TopRSS管理
我が子のもとへ
昨日は収容所から親子犬を他団体様が引き取り
茨城から鎌倉へ移動することになっていました。
3日前母犬はリードをかみ切りドアーを開けて
「鍵がかかっていなかったので」逃げてしまいました。
余程怖かったのでしょう。
そこで「捕獲箱」を設置し昨日夜8時に子犬たちがいる場所へ戻ってきて
捕獲箱に入っていたそうです。

母犬はまだ1歳未満、初産だったようですが
母性本能で子犬のもとに帰ってきました。
しかしこのような犬を再度譲渡は難しいと言うことで
茨城の団体様はセンターに戻すと言うことでした。

それを聞いて鎌倉の団体様kさんは「処分になるなら引き取ります。
子犬だけ助けて母犬を処分なんかは出来ない」と
昨日は2回も子犬の引き取りと母犬の引き取りに夜中の12時半まで動きました。

今日は子犬たち4匹もママのそばで泣かずに寝てミルクも飲んだそうです。
母犬も手から食べ物を食べてくれたと報告がありました。
2日間不安な思いで何も食べれず彷徨い
子犬のもとへやっと帰って来た気持ちを思うと泣けてきます。
せっかく子犬のもとに戻れても自分が処分になる事も知らずに一生懸命戻ってきたのです。
戻ってから処分になるのでは確かに残酷です。

この母犬が今までどのようにここまで生きてきたのかは分かりませんが
いずれにせよ無責任な飼い主が飼育放棄し自分で生き抜いたのでしょう。
うろついている間に妊娠をし出産、
すぐに6匹の子犬が収容されて「多分通報された」次の日母犬も捕獲されました。
何度も子犬たちと離れ離れになりながらそれでも健気に子犬の元へ戻る愛情は
動物と言えど人間も見習わなければなりませんね。
どうかこの親子たちが幸せに将来を生きられるよう心から祈っております。
当会で保護しています兄弟犬もこれから里親募集をしていきますので
皆さまどうぞ宜しくお願い致します。

[2015/12/21 19:20] | 命の現場 | page top
今年最後の譲渡会
2015-12-20-006.jpg


お天気にも恵まれ今までに最多の来場者様でした。
もうどの方が誰かわからないような状況で
ゆっくりとお話も出来ずに申し訳ございませんでした。
保護犬がこれほどに世の中に認知されてきたことはうれしい限りです。
応募いただきました皆様は真剣にこのペット業界の話、センターの話、
犬達の今後について聞いてくださいました。
本当に有難いと思います。

また卒業犬達もたくさん遊びに来てくださり後輩犬にお土産のおやつ、
ペットシーツ、フード、ケージなどをご寄付くださいました。
いつも支援してくださっています「ツインテール」様からも
たくさんの支援物資をI様がお持ちくださいました。
ご寄付もいただきました皆様本当に助かります。
有難うございました。
2015-12-20-007.jpg

また私たちにまでおミカン、お菓子などいただき終わってから皆で頂きました。
ごちそうさまでした。

センターに収容されて現在はそれぞれのお預かり人の下で保護され
譲渡会で再会出来た、ぽんず君、バニーちゃん、ルーク君はやはり親子なのでしょうか?
その会った時は飛ぶように近寄りぺろぺろと舐めてあげて尾を振り本当にうれしそうでした。
犬はいかに感情がある動物なのかを改めて実感いたしました。

犬達皆この1年、新しいご家族様と巡り合うために頑張りました。
私たち人間がこの子達にできることは
「将来を幸せに過ごせるようバトンタッチしていただける方を探すこと」ですが
縁あり当会の保護犬として救われた命です。
1匹1匹の生涯が安全に犬らしく幸せな一生を送れるよう心から願っております。

2015-12-20a-001.jpg

2015-12-20-002.jpg

2015-12-20-003.jpg

2015-12-20-004.jpg

2015-12-20-005.jpg

2015-12-20-008.jpg

2015-12-20-009.jpg



この1年、当会に多大なご支援、ご協力を頂きました皆様、
お預かり人のスタッフ様、
治療をしてくださいました病院の先生とスタッフ様、
トリミングの協力を頂きました「ルーア」様、
運搬協力をしていただきました皆様。
沢山の方々のお力で無事に最後の譲渡会も終了いたしました。
来年もまた頑張りますのでどうか宜しくお願い申し上げます。

来年の譲渡会は1月17日「第3日曜日」から行います。
それでは皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

NPO[保健所の成犬猫の譲渡を推進する会」一同


[2015/12/21 07:25] | 緑山譲渡会 | page top
| ホーム |