TopRSS管理
茨城センターから来ました
14日チョコパパさんがセンターに引き取りに行ってくださいました。茨城のセンターでは譲渡犬達に手厚い医療ケアーをして下さっていて。すでに「ネクスガード」というフィラリア、ノミダニ、寄生虫駆除が出来る高価なお薬を飲ませて下さっていました。

大人しい子です。これから詳細を書いて行きますがきっと良い家庭犬として生活できる子です。良いご縁を願っています。

2018-5-14-001.jpg

2018-5-14-002.jpg

2018-5-14-003.jpg

2018-5-14-004.jpg


名前「マナちゃん」フィラリア-、体重12キロ位、年齢2-3歳位。

当会は1匹1匹を確実な里親様にお願いするために沢山の犬を引き取ることは出来ませんがそのおかげで当会の里親様は皆様、「保護犬」を飼うことに理解をして頂き最後まで責任をもってくださる方ばかりです。それは当会の誇りです。今後とも宜しくお願い申し上げます。
[2018/05/15 09:40] | 動物収容センター | page top
岡山崩壊その後
サクラ&toshi様のブログを転載します。

現場に入って保護された団体様ご苦労様でした。ブログを拝見しどこも同じような散乱した家屋。犬たちは半野良状態。そこで繁殖が繰り返され弱い犬は咬まれて負傷している。今回の現場も前日3匹の子犬を産んでいた母犬、そして当日1匹の子犬を産み落とした母犬。

しかしその1匹の子犬は母犬がまるで面倒を見ないためどんどん低体温になり命の危険があるため3匹を産んだ母犬に託すとしっかりと授乳と下の世話もしてくれたそうです。生まれてきた命はやはり「がんばれ」と願ってしまいますね。しかしここの飼い主「死亡しました」はある団体のメンバーだったそうです。代表に報告もせずある時、問い詰めたら「子犬が産まれると可愛いから」との事で会から脱退してもらったとか。すでにその時には30匹になっていたそうです。

しかしその時にその団体がどうにかできなかったのでしょうか?このような「アニマルホールダー」が愛護団体メンバーであったとは悲しくなります。何のために保護活動をするのでしょう。最後はこうして多くの愛護団体様に後始末をさせるようなことになり一番の被害者は「犬達」です。どこの団体も手一杯で保護している中でこのようなSOSが出されれば協力をしてあげたいと思ってしまいます。岡山の団体様が59匹の保護をして下さいました。13日「ふがれす」様が現場から残りの子達を保護してきます。何匹いるのか現場の床下に隠れて取り残されている子はいないか確認しなければなりません。

当会には1匹ぐらいしか置くことは出来ませんが予定を立てています。当然のことですが愛護団体として活動をするのであれば「不妊去勢手術をする」という常識的な活動を守っていただくようお願いします。広島には今3000匹もの犬を保護し手術もしないでいる大きな団体があります。「愛護団体の常識」を根本から考え直して頂かないと「多頭崩壊」以上の大変な事件になりかねません。とりあえず「岡山多頭崩壊」の状況です。
[2018/05/14 07:25] | 保護、団体関連 | page top
岡山多頭崩壊状況
今日は関西の愛護団体様5団体が現場に入りました。逃げまどう犬、咬んでくる犬、隠れてしまう犬。全てシュ長毛なため泥ドロの酷い状態になっている犬たち。50匹が保護されたそうです。残り10匹が12日に行かれる「ふがれす」様が連れて帰ってくるそうです。

アルマ様と相談しながら関東圏でご協力いただける団体様はご連絡いただければ助かります。当会としましてはセンターの犬を優先引き取りなので1,2匹しか引き取れません。置き場所が空いている団体様宜しくお願いいたします。

写真は「WAN LIFE」の会様ブログをご覧ください。
http://wanlife.gozaru.jp/
[2018/05/10 15:24] | 保護、団体関連 | page top
キャリーさんの子犬たち
4月29日に生まれた短足イヌキャリーさんの3匹の子犬たちはすくすく育っています。
生後1週間でまだ目が開きませんがママに似た性格の良い子に育ちますように。

2018-5-7-1.jpg

2018-5-7-2.jpg

2018-5-7-3.jpg
[2018/05/07 17:12] | お知らせ お願い お礼等 | page top
岡山で多頭崩壊70匹
協力団体様よりのSOSです。
岡山で犬70匹の崩壊があり愛護団体に協力を求めています。
シーズー×狆のミックスです。
小型と言え7キロ位あるそうですが「お預協力」して頂けます方がいらっしゃいましたら当会にお申込みください。今まで何件このような「多頭崩壊」が起きたでしょう。本当に無責任ですが犬達には罪はありません。何とか命を繋ぎたいと思っておりますので1,2匹でもお預かり場所を確保できれば引き取ります。

預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112


o1478110814185705285.jpg
ここの犬たちはボランティアで保護している方が起こした崩壊です。何という事でしょうか。このようにボランティア崩壊までも起きている現実に唖然としてしてしまいます。日本はいかに上辺だけの動物愛護を謳っているのかが分かります。私達も気を引き締めて活動しなければと痛烈に感じます。



[2018/05/07 17:06] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
殺処分0の定義
全国の自治体が「殺処分0」を目指しているが譲渡不可能な「攻撃性がある個体」「伝染病の可能性のある個体」までも愛護団体に譲渡をしている自治体がある。どんどん引き取り保護不可能な頭数に迄になっている団体も出てきてしまっている。そこで環境省は「殺処分0」は「譲渡不可能なものを除外する」と発表しました。

東京都では最初からこれを実践し「殺処分0」とは、公言していない。可哀想だが社会に出して危害を加える恐れのある動物、治療不可能な疾患のある動物、伝染病の疑いのあるものは除外されることになる。
詳細は「Yafooニュース」をご覧ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000013-jij-pol
[2018/05/05 14:04] | 自治体 行政関連 | page top
無言の帰宅
鉾田市多頭崩壊現場から助け出され長野県に譲渡されました「なると君」は昨日電車にひかれなくなっていたそうです。里親様の元に無言の帰宅となったそうです。このような結果を聞くたびに私達のこの活動が犬達のために本当に良かったのかと自分を責めてしまうことがあります。

多くの皆様がこの「なると」君の無事な帰還を願い頑張ってくださいました。私は里親様に保護犬をお願いし自分の所から手放すときにこの選択が本当にこの子にとって幸せな一生を送らせてあげるご縁と信じ手放してきました。いつも言うように「未知の所、未知の里親様」に対し犬達の心の中は人間が思う以上に不安とストレスで一杯になっているのです。考えられない行動を取る事も多くあります。

ですので里親様にお願いをしている事「まずそっとしてあげて下さい。早くならそうと無理やり呼び寄せたり、抱き上げたりしない事」。いつかは自分から「ココは安全で怖くないんだ」と理解する事が出来れば自然と心を開いてくれます。しかし残念ながらそれが待てない里親様も多くいらっしゃいます。そして1か月以内に逃がしてしまう事件が多発していました。言葉で説明をしたところで犬には分かりません。それは「時間を与えてあげる事」でしかないのです。

当会の子達の中でもビビリの子は絶対に遠方には出しません。必ず近くですぐに飛んでいかれる範囲でなければ探してあげられなくなります。先日からこのところトライアル不成立の子が3匹出ました。それも犬達の問題ではなく人間側の問題でした。ただ無事に当会に戻して頂けたことがせめてもの救いでした。どうぞ私達が希望された方々にすぐに譲渡を決めない事はそのような事も有る事もご理解をお願い致します。「Wリード、ドッグゲート、網戸、ケージレスト」等細かくご注意をしている事を真摯に受け止めて頂き「1つの命」をバトンタッチ頂きたいと願います。

「なるとくん」仲間もいない未知の場所で毎日お腹も空かし不安な気持ちで線路を歩いていたのでしょう。長野から茨城県への道を探していたのでしょうか?痛かったでしょう。寂しかったでしょう。本当に可哀想な結果になってしまい犬の気持ちを思うと何とも言葉がありません。

トライアル中の里親様へ。どうぞ十二分な注意とご配慮をお願いいたします。私達の大事な保護犬の命をお願いするのです。ご理解お願いいたします。


追伸

一生懸命に犬達の幸せを願いお世話されていた「アルマ様」「けいせつ基金様」「LIFEの会様。多くのボランティア様方本当にご苦労様でした。
[2018/05/02 17:05] | お知らせ お願い お礼等 | page top
韓国文在寅大統領様に送ります
アジアの犬猫達があまりにも残酷な扱いをされて食するために殺されている現在。私達日本人はその現実から目をそらしたい方がほとんどです。しかし声を上げて行かなければ永久的にアジアの犬達は地獄のような扱いをされ命の尊厳もない殺され方をされていきます。本当に哀れで可哀想で、でもどうすることも出来ずに現在に至ります。「日本へ犬肉輸入禁止」の活動をされていらっしゃる神野様、また「アジア犬肉紀行」という映画も放映され少しずつでもアジアの犬達を苦しみから解放してあげられることを願い会のスタッフKさんに英訳をお願いし韓国政府に送ります。見て頂けるかは分かりませんがせめてあの子達の絶叫の苦しみを救えるように諦めず行動していきます。下記に要望文を書きました。


文在寅韓国大統領様。

両国民にとりまして南北の融合、統一は、いくら望んでも今までは叶えられない分裂の悲劇がありました。しかし今回、両国家トップ会談により良い方向に動いている報道を拝見し両国民の方々の喜びは計り知れないほどとお察しいたします。本当に勇気ある決断として心よりお喜び申し上げます。国民の家族、友人の悲しい離散等、懐かしい人との再会は誰にとりましてもこの上ない喜びである事は日本国民としましても嬉しく思っております。しかし人間の幸せ反面、現在人間の良きパートナー、家族である「犬達」が貴国で食用として残酷な扱いをされ食されている現実があります。そのことに対しお心を向けて頂けないでしょうか?世界中の国民は「犬を苦しめて食する」ということに対し多くの人たちが心を痛めております。どうかこの機会に「犬猫達」にもこの南北統一の恩恵として喜びを分けていただけないでしょうか?どうぞ大統領様のお優しいお気持ちで「食用犬廃止」の方向に動き苦しみから犬猫達を救って頂くようご尽力お願い申し上げます。どうかどうか弱き立場の人間の友である犬達を救ってあげて下さることを心からお願い申し上げます。

日本国民一同より

[2018/05/01 15:05] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
<<前のページ | ホーム |