TopRSS管理
諏訪大社へのさらなる意見書
当会も諏訪大社、長野県知事への「蛙狩り神事」の中止の要望書を送りました。
大社からの御返事は予測通りのものでした。
また県知事への回答は次のようなものでした。

「この行事が神事とはいえ動物虐待に等しい行為で、廃止してほしいとのご要望であり、
また貴法人は日頃の活動を通じて動物愛護に御尽力されている事が伝わってまいりました。
長野県においても、皆さまのような動物に対する思いやりをもったボランティアの皆さまに
支えながら動物の愛護思想の普及や啓発を進めているところです。
しかしながら蛙を使用する事は古来から行われている伝統的な宗教行為であり、
県が意見するものではないと考えております。
確かに皆さまのお立場に鑑みれば今回のご意見についてのお気持ちは理解いたしますが
諏訪大社に対し県から意見する事はできかねますこと、ご理解いただきたいと存じます。」
との御返事を長野県健康福祉部長M様より頂きました。

動物愛護の精神を唱えている行政がこのような「神事」という名の元で
今だ行われている虐待行為に弱気な発言しかできない事に対し、
法という名の元で取り締まる事が出来ないような「愛護法」等何の意味がありません。
「犬猫救済の輪」様のブログを参照してください。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-52.html



再度拡散と皆さまからの意見、抗議、要望を訴えられております。
当会からも再度中止の要望書を送りますので
1人でも多くの方が動いていただきこの「残虐行為の神事」を中止に導いてください。
日本全国の皆さまにお願致します。

〒392-0015
長野県諏訪市中洲宮山1
諏訪大社「上社本宮」

電話0266-52-1919
FAX0266-52-3383


こちらへ皆さまからの要望を送ってください。
[2014/07/06 17:21] | 長野県諏訪大社の残酷な神事 | page top
| ホーム |