TopRSS管理
譲渡団体の認可を慎重にするべき
自治体の収容動物を愛護団体、個人ボランティアに「里親探し」をお願いする事で譲渡事業を行っています。それは1つの「動物愛護」という面では賛同できることと思います。しかし「譲渡団体」として「認可」する上でただ引き取りをしてくれるならと言うぐらいの安易な「譲渡団体認可」はするべきではないと思います。

引き取られた犬猫がどのように保護されケアーし福祉の面からも適正な環境で保護されているのか自治体とし「譲渡後」の状況を把握する責任はあります。特にシエルターを持って活動している団体は「キャパオーバー」の頭数を数人で世話していたり、目が届かない状態でだんだん劣悪な管理状況になり崩壊寸前となっているところもありました。

ただセンター側の「犬猫の収容頭数が減ればいい」と言う事ではないのです。引き取った犬猫を置く場所が出来ればいいと他県の認可団体ではないボランティアにでも丸投げしセンターから「何匹出した」と数だけを掲げる団体もありますがそれが「真の動物愛護」になっているとは到底思えません。

このように「殺処分0」という言葉だけが脚光を浴びその裏では反って犬猫達の運命が悲惨な状況になっている事も事実です。先日も茨城の愛護施設「ワン○○」が告発され犬猫が一部センターに収容されました。センター側は「譲渡した犬猫」の今現在の状況「里親が決まった、どこにお預りしてもらっているか、狂犬病は済んでいるか、保護頭数は何匹か」等を追跡調査するべきではないでしょうか?

巷では「茨城県センターが処分をしている、酷いセンターだ」というような発言されている方がいます。そうでしょうか?埼玉でも栃木でも群馬でも日本中「殺処分していない」県の方が少ないのが現実です。一番悪いのは「無責任な飼い主」です。無責任な飼い主が多いからこのように収容されてくる犬猫が減らないのです。「鑑札を付ける」「不妊去勢手術を必ず受けさせる」「放し飼いをしない」「一度家族として迎えた以上どんなことが起きても終生飼育する」。それらを守っていたらセンターにはこんなに沢山の犬猫が送られてくることは無くなります。

その時初めて「殺処分0」が達成され命を終生維持できるセンターとして存在できることなのです。その時期を待てずして強硬突破する事が「犬猫の命の尊厳」を守ってあげることに繋がるのでしょうか?
[2019/07/31 14:56] | 自治体 行政関連 | page top
愛護団体同士の協力が無ければ
自治体のセンターには多くの愛護団体が認可登録をし収容犬猫達を引取り「譲渡事業の協力」をさせて頂いております。しかしながらセンターではその活動が上手く回っていないことも現実です。

茨城県は昨年から今なお1団体の過激な要求にセンター側との溝は埋められず、反って状況は悪化の一方をたどってしまいました。また神奈川県のセンターでも「新センターとして開所」され、以前から要望していました「ボランティア規約」の改正の会議が8月に予定されています。愛護団体として要求する事が全て即実行が出来ることはまず無理な事。センターに入る前の犬猫を助ける活動を長い年月されている多くの団体様もいらっしゃいます。その方がたにも敬意を表し、お互いに良い関係で活動ができるようにするために「ボランティア規約改正」のお願いをしてきました。

愛護団体の活動に対して不平等さ、不満をなくし気持ちよく協力体制で「犬猫達の命を守る事」が出来るようにしなければなりません。それは「愛護団体同士」だけでなく「センターと愛護団体」の関係にも言える事なのです。しかし残念ながらそれをも理解せず頭ごなしに批判する団体がいることも事実なのです。

そうなるとどこの自治体の認可団体様も「引き取り協力する気持ち」が失せてきます。

「京都動物愛護センター」の譲渡事業はとても良く出来ていていると杉本彩様が言われていました。センター主導で愛護団体にも平等な扱い、何1つ不満が出ず上手く回っているそうです。見本となる様なセンターの事業を茨城、神奈川も参考にしながら更なる改善がなされるようにと願っております。
[2019/07/28 14:12] | 動物収容センター | page top
中国の楊さん支援コンサート
毎年行われる世界一残酷な中国ユーリン「犬肉祭り」のレスキューをされています楊さんに保護している犬猫達のフードなどの支援を集めるためコンサートを開いてくださる事になりました。
どうぞ皆様、日本から中国の愛しい犬猫達が1匹でも多く救う事が出来るようにご支援をお願い申し上げます。

※画像クリックすると拡大します。
2019-6-14-1.png

※画像クリックすると拡大します。
2019-6-14-2.png


[2019/07/27 15:37] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
大変な1日でした
昨日23日は茨城のセンターに用事があり朝9時半に出発。しかし東名高速がすでに渋滞。どうも24日「オリンピック1年前の予行練習」があるために道路規制が行われるために23日に集中して搬送のトラックが多かったのかもしれません。

センター長様とのお話し合いのための1時半に何とか間に合い1時間ほどいろいろと協議させていただきました。また皆様からご寄附頂きましたタオルと支援金で購入しましたドッグフード10袋「これ以上乗せられず今回は第一陣」をお持ちしてお渡ししました。

2019-7-24-002.jpg

2019-7-24-001.jpg


目的は「センターで処分判定するガイドライン」についての話をするために伺いました。「今処分すると決めている判定のガイドラインを見せて欲しい」「また誰が最終的に犬の生死を決めているのか」「すべての犬を処分するなとは言わないが1匹でも生かすようなチャンスを与えてあげるような方向性を持ってほしい」という事に関し話し合いを致しました。

その回答は「ガイドラインは1次判定を収容されたときに行い2次判定を期限が切れた時に行い1つでもCが付いた犬は処分対象になる」という事。それに対し当会「他が全てAなのにたった1つのCがあるために処分と決めるのは犬の判定としては余りにも事務的で命を左右する事では考え直さなければならないと思う」と言いました。

また「処分を決める場合センター長さんはその犬を見ていますか?。また誰が決めているのですか?」と質問すると「自分は見ていない、指導課の職員3人ぐらいで決めている」との回答。

当会「毎日をその方がたが犬を見ていますか?そうでなければ何もその犬の判定の理由にはならない。毎日世話をしている委託会社の方の意見も取り入れるべきで事務的な判定で命の区別をしないで欲しい。所内で再度ガイドラインの事に関し改善する事を検
討して欲しい、それをお願いに来ました」と要望いたしました。

センター長様は最後に「そうですね、委託会社の方々から犬の様子を聞く事は考えます」と受け入れて下さいました。

この見せて頂いた「判定票」は余りにも「命の生死を分ける」ためにしては事務的なものでこれで「譲渡可、不可」を決められるものではありません。当会で保護した「バンビさん」「スーパードッグのまりちゃん」もこのガイドラインで判定されたら「譲渡不可」となったでしょう。しかし今は素晴らしい犬に成長しています。あの環境での犬の判定は余りにも難しく安易に「死の判定」をすることは雑すぎます。勿論人間に危害を及ばす可能性がある犬はいます。しかし未知の人にいきなり触られ「逃げてしまう、抵抗する、吠える」等で「殺処分」の刻印を押すことは「愛護センター」としてふさわしくはないと伝えてきました。当会も良くこのガイドラインを熟読しまた改善するべきところは話し合うご連絡する事をお約束して終わらせていただきました。

今後は「愛護団体もセンターを攻撃する事だけではなく協力する気持ちをもって一緒に考え改善していく事が今一番犬達に必要」だと痛感しています。センター内は150匹以上の犬達が収容されていました。甘えて前に来て尾を振る犬達の顔を見て本当に早くここから出してあげたいと思いました。23日の引き取りはシーズー犬が2匹です。
2019-7-24-003.jpg

2019-7-24-004.jpg

2019-7-24-005.jpg

2019-7-24-009.jpg

2019-7-24-010.jpg

2019-7-24-006.jpg

2019-7-24-007.jpg

2019-7-24-008.jpg

そして帰りに八潮インター入り口での4台の事故に巻き込まれ通行止め。センター出て3時間。車は常磐道で止まったまま動かず家に帰って来たのが夜の9時。朝から約12時間の茨城動物指導センター訪問になった大変な1日でした。同行してくださいましたY様。本当にお疲れ様でした。
[2019/07/24 15:51] | 動物収容センター | page top
最近のノアです
チコの息子「ジョン」あらため「ノア」君です。
随分と大きく成りましたね。

2019-7-23-001.jpg

2019-7-23-002.jpg

2019-7-23-003.jpg
[2019/07/23 09:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
譲渡会終了
曇り空の元無事に上半期の譲渡会が盛況の中終了いたしました。多くの皆様が8月のお休み前に保護犬達に会いに来ていただき本当に有り難うございました。
2019-7-21j-003.jpg

2019-7-21j-004.jpg


今回は「茨城県動物指導センター」で使用するためのタオルを沢山お持ちいただき「きずな様」も車に乗りきらないほどの量になり当会が一部をセンターに運ぶことになりました。曇り空と言ってもむしむしして、吹き出す汗にスタッフ一同汗だくで応対を致しました。勿論ワンコさんたちも皆様に尾を振り頑張りました。いつも当会を支えて頂いております皆様からのご寄附、募金箱へのご寄附、またバザー用品を購入いただきました皆様、また、うれしい差し入れのシューアイスをレイちゃんご家族M様が沢山会場にお持ちいただき冷たいプレゼントに一同、涼しい時を過ごすことが出来ました。ご馳走様でした。

2019-7-21j-008.jpg

2019-7-21j-007.jpg

2019-7-21j-006.jpg

2019-7-21j-005.jpg


またペットシーツ、フードも沢山いただきました。そして沢山の卒業犬さんがお顔を見せに集合。お預り人お方が嬉しい悲鳴を上げていましたよ。そうなんです、可愛がって卒業して行った子達に会えることはこの上ない喜びなんです。みんなこれからも元気に幸せに暮してくださいね。

2019-7-21j-009.jpg

2019-7-21j-002.jpg

2019-7-21j-001.jpg


さて今回トライアル予定になりましたポメの「ルル」、チワワの「ルナ」、シーズ^ハーフの「リンゴ」ちゃん。皆トライアルがお盆の頃でまだ先ですが用意できましたらご連絡いたします。そしてご返事待ちの子達が数匹居りますがとりあえずまた9月の譲渡会で皆様とお会いしたいと思います。これから暑い日が続きますが皆様元気に楽しい夏をお迎えくださいませ。沢山のご支援、ご理解を賜りましてありがとうございました。


[2019/07/23 06:12] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
タオルの緊急募集
センターで使うタオルが足りません。新品でなくてもかまいません。綺麗にお洗濯をしてあれば中古品でも構いません。犬の収容頭数が今だ多い為に消毒、犬達の体を洗浄したりするタオル、バスタオル、フェイスタオル等のご寄附をお願い申し上げます。

送り先は

〒309−1606
茨城県笠間市日沢47
茨城県動物指導センター宛
ウイークデーのAM9時からPM4時までにお願いいたします。


追加
バスタオルはそのまま、フェイスタオルは4つに切っていただけるとありがたいです。センター内の消毒などに使用いたします。

[2019/07/18 09:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
茨城センターの譲渡再開
昨晩、センターより「パルボの感染が終息したため疫学的検知から譲渡を再開いたします」というお知らせが送られてきました。6月10日から約1か月以上犬達の収容棟からの譲渡が禁止され、そして「出入り禁止」になっていました。昨年からある団体の無謀と思えるような「殺処分0」の攻撃をセンターは受け、犬達は過密状態にされ、咬み殺し合い、その上でストレスから体力減退でウィルスに負け「パルボ」が発生し35匹の犬達は死亡していきました。

そうならないために今後はセンターで「譲渡不可」と認めた犬達には「麻酔薬による安楽死」は行います。しかしそれは仕方ない事でセンターを責めるなら攻撃の矛先は「無責任な飼い主」であるはずです。「処分を中止させる」ために沢山の犬を引き取ると予約し延々とセンター内に留め置きする団体もいるので「出すと予約したらその日から4週間以内の引取り、それ以上になった時はキャンセルとして扱う」と言う事を書かれていました。それは私も考えていたことで良い案だと賛成致します。引き取り予定を出しそのまま1か月も2か月もただ置いておくことは再度過密状態になることで避けなければならないと思います。

自治体の業務をもっと理解し時期を待つことは出来ないのでしょうか?今までも「収容犬全頭を容疑者不詳で警察に告発」したり、センターを誹謗中傷し「署名集め」をしたり「見えない所でどんどん殺している」というような言葉でネットでの拡散を求めたり、その中で多くの譲渡団体様にも迷惑をかけセンター内を混乱させ業務妨害をしたりして来たことに、反省の気持ちはないのでしょうか?

これだけ自治体との関係性が敵対的になってしまうと自治体側も気持ちよく譲渡が出来ないと言う事は当然だと思います。今後は「センターに1匹でも犬猫が入ることがないような対策」「収容された犬猫は飼い主に1匹でも多く返還できるように」することに力を注ぐことが愛護団体としての使命でもあるのではないでしょうか?2度とセンター内を混乱させるような事は無いように厳しい目で皆様見守っていてください。「生き延びた犬達」に光があたりますように。


追記
「譲渡業務」に関しても当会はセンターと今後も話し合いながら「訂正しなければならない点」に関しても、良いアイディアを出し合いながら「犬猫」のためにより良いセンターになって行かれるように考えてまいります。そして将来、収容頭数が激減すれば「真の生かす施設」として実現できるようになるはずです。期待しましょう。
[2019/07/17 19:48] | 動物収容センター | page top
こんなに元気になりました
駐車場に衰弱してうずくまっていた子猫の「ひまわりちゃん」。ママ猫、お姉さん猫ともはぐれて雨に当たり声も出せないほどの状況でMさんに助けられました。あれから約12日が過ぎ今はとっても元気になりおもちゃに、じゃれて遊びます。ケージの上にも飛び乗るほどにお転婆さんになりました。

2019-7-15-001.jpg

2019-7-15-002.jpg


食欲も今まで食べたり食べなかったりで心配しましたが今は1日4回の食事も待てない程かぶりつくように食べています。便の状態が少し下痢便なので今お薬を飲んでいます。体重も多分470グラムぐらい?になったと思います。

生後5週位なのでワクチンもまだ出来ませんしカリカリフードを食べれるようになるまでは長時間お留守番もさせられません。ひまわりちゃんは不思議と「ミャーミャー」泣きません。1匹で大人しくケージに入っています。抱っこしているとうとうととして眠ってしまうような甘えん坊さんです。呼ぶとハスキーボイスで返事をしてくれるとっても可愛い子です。

2019-7-15-003.jpg

2019-7-15-004.jpg

2019-7-15-005.jpg

2019-7-15-006.jpg


募集はワクチンをしてから掲載いたしますので7月末頃?になります。ただ遠方の方には申し訳ございませんが町田市、横浜青葉区近隣の方限定でお願いいたします。


[2019/07/15 16:34] | 保護、団体関連 | page top
助け出された茶々丸君参加です
2019-7-15c-001.jpg 2019-7-15c-002.jpg

茨城県センターからパルボにもならず生き延びた子犬「茶々丸君」が21日の当会譲渡会に参加致します。


今パルボは終息しましたが、センター所長様の事を「犬殺し屋センター長」「笑いながら薬物入りエサをたべさせている」「何が何でも殺すと言ってる」と拡散している方がいます。しかし当会は「センターの味方する」でもなければ「殺処分賛成派」でもありませんが、あまりにも行政を一方的に非難するような人間には到底賞賛は出来ません。

6か月前まではとても良い形でセンター内の「譲渡事業」が推進し職員、認可団体が気持ちを1つにし、一段となって治療、ケアー、里親様募集、個体識別の情報把握等を行いました。「命を救うための努力」は他の自治体の見本になるようなセンターになっていたのです。

しかし現在まだ、一部の偏った考えの方がたは、あれこれと世間に一方的な記事を掲載し騒がせていますが、そんなことに振り回されず、センター側と愛護団体はお互いに意見交換しながら1匹ずつお預りさせていただき、命の引き取りをして行く事が先行き、譲渡推進に繋がることなのです。「力ずくで、攻撃して、批判ばかりして」の行動は何も功を得ることはありません。常識ある皆様でしたらご理解頂けることと思います。


茶々丸君はこうして元気に愛情かけて頂けるご家族様を待っています。どうぞ皆様「茨城ブランド犬」の茶々丸君を迎えてあげて下さい。譲渡会でお待ち申し上げます。
[2019/07/15 08:11] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
韓国の犬食祭り始まる
中国の「ユーリン犬肉祭り」が終わり、今度は韓国の100万頭が食べられる「ボクナル」が始まった。初日の12日にはソウルの国会前でハリウッド女優のキム、ベイシンガーさんも参加し「焼き殺された犬達の追悼」「犬肉反対の抗議」デモが行われました。そのデモの前で「犬肉協会」の人たちが犬肉を食べるという嫌がらせもあったようです。許せません。

韓国では「食用犬農場」という繁殖場があります。生後7か月ぐらいで屠殺場に出され殺されます。アメリカ保護団体「LCA」他国内外40以上の団体が集結し抗議デモがありました。また「チルソン犬肉市場」にも愛護団体「KARA」主催の抗議デモがあり日本からも活動家が参加したそうです。

その中で犬を路上で盗まれた女性が「犬肉市場」で愛犬を見つけ「返して欲しい」と懇願しても阻止されて肉にされてしまったと泣いていたそうです。もしそんな現場に遭遇したら私だったらどうするでしょうか?気が狂ってしまうでしょう。また韓国在住の日本人「中平静」様という方が酷い状況下で繁殖している「犬肉農場」から助け出した犬達の里親探しをされています。日本にも里親様を求めていらっしゃいます。その子たちの写真を掲載致します。またその子たちのための「募金」もお願いしていますのでどうぞ中国の楊さんを始めこのように個人でも活動している方々に応援をお願いいたします。

韓国の「犬食反対の署名」も集めています。今でもアジアの国ではこのように私達の愛すべき「友」であり「家族」の犬猫達が拷問の上で首を切られ焼かれて肉にされ食べられています。まず日本でも「犬肉輸入禁止」が実現しなければなりません。小さな力であっても皆が集まればきっと大きなうねりになり「アジアの犬猫」達を救う事が出来ると信じています。どうかご協力をお願いいたします。

詳細は「ももこ姫」様のブログ参照。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12493244886.html


犬農場で救助したワンコ達の新しい家族を募集します。
日本への里親さんも考えています。
手続き等で少しお時間頂きますが、
大事に大事にお渡しします。
生後3ヶ月半。珍島犬Mix.
予防接種3回済み。狂犬病1回済み。
幸せにしてあげて下さい。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12493133175.html
o0960096014499782237.jpg

o0768076814499782242.jpg

o0690069014499782252.jpg

中平さんのインスタグラムです。
https://www.instagram.com/shizuka_nakahira/

[2019/07/13 17:59] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
海外からのメール2

Chrisさんから返信ありました。が。。。
私からの質問は3つでした。
1. 楊さんのこと
回答:楊さんの活動のことは聞いた事はありますが、コンタクトした事がありません。ただ中国には楊さんみたいな活動家は沢山います。

2. 何故私達のことをご存知か?
回答ありませんでした。

3. 私達に出来る事を具体的に教えて欲しい
回答:初めに送信されたメールの内容と類似した説明で、具体的な回答はありませんでした。


中國の愛護団体様に質問したことの返信です。個人の方なのかきちんとした回答はいただけませんでした。
中国の犬達を海外の団体に引き取りを依頼しているようですが日本では「入国」させるのはかなり難しいです。それは協力が出来ません。毎日酷い扱いをされている中国の犬達を救おうとしている方がいらっしゃる事は嬉しいです。しかし国で「動物愛護法制定」を決議されない限り犬猫達は「家族」ではなく「食物」として扱われています。それも飼い主から盗んできた犬が8割ぐらいいるとの事。私達日本からどのような救いの手を差し伸べられるのか、悩むところです。




Thank you very much for your reply, I have been thinking about how to reply with all the stories sharing with you for the past few days, but I realize that I still can't finish it through an email.




So, let's start here:
Perhaps you and many international organizations know that the voices from the animal lovers advocates in China are almost banned. I heard about stories about Ms. Xiaoyun Yang, good or bad, but have not contacted.
In my opinion, the characters who can attract the attention of the international community do not need my help anomore, as there's more to be noticed , those who are nameless and doing the same or even risking their lives every day for those innocent lives.
What I have encountered recently (in fact, such things happen every day):
1, a private unofficial shelter in tianjin was maliciously reported by the landlord due to some money problems, and the dogs are now facing government investigations, as i see the investigations should be in yulin or other dogs meat market instead of just at a shelter where is obviously ppl here doing the good things
2, One of the weibo account deleted by sina which uploaded the photoes of dog meat trades in Huangshi City, because the woman in the video holding the dog skin that had just been skinned by the dogs meat dealer and accusing the government of acting as a umbrella.
the Umbrella is bigger more than our imagination isn't it?!

So heartbreaking everything when those news ever came to me, I can't just wait and watching these things to happen everyday.

Here my point again.
1, Yulin is all over china, not just guangxi province
2, Spending the fundings to buy dogs in the market does not help with ending it at all , which could only leave it continue. because the more you buy, the more they steal as they benefit from the dealings. Chinese is the same evil as the gov. Yulin will not stop, it will only become more and more dogs get killing.
3, To stop Yulin and all the dogs meat trades must start with the legislation on preventing the killing abuse and pets welfare.
4. Due to the current international situations, the Chinese government is increasingly inclined to ignore the pressure of international public opinion, as money is more important for it for the group or party.

My friends and I are still in China.
We are currently doing two things: 1. Send the dog out of the country as much as possible.
2. Prepare to united the international groups to urge the legislation, hope everyone agree and join us, we do boycott instead of petitions.

I really hope that more international organizations will clearly understand the current situation of the Chinese government and re-plan the rescuing or ending.
To understand the chinese gov you can follow 爱犬家 on twitter.

I hope you can help to lobby as much as the groups in japan or even some groups you know worldwide this year if possible, before we take actions together.

Thank you
[2019/07/13 17:55] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
子猫のこと
保護していただいた子猫「ひまわりちゃん」のママ猫と姉妹子猫と思われる親子がお腹を空かして現れました。子猫はママの姿を見るとすぐにお乳を吸いに行くそうです。お腹もすいてるのでしょう。きっとママも栄養が足りないのでしょうね。

ひまわりちゃんも栄養失調でやっと保護して5日目から食べるようになり「ひまちゃん」と呼ぶと声は出さずに口を開いて返事をしてくれます。もう手にスリスリして懐いています。ただこの気候の変動で1匹になり寒いらしくペットボトルにお湯を入れて保温してあげています。泣きもせず大人しい子です。

でも昨晩はリボンをちらちらさせると猫らしくじゃれてくれました。良かった生き延びられてる。でもこの子たちの兄弟は2匹だけ生まれると言う事はないのでもっと小さい時にカラスに食べられてしまったのか、死んでしまったのか2匹だけをママは必死で育てていました。動物の母性愛は人間以上ですね。捕獲してあげたくともこの場所は「ハクビシン」が出没するそうで捕獲機を設置してもそれが入ってしまうかもしれず出来ません。何とか今後手術する事が出来れば、またもう1匹の子猫が保護出来ればと思います。

2019-7-9-7.jpeg

[2019/07/09 17:00] | 保護、団体関連 | page top
パルボから逃れられた茶々丸君
先月10日から過密状態にされたためにワクチンをした犬までも免疫力の低下、体力低下のためにパルボが発生してしまい30匹以上の犬達が亡くなってしまいました。今までパルボはこの2年間発生していないセンターでしたが昨年末から「殺したらたたじゃすまない」と言ってある団体にセンターは脅迫されて一時は170匹までにも過密状態にされてしまいました。

そんな中、外の別棟に置かれていた子犬の「茶々丸君生後5か月ぐらい」が無事に感染もせず生き延びることが出来ました。勿論性格も可愛い子です。もう2か月以上檻の中で家族を待っています。どなたか茶々丸君を家族として迎えて頂けないでしょうか?多少の譲渡条件がありますが「飼い主として常識的範囲」1匹の命をお願いできればと願います。

↓↓飼い主申込みフォーム↓↓
http://npo.seikenjoto.org/page/satooya-form.html

2019-7-9-002.jpg

2019-7-9-001.jpg
[2019/07/09 16:58] | 動物収容センター | page top
見つかりました。
逃げてしまったシーズーハーフは今日午前11時に見つかったそうです。怪我もなく無事に保護出来たそうです。皆様、慣れてきた時に心に緩みが起き思いもしないことが起きています。

今回は「W」リードは注意されていたのにハーネスに2本リードを付けていてハーネスが外れたそうです。それではWリードの意味が無かったですね。

当会も里親様にかなり厳しくお願いをしております。2度とこのような事が起きないように皆で気を付けましょう。
[2019/07/07 15:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>