TopRSS管理
見つかりました。
逃げてしまったシーズーハーフは今日午前11時に見つかったそうです。怪我もなく無事に保護出来たそうです。皆様、慣れてきた時に心に緩みが起き思いもしないことが起きています。

今回は「W」リードは注意されていたのにハーネスに2本リードを付けていてハーネスが外れたそうです。それではWリードの意味が無かったですね。

当会も里親様にかなり厳しくお願いをしております。2度とこのような事が起きないように皆で気を付けましょう。
[2019/07/07 15:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
認可団体として恥じない行動を
各自治体には協働で「譲渡事業を推進」して頂く「譲渡認可団体」を認可しています。当会も神奈川県動物保護センターを最初に、東京都、川崎市、そして茨城県と4自治体の収容犬猫を引取り里親様に繋ぐ活動を足かけ30年近く行っています。「認可団体」と認めて頂いた以上、当会の背中には「センターの看板を背負っている」という重責を何時も感じていました。

この活動の初期にはセンターからの引き取りも問題を起こしたらすぐに「譲渡は止める」と言われる位でしたから慎重に水面下での活動をしてきました。ですので「吠え声の苦情、逸走の注意、咬傷事故の事故が起きないように」等、絶対に生じないように細心の神経を使いセンターからの犬猫をお預りさせていただきました。

センターに収容された犬達を1匹でも「再度太陽の下に出してあげたい」という思いで「譲渡の道筋をつける」という難題に取り組んできました。そして長い年月を経て現在その「譲渡事業」が当然の形として多くの団体様に受け入れられています。医療費もフード代も全てスタッフの身銭を削り乗り越えてきたのです。

現在は各自治体で「団体に生活支援」という支援金を出すようになりました。しかし茨城県の引き出しが県外の団体様が多い為その事を「茨城から沢山出すのは支援金が欲しいからだ」と言ってネットに掲載している団体があるとか。何という言葉でしょうか?そのようにしか考えられないのでしょうか。当会は「茨城県の犬猫の不妊去勢手術代に使用して欲しい」と言う事で支援金は辞退させていただいておりますのでここに明記させていただきます。

多くの当会を支えて下さっていらっしゃる皆様の有難いご寄附を使わせていただき今まで犬猫を沢山救う事が出来ました。しかし認可団体として活動する以上「警察、弁護士、議員」の名前を使って攻撃し自分の自己中心的な考えを押し付けることは恥ずべき行動で何の「動物愛護」に繋がる物ではありません。そんなに文句があるのでしたら「認可団体を辞める」という事も出来るのですからご検討いただければと思います。自治体と足並みそろえて、協力し合いながら活動していく事が一番大切な事なのです。

今、私達譲渡団体、個人ボラの方々が立ち上がり皆で「各市町村に呼び掛け不妊去勢手術のキャンペーンを展開していこう」という企画も進めています。そうなんです、こうして多くの団体様が手を取り合い「センターに収容される犬猫を減らしていこう」という気持ちが価値ある活動なのです。当会は県内の団体ではありませんが「茨城の犬猫達のために」更に開拓していく意気込みで動きます。皆様どうかご協力をお願い申し上げます。
[2019/07/07 14:54] | 保護、団体関連 | page top
衰弱していた赤ちゃん猫
7月3日朝、会のMさんから電話がありました。「マンションの駐車場に小さな子猫がうずくまっている。もう声も出ないほどに弱っている、どうしたらいいか?」という事でした。「すぐに病院に連れてきてください」と連絡し病院で待ち合わせ。手のひらに乗るぐらいの生後1か月ぐらいの赤ちゃん。ガリガリに痩せてあばら骨が触れるほどです。

すぐに先生が対処して下さり「低体温になっていて36度しかありません」と即入院し点滴を入れて下さいました。ものすごいノミがたかり、フロントラインを2回垂らしました。そして今日7日無事に退院出来ました。マンションの方に聞くと「毎年子猫を連れてくる母猫がいる。しかし捕まらない」との事。昨日も子猫1匹を連れて母猫が来たそうです。そしていなくなった子猫を探しているのか、呼んでいるのか大きな声で鳴いていたそうです。

この母猫も手術し地域猫として生きる道を与えてあげたいと思いますが「捕獲檻」は自治体での貸し出しは無く、また設置して頂くにも他の住民の方の協力がないと不可能な状況の場所だそうです。とりあえずこの子は助けられたのですから良い里親様に繋げられるように保護いたします。
2019-7-7-002.jpg

2019-7-7-003.jpg

2019-7-7-001.jpg

最初360グラムしかない体重も420グラムに増えました。このぐらいの月数でしたら十分に人間に懐きますがこれから先、生後3か月以上になったらまず人間との共存できることは難しくなります。早くに保護出来て良かったです。我が家の犬達は皆、子猫ちゃんに興味がありますが吠えたり、威嚇する事はしません。しかしノミが完全に除去できるまでは2階で隔離生活です。元気に大きくなーれ。名前は「ひまわりちゃん」呼び名「ひまちゃん」です。良いご縁を望んでいます。里親様募集です。
[2019/07/07 14:50] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム |