TopRSS管理
はなちゃんの遺品をありがとうございます
2016-10-4-001.jpg


平成17年12月30日にお嫁入りしましたシーズーのはなちゃん「旧イヴ」が
9月27日に天国へ旅立ったお知らせを頂きました。
黒白の女の子で大切に家族として育てていただきました。
段ボール3個にはなちゃんの使われていた物、
たくさんご用意してくださっていたフード、缶詰め、おむつ、シャンプーなど
1つ1つ丁寧に包まれていてどれだけこの子に愛情をかけていてくださったのか、
包みを開けながら有難さで涙がこぼれました。
そしてお手紙が入っていて「Wさんのお声を久しぶりにお聞きし、
はなに会いに行き抱いた時の事を思い出しました。
愛娘はなの存在が大きかったこと、日ごとに感じられてきます。
思い出の半分も書き尽くせませんが貴会に感謝し
益々の犬猫のためにお働き下さいます用お祈りいたします」と
ご丁寧なお手紙が添えられていました。
11年前はまだまだシーズーの収容が全盛期。
1年間に数10頭のシーズーを必死で助けてきた記憶があります。
はなちゃんもその中の1匹で亡くなる数年間はアレルギー、糖尿病、
白内障と病気を抱えてながらそれでも元気に過ごしていたそうです。
そして最後の日、ご夫妻の見守る中,息使いがだんだん静かになり旅立ったそうです。
幸せな最期でした。
お手紙に「忘れるのでなく、かみしめながら私達だけの生活を再び戻していこうと思っています」と
閉じられていました。清瀬市のYご夫妻様。はなちゃんが本当にお世話になりました。
私もはなちゃんの事は忘れません。
お顔の片側だけに黒い毛が生えていたユニークな子でしたね。
でも可愛い子でした。はなちゃんの思い出のお品は使える子に使用させていただきます。
はなちゃんからのプレゼントとして思い出しながら。


[2016/10/04 13:32] | お知らせ お願い お礼等 | page top
楊さん支援団体設立
中国の1人の女性楊さんが「犬肉祭り」で拷問を受け殺され食べられてしまう1万頭の犬を
毎年2000キロも離れた玉林市まで通い今年は400匹を買い取り助けました。
そしてシェルター「天津市」には犬1500匹、猫70匹が保護されています。
しかし毎日のフード代が足りません。
そこで関西の愛護団体様が現地を訪問し直接楊さんにお会いし
今後の支援をするために「楊シェルター犬猫支援会」を立ち上げました。
代表は当会もお世話になりました栄さま。
今後支援金はこちらの「支援会」口座にお振込みしていきます。
若かりし頃の楊さんのお写真を拝見しました。
すごくお綺麗で、高校の教師をされていた経緯があります。
20年前から犬猫達を身を粉にして助けていらっしゃいます。
どうぞ皆さま、楊さんの犬猫達にフード代をご支援してあげて下さい。


振込先は

ゆうちょ銀行 記号10140

       番号92723661

他銀行    0一ハ「ゼロイチハチ」

       店番  018

       普通預金 「9272366



名義     「楊シェルター犬猫支援会」

詳細は栄様のブログをお読みください。
http://ameblo.jp/earth-world-love-peace/entry-12205557759.html





どこからの支援もなく1か月80万円もかかるフード代を家を売り借金までして保護している楊さん。
中国の残忍な殺され方をされている犬猫達に今、
私達日本からしてあげられることは「フード代支援」です。
世界からも「中国犬肉祭り」の残酷性が非難されています。
少しずつですが中国の子達に皆様の手が差し伸べられてきました。
いつの日か必ず廃止にしなければならないこの野蛮な祭り。気が滅入る事も有りますが、
諦めたらこの子達を見捨てることになってしまいます。今後も訴えていきます。

支援は当会からもまとめてお振込みいたしますので

当会口座「00220-5-33668」でも構いません。「楊さん支援」とお書き下さい。

9月分支援者名。
山形県K様「2回分」、
町田市H様、
多摩市S様、
町田市小森動物病院様募金箱「8920円」

助け出された楊さんの命を繋いでもらえた子供たち「犬猫達」においしいフードを買ってあげられます。
皆様本当にありがとうございました。そして引き続きご支援お願い申し上げます。



[2016/10/04 13:27] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |