TopRSS管理
西新宿の餓死事件
今朝「東京都動物愛護相談センター」に電話を入れました。今回の犬23匹の餓死事件の事は警察から何の連絡もなかったそうです。みなしご救援隊様より7月頭に「西新宿で飼い主が10日ほど前に亡くなり犬も死亡している」という連絡があっただけで頭数までは聞いていないとの事。事件性がないと警察は動かないこの体制。

しかし現場には生きている犬が沢山いたのを警察は知っていたはずです。それを「自分たちの範囲の事ではない」と放置してしまう行政の非情さには本当に怒りを感じます。玄関の隙間からゴミに埋もれた犬の死体が見えるという通報があったのならその隙間から新聞紙に包んだフードでも投げ入れる事は出来なかったのだろうか?

飼い主が6月22日に遺体が引きとられたのなら市役所などの担当職員も行っているはずです。そこに犬達がいる事も多くの人間が分かっていたはず。誰1人としてその犬達の今後を気にもしてあげていない。センターとしても「こちらから連絡をしてくれとは言えない」と言うので「所長からこのよううな事件があった場合は警察からセンターに通報してもらえないかとお願いをして下さい」と頼みましたが公務員とは自分の仕事範囲以外の事には手を出さないのが現実ですね。

昨年茨城県で飼い主が倒れていて警察が入ったら犬が55匹いた案件。すぐに警察から動物指導センターに連絡が入り夜に委託会社の方が引取りに行き満杯のセンターに収容したことがありました。その子たちは生きて団体様に保護されましたが今回も警察官の気持ち1つで助けられたはずの23匹の命は消えていきました。

「愛護センター」とは何のために存在するのでしょう。この暑さの中、水もエサもなく窓の外を見ながら息絶えていた遺体もあったそうです。吠えて助けてもらいたかったのでしょう。遺体を包んだ黒いビニール袋に「6匹」「3匹」と書かれている大きさからみても小型犬だったようです。中型犬なら体力もあったでしょうが小さな体では持ちこたえられなかった。本当に人間の犠牲で苦しい最期を迎えてしまう動物たちの気持ちを思うと何とかこの日本の「動物の命の尊厳」を守ってあげられないか。いくら頑張っても無力な活動に落胆してしまいました。

[2020/07/27 15:19] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
また起きた多頭崩壊餓死
東京新宿区で23匹の犬が餓死していたニュースにあまりにも日本の縦割り行政の矛盾には呆れて、落胆してしまった。飼い主が死亡し遺体が6月22日に運び出されその時に出てきた犬を室内に押し込めたと。誰もいない家に犬の鳴き声。ゴミの山の中に犬の遺体らしきものが近隣の方に見つけられ7月6日に愛護団体が親族の許可を取り入り込んだ時にはゴミの山に埋もれ23匹の犬達は息絶えていた。

警察は自分たちの担当ではないと生きていた犬達の事を放置した。そうしたらその後どうなるかは分かっているはず。どうして「東京都動物愛護センター」に連絡をしてくれる気持ちがないのだろうか?2日前までは声がしていたと言う事は生きていた犬もいたはずです。

先日起きた「京都犬猫餓死事件」もまだ解決もしていない中、都会のど真ん中で起きたショッキングなこの事件。23匹の犬達は泣き叫んでも誰も助けには来てくれない。どれだけ苦しみながら死んでいったでしょう。「殺処分0」とか言う前に「動物たちが犠牲にならない」法律を制定するべきではないでしょうか?このようなケースは今までどれだけあったでしょうか?その度にいつもいつも犠牲になるのは動物達。皆さんもこの行政の在り方は間違っていると思いませんか?警察と愛護センターの連携する体制を作らなければいけません。

「Yahoo!ニュース」を掲載します。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e4583e5c12775cf6b6f22119553626d9cc5e536

[2020/07/27 06:38] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |