TopRSS管理
最後のご挨拶に来てくれました
2006年4月10日にお婿入りさせていただきましたマルチーズ「ミックス?」のピース君が今月23日当会保護犬のロッティーちゃんに会いに来て下さいました。その時に里親様のW様が「今日はなんだか元気がないんですよ。いつもはこうなんです」と動画を見せて下さいました。確かに様子が違いました。遠くからの距離に疲れたのかなと思いました。

しかし昨晩急変し夜間病院に駆け込み手当の甲斐なく天国へと行ってしまわれました。びっくりしたのと同時にこのピース君、引き取った当時はかなり性格が難しい子で何度かトライアルに行きましたが不成立で戻ってきた子でした。そんな中、W様はピースを大切に愛情を掛けて頂き今はすっかり良い子になり幸せな生涯を送っていたところでした。

毎晩ご主人様が一緒に添い寝して下さりどれだけ精神的にも安心していたか。そしてお見合いに来てくれロッティーちゃんを避ける事もなく「僕のうちに来ていいよ」と言うように受け入れてくれました。その時にはピースがお別れの時期を感じていてW様ご夫妻が寂しくならないように次の子を託してくれたのかもしれません。また神奈川県動物保護センターから引き取った私に最後のあいさつに来てくれたように感じました。

海老名市国分東台で収容されて来たピース君当時3歳位となっていましたので今年で17歳位になると思います。当会の保護活動の中でも記憶に残る子でした。「ピース君最後のあいさつに来てくれてありがとう。良く頑張りました。えらかったですよ。すっかり穏やかなおじいちゃんになってましたね。あなたは犬ではなくなんだか人間のような気持ちを持った子みたいです。どうぞゆっくりとお休みください」

当時お預りしていただきました吉野様。お知らせいたします。

2020-5-27-1.jpeg


2020-5-27-2.jpeg

W様、今まで長い年月、ピースを幸せにして頂きまして心より感謝申し上げます。
[2020/05/28 14:44] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
| ホーム |