TopRSS管理
神栖市Y高校の犬
2年半前神栖市で「首輪キャンペーン」を行った時に、
帰りに伺ったY高校の校庭の離れた隅に壊れた犬小屋が置かれた囲いの中に
1匹の犬が入れられていました。
全身ダニ、ノミだらけ。水もエサも無い、
なぜか猫缶のふたが散乱し、日陰も無い所にいた犬。
人恋しいのかフェンス越しにすり寄ってきました。
高校の生徒達に「あそこにいる犬は誰がお世話しているの?」と聞いても
「エサやりに来てる人がいる、他の2匹は校庭に放し飼いしてるよ」と言われました。
まるで犬達の事は気にもしていない様子。


その時駐車場に来られた1人の先生に
「神栖は犬の放し飼いがとても多く
処分される犬が茨城は日本一多いんです」とお話ししました。

「そうなんですか、現実を生徒たちにも伝えます」と言われました。
「学校に放し飼いされている2匹の犬達に
この首輪をつけて繋いでください」とお願いしました。


あれから2年余り。
あの高校の犬の事がずっと気になっていましたが
今日推進員のMさんから嬉しいお知らせを頂きました。

「当時檻の中に入れられていた犬は校長先生のご自宅に引き取られ
不妊手術も、登録もして飼われています。
そして生徒達も生き物同好会を作り
放し飼いされていた2匹の犬ラブとチャッピーは
前の犬がいた囲いの中でシャンプーも掃除もし
お世話をし綺麗に飼われています」と言う事でした。

「捨て犬の町」と言われている現地の高校生達が見本になるような飼育を始めて下さった事、
小さな変化ですが、ものすごく大きな成果です。嬉しいですね。
屋根も穴があいていたプラスティックの犬小屋が新しい木製の犬小屋に代わり、
排泄物も無く綺麗に掃除もされた檻の中、
毎日生徒たちが犬達に心をかけてお世話をしているとのこと。
このように地域から変わっていく事が
いずれ飼い主のモラル向上にと繋がることと信じています。
1歩1歩ですが進んでいかなければ。皆さま応援してくださいね。

2013-6-28-004.jpg


2013-6-28-003.jpg


2013-6-28-002.jpg


2013-6-28-001.jpg

[2013/06/29 05:50] | 首輪キャンペーン | page top
チワワハーフのナックはいずこに
平成19年3月品川区大崎のマンションにお届けしました
チワワミックスのナック君を貰ってくださいました白土様、
この6年間何の御連絡も無くお預人のY様も「ナックはどうしているかな」と
最近良く口にされて心配されていました。

Y様のところには兄弟のチップ君がいます。
大分お顔に白い物が目立つようになりました。

先日お電話さし上げましたが「現在使われていません」、
そしてハガキを出しましたが「宛名に該当なし」で戻ってきてしまいました。
お引っ越しされたのでしょうか?
このブログをご覧になりましたら是非近況とご住所等を当会にお知らせください。


そして里親様方へ、
お届けしました時に皆さまにお話しをしたと思いますが、
引っ越しされる場合は、新住所を必ずご連絡いただく事になっています。
どうか1匹1匹心かけてお世話していただいたお預人の方、
またセンターから引き取って来た私たちも心配しますので
必ずお知らせいただくようお願い致します。
[2013/06/29 05:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |