TopRSS管理
チコちゃんの息子たち2匹
これは鼻に白があるジョン「現在ノア」君の様子です。先住犬のお兄ちゃんルイ君と仲良く過ごしている様子です。大きく成りましたね。またいつか皆で合える日がある事楽しみにしております。鎌倉市のY様宜しくお願いいたします。

2019-6-23c-003.jpg

2019-6-23c-001.jpg

2019-6-23c-002.jpg



1匹だけクリームだったジョージ君「現在くうちゃん」。綺麗なクリーム色は変わりませんね。でも随分と足が長くなりなかなかハンサムボーイですよ。葉山市のS様これからだんだん活発になりますからどうぞ気を付けて楽しい生活をさせてあげて下さい。
こうして3匹の子「虎徹、ノア、クウ」ちゃんの成長を拝見出来嬉しかったです。ありがとうございました。

2019-6-23c-4.jpg


[2019/06/24 15:54] | 保護、団体関連 | page top
関西から助けられてきた子達
昨晩は関西からレスキューされた犬達が運ばれてきて東京、神奈川の団体様がお迎えに集まってくださいました。当会も3匹の子達をお引き受けしました。

この活動をされていらっしゃいますN氏は繁殖業者と「1年目には何匹、2年目には何匹まで減らして行くという予定を出させ最終的には廃業する」という確約を取りレスキューしています。今回は3カ所の業者が廃業との事と新規に入る繁殖場のオーナーとの交渉で搬送が他の方になりました。当会は繁殖場の犬達も保護しておりますが、「営業をして辞めるつもりもない中で要らなくなった犬を愛護団体に渡すような業者のお手伝いは致しません」。この世から「繁殖業が皆無になる事を目指していますから」。

お迎え場所に行っていただくと「コッカーがいない、チワワ2匹しかいません」と電話があり「えっ?どうしたんでしょう、まさか逃げてしまったのか?」と心配していました。また他の団体様が間違えてお持ちになったのか。それならそれで構わないのですが。しばらくすると到着場所の「病院にいました」という電話で搬送していただきましたSさんは再度都築区までお迎えに向かってくださいました。そして無事に3匹の子は当会で保護が出来ました。あー、昨日は朝から大忙しの1日でした。夕飯も10時になってしまい、今朝は寝坊してしまって、飛び起きました。皆様本当にお疲れ様でした。

2019-6-23r-002.jpg

2019-6-23r-003.jpg

2019-6-23r-001.jpg

[2019/06/24 15:47] | 保護、団体関連 | page top
亡くなった子達に冥福を
茨城のセンターでパルボによる集団感染で命を落とした子達にご冥福をお祈りします。

この騒ぎを引き起こてからの6か月間はいったい何だったのでしょうか?

警察を呼びセンター職員の顔まで出してSNSで拡散した事から、職員の仕事も妨害され、「空き地に檻をどんどん作って収容しろ」、「センターに収容されている全頭を県のホームページに掲載し全国から譲渡を広めろ」としたその案も単に職員にいらない労力を負わせ、挙句の果てには何の効果も見られず「譲渡募集もたち切れ」そんなことは最初から分かり切っている。

「殺すな」と言って処分を止めていたら伝染病が蔓延。処分しなくとも自分で「処分したことと同じ」結果になり。つまり、センター内をかき回し、犬達に過酷な日々を負わせ、命を奪う事にしたただけで空回り。

そして死亡した子達の写真を掲載し、見世物にし、それが何の意味があるのでしょうか。しかし「19日—21日までに死亡、薬殺処分された」となっている中にいる、白い犬、ミルキーは神奈川の団体様が引き取り元気で今生きています。どこを調べて掲載されたのですか?あまり安易な調査で掲載されないほうが良いのではないでしょうか?

やっとパルボの苦しみから逃れられ楽になれた犬達の亡骸は余りにも哀れでなりません。「計画性がない殺処分0」を唱えた結果、深い傷跡だけを残すことになりました。

合掌
[2019/06/24 06:32] | 動物収容センター | page top
| ホーム |