TopRSS管理
幸せな旅立ちのお知らせ
皆様にお願いをした子達が
幸せな一生を終えて旅立った報告をたくさんいただきました。

アメリカに娘様が連れていかれたマック君「旧コウタ」。
茨城の譲渡用子犬だった子でした。
しかしご縁がなく職員の方の移動もあり8年前にお引き取しました。
しかし「門脈シャント」という疾患を持っていました。
大学病院に手術もお願いしましたが肝臓内シャントのため出来ませんでした。
長生きは出来ないこの病気を持ちながらアメリカに渡り
その後食事療法で太って元気に新地での生活がはじめられたそうです。
しかし耳に腫瘍が出来、肝臓が悪い中、
アメリカの獣医さんが「大丈夫」と言われ手術を受けたことで残念でしたが
9歳の生涯を終えてしまいました。今「メモリアル墓地」で眠っていると
お母さまが譲渡会に報告にいらしてくださいました。
大和市のF様ありがとうございました。

黒ラブのクレアちゃん12年前にお嫁入りさせていただき
14歳の年月を大切に育てていただきました。
漏出性蛋白腸症でお薬の効果も効かず
ご家族様の愛情に見守られて天国に登っていきました。
M様にはもう1匹Sプードル「ルーク君」も家族に迎えて頂きました。
リンパ腫で9年前に亡くなりました。
今回クレアちゃんの存在の大きさに乗り越えることが
お気の毒の程のメールを頂きました。
でもルーク君の分までもクレアちゃんは頑張りました。
きっと天国でルーク君と会えて喜んでいると思います。
港南区のY様2匹の子達をありがとうございました。

マルチーズのクリームちゃんが2月3日に天国に行かれたお知らせを
御丁寧なお手紙で頂きました。
お母さまが「私の自慢の子でした。
我が家の一員になった時部屋中を走り回っていた姿を鮮明に覚えています。
こんな素晴らしい子に巡り会わせていただき感謝いたします」という
有難いお言葉が書かれておりました。
お体の都合で娘様と交代で介護してくださり
亡くなる前日まで自力でフードを食べ水も飲んだそうです。
大往生でしたね。長い間お世話頂き、調布市のY様ありがとうございました。

その他にも病院からのお知らせで12年前にお願いをしました
ダックス「モカ」ちゃんが推定14歳の生涯を終えたと知りました。
町田市のS様ありがとうございました。

また譲渡会にお知らせにいらしてくださいました青葉区のA様、
やはりダックスの?ちゃん「お名前をごめんなさい分からなくて」が
亡くなったお知らせに譲渡会にいらしてくださいました。9年ぐらい前でしたでしょうか。
12,13歳になっていたと思います。可愛がっていただき本当に感謝いたします。



このように縁があり
家族にしていただきました子達の旅立ちのご報告をきちんと頂けました事は、
皆さまが「保護犬」の里親様として本当に責任をもって
バトンタッチして下さった素晴らしいご家族様でした。
心より感謝いたしております。
本当に長い間、命を守ってくださいましてありがとうございました。
[2017/03/01 16:34] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
| ホーム |