TopRSS管理
今年もお世話になりました
早いもので今年もあと2日。毎日忙しく追われていて気が付くともう暮れになっています。

今年は多くの「多頭崩壊」が起きてやりくりしながらの保護活動になりました。1人の飼い主の無責任な飼い方「オスメス一緒に飼育し手術もしない」のために多くの方にご迷惑をかけ挙句の果てに「飼育放棄」をする。このような「多頭崩壊」になる前に解決するような条例を作らなければ今後も増えるでしょう。ただ引きとって「譲渡」するだけでは解決にはなりません。行政の早急な改善が必要です。

今年も沢山の保護犬達が新しい家族を得て幸せな年を迎えることが出来ました。それも皆様のご協力、ご支援があってこそ実現いたしました。動物病院の先生はじめスタッフの方々、お預ボラの皆様、ご寄付、ご支援を頂きました多くの皆様、トリマーさん、搬送協力の方々、イベントを企画していただきましたボラさん、協力いただきました愛護団体様、そして何よりも多くの里親様方の暖かなご支援。皆さま、本当にありがとうございました。

来年は「イヌ年」と言う事で世界中の犬猫他動物たちが大切にされる世の中になってくれることを心より願います。それでは良いお年をお迎えください、そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
[2017/12/29 15:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
最後の日まで迷惑な話
先日ブログにも書きましたJRテリア2匹を放棄した飼い主が再度返してほしいと朝5時から毎日20件以上の電話がかかり引き取ってもいない当会は非常に迷惑を被りました。センターにも県庁にも対処してほしいと言っても何の動きもなく。終いには弁護士から電話がかかり「引き取ってないですか?」と聞いてきました。「当会は引き取りはしていない」と話しました。

しかし28日また神奈川県動物保護センターの譲渡団体全部に「飼い主が引き取った団体さんを探している。返してあげてほしい」とメールが来たため直接弁護士に電話をしました。「先日も引き取っていないと伝えたにも、またこのようなメールが送信されてきて非常迷惑をしている。今後連絡が来るようであれば警察に訴えます」と言いました。

しかし神奈川県もこの様な問題に対しどう考えているのでしょうか?放棄して数日しか経っていないで再飼育希望しているのなら引き取り団体はセンターで把握しているのですから「返してあげてくれ」と言えば終わる話です。こんなに多くの団体を巻き込み約1か月も対処できない神奈川県は今後「愛護団体と協働で生かす施設を作る」などと言っても出来るはずありません。

どこの団体様か知りませんが引き取られた団体は飼い主に犬を返してあげて下さい。そうしなければいつまでも終わりません。長年、一番、犬達にベストなセンターになってほしく頑張って来た当会は今、センターを非難するようなことになり非常に情けない思いです。最後の日まで嫌な気持ちで過ごす当会の立場も考えてほしいです。自治体としての姿勢が問われます。
[2017/12/29 07:43] | 自治体 行政関連 | page top
| ホーム |