TopRSS管理
【拡散希望】ピースワンコの保護犬脱走
2月21日不妊去勢もしていないまま保護している犬が12匹脱走し1匹だけは見つかったが11匹は今だそのまま行方不明。この事件は起きるべきして起きた事。カギはついていても施錠していないまま1メータの塀を乗り越えて脱走した。1500匹もの犬をたったの20人で管理。行き届いたお世話などできるはずもありません。何とも管理がずさんで呆れる団体です。

このまま捕まらなければまた繁殖し野犬が増えて行く事でしょう。私達を始め多くの愛護団体様がいくら「手術だけはして欲しい」と要望しても持論を繰り返し手術もせず、また里親様にも未手術でお渡しし、妊娠して子犬が産まれています。無責任極まりない活動です。

何のためのレスキューなのでしょうか?「全国のセンターの犬猫の殺処分0」にすると宣伝をし、「ふるさと納税」で寄付金を集め、実際には犬達に寄付金を充分に使用せず、これでは資金集めの目的としか考えられません。これが「愛護団体の姿」でしょうか?

こんなことを今後するのであれば広島センターから譲渡は中止してほしい。また詳細も分からないでNHKなどのメディアは放映を自粛するべきです。許されない事件が起きています。「1匹も産ませてはいけない」のが現在の日本の現状であるはずなのに、あまりにもずさんな愛護団体として皆様に知っておいていただきたいと思います。拡散希望です。
[2018/02/23 08:01] | 保護、団体関連 | page top
またまたご縁がありました
2018-2-22-1.jpg


遺棄された6匹の猫ちゃん達。まだ現場に1匹残された男の子がいますが仲間がいなくなってしまったので姿を現さなくなりました。可哀想に不安でしょう。そのような中で昨日引き取りました3匹の中で最後1匹のメス「チェスちゃん」も昨日お見合いが成功しトライアルに進みます。お預かりして下さった「いぬねこカフェ、ルーア」さんのsさんも「4年間もご縁が付かない子もいるのにこの子達は不思議と見合いが成功します。3匹とも本当に良い子です」と話していました。私も引き取りをすることを数日悩みました。

しかし見捨てることが出来ず決心して良かったと思います。亡くなったくろみちゃんがご縁を繋いでくれているのですね。手術せず飼育し挙句の果てほったらかして引っ越ししていく飼い主は本当に無責任な人間です。動物を飼う資格はありません。何せ「不妊去勢手術の大切さ」を理解していただきたいですね。

余談ですが手術せず「広島のセンター」から全頭引き取りシェルターに手術をしないまま保護。オス犬達は発情したメス犬がいると大ゲンカ。そして未手術で里親様に譲渡しているピースワンコはまた昨年譲渡した犬が逃げ妊娠し子犬を生んでしまいました。これで知っているだけで2件目です。「ふるさと納税」で寄付を集めシェルターをあちこちに作りばらまいている団体「ピースワンコ」。今多くの愛護団体から非難の声が上がっています。何のための「命のレスキュー」でしょうか?理解できない活動をしている団体もあることを皆様もご注意ください。
[2018/02/23 07:52] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
| ホーム |