TopRSS管理
片目のひばりが天国へ
今日お届けがあり帰ってくるとリビングに横たわっているひばりの姿を発見しました。
心臓も悪く今朝はいつも一緒に起きるのにお布団から出てきませんでした。
しばらくして見に行くとやっと伸びをして出てきましたが
フードも食べずほかの子に寄り添い丸くなっていました。
乳腺腫瘍もありましたが高齢のため手術もしないでいました。

この子は22年2月19日に茨城のセンターに行ったときその日の朝に処分される予定でした。
しかし職員の方が
「この子は本当にかわいい子で夢にまで出てきてしまい処分が出来なかった」と言っていました。

どうして片目になったのか
それでも人懐こく尾を振り私も見捨てることが出来ずに引き取りました。

最後の時についていてあげられなかったことが本当に心残りです。
「ひばり、ごめんね」。出ていくときにベットに座ってこちらを黙ってみていた顔が目に残ります。
体の不調を感じていたのかお別れの気持ちで見ていたのか可哀想でなりません。
5年と2か月余り。
この子にとって最後の住み家である我が家から明日天国へと旅立ちます。
さようなら、ひばり。ひばりを応援してくださいました皆様、ありがとうございました。


2015-4-27-001.jpg


2015-4-27-002.jpg


ひばりとピカちゃんにいつもお洋服、
おいしいおやつなどをプレゼントしていただきました練馬区のT様。
この子達にいつも遠くから見守っていてくださいましてありがとうございました。
ひばりは私の元から旅立ってしまいましたが
この子は私の心の中でいつまでも生き続けていきます。
どうかひばりがこの世に生きていた事を思い出してあげてください。
本当にありがとうございました。
[2015/04/27 07:27] | お知らせ お願い お礼等 | page top
呆れた書き込みを発見
ある人が
保健所に犬を引き取りたいと電話したら
「愛護団体さんに保護されている」と言うのでそこの電話番号を聞き電話をしたら、
いろいろ聞かれ、しなくてもいいワクチン、手術代などがかかることを言われた。
留守番が10時間、単身者と言うことで断られた。
そのようなワクチン代などは動物病院とつるんでいて儲けるためにやっている。
そして儲けたお金の一部はセンターの職員がもらい遊興費に充てている。
殺される犬猫なんだから無条件、無料で渡せばもっと処分が減ると思う。
そこで自分はペットシップから買ったので狂犬病も手術もフィラリア予防もしていない。

このような書き込みを読み唖然としました。
無条件で誰にでもあげていたらさらに捨てられて収容頭数が増える事も有るでしょう。
そして手術しないで渡したらまた不幸な命が生まれる、
そしてその犬を繁殖に使う非常識な人間もいるのです。
犬の一生を安全に、健康に、最後まで愛情をかけて育てていただくことが
世の中の安易に動物を飼う人たちの啓蒙にもつながるのです。
そして一度は処分される運命に立たされた「保護犬、保護猫」たちが
2度とそのようなことにならないためにも条件が課せられるのは当然のことと思われませんか?

この書き込みをされた方のような飼い主がいる事自体センターに入る犬猫の数は減りません。
もう一度「動物を飼う」事と言うことを考えていただきたい。
そして「愛護団体」の中には
確かに犬猫を看板にお金儲けをしそれで生活をしている団体もあるでしょう。
しかし多くの愛護団体さんは日々、病気持ちの子、性格の難しい子などをケアーし
家庭に送り出すまで大変な努力をされているのです。
命あるものをお渡し「譲渡」するということは安易にペットシップで買ってくることとは違います。
そのことと同等にお考えでしたら動物を飼うことは止めてください。

[2015/04/27 07:24] | 怒り | page top
| ホーム |