TopRSS管理
東日本大震災の被災犬
23年3月11日の大地震のあと福島は住民の方が避難し動物だけが残されました。
多くのボランティアの方々がシェルターを設置し
必死で犬猫などの動物を保護してきた事は記憶に新しいと思います。
その時に福島県から2匹のミックス犬が当会に運ばれてきました。
その中の1匹の茶色い柴雑の「くま子さん」を狛江市のS様ご家族が引受けてくださいました。
当初この子はとても気難しい面があり咬むことも度々ありました。
飼い主から離れてさ迷い心細かったのでしょう。
S様はこの子を家族として引受けてくださいました。
葛尾村と言う場所で保護されて「みなしご救援隊」の方のシェルターで保護されていました。
そこでつけていただいた名前です。
くま子さんは昨年11月ごろから歩けなくなり胸から足にかけて大きな腫瘍ができ
とうとう1月に入り天国へと旅立ったとのご連絡をいただきました。
3年8か月の間、愛情をかけて育ててくださいましたS様本当にありがとうございました。
くま子さんも今頃はお星さまになって
元飼い主さんやS様ご家族との楽しい思い出話を仲間の子たちに話していることでしょう。
今なお被災された方々は故郷にも戻ることも出来ずに仮設住宅で生活されている方も多く、
また現地に残されている犬猫、牛たちなどに
餌を運んでいらっしゃる愛護団体様もいらっしゃいます。
のど元過ぎればにならないようしっかりと心に刻んでおかなければならないと思います。
[2015/01/10 16:59] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |