TopRSS管理
茨城のセンターからの引き取り
今日雨の中チョコパパさんのWさんが茨城まで車を走らせてくださいました。
Fブルお預かり人のS様より状況をお知らせいただきました。
これから治療して行きます。
名前は「マシュウ君」とS様がつけてくださいました。

茨城の子はやっぱりフィラリア陽性ですね。
でも子虫落としをしてから予防薬を通年投与していけば数年で陰性になることでしょう。
この子は外飼いされていたのでしょうか?。
マイクロチップが入っていましたが元飼い主は
「人を介して手放した犬なので現在の飼い主は分からない」とのこと。
どうせ貰った犬なのでいらなくなれば捨てたのでしょう。無責任ですね。
マイクロチップが入っていても飼い主変更をしなければ意味がありません。
もう1匹の引き取り犬「チワワハーフ」は後日掲載いたします。
遠くまで引き取りありがとうございました。

[2015/08/27 16:56] | 動物収容センター | page top
第38回緑山譲渡会参加メンバー
やっと猛暑も一段落したようで秋風が吹くことが待ち遠しいこの頃です。
保護犬の家族探しも夏休み明けで多くの犬達が参加いたしますので
どうぞご家族で会いに来てください。

9月13日「第2日曜日ですからご注意下さい」AM11時―PM2時。横浜緑山霊園、パーキングにて。
2015-9-13.png


参加メンバーを掲載しておきます。

シーズー「エルサ」、
ダックス「サンタ、ファニー」、
ヨーキー「ローラ」、
マルチーズハーフ「さくら」、
ポメラニアン「あみ」、
シュナハーフ「大地」、
プードル「ソル」、
日本犬雑「コトリ、まり、マーク」」、
洋犬ハーフ「メアリー」、
テリアハーフ「ベンジー」、
ラサアプソ「ピノ」、
ミックス「ペグ」、
マルチーズ「クッキー」、
あと未掲載Fブル「オス」、チワワミックス、マルチーズ「オス、チーズ」。」
この子たち3匹は体調を見て参加いたします。

沢山の子が家族を待っています。
来場されます同伴するワンちゃんは
排泄の処理「マナーバンド、おむつ」をきちんとお願いいたします。
鑑札、名札装着。リードを付け放さない事「当然の事ですが」。
会場はお寺様ですので法事を行っている場合もあります。
余り吠えると迷惑をかけてしまいますのでご配慮をお願いいたします。
またお問い合わせは霊園の方ではなく当会にお願いいたします。

合同で行っています「あにまるさぽーときずな」様の保護犬達も参加いたしますので
会いに来てあげてください。良いご縁を探して茨城、埼玉からはるばる参加します。


[2015/08/26 16:41] | 緑山譲渡会 | page top
韓国でも犬達を虐待死させる
日本では考えられないような犬猫達の扱いには言葉がありません。
野蛮と言うか人間とは思えないような殺し方をし、
何の心に痛みもなく、命あるものに対しての尊厳もない。

この間窃盗罪で訴えられた韓国の「キム、ナミ」さんのブログを見て
私がもし韓国、中国にいたら多分耐えられないと思います。
アメリカからのレスキューに来られたZACH,SKOWさんが
犬肉マーケット、犬肉繁殖場を回りゴールデンなど数匹を引き取ったと書かれています。
引き取るということはお金で買いとったということです。
その中の2匹はひどい状態で1匹は頭にドリルで穴をあけられて殺されるところだったのでしょう。
もう1匹は前足1本が切断されていました。
すぐに病院に入院させてくれました。

このような虐待が日常的に行われているのに
何の法律的措置もとられていないことに怒りを感じます。
世界中から非難の声を上げて行く事が大切と思います。
当会は今後、韓国政府にも抗議文を送る予定です。
皆様もこの現実を多くの方に知らせてください。
キム、ナミさんのFBをご覧いただくようお願いいたします。

アドレスは
https://www.facebook.com/savekoreandogs


犬は命かけて人間に多くの貢献をしてくれています。
災害救助犬、盲導犬、セラピードッグ、介助犬、警察犬、麻薬探知犬、ガードドッグ、
そして「無償の愛」で人間を支えてくれています。
その様な動物に虐待し殺し食べるとは何とおぞましい事でしょう。
犬肉業者の心には悪魔がいるのでしょうか?

「伴侶動物」である犬猫をもう食べる事で殺すのは止めましょう。
中国国民、韓国国民の方達から意識が変わることを切に望みます。
[2015/08/26 16:00] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
白い子の訃報
お預かり人と里親様を探していました長毛の白い雌の子は
週末にセンターで亡くなったそうです。
置き場所などで助けてあげられずせめて譲渡用にセンターで残してくださいました。
やはり長くなると体調を崩し延長したことが可哀想な結果になってしまいました。
ごめんなさい。
今度生まれてくるときには良い飼い主のもとで最後まで生活できるように祈っています。
[2015/08/25 21:09] | 動物収容センター | page top
茨城のセンターへ行かれる方
茨城のセンターへ、
Fブル「オス」とチワワミックス「オス」をお迎えに行かれる方を探しています。

今月はイベント、会議などが多く茨城まで行かれません。
犬達は引き取り手がなく置かれています。

また今、お預かり人、里親様を募集しています白いミックス「♀15キロぐらい」の子は
元気がなくなり弱ってきたそうです。
可哀想に暑さとストレスで体力を消耗してしまったのでしょう。
夏は飼い主放棄、収容犬が多い時期で当会も精一杯レスキューしていますが追いつきません。
どうか皆様「保護犬」を家族にすることをご検討ください。
皆いい子達です。

メール info@seiken-joto.org



2015-8-22追記
26日お迎えに行って下さる方が見つかりました。
ご協力ありがとうございます。
[2015/08/21 22:53] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
キムさんの窃盗罪取り下げ
韓国の犬肉レストランから2匹の子犬を保護したということで
店主が窃盗罪でキムさんを訴えていましたが
多くの署名が集まり店主は100$で訴えを取り下げたそうです。
当会も検察に送る書類を用意していましたが、本当に良かったです。

しかし犬食が無くなったわけではありませんので、
今後も虐待をし殺すこと、
そして「伴侶動物」である犬や猫を殺し食べることは止めてほしいと訴えていきます。
[2015/08/21 22:52] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
韓国のキムさんが訴えられています
とんでもないニュースが入ってきました。
韓国の犬肉レストランの店主が活動家キムさんを
「犬を盗んだ」と窃盗罪で訴えました。

この店は犬の首にひもを付け木にぶら下げています。
この写真は以前にも閲覧し人間としてこのような虐待をする人間に怒りを感じました。
キムさんも同じように思い2匹の子犬を助けたのでしょう。
英語でも通じるそうです署名だけでなく意見も書いてくださいとのことを
「ももこひめ」様ブログで書かれています。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12059233083.html

訴えを取り下げるよう多くの方の非難の声を上げてください。
今回日本はいかに動物に対して関心のある人が少ないと感じました。
中国の「犬肉祭り」の事もメディアは殆ど無視、芸能人たちは現実も知らないでコメントをする。
一時的に「可哀想ね」だけでは永久に犬猫の苦しみは無くなりません。

先日ライオンのセシルが人間の趣味の猛獣狩りで虐殺され皮をはがされ首を切断されていた
ニュースにアメリカでは抗議のデモが起き、メディアでも大きく取り上げ
あのエンパイア―ステートビルにセシルの姿が映し出されました。
動物を殺すことに何の敬意の気持ちもなく尊厳もなく、ただ商売のために殺す。
中国も、韓国も同じこと。中国ではそれも多くは飼い主から盗んだ犬猫であるのです。

日本の「繁殖業者」の酷い扱いもありますが、
生きたまま鍋で茹でる、口を縛ったままバーナーで焼き殺す、
圧力鍋に猫を入れて煮る、生きたまま料理するなど苦痛を与えれば、
せめても日本ではこのような虐待に対し犯罪として罪に問われます。
「食するために殺されている犬猫」より
「食べるためではなく処分される繁殖場の犬猫のほうが非難するべき」と言われている
ある愛護活動家がいらっしゃいますが、比べるべきレベルではありません。
身動きが出来ないぐらいに押し込まれている中国の犬の姿は
繁殖場の犬と同じとも言われています。

しかし繁殖場は最低限エサ、水は与えていますが中国の犬猫は水もエサも与えられず
運搬の途中で衰弱死したり、肉にされるまで狭い檻に入れられたまま放置され、
精神的肉体的虐待をされています。
どれだけ苦しいことでしょう。苦痛で絶叫する犬猫の声を聞いても
何も感じない人間の精神状態のほうが異常です。
毎日苦痛を与えられ虐殺されている犬猫を世界中から非難の声を上げていき1日でも早く
このような残酷な「犬食、猫食」を止めるようにしていかなければいけないのではないでしょうか?

日本の繁殖場崩壊には多くの愛護団体が入りレスキューしています。
しかし韓国、中国では反対に助けている愛護活動家、
愛護団体が非難されたり訴えられることはやり場のない怒りを感じています。
どうしてこのように非難されているのかを中国、韓国は考えなければいけません。

今後この「犬肉食」の廃止に向けて
多くの方に現実を知っていただくことを活動してまいります。
どうぞ皆様、風化することなく「犬食」廃止まで見守ってください。
1人の力が大きな動きになっていきます。諦めないでください。


署名は「ももこひめ」様のブログに掲載されていますので
ご協力と「拡散」お願いいたします。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12059233083.html


[2015/08/08 20:50] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
ハウスクエアー譲渡会の今後
ハウスクエアー譲渡会は今後中止いたします。

「ハウスクエアー譲渡会」において終わった夕方
「まだ譲渡会やっていますか?」、
譲渡に関して「無料でもらえるんですか?」など、
会場側に問い合わせをされた方がいらっしゃいました。
事情が分からない担当者様が応対したため混乱してしまったそうです。
ハウスクエアー様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

会場を提供していただいているだけですので、来場者様は良識ある対応をお願いいたします。
その様なわけで今後室内譲渡会「ハウスクエアー譲渡会」は中止いたします。
緑山譲渡会のみになりますのでご了承お願いいたします。

会場をご厚意でお貸しいただいております緑山霊園様に
譲渡会の問い合わせをしないようお願いいたします。


[2015/08/08 20:36] | ハウスクエア横浜譲渡会 | page top
放棄が続きます
神奈川県が「殺処分0」となり放棄の犬が増えました。
処分されないなら持つていけば何とかしてくれるという無責任な飼い主です。
その子達を買ってきたときはどんな気持ちでしたか?
「わー可愛い、この子犬がいいかな」と選び抱いて連れてきたのではないですか?

そして年月が過ぎ、引っ越し、大家さんに見つかった、離婚する、
老人ホームに入る、病気になったから世話が出来ない、子供にアレルギーが出た、
飼っている犬と喧嘩する、自分が妊娠し子供が生まれる等など。

初めからそうなった時にはどうするかを考えていない。
1匹の犬を最後まで飼うことはいかに大変な努力、忍耐強さ、経済的余力、時間的余裕、
そして自分で選んだ命を最後まで見送る責任感があるかどうか。
あまりにも安易に動物を飼う人が多い。

今日は6匹放棄に出された中の2匹の子を神奈川県のセンターに引き取りに行きました。
1匹を引き取る予定で地下室へ。
扉を開けて1匹を出すと「僕も行く」と言うように遠慮がちについて来ようとする男の子。
心細かったのでしょう。可哀想に不安な眼をしていました。
「一緒に行くの?」と言うとおとなしく扉のところまで来ました。
2匹をケージに入れると寄り添い付いています。
あー、いつもこうなる。1匹が2匹、2匹が3匹。見てしまうと予定が崩れてしまう。
仕方ないなー。こうして25年間通ったのだから。
小さなマルチーズ達です。おとなしく人懐こく花丸の性格です。
毛玉だらけで足の指も分かりません。
体は岩盤のように固まっています。これからトリミングをします。
女の子はクッキー、男の子はチーズと美味しそうな名前を付けました。
里親様は後日募集いたします。

PS[お預かり人は決まりました]

2015-8-6-002.jpg

2015-8-6-003.jpg

2015-8-6-001.jpg
[2015/08/06 14:31] | 動物収容センター | page top
夏休みイベントのお知らせ
東京都が夏休みに親子を対象とした「サマースクール」と
「譲渡事業をPR」のイベントが開催されます。

サマースクールは事前に申し込みが必要ですので
「東京都動物愛護相談センターホームページ」でご確認ください。

また「譲渡事業」での相談コーナーには当会のスタッフが対応いたしますので、
これからワンちゃんを飼いたいなーと考えていらっしゃるご家族様は
まずペットショップに行くのではなく「保護犬を家族にする」選択をお考えください。
懇切丁寧に「犬の飼育」に関してご相談、質問にお答えいたします。

当会は8月29日「土曜日」AM10時ーPM1時。
井之頭自然文化園内、資料館にて担当いたします。
館内に犬は入れませんのでご注意ください。
沢山のお子様に「動物を飼うこと」の責任、
命の大切さを理解していただける良いチャンスと思いますので
多くの方の御来場をお待ち申し上げます。
[2015/08/03 14:43] | お知らせ お願い お礼等 | page top
世界が動き出しています
いつも最新の情報を掲載してくださっています「ももこひめ」様のブログを拝見し、
日本の片隅から微力ながら「中国の犬肉祭り」廃止に対し
日々頭を抱えている私にはこの情報を頂き本当に心強く思いました。
やっと世界中からこの犬を食べるという食文化事態を
現在の世の中では非人道的行為として禁止する動きになってきました。

2019年に中国で「ワールドドッグショー」が開催予定になった。
しかし欧米各国から残酷な犬肉祭りを行っている国で
ドッグショーを開催することに反対の声が上がっているとのこと。
開催するなら「玉林市の犬肉祭り」を廃止するようにと国際畜犬連盟「FCI」が訴えている。
各国のケンネルクラブが非人道極まりない、
この「犬肉を食べる」祭りを非難し犬を食べるという習慣自体を禁止するよう訴えているそうです。

長い間苦しませられてきた中国の犬猫達。
このようなドッグショーが開催され犬は
人間と切っても切れない信頼関係にあることを知ってもらう良い機会かもしれませんが
「ペットの犬」と「食べる犬」は別だと言っている中国の国民には意味のない事かもしれませんね。
多くの飼い犬猫までが盗まれ虐殺されている場所で
犬達が競い合うドッグショーの開催は確かに矛盾しています。
いつの日か食べられるために殺される犬猫がいなくなる世の中が来ることを願いながら
私たちが出来ることをコツコツと行っていきたいと思います。

詳細は「ももこひめ」様のブログをお読みください。
辛い写真は出てきません。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12052042511.html

当会が送りました皆様からの写真と要望書が
玉林市市長、中国政府に届いていることを願っています。


[2015/08/01 17:11] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |