TopRSS管理
譲渡会報告
暑いんだろうなーと思いながら開催した譲渡会でしたが
運よく日差しも弱く曇り空。しかし湿度が高いのか、
もう汗が流れて人間も犬達も一生懸命に頑張りました。
上半期最後の譲渡会で多くの方が来場いただきました。
そして多くのお申込みを頂き皆様どうもありがとうございました。
これから良く検討いたしましてトライアルに進む子を決めさせていただきたいと思います。

卒業犬達も皆嬉しそうに参加してして下さいましてうれしかったですよ。
この間、卒業したばかりのアリーちゃん「旧メアリー」、
パグ雑のあんこちゃんは新しく妹さんが誕生され「お子様」お姉さんになりました。
保護当時はものすごいお転婆さんで預かり人も、へとへとでした。
でもすっかり落ち着いてニコニコといつもの笑顔で来てくださいました。

パグのわかめちゃん、お友達のヨーキーサリーちゃん、
ワイワイとやっている中「あれ?地震」とびっくりすることもありながら
3時間の譲渡会も無事に終了。
集めていただいたタオルをお持ちくださった方、ペットシーツ、そして私たちにおいしい果物、
お菓子も沢山頂き本当にありがとうございました。
また「ワンちゃん用お菓子」を作ってバザーをしてくださった里親様。
募金箱に犬達の支援を頂きました皆さま。

また「中国楊さん支援」を頂きました、

多摩市「サトウ様」、
渋谷区「モリモト様」、
川崎市「アオキ様」、
町田市「アベ様」
有難うございました。まとめてお送り致します。

そして当会にもご支援いただきました
渋谷区M様、
町田市M様、
町田市T様、
保護犬達に有難く使用させていただきます。

この場をお借りしお礼申し上げます。
今度の譲渡会はお寺さんのご都合もあり第2週「9月11日」に開催予定です。
他にも楽しいイベントを企画していますので後日お知らせいたします。
皆さまどうぞ熱中症にはワンちゃん共々充分に気を付けて楽しい夏休みをお過ごしください。

2016-7-18-015.jpg



2016-7-18-001.jpg

2016-7-18-002.jpg

2016-7-18-003.jpg

2016-7-18-004.jpg

2016-7-18-005.jpg

2016-7-18-006.jpg

2016-7-18-007.jpg

2016-7-18-008.jpg

2016-7-18-009.jpg

2016-7-18-010.jpg

2016-7-18-011.jpg


IMG_7903[1]
卒業犬 空太郎くん

[2016/07/18 21:28] | 緑山譲渡会 | page top
韓国で犬盗難注意報発令
犬肉スープが食べられる17日、この日前後に飼い犬が盗まれる事件が多発。
韓国で「犬盗難注意報」が出されたそうです。
無差別に飼い犬を盗み犬肉用に売っていた4人組が逮捕されたと報道されています。
その中にはかなり高額の犬種からまだ生後2か月ぐらいの小犬も含まれていた。
このような事件が起きることは「犬肉を食べる」と言う事を廃止しなければ無くなりません。
いくら滋養のための食材と言っても今では「伴侶動物」で「食物」ではありません。
そこの原点を訴えて行かなければ政府もなかなか動いてはくれない事と思います。
あと2回の伏日があります。
韓国大使館にこのような犯罪までおきている現実を真摯に受け止めるよう要望いたします。
中国、韓国、インド、ベトナム、等犬達が酷い扱いをされて
殺され食されている事実を多くの方に知っていただきたいと思います。

詳細は「ももこひめ」様のブログを参照。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12181685026.html

また「HSI」ヒューマンソサエティーインターナショナルのブログには署名があります。
どうかお1人でも多く日本から海外の可哀想な犬猫達に救いの手を差し伸べてあげて下さい。

Speak out against the cruel dog meat trade
(名前、姓、メールアドレスを入力し、国を選ぶ。
ヒューメインソサエティーからのニュース配信を希望しなければ
ボックスのチェックを外し、SUBMITをクリック)


[2016/07/18 11:26] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
安らかなお別れ
D201
2005年10月31日東京都動物愛護相談センター本所より
小さなポメラニアンの女の子を引き取りました。
髪の毛はハサミで無造作に切られ哀れな姿でした。
当時東京都は期限が来ればトラックが各センターを回り処分する犬猫を
大田区城南島に運び処分をしていました。
ですから私たちは必死で助け回りました。
その後本当に優しいご夫妻に家族にしていただき
今日まで何のストレスもなく飼い主様のH様と一心同体のように過ごさせていただきました。

サリーちゃんは保護した私にも思い出が強くある子です。
誕生日も分からないので毎年H様と同じ12月にお祝いをしていただき
いつもお写真を送ってくださいました。
まさか今日が旅立ちの日になるとは思えないほど元気にしていたそうです。
ただ昨日倒れてそれでも立ち上がり今日はまたニコニコと笑い、
最後に「お母さん食べたいよ」と言うようにH様のお口をなめ
いつものようにかみ砕いたフードを食べたそうです。
しかしそのあとまた倒れてフーと魂がもう抜けていくように感じたので
抱きながら「もう頑張らなくていいのよ。苦しまないで」と声をかけると
本当に安らかに腕の中で、そしてご主人様が体を撫でてくださる中で天国へと旅立ったそうです。

この子は人間のようなワンちゃんでした。
言葉は話せなくともなんでも飼い主様の言葉を理解し心が通じている子でした。
またそこまで手をかけて慈しんでくださったからこそ、
そのご恩を感じて最後まで元気な姿を見せ、
お口からフードをおねだりして甘えてお別れしたサリーちゃん。

貴女は天使のような子でしたね。
そしてサリーちゃんのママは他のセンターの子を助けてくださり、
また中国の子達にも心かけて下さり沢山の愛を他の子にまで下さいました。
きっとサリーちゃんは天国のお友達に自慢話が出来ますね。
11年間の年月はついこの間あなたをお届けした時の事が思い出されます。
また会いましょう。それまでお空で元気でいてください。

追伸「亡くなる14分前のサリーちゃん」のお写真です。

2016-7-18-1.jpg

[2016/07/18 11:02] | お知らせ お願い お礼等 | page top
幸せな旅立ち
柴犬のわかめちゃんD1101

平成26年12月25日神奈川県動物保護センターの地下室に
11月13日から収容されていたボロボロの柴犬メスを引き取りました。
ガリガリに痩せて古い太い2本の首輪を付けていました。
沢山の収容犬がいる中で後ろに一歩下がっているような控えめな子でした。
それからとても良いご縁で
猫ちゃんもいらっしゃるご家族様のもとにお嫁入りしたのが27年6月。
もうピカピカになり本当にこの子が生きてきた生涯の中で
一番幸せだったのではないかと思うほど大切にしていただきました。

しかし今年5月にリンパ腫になり亡くなりました。
家族にしていただき1年。
なんだか最後を悲しんでくださるご家族に会えて
わかめちゃんは安心して天国に登っていったと思います。

当会も沢山の子達の旅立ちを見てまいりました。
本当に愛してくださるご家族に巡り会いその子が心から
自分の生きてきた道しるべが引けた時安心してお星さまになって輝いてくれるのだと思います。
1年間と言う短いかもしれない時間を
最高の幸せな時を過ごさせていただきましたN様ご家族。
ありがとうございました。



[2016/07/18 10:57] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |