TopRSS管理
神奈川県センター地下室の犬達の実情
「殺処分0」の知事の公言から処分がされなくなり
いつまでも引き取り手が出ない犬達は
数年この冷たいコンクリートの上で陽にも当たることもなく毎日生きているのです。

今回ある団体が「センター見学会」を開き参加された方が説明された内容を聞き
「ここにいる犬達は広い場所なので何年ここにいてもストレスがないんですよ。
反って環境はいいんです」という話しを聞かされ
「神奈川の団体さんは皆、この収容施設にいる犬達がストレスがないと思っているんでしょうか?」と
違和感を感じたという意見が聞こえてきました。とんでもありません。
冷たい硬いコンクリートの上で落ち着く場所も、毛布1枚の敷物もなく
人間が下りて行かなければ電気も少なくされた薄暗い檻の中で
2,3年いたと考えてもそれを「ストレスがない」とはどうして言えるのでしょうか?
特に老犬達は最期をこのような環境で終えて行くなら何もせず
放りっぱなしの施設は「愛護センター」とは言えません。
他県のセンターでさえ毛布を引いたり、
コンパネを置き高さのある場所を設けるなどして工夫管理してくださっています。
もしそうであるなら何も
「処分する施設ではなく生かす施設に建て替える」という事で寄付金も集める必要もないのですから。

当会をはじめ事情を把握している多くの団体様は1日でも早くこの場所から
犬達を暖かな明るい場所で過ごさせてあげたいという思いで走り回っているのです。

そして今回、発起団体が集まり来場者様が来やすい日曜日に
「サンデー譲渡会」を企画し2回が終了し4匹の子達が幸せなスタートを切ったのです。
地下室にいる犬をシェルターがあるからと団体が引き取っても
それは単に移動しただけで「幸せな譲渡」ではありません。
センターは収容犬が増えてくると困るので
引き取ってもらえるならとお願いしてしまう事も痛しかゆしです。

ただ「不妊去勢をしない譲渡をする団体」には
決して今後譲渡をしないでほしいと強く要望します。
収容される頭数を減らす事。
それには不妊去勢手術と鑑札の装着「マイクロチップ」をすることは前提条件です。
将来は真の意味での「殺処分0」と言える日本になってくれることを願います。
[2017/03/06 13:52] | 動物収容センター | page top
一夏さん
当会から譲渡されサンデー譲渡会で幸せをつかんだ「一夏さん」。
トレーニングが必要なので毎週トレーニングスタッフのTさんが通って下さっています。

2017-3-6-3.jpg
[2017/03/06 13:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
サンデー君
「サンデー譲渡会」で幸せになれたサンデー君。
1年半もの長い間冷たいコンクリートの上で生きてきました。
里親様どうぞこの子を宜しくお願い申し上げます。



2017-3-6-001.jpg

[2017/03/06 13:38] | お知らせ お願い お礼等 | page top
不妊去勢手術をしない犬達がばらまかれたらどうなるでしょう
長年保護犬のレスキューを必死でやって来た多くの愛護団体が
「不妊手術をして下さい」「去勢手術をして下さい」と声を大にして訴えてきた事で
日本全国で殺処分される犬猫の数が減りました。
しかしその努力も水の泡になってしまうような活動を始めた方がいます。
皆様も最近テレビ、メディア、新聞などで紹介されている
大規模な活動展開を始めた企業の一部である「ピースワンコジャパン」という名前を
お聞きになられたことがあると思います。
ピースワンコジャパンと言う「愛護団体」はありません。
「ピースウインズジャパン」というNGOのその一部の部門として
「殺処分0」を宣伝し「ふるさと納税」で寄付金を集め
今後シェルターを関東にまで10カ所を設立すると謳っています。
ですので「ふるさと納税」で集まった寄付が
どのように犬達に使われているかも公表する義務はないそうです。

「殺処分0」という言葉は何と心地よい響きのある優しい言葉に聞こえる事でしょう。
でも皆様考えてみてください。
広島のセンターから1000頭もの犬を引き取り関東にまで運び里親様に譲渡をする。
そこまでは「命の尊厳」を尊び素晴らしい事と賛同いたします。
しかし人馴れしていないような犬を不妊、去勢手術もしないで
ばらまくような譲渡をしたらどうなるでしょうか。
発情が来た♀犬がいれば♂犬達は興奮し飼い主を咬んだり、側に行きたくて脱走したり、
犬同士の喧嘩が起こったりと犬の精神的ストレスは計り知れないものがあります。
それを管理してあげるのが人間ではないでしょうか?

今後いつ起きてもおかしくない地震災害。
万が一それが起きた時には脱走した犬が捕まらずまた繁殖を繰り返し
ゆくゆくは「処分頭数増大」に繋がることなのです。
「殺処分0」になるためにはたった1つ。「不妊去勢をして譲渡をする」これ以外にありません。

PWJさんの目標は「幸せな譲渡」になるためなのでしょうか?
ただ「処分が0」にすればいいという事であればそれは犬たちにとって
真の意味の「愛護活動」ではありません。
また不幸な命が巷に増えて行き皆様の「命を救いたい」という
尊いお気持ちを裏切る結果になってしまいます。
最終的に「命を絶つこと」に繋がる最悪の結果になるのです。

PWJ様、そこをどうかご理解いただき
「不妊去勢手術をしての譲渡」をしていただけますようお願い致します。
私たちは今日も「対策会議」を多くの団体様が集まり
今後の「保護犬猫の未来」についての話し合いの場を設けました。
日本全国の犬猫達が真の「殺処分0」と言える社会が来るために
PWJ様も足並みをそろえての活動を要望いたします。

[2017/03/05 10:53] | 保護、団体関連 | page top
署名と拡散のお願
6月の「玉林市犬肉祭り」廃止の署名を拡散を皆様にお願いです。
当会もこの3年余り署名集め、また肉にされる犬達を助けている「楊さん支援、」
家族として大切にされている犬猫の写真を皆様に送っていただき
中国大使館に送ったりの活動をしてまいりました。
今回「反、犬猫肉ジャパンネットワーク」様が署名を集めていらっしゃいます。
是非是非皆様のお力でこの残酷な「犬肉祭り」で拷問され食べられていく
1万頭もの犬達を絶対に救うために1人でも多くの方に署名をお願いいたします。
小さな力が必ず大きな動きとして世の中を動かします。
諦めずに他国の犬猫達にも心かけてあげて下さい。
「見たくない、知りたくない」と目を背けることは簡単です。
しかし日々犬猫達は目をそむけたくなるような
非人道的な苦痛を与えられて虐殺され肉にされています。
この現実を多くの方に知っていただくためにも拡散をお願いいたします。
当会も今署名を集めております。

詳細は「ももこひめ様のブログ」よりお願い致します。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12253094792.html
[2017/03/04 14:07] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
中国の楊さんへ
犬肉祭りで殺される犬達を助け保護している中国の楊さんへ
「フード代支援」を皆様に協力いただいております。
3月になりましたので5万円をお振込みいたします。
ご支援いただきました皆様です。

12月29日 カキザキ様

1月15日 コウケツ様

1月30日  カキザキ様

2月3日  こどもの国動物病院様募金箱 11573円

2月17日  小森動物病院様募金箱    13203円

2月19日  譲渡会募金箱        3665円



皆様のお心で1000匹の犬達が飢えることなく元気に生活しています。
6月に1万頭もの犬達「盗まれた飼い犬が多い」が殺されています。
1日も早く残酷な「犬肉祭り」が廃止になるよう願っています。
[2017/03/02 16:02] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
幸せな旅立ちのお知らせ
皆様にお願いをした子達が
幸せな一生を終えて旅立った報告をたくさんいただきました。

アメリカに娘様が連れていかれたマック君「旧コウタ」。
茨城の譲渡用子犬だった子でした。
しかしご縁がなく職員の方の移動もあり8年前にお引き取しました。
しかし「門脈シャント」という疾患を持っていました。
大学病院に手術もお願いしましたが肝臓内シャントのため出来ませんでした。
長生きは出来ないこの病気を持ちながらアメリカに渡り
その後食事療法で太って元気に新地での生活がはじめられたそうです。
しかし耳に腫瘍が出来、肝臓が悪い中、
アメリカの獣医さんが「大丈夫」と言われ手術を受けたことで残念でしたが
9歳の生涯を終えてしまいました。今「メモリアル墓地」で眠っていると
お母さまが譲渡会に報告にいらしてくださいました。
大和市のF様ありがとうございました。

黒ラブのクレアちゃん12年前にお嫁入りさせていただき
14歳の年月を大切に育てていただきました。
漏出性蛋白腸症でお薬の効果も効かず
ご家族様の愛情に見守られて天国に登っていきました。
M様にはもう1匹Sプードル「ルーク君」も家族に迎えて頂きました。
リンパ腫で9年前に亡くなりました。
今回クレアちゃんの存在の大きさに乗り越えることが
お気の毒の程のメールを頂きました。
でもルーク君の分までもクレアちゃんは頑張りました。
きっと天国でルーク君と会えて喜んでいると思います。
港南区のY様2匹の子達をありがとうございました。

マルチーズのクリームちゃんが2月3日に天国に行かれたお知らせを
御丁寧なお手紙で頂きました。
お母さまが「私の自慢の子でした。
我が家の一員になった時部屋中を走り回っていた姿を鮮明に覚えています。
こんな素晴らしい子に巡り会わせていただき感謝いたします」という
有難いお言葉が書かれておりました。
お体の都合で娘様と交代で介護してくださり
亡くなる前日まで自力でフードを食べ水も飲んだそうです。
大往生でしたね。長い間お世話頂き、調布市のY様ありがとうございました。

その他にも病院からのお知らせで12年前にお願いをしました
ダックス「モカ」ちゃんが推定14歳の生涯を終えたと知りました。
町田市のS様ありがとうございました。

また譲渡会にお知らせにいらしてくださいました青葉区のA様、
やはりダックスの?ちゃん「お名前をごめんなさい分からなくて」が
亡くなったお知らせに譲渡会にいらしてくださいました。9年ぐらい前でしたでしょうか。
12,13歳になっていたと思います。可愛がっていただき本当に感謝いたします。



このように縁があり
家族にしていただきました子達の旅立ちのご報告をきちんと頂けました事は、
皆さまが「保護犬」の里親様として本当に責任をもって
バトンタッチして下さった素晴らしいご家族様でした。
心より感謝いたしております。
本当に長い間、命を守ってくださいましてありがとうございました。
[2017/03/01 16:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
<<前のページ | ホーム |