TopRSS管理
栃木県の遺棄された犬達
また昨日崖に無造作に捨てられていた27匹の遺体と生きていた7匹の犬達が見つかりました。
生きていた子は「栃木県動物愛護指導センター」に保護されています。
今お電話をし
「今後捜査状況の結果譲渡が可能になれば
是非処分しないで譲渡の道を開いてあげてください」とお願をしました。
「今警察で捜査しているので何も言えませんが生きていた子はセンターにいます」とのこと。
「遺体は引き揚げていただけたのですか?」とお聞きすると
「警察がどのようにしたのかは分からない」と言われていました。
警察の許可が出れば県外の方でも栃木県の認可団体を通して譲渡できるとのことです。
コーギーオス1、メス2、柴犬オス1、メス3、プードルメス1。
この子たちは生きていました。
繁殖に使われ過酷な毎日を強いられてきた子を最後このような形で葬る事は
人間として許されることではなく犯罪です。
やはり体の小さいチワワ、ダックス等はたとえ生きたまま
崖に捨てられたとしても死亡してしまったのでしょう。
何とも許せない行為です。
このように繁殖犬達の「声なき声」を聞いてあげられるよう
「繁殖場撲滅運動」をしなければなりません。

皆さまは「ペットシップ、繁殖場で犬猫を買わない」これを推進してください。
皆で全力で取り組まなければこの業界は改善されません。
このような悲惨な事件は今後も必ず起きると思っています。
これ以上犠牲を出さないためにも早急な対策を考えなければならないでしょう。

[2014/11/07 19:44] | 放棄・虐待 | page top
またも痛ましい事件が
また栃木県の林道で弱っていた犬が見つかり、
その先の崖に無造作に投げ捨てられた27匹もの犬の死体が放置されていた。
弱ったまま生きていて保護されているプードルもいたことから
生きたまま投げ捨てたのでしょう。
この間の鬼怒川に44匹を捨てたブリーダーと同じ人間ではないでしょうか?
赤い洋服を着ていた犬が両方にいたこと、皆成犬、小型犬が殆ど。
この業者はもしかしたら同じ日に今回の子たちを崖に投げ捨てたのかもしれません。
生きていたとしても食べ物も無く、寒さで健康状態も最悪の子たちは息絶えて行ったと思います。
動物取扱業の規定が変わり必ずこのような事が起こるのではと危惧していました。
「無駄飯はあげない」。劣悪の業者はお金にならない犬をいつまでも飼うはずがありません。
行政の取り締まりが追い付いていません。

「業者の方、あなたのお金のために
命をかけて子犬を生んで働いてくれた犬達を生かして渡してください。
このような卑劣なやり方は人間としてきっと罰が当たりますよ。
反省してください。
犬達もあなたと同じ赤い血が体に流れています。
痛みも苦しみもあります。
もう2度とこのような罪を重ねないでください」。

また御近所の方へ、急に犬の声がしなくなったような繁殖場があったら
警察、保護センターに通報してください。
「匿名で調べてくれますから」
見逃さないよう周囲からこの犯人を必ず見つけ出さなければなりません。
御協力してください。
[2014/11/07 06:41] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |