TopRSS管理
小さな天使がやってきました
茨城県で前回も10匹の赤ちゃんを産んでしまった野犬の母犬から今年もまた10匹の赤ちゃんが生まれてしまいました。みな400−500グラムの元気な兄弟姉妹犬です。茨城の団体様が10時に哺乳して頂き当会が三郷インターでの引き取が1時。暑さもあり全員が大合唱で「お腹すいたー」と泣きわめいています。

行きも帰りも高速道路は気味悪いほどがらがら状態。クーラーも効いた車の中で皆気持ちよさそうに保冷剤のタオルに乗り大人しく横浜の病院まで到着。先生の奥様がミルクを用意して待っていただきました。すぐに体重測定と哺乳開始です。グビグビお腹がポッコリする程沢山飲みました。見ていてこちらまで気持ちが癒されます。動物の生きようとする姿にはいつでも素晴らしいオーラを感じますね。

2021-7-31-001.jpg

2021-7-31-002.jpg

2021-7-31-003.jpg

2021-7-31-004.jpg

2021-7-31-005.jpg

2021-7-31-006.jpg

この子達は3カ所の保育場所で育てて頂きます。7月18日生まれ「現在生後2週齢」。もうすぐ目が開きそうです。モーモー柄、白茶ブチ、白い子とこれから6匹はそれぞれの幸せな家族の元にスタートです。他の4匹は昨日茨城の他の団体様の所でお世話になっています。10匹とも全員が幸せになれますように。



PS。リツ、サン、アロー、ウィロー、まめ丸、オレオ君。あなた達の兄弟ですよ。みんな元気ですか?
[2021/07/31 18:56] | 保護、団体関連 | page top
【緊急】子犬のミルクボランティアさん募集

http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-2201.html
↑↑↑
昨年4月1日生まれの10匹を生んだ野良さんの母犬が捕獲檻にも捕まらずまた今回縁の下で10匹の子犬を生んでいます。今茨城のボランティアさんが縁の下から10匹の子犬を保護しました。まだ目が開いていません。センターは土日の職員が1人で子猫子犬併せて100匹位になる為満足なお世話が出来ません。とりあえず病院に明日3匹をお願いしました。残り7匹は他団体さんが3匹、ボランティアさんが4匹を離乳まで育てて下さるようになりました。

離乳が出来るようになりましたら保護可能な方は協力お願い致します。今回はメス6匹、オス4匹です。いつも産んでいる場所には飼い犬12歳がいます。去勢手術を飼い主が協力して下さらずまた玄関まで母犬は入る事もあるのに捕獲の気持ちもありません。生まれればこうして連絡してきます。この母犬も不幸な子です。おばあさん犬も2匹姉妹で捨てられ1匹はセンターで捕獲、1匹は射殺されたそうです「違反です」。そしてこの母犬は捕獲檻でも捕まらず同じオス犬の所に現れては子犬を出産してしまいます。何とかこの連鎖を止めないとまた不幸な子犬が産まれてしまいます。まだまだ茨城はこれが現実です。

どうぞ「小さな命」を繋いであげて下さい。




追記
「10匹の乳飲み子たちのお預り人は決まりました。小さな命がこれ以上増えないように母犬を捕獲しなければなりません。またこれから育てて家族を探しますのでどうぞ宜しくお願い致します」

2021-7-30-1.jpg



[2021/07/30 14:03] | お知らせ お願い お礼等 | page top
コーギーももちゃんの訃報
2009年3月に家族にして頂いたコーギーのももちゃん。
7月11日にお空に旅立ったそうです。

この子の母犬のきなこちゃんは2008年12月末に臨月の状態で神奈川県のセンターに収容されていました。センターも御用納で管理ができないと言うので当会が引き取り病院で3匹の子犬を出産。母犬のきなこちゃんは本当に性格の良い子でした。3匹の子犬達は断尾せずしっぽを付けたままのコーギーになりました。12才と言うお別れは少し早かったかもしれませんが今迄幸せにして頂きました川崎市のT様、ありがとうございました。

2021-7-28-1.jpg
[2021/07/28 14:10] | 当会へのお問い合せ | page top
たまちゃんの近況

業者から引き取り時は5キロの超肥満のチワワだった、たまちやん「福来」は3,3㌔とダイエットに成功し動画を送ってくださいました。驚きです。自らプールに飛び込み泳いでいますよ。そしてものすごいスピードで走っています。この後2回もプールに飛び込んだそうです。楽しかったんでしょうね。ここまで変身した子は見たことがありません。たまちゃんの楽しそうな姿に思わず微笑んでしまいました。皆様もご覧ください。今度はライフジャケットを着せてもらえるそうですよ。

動画↓↓↓
https://photos.app.goo.gl/5pFmJYRARyPwD7Jr9

2021-7-27-1.jpg
[2021/07/27 12:54] | お知らせ お願い お礼等 | page top
しし丸君の旅立ち

d399-0.jpg

2007年2月5日に放棄のキャバリア2匹、ミニピン1匹と共に小田原で収容されたヨーキー「又はハーフ」の1−2才の男の子「しし丸君」を神奈川センターから引取りました。その後北区のK様の家族として14年間幸せに生活させていただきました。しかし「老いる」という事はどの子にも避ける事が出来ない中しし丸君も心臓薬に腎臓薬も飲むようになり今月初めから体調を崩し大好きなご主人様の腕の中で20日に息を引き取ったそうです。腎不全との事です。

14年前は神奈川県には毎日ものすごい数の収容犬が入り当会もピストン輸送のように毎日「期限が済まないと引き取りできず。また期限後翌日にお迎えしないと待ったなしの処分という状況でした」センターに車を走らせました。台風でも、猛暑でも、大雨でも、命を救いたいと言う一念で皆で頑張った時代の子です。

K様ご夫妻は当会の譲渡会も毎回遠くからお手伝いに来ていただき大変お世話になったご家族様です。しし丸君の「当会ナンバー」も300番代。いかに長い間K様のご愛犬として生涯を全う出来たかと分かります。先日16日に近くの駅の前を犬の引取りで通り、その時に「しし丸君どうしてるかな?」とふと頭をよぎりそんな話を同行者の方と話をしていました。

しし丸君は15歳位になっていたと思います。「やんちゃ坊主」〜「やんちゃじいちゃん」になったとK様。よく頑張ってくれました。ありがとうしし丸君。そしてK様大変お世話になりました。
[2021/07/22 13:10] | お知らせ お願い お礼等 | page top
子猫と犬の引取り
オリンピックで高速道路の閉鎖、割増料金の中、今日は茨城までTさんとSさんがお迎えに行って下さいました。センターの子猫は毎日収容されてきますので少しでもお手伝いできればと思います。

今回、お預り人のM様が協力頂けることになり「三毛さん」「キジ白さん」の手のひらに乗るぐらいの小さなめす子猫達を引き取りました。、喉をゴロゴロ鳴らす人馴れした子たちです。
2021-7-21-002.jpg

2021-7-21-003.jpg



あとは犬達。ダックスの女の子は少しシニアさんかな?ミックス「中型犬」は約9キロ位の小さ目な女の子です。とても人懐こく良い子です。これからケアーが済みましたら里親様募集を致します。

2021-7-21-004.jpg

2021-7-21-001.jpg

どうぞ家族としてお迎えいただけますように、お願いいたします。
[2021/07/21 22:27] | 動物収容センター | page top
14年前にご縁が繋がったみみちゃん
2007年10月神奈川県動物保護センターに平塚市の繁殖業者がパピヨン2匹、ヨーキー、柴犬を放棄しました。皆3歳。当会はこのたれ耳パピヨン「ファーレン」のみみちゃんとヨーキーのリボンちゃんを引き取りました。
d476-0.jpg


そして今日ファーレンのみみちゃんが推定17歳で天国へ出発したお知らせを頂きました。認知症になりご家族の皆様で役割分担をして介護をして下さいました。当時お子様が小学生と幼稚園生でしたが今はもう社会人と大学生になられたそうです。14年間の御家族様との生活をみみちゃんはきっと幸せな気持ちで過ごさせていただいたと思います。世田谷区のO様。本当に長い年月を最後までお見送り頂きましてありがとうございました。
2021-7-20-1.jpg



みみちゃん「当会名クミンちゃん」
幸せな一生を無事に終えてお星さまになったんですね。まだこちらにいる子達が皆幸せになれるように見守っていてください。ありがとう、みみちゃん。

[2021/07/20 13:12] | お知らせ お願い お礼等 | page top
センターの子猫の里親様大募集
毎日小さな子猫達がセンターに収容されてきます。15日現在79匹の小さな命が家族を求めています。「消されていく命」はあってはならないはずです。

http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-2432.html


まず400グラムぐらいの女の子2匹の姉妹を掲載致します。子猫は2匹で飼う方が飼い易いと思います。生後6か月に当会が紹介いたします協力動物病院で必ず不妊手術を受けてください。完全室内飼い、まだ小さいので御留守番は4時間ぐらいまで。先住猫さんがいらっしゃる場合はそちらの猫さんも手術済であること。お申込みは当会へお願いいたします。


2021-7-16-2.png


飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618
[2021/07/16 07:28] | 茨城動物指導センター収容犬・猫情報 | page top
55匹の子猫達
センターでは職員の方が大変な作業をして小さな命をお世話して下さっています。
「里親様」ならびに「子猫の預かり様」を募集します。当会アドレスにご連絡下さい。
子猫の写真をご希望の場合番号をお知らせ下さい。

このような命が増えないように「不妊手術」をして飼う事は飼い主としての責任です。
7月13日現在

※画像クリックすると拡大します
2021-7-13-1.png


※画像クリックすると拡大します
2021-7-13-2.png


預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112


飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618

[2021/07/14 13:12] | 茨城動物指導センター収容犬・猫情報 | page top
暑かった譲渡会終了
上半期最後の譲渡会が大盛況で終了いたしました。入り口での入場規制等皆さまは気持ちよく協力を頂き有難うございました。

2021-7-11-004.jpg

2021-7-11-001.jpg


今回は参加犬がかなり少なく「大分参加前に決まっていました」それでも7匹の参加犬達に複数のお声がけを頂きました。また当会の事を16年前、20年前、18年前等当会の犬達を家族にお迎えいただきました里親様方が忘れないで再度保護犬達に御気持ちを掛けて頂きご来場頂きました。本当に感謝申し上げます。

3時間以上水1滴も飲む暇もない中、多くの皆様とお話をさせて頂き1匹ずつの将来を考えて一番適したご家族様にお願を出来るように検討させていただきます。再度の「緊急事態宣言」の発動で引き取りたくても今は控えての状況ですが不幸な犬猫は待ったなしの状態です。休む暇のない活動ですがどうぞ皆様また9月の譲渡会を開く事が出来ましたらどうぞ御来場お願い申し上げます。

2021-7-11-002.jpg


募金箱にご寄附を頂きました皆様、ご支援物資、タオル、ドッグフード等お持ちいただきましてありがとうございました「担当者が暑さでお写真をとり忘れてしまいました。ごめんなさい」

そして今回ご縁が繋がらなかった皆様にはまたいつか素晴らしいご縁がありますように願います。

「コロナウイルス」感染に十分ご注意をされてお元気で夏を乗り越えて下さいますように。お暑い中皆さま、ありがとうございました。


2021-7-11-003.jpg
卒業犬



[2021/07/12 22:16] | 成瀬会館譲渡会 | page top
愛護相談センターより引取

保護依頼の黒柴さんを東京都動物愛護相談センターより引取しました。

2021-7-8-1.jpg

警察に預かりして頂いた期間に飼い主のお迎えがなくセンターに搬送されました。収容期間が終了して当会で引取いたしました。鑑札、名札も着いていませんでした。これではお家に帰れませんね。

皆様の愛犬達は着いていますか?一生最後まで飼育することの中で連絡先を着けておくことは一番大切なことです。後日募集開始致しますので宜しくお願い致します。

[2021/07/08 16:07] | 保護、団体関連 | page top
なぜこんなに酷い状態で捨てるんですか?
センターに29日収容された毛玉でボロボロのプードル「又は雑種」の女の子の写真を見た時に余りにも哀れで、以前引き取ったマルシーズ「つぐみちゃん」を思い出しました。つぐみちゃんと同じようにボロボロ状態で、何とか引き取りが出来ないかを検討していました。

長毛の白い毛は泥だらけ、木の実、便、草などが絡まり体中に擦過傷があり一部は化膿していてセンターで縫合をして下さいました。しかし、胸と足の付け根に水が溜まっている部分「悪性腫瘍?」があり、衰弱で弱っていると報告を頂きました。捨てられて雨に当たり何日間辛い思いをしてきたのか。収容時の写真は緊張しているのか立っていました。

しかし職員を見る目が不安と、やっと人間の元に保護された安心感からか小さな目から何かを訴えているように思えました。外に置かれ、満足にエサも与えられず「もう食べれなくなってきたのかもしれませんが」めんどくさくなった飼い主は捨ててしまったのでしょうか。そして今朝センターから悲しいお知らせを頂きました。


「今朝亡くなってしまいました」。あー、お迎えが間に合いませんでした。知らない場所でたった2日間で、体中の力尽き、誰にも看取られずに推定10年間の命をひとりで終えて行きました。この子の生きてきた生涯はどんなだったのでしょうか。最後の時に毎日生活をしてきた飼い主に声を掛けられ看取られることがどれだけ犬達にとっては幸せな事か。でもそれすら与えられず命を終えて行ったこの子。どうか天国で幸せになってと願っています。お迎えが間に合わなかったけれど、職員の方々が点滴等、医療処置に手を尽くして下さり、柔らかなタオルに寝かせてもらい、雨に濡れることなく旅立てたことはこの子のせめてもの幸せな時間だったと思います。繁殖用だったのか一般の飼い犬で高齢になったために遺棄されたのか、「命の尊厳」を少しでも飼い主は感じて欲しい。

さようなら。今度生まれてくるときは絶体に幸せにしてくれる人間に巡り会えるように願っています。

[2021/07/02 14:09] | 放棄・虐待 | page top
| ホーム |