TopRSS管理
0プロジェクト譲渡会
3月20、21日「0プロジェクト」茅ヶ崎辻堂海浜公園にて開催されます
大イベントの譲渡会に当会の保護犬達も参加いたします。
当会は11番ブースにて皆様をお待ち申し上げます。
春なので桜色のエプロンを付けていますので見つけてお声をかけて下さい。
当会のロゴをチョコママさんが印刷してくださいました。
2016-3-11-1.jpg

素敵なエプロンが出来上がりました。
神奈川県動物保護セんたー関係の愛護団体様が多く参加いたします。
どの子も良いご縁が繋がることを願っております。
どうか多くの方の御来場をお待ち申し上げます。


2016-2-26-2.jpg


[2016/03/11 16:44] | お知らせ お願い お礼等 | page top
日本への犬肉輸入禁止の回答
1月25日付けで神奈川県知事に
「犬肉輸入禁止」の要望並びにご意見を賜りたく郵送いたしました。
2月25日までの回答がありませんでしたが
昨日「神奈川県食品衛生課」担当者様より回答を頂きました。
一部概要を記します。



動物の愛護及び管理に関する法律では
「動物が命あるものであることにかんがみ、
何人も動物をみだりに殺し、傷つけ、
又は苦しめることのないようにするのみでなく
人と動物の共生に配慮しつつ、
その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」。

しかしながら本法は国内法であり、
国外における行為については、対象外となります。
また国内でも食品衛生法による営業許可を取得していれば、
食用としての犬肉を販売する事や飲食店などで
犬肉を調理し提供することは禁止されておりません。
厚生労働省では営業上使用する犬肉等の食品を輸入する際には
輸入者に食品輸入届書を提出することを義務付けています。
貴会からのご指摘は厚生労働省輸入食品安全対策室及び
横浜市「中華街でメニューにあり」に情報提供を行います。




と言う内容の書面を頂きました。
中国からの犬肉の多くが飼い主から盗まれた愛犬であることが半分以上を占めている事。
それを非人道的殺し方をし日本に輸出している。
それを「輸入届書」が出ているから違法ではないと言う
この現状は納得できることではありません。
日本国内では野蛮な殺し方をしていないから中国で犬達が受けている拷問を黙認する。
そんなことできるのでしょうか?私は出来ません。
日本へ輸入を禁止できれば中国で殺される犬猫が減っていく事になり、
伴侶動物である「犬、猫」を食すると言う野蛮な食文化「文化ではない」も消えていく事になるでしょう。
世界からかなりの批判を浴びている中国の「犬食」、
それを輸入することは日本も「野蛮行為」を加担している事と同じと思います。
これから「犬肉輸入禁止」に出来るように動きたいと思いますので
再度皆様からのご協力をお願い致します。
日本の犬だけが「尊厳」を守られているのでそれでいいと言うことではないと思います。
人間として海外で苦痛を与えられ殺される犬猫達にも
救いの手を差し伸べてあげる事は忘れてはいけません。
人間は何と残酷な動物なのでしょうか。

[2016/03/11 16:40] | 自治体 行政関連 | page top
預かり募集
チワワのロン君のお預かり人を探しています。
静かに接していただけるようなご家庭にお願い致します。
今は抱っこもさせてくれますが最初は怯えてしまい
椅子の下に逃げ隠れてしまいました。
犬の経験がおありの方。

d1143-3.jpg


2016-3-18追記
預かり場所が見つかりました。
ありがとうございます。
[2016/03/11 16:31] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
支援物資ありがとうございます
千葉県のO様が韓国のキムさん用にと首輪、ブランケット他をお申し出頂きました。
今キムさんのところには皆様からのご支援物資が
たくさん届き当分足りているとのことですからまたしばらくしてから送ります。
また亡くなられたワンちゃんのおむつ、ペットシーツなどは
保護犬達に使用させていただきます。
O様はあまりにも残酷な中国の犬、動物たちの拷問に悩まれ
いろいろとアイディアを考えてくださっています。
あのような拷問をまして
感情のある犬達に行い苦痛を与えて殺し食べるなどと言う行為は
人間として許されることではありません。
世界中から非難の声が上がっていても改善する気持ちもなく
また今年の6月に「玉林市犬肉祭り」は行われるのでしょうか。
当会も皆様から署名をたくさんお送りいただき4月に中国大使館に送ります。
小さな活動かもしれませんが
地球の片隅から苦痛を与えられている中国の動物達を助けるために
動いている人が沢山いる事、きっと神様はいつかこの子達を救えるように
お力を与えてくださることと信じています。

たまたま「中国、韓国」に生まれた犬猫達は今日も恐怖と苦痛の中殺されています。
心痛めても動かなければ何も変わりません。
諦めず活動を続けて行きますので皆さまご協力お願い致します。

[2016/03/11 16:27] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |