズのハーフのような女の子を引きとりました。
まだ環境が変わったばかりでセンターでも少し緊張している様子でした。
でも外にお世話の職員の方が連れて行ってくださって
日の当たるところで足の間にピタッとくっいてお座りをしていました。
声をかけると手をペロッと舐めてくれて抱っことすがってきました。
飼い主から離されて知らない場所で心細かったのでしょう。
車の中のボイジャーに入れて来ましたがとてもおとなしく声1つ出しません。
そして我が家について他の犬たちが見に来ても
犬にも何の問題もなくおとなしくケージに入っています。
むくむくの毛をトリミングしていただいてから募集掲載いたします。
2015-3-30-001.jpg
でも初心者の方でも飼えるような性格が扱いやすい子です。

「春は出逢いと別れの季節」と言いますが
犬猫達には理由も分からず不安な気持ちでセンターに収容されてしまいます。
それでも尾を振ってくれる姿に痛々しさを感じます。
多頭飼育の飼い主が放棄は不幸な数が一気に増えてしまいます。
人間は明日何が起きるか分かりませんがそうなったときの
犬猫の処遇も考えておかなければならないでしょう。
残してきたメス犬は「シュナウザー?」風。
尾も断尾されていました。
男の子はペキニーズ×?。
早くに引き取り団体さんが来ていただけますように。
[2015/03/30 16:10] | 動物収容センター | page top
| ホーム |