TopRSS管理
生まれては捨てられる子犬達
後を絶たない捨てられる子犬たち。生後3か月ぐらいになるまで飼い主は飼っていたことになります。人馴れしているところを見ればどこかに母犬もいるのでしょう。そして子犬だけ飼い主は捨ててしまったと思います。自分の所で生まれた子犬を捨てる事が出来る人間がいるなんて理解できません。捨てるぐらいならどうして「1回の手術」を受けさせてあげられないのでしょうか?「殺処分0」と世の中に蔓延している言葉だけが広まっても現実はこの状況です。この子たちは3団体で「当会も含む」引き取り助けますがこれで終わりではないのです。次から次へと収容されてくる子犬達。責任をもって命を受け継いでいただける里親様を求めます。メス2、オス2です。生後6か月の時「来年2月」に必ず手術を受けて頂く事が条件です。当会とのお約束を守れない方はご遠慮ください「そのような方がいらっしゃいますので」。クリーム色がオス2、メス1、茶色がメスです。可愛い子たちです。幸せにしてあげて下さい。

2019-11-3-001-h.jpg 2019-11-3-002-h.jpg
[2019/11/03 14:46] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム |