TopRSS管理
多くの譲渡団体が動き出しました
茨城県センターの悪夢のような騒動の後やっと収容房の数も落ち着き元のような管理が出来るセンターになりました。しかし毎日収容されてくる犬の頭数がまた増えてしまえば元の状態に逆戻りになりその結果、処分も仕方ない選択となります。その中でいくらがむしゃらに引き取りをしたところで解決策には絶対になりません。そこで多くの「茨城県譲渡団体様、個人ボラ様達」が「センター収容0」に向かって動き出しました。

まだまだ茨城県の飼い主に「不妊去勢手術を受けさせる」事の重要性が理解されず、「手術補助金」も市により交付されていますが、それを使ってまで犬にお金をかけて手術をして飼うという事が残念なことに浸透していないのが現実です。まず「無料手術」をして行こうと茨城県愛護団体複数、個人ボランティアさん達が企画をし、市役所の許可、センター指導課の許可も頂き、チラシの設置完了。

いよいよ10月「小美玉市」を皮切りに獣医さんを派遣しこれ以上繁殖が繰り返されないように「無料不妊去勢手術」を行う予定です。本来なら手術代の一部でも飼い主に負担してもらうのが本筋ですがそれをやっていたら今の茨城県の現状は変わりません。「処分するな」と罵声を上げるより「センターに入らないような対策」をする事の方がどれだけ効果がある、利口な優先課題だと、知識のおありの方でしたら即、お分かりになると思います。

当会も協力団体として活動してまいります。今回素晴らしい事はこのように譲渡団体同士、自ら「手術」をして「処分を減らそう」と立ち上がり行政を動かしていく行動が生まれた事は本当に賞賛できることなのです。私が願っているのは「愛護団体同士、力を合わせ協力し、真の動物愛護のために活動していく」事です。

どこの団体からも協力を得られないような団体には将来の改善は出来ません。どうぞ皆様、この「いばらぎ手術基金」にも応援をお願い致します。まだ立ち上がったばかりでホームページも作成中ですが出来上がりましたら掲載いたします。きっとこのキャンペーンが成功し継続出来れば茨城県の収容頭数も激減するはずです。今後は自治体、センターとも協働で「不幸な命を生まない」対策を早急に実行してまいります。応援を切にお願い申し上げます。
[2019/08/29 15:02] | 保護、団体関連 | page top
楊さん支援の終了
中国の犬肉祭りで沢山の犬猫が盗まれ虐殺される現実に楊さんという1女性が毎年天津から玉林市までの2000キロをかけて犬達を助け出し「お金を出して購入」自分の資産も投げ出して犬猫達のためのシェルターを作り保護されてきました。

当会も今まで「玉林市市長」にHISのペーターリーさんから「市長の私書の方を通し」書面を送ったり、中国大使館あてに要望書を送付したり。また皆様からの家族である犬猫達の幸せな写真も集め沢山お送りいたしました。また何度もの署名集めにも多くの方々からご協力を得て中国大使館に郵送いたしました。

しかしながら中国という国は人間だけでなく動物に対しても日本人の感覚とは理解できないような扱いが行われている事も事実です。何とか世界中からの声が届けば改善してもらえると希望を持ちながら頑張ってまいりました。

今年の「犬肉祭り」ではもうメディアも取り上げることが無く楊さんもお金で買いに行く事はせず業者は期待外れでかなり縮小されたようです。利益が無ければ「食文化」でもないこの祭りは開催する意味などないはずです。楊さんも「中国に動物愛護法の制定を願う」という言葉を発せられていました。

楊さんも高齢になられ今までのように沢山の犬猫を保護する事も難しくなられるでしょう。国は違っても愛するべき一番感情のある動物の犬達。「食用」にする事はもう世界から非難が殺到しています。

しかし、この「犬肉祭り」が中止になったとしても日常的に犬達は虐殺され食べられる現実は無くならないのです。日本の「犬肉輸入廃止」を訴えたり、今後は違う方面から「犬肉食」廃止に向けた運動を諦めずに続けて行こうと考えております。長い間「楊さん支援」をして頂きました皆様。本当に有り難うございました。今回のお振込みを持ちまして「楊さんシェルター支援」を終了させていただきたいと思います。

でも「中国の犬猫達」の幸せな将来を願ってやみません。いつまでもこの子たちの助けを求めている声は聞こえています。皆様ありがとうございました。
[2019/08/28 14:27] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
介護の犬達にありがとう
いつも我が家の保護犬達に温かなお気持ちで見守っていただいております練馬区の様かT様からピカちゃん、まゆちゃん達に柔らかな食品をお送りくださいました。

今ピカちゃんは水はまるで飲みません。命を繋いでいる水分は「犬用ミルク」のみです。また固形物は銜えることが出来ず柔らかなウエットしか食べられません。そんなピカちゃんにぴったりのフード等を送っていただき早速おいしそうに食べられました。いつも見守っていただきまして本当に有り難うございます。

亡くなったひばりちゃんと一緒に生活していたピカちゃん、まゆ、チェリーちゃんも皆シニアの10歳越えになってしまいました。これから介護生活がどんどん始まりそうですがいつかは誰にでも通らなければならない道です。1日でも気持ちよく安心した生活が出来るようにしてあげたいと思っております。いつも応援していただき有難うございます。

2019-8-24-002.jpg

2019-8-24-001.jpg
[2019/08/24 15:48] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
皆様署名をお願いいたします。
茨城県古河市の虐待保護施設「ワンライフ」が書類送検になりましたが不起訴にならないように皆様署名をお願いいたします。

詳細は下記クリックしてお読み下さい。
日本動物虐待防止協会によって警察に告発受理された【茨城県NPO法人OneLife〜小さな命〜】へ厳罰を求める嘆願書にご賛同ください!


[2019/08/22 14:03] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
渋滞の中茨城へ
夏休み真っ盛りの中まだ6日なら大丈夫かとKさんと向かった茨城センター。あーあー、やっぱり。東名高速に入るなりだんだん車が込み合い、ついにいつものルート「山手トンネル」入口にはもう入る事も出来ない程渋滞。急遽ルート変更し向かいましたが、いつもより1時間も多く4時間かかり2時に到着。

待っていてくれた子達2匹を引き取りました。

2019-8-7-004.jpg

2019-8-7-006.jpg

2019-8-7-005.jpg


収容棟の中はあの過密状況から脱しまだ多くは収容されていましたが以前のような見るに堪えない状況ではありませんでした。そして一番うれしかったこと。5年ぐらい前からお願いをしていた「収容棟に着いている分厚いガラスを取り外し夜でも風が入る様にして頂くお願い」がついに実現いたしました。分厚いガラスはレンズ効果で太陽の光を集め夜は締め切られた室内の温度が高温になってしまいます。これでやっと犬達は少しは涼しく過ごせるのではないかと思います。

2019-8-7-007.jpg

自治体に要望する事案は出したからとすぐに実行する事は出来ません。でも自治体と動物の愛護を願う団体が同じ気持ちで理解し合い認め合いながら協力していく事が一番大切な事なのです。当会はこの30年間の経験から1つ1つ解決、改善出来て来た事は大きな喜びに感じております。

また外の「古墳」は「ドッグラン」にするとのことで掘り起こされフェンスが用意されていました。どの位の高さにするのか?。普通の感覚でフェンスを張っても茨城県の犬達のパワーでは必ず脱走する犬も出る事と危惧しています。

fc2blog_20190807152018418.jpg

2019-8-7-001.jpg

中の収容房にいる「親子の犬」2組。白いママと白い赤ちゃん1匹。何とかママが人馴れしたら親子とも引き取りたいと思うのですが。子犬は女の子。生後1カ月弱?。ママに「犬用ミルク」を持って行き与えて頂くとがぶがぶと飲んでくれました。その匂いを嗅いで赤ちゃんがミルクに顔を突っ込んでいます。でもママは怒らず譲っていました。愛情深い親子の姿でした。
2019-8-7-009.jpg

2019-8-7-008.jpg


そしてもう1組の親子。ママは茶色の大きな子。5匹の子犬達は気持ちよさそうにそれぞれ大の字になって爆睡していました。安心しきって寝ている姿は本当に微笑ましいですね。

2019-8-7-002.jpg

2019-8-7-003.jpg


当会が気にかけていたミックスちゃんたちは協力団体様が予約を入れて下さっていました。本当に安心しました。お願いいたします。また小型犬はキャンセルされた子達などが残っていますが8月中はもう笠間までは行く事が出来ません。9月になってまた保護出来る状況であれば引き取りに向かいます。

長時間の運転をして下さったKさん。10時間の運転、本当にお疲れ様でした。また「ピカちゃん」をお預りしていただいた「FUNFUN」の皆様、ありがとうございました。

「茨城県動物指導センター」は「素晴らしいセンター」に戻ってきています。皆様がご心配をして頂きその思いは必ず職員の方々と一緒に実現できるように当会も、尽力を尽くしてまいります。どうか見守っていてください。

さー、今日からしばらく「夏休み」を頂きますが、心身共にリフレッシュし、秋の活動に備えたいと思っております。皆様もどうぞ「楽しい夏休み」をお過ごしください。
[2019/08/07 15:30] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
世界中から犬猫肉食を廃止する署名
世界愛犬連盟様より「犬猫を食肉にしない」という署名を集めています。この「世界条約」制定に向けて皆様からの署名を100万人目標で集めています。また拡散、リンクをお願いいたします。

当会も4年ほど前から残酷な虐待を受けて殺され肉にされている犬猫達の悲惨な姿に心を痛め署名集め、中国大使館に要望、肉にされる犬猫を助けていらっしゃる「楊さん」に支援をしたりと行いました。先日も「楊さん支援チャリティーコンサート」も開催して頂いたり皆様が出来る事から世界中で一番のパートナーである感情ある動物「犬猫達」を救うために活動して下さっています。

どうか1人の力が大きなうねりとなり世界中から「犬猫を殺して食べる」という悪習慣をなくすようにご協力お願い申し上げます。世界愛犬連盟様は先日の「チャリティーコンサート」にもご協力いただきました。

署名はいつも情報を提供していただいております「ももこ姫様」のブログからお願い申し上げます。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12501149965.html

日本の犬猫だけではなく世界中にいる犬猫達を忘れずに助けてあげて下さい。
[2019/08/06 14:36] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
皆様ありがとう
皆様が支えて下さっています茨城県のセンターにフードの寄付をお持ちいたします。十分に犬達にはフードを与えて下さっていますが、今日も東北で地震がありましたね。茨城、栃木も震度3と聞くとあのセンターは古いから崩れ落ちないかと心配になりました。せめてフードだけでもストックして置いてもらいたいと沢山購入しました。

2019-8-5-001.jpg

2019-8-5-002.jpg

東京から茨城まで300キロの道程。時間も早くて片道3時間はかかります。今10年前に茨城のセンターから保護したチワワ雑のピカちゃんが脳障害で発作を起こし夜中に2時間ごとに4回ぐらい起こされその度に薬を飲ませたりミルクを飲ませたりしています。口を大きく開けてすごい力で口の中をかきむしる様に暴れます。

2019-8-5p-003.jpg

2019-8-5p-002.jpg

2019-8-5p-001.jpg


そのうちにハーハー息も苦しそうになり悲しそうな声で訴えます。抱いてあげて背中を撫でて落ち着かせています。この子は保護した時から歯はなくおちょぼ口。リードをかけると大暴れし絶叫された思い出があります。もう15歳位になるのでしょうか?目は真っ白。発作でケージの角に頭を押し付けるため脱毛し円形に禿げてしまいました。生きられる時間はあとどのぐらいか分かりませんが出来る限りの介護をして参ります。

しかし私が毎日、寝られないのが辛い。仕事、家事、犬達の世話等の合間に昼寝をするようにしていますが頭がボ—っとしてしまい運転はスタッフの方にお願いをしています。ただ往復の時間が長時間になるためピカちゃんを家に置いて出る事は出来ません。病院に預けたり、スタッフの方が交代で戻るまでお預りしてくださったり皆でこの子を守っていただいています。本当に有難いです。1匹の犬の命を預かる責任の重さを痛感します。どの子もたった1回の生涯。人間と動物が良い関係で共存できる世の中になってもらえることが実現できますように。
[2019/08/05 09:40] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
ドッグランよりクーラーを
茨城県動物指導センター内の小山の古墳の上にドッグランを作ると言ったO議員の要望で掘り返しが始まりました。「古墳」とは先祖のお墓。そこに犬達を放し排泄したり走りまわす事が今必要なのでしょうか?この炎天下犬達が放されても熱中症で倒れてしまいます。

今一番必要なものは「収容棟にクーラーを設置する事」ではないですか?夜はしっかりと閉じられた室内はかなりの高温になり犬達はストレスに体調も悪くなります。あの「パルボ発症」の再来の可能性もあるのです。「犬の健康にドッグランを設置する」と言ってしまった議員の公約を実現する事が今のセンターの現状を考えても犬達の健康のためとは言えません。何をもって「犬の健康」というのでしょうか?的が外れています。

呼び戻しも出来ない犬を囲いの中に放したらまず捕まりません。動物のためとは到底考えられません。収容されている犬達の気持ちを優先してあげて欲しい。「暑いよー」と言ってますよ、議員様。

皆様センターで「タオルが不足」しています。バスタオルはそのまま。フェイスタオルは4つ切りにして頂けますと助かります。使い捨てにいたしますので新品でなくとも綺麗にお洗濯をしたものであれば古いもので構いません。集めていただきセンターにお送りいただけますか?

〒309−1606
茨城県笠間市日沢47.
茨城県動物指導センター。
0296−72−1200

ウイークデーのAM9時からPM4時ごろまでに着くようお願い申し上げます。
[2019/08/04 15:11] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
| ホーム |