TopRSS管理
引取り屋言う業種
繁殖業者がいらなくなった犬猫は法改正により
自治体で引き取りを拒否できるようになりました。
繁殖に使った後は処分せず終生飼いなさいという趣旨で改正されたことでしょう。
しかし現実問題としてエサ代をかけ生きている間
最後までこのような業者が飼っていると思いますか?
「殺処分0」と言う言葉の陰でさらに不幸な犬猫を増やすことになっています。

今朝の朝日新聞に「引き取り屋と言う闇」と言う記事が出ていました。
生ませるだけの道具として一度も走ることも抱っこして可愛がってもらうことも無く
狭いケージの中で産まされまたこのような業者に引き取られ
飼い殺し状態で一生を終える事になるのです。

この間栃木県で起きた犬の遺体遺棄事件もこのような繁殖業の闇を表しています。
またそれを商売にする人間がいること自体、
単に「引き取り拒否」は動物愛護の点からみれば何の改善策にはなっていません。

今後このような「引き取り屋」が増えて劣悪な環境で犬猫を引き取り
ただ生かしておくという最悪な運命を強いられる動物が増えるでしょう。
動物保護法では動物たちを本当の意味で守ることは出来ません。
「業者の犬猫は引き取り拒否」と法改正した時に
それではそのあとどうなっていくのかと言うところまで突き詰めた討論はされたのでしょうか?

当会としてはこの問題を「本当に犬猫の愛護」と言う次元で考えていきたいと思います。
1つの案ですが「自治体に業者の相談窓口」を作り愛護団体に連絡する。
引き取れるとなった時に業者は「不妊、去勢手術代、ワクチン代」をセンターに支払う。
センター、協力病院にてケアーを済ませ愛護団体が里親探しを行う。
本来は繁殖業者が「里親探し」を行うのが筋と思いますが
いらない犬猫ですから誰でも渡してしまうことが危惧されます。
また虐待目的で引き取るような人間もいることも事実です。
そんなことから愛護団体が介入し
1匹1匹を確実に飼育できる家庭を探していくほうが安全な方法と思います。
これを遂行するためには協力獣医、
センターに保護できるスペース「シェルター」を確保しなければなりません。
動物取扱業の「登録制」の認可ももっと詳細に規則を作らなければ解決の窓口はありません。
今後の頭の痛い難題だと思います。
[2015/03/25 09:01] | 行政関連 | page top
| ホーム |