TopRSS管理
軽井沢繁殖場崩壊現場
18日軽井沢の繁殖場に行ってきました。
周りは住宅が建ち、臭い、騒音で苦情になるのはもっともです。
軽井沢ドッグレスキューのT様の長い間の諦めない説得が功を奏し
やっとこの繁殖場オーナーが全頭放棄「犬250匹、ネコ29匹」の書類を保健所に提出し
このレスキューが実現しました。

満足にフードも与えていなかったようで
バーニーズマウンテンドッグは20頭が一緒に入れられていたので
8か月の子が他の犬に食べられ内臓まで出ていたそうです。
何とも悲惨な動物虐待です。

また吠えると、このオーナーは棒で背骨を叩き後ろ足が立たなくなったバーニーズもいたそうです。
小型犬にも暴力をふるっていたと聞きました。
また弱っている犬猫、育たないような子犬子猫は新聞紙に包んで生ゴミとして捨てていた。
生きているお金の価値がない子はゴミのように扱う業者の女。
犬達のケージの中は糞尿でドロドロ状態。
そこに数頭入れられているために犬を出そうと手を入れると怖がりその中で暴れるため、
もう糞尿が飛び散り手だけではなく顔にまで飛んできたと他の団体様が言われていました。

今回猫のレスキューに行って下さいました「タンポポの里」のIさんは
猫部屋に入り素手で怯えて逃げ回るネコ26匹を捕まえてケージに入れました。
その部屋には糞尿の積み重なる中に白骨化した猫の死体が3匹放置されていて
その中で猫達は隙間から投げ入れるフードを食べてかろうじて生きていました。
成猫でも体重が1キロ台の子ばかり。栄養失調です。
今までどれだけの犬猫が命を落とした事でしょう。

軽井沢ドッグレスキュー様のご尽力で
この地獄のような場所で毎日子犬子猫を産まされ
一度もケージから出してもらえず生きていた子たちが救いだされました。
1つのケージに何匹も一緒に詰め込まれているので弱い子はフードが食べれません。
そして喧嘩になり咬まれたり、不潔なケージの中にいるため皮膚病になっている子達。
このような繁殖場は日本中にものすごい数あります。
そこで生まれた子犬子猫がセリ市に出され、ペットショップに陳列されます。
その陰で膨大な数の繁殖犬猫が悲惨な生涯をおえている事はどうか皆さま覚えていてください。
繁殖業者は動物が好きでこの仕事をしているのではないのです。
最低限の経費で1匹でも多く産ませ、
いかに命をお金に変える事が出来るかが目的なのですから愛情など微塵もありません。
このような現場を放置していた自治体にも責任があります。
即廃業さえるべきではなかったのでしょうか。
「買う人がいる=動物虐待繁殖場にお金を与える」事なのです。
日本も店頭販売を廃止しなければなりません。

今回当会が引き取りました子はシャンプーもして下さり臭くもなく助かりました。
猫のレスキューをして下さいました「タンポポの里」様に
医療費が膨大にかかり四苦八苦されています。
どうか御支援をしてあげてください。
http://neko-chan.net/
[2014/10/27 21:26] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |