TopRSS管理
消えていた煙突
神奈川県動物保護センターに行ってきました。
40年近く収容され飼い主が来なかった子たちが処分、
焼却されていった高い、白い煙突が無くなっていました。
今までセンターに行くたびに遠くから白い煙が昇っているのを目にし
犬たちが天国へと送られていくのを悲しい気持ちで見つめていた記憶があります。
ある時その煙がもくもくと空に昇っていく形が
1匹の犬が両手を上げて立ち上がっている姿に見えたことがありました。
どれだけ多くの犬猫達が無責任な飼い主のために命を絶たれていったか、
悲しい過去があります。

現在、神奈川県は知事さんの公言により「殺処分0」になっています。
当会が通い始めたころ毎日収容房は満杯。
とても助けられる数ではありませんでした。
子犬は数個のケージにすし詰め状態。
子猫は麻袋に入れられて各保健所から送られてきて
そのまま1晩放置されていたこともありました。
当然中で息絶えていました。
そのようにセンターに送られてきた犬猫のほとんどが致死処分の運命だったのです。

そして30年の年月が流れ「殺処分0」となり
当時では考えられないような収容頭数に減りました。
しかし喜んではいられないのが日本全国の現実です。
今後「自治体のセンター」の在り方を考えていく時期に来ていると思います。
県民のための動物に対する意識の向上、命ある物への愛護精神の啓蒙、
そして収容犬猫の愛護団体との「譲渡事業」。
余生をセンターで送らなければならない動物の保護の実現。
課題は限りなくありますが1つ1つ諦めず取り組んでいくことが大切だと考えています。

今日はシーズーの女の子を引き取ってきました。
結膜炎、皮膚炎など治療が終わりましたら募集開始いたします。


2015-3-1-001.jpg
[2015/02/28 14:45] | 動物収容センター | page top
| ホーム |