TopRSS管理
神栖市Y高校の犬
2年半前神栖市で「首輪キャンペーン」を行った時に、
帰りに伺ったY高校の校庭の離れた隅に壊れた犬小屋が置かれた囲いの中に
1匹の犬が入れられていました。
全身ダニ、ノミだらけ。水もエサも無い、
なぜか猫缶のふたが散乱し、日陰も無い所にいた犬。
人恋しいのかフェンス越しにすり寄ってきました。
高校の生徒達に「あそこにいる犬は誰がお世話しているの?」と聞いても
「エサやりに来てる人がいる、他の2匹は校庭に放し飼いしてるよ」と言われました。
まるで犬達の事は気にもしていない様子。


その時駐車場に来られた1人の先生に
「神栖は犬の放し飼いがとても多く
処分される犬が茨城は日本一多いんです」とお話ししました。

「そうなんですか、現実を生徒たちにも伝えます」と言われました。
「学校に放し飼いされている2匹の犬達に
この首輪をつけて繋いでください」とお願いしました。


あれから2年余り。
あの高校の犬の事がずっと気になっていましたが
今日推進員のMさんから嬉しいお知らせを頂きました。

「当時檻の中に入れられていた犬は校長先生のご自宅に引き取られ
不妊手術も、登録もして飼われています。
そして生徒達も生き物同好会を作り
放し飼いされていた2匹の犬ラブとチャッピーは
前の犬がいた囲いの中でシャンプーも掃除もし
お世話をし綺麗に飼われています」と言う事でした。

「捨て犬の町」と言われている現地の高校生達が見本になるような飼育を始めて下さった事、
小さな変化ですが、ものすごく大きな成果です。嬉しいですね。
屋根も穴があいていたプラスティックの犬小屋が新しい木製の犬小屋に代わり、
排泄物も無く綺麗に掃除もされた檻の中、
毎日生徒たちが犬達に心をかけてお世話をしているとのこと。
このように地域から変わっていく事が
いずれ飼い主のモラル向上にと繋がることと信じています。
1歩1歩ですが進んでいかなければ。皆さま応援してくださいね。

2013-6-28-004.jpg


2013-6-28-003.jpg


2013-6-28-002.jpg


2013-6-28-001.jpg

[2013/06/29 05:50] | 首輪キャンペーン | page top
チワワハーフのナックはいずこに
平成19年3月品川区大崎のマンションにお届けしました
チワワミックスのナック君を貰ってくださいました白土様、
この6年間何の御連絡も無くお預人のY様も「ナックはどうしているかな」と
最近良く口にされて心配されていました。

Y様のところには兄弟のチップ君がいます。
大分お顔に白い物が目立つようになりました。

先日お電話さし上げましたが「現在使われていません」、
そしてハガキを出しましたが「宛名に該当なし」で戻ってきてしまいました。
お引っ越しされたのでしょうか?
このブログをご覧になりましたら是非近況とご住所等を当会にお知らせください。


そして里親様方へ、
お届けしました時に皆さまにお話しをしたと思いますが、
引っ越しされる場合は、新住所を必ずご連絡いただく事になっています。
どうか1匹1匹心かけてお世話していただいたお預人の方、
またセンターから引き取って来た私たちも心配しますので
必ずお知らせいただくようお願い致します。
[2013/06/29 05:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
譲渡会報告
暑い中での譲渡会でした。
テントも今日は2個組み立てて人間も日陰の中に入りました。
真夏の譲渡会は体温の高い犬達にとっては可哀想な3時間になってしまいます。
でも全員大人しくケージの中で頑張ってくれました。

2013-6-23-004.jpg




「あにまるさぽーときずな」様のワンちゃん達も
車に満載して茨城から、埼玉から来てくださいました。
今日は来場された御家族がものすごく多く
お陰さまで6匹の子達がトライアルに進む事になりました。



2013-6-23-001.jpg


2013-6-23-003.jpg


2013-6-23-002.jpg


2013-6-23-005.jpg




皆さん「ペットショップも行ったけれどまず保護犬達を見ましょう」と
2組の御家族様が来ていただきました。
そうです、なにもペットショップで購入しなくとも
こんなに良い子が沢山いるのですから
是非ともブリーダー、ペットショップで買わないようにして下さい。
買う人がいれば、子犬を産ませてお金儲けをする繁殖場が生き延びる事になるのです。

これから日定を調整し1匹ずつお届けに伺います。
縁あって家族になった子たちを終生幸せにしてあげてください。
そして夏の譲渡会は暑さで犬達が熱中症になるといけませんから
あと1回で上半期は終わりになります。
会場、時間は後日お知らせ致します。




追記
お借りしています「緑山霊園」にて5月26日の譲渡会場に犬の排泄物が落ちていたそうです。保護犬達はケージから出ません。出してもスタッフがついていますので排泄したら処置します。犬を連れて来場される方は必ず飼い主としての当然のモラルを守っていただきたいと思います。この事は最初に霊園の方から注意をするように言われていた事で、今後もこのような事が起きればもう会場をお借りできなくなります。保護犬の里親様になっていただく以上守って頂きたくお願い致します。
[2013/06/24 05:55] | 緑山譲渡会 | page top
ご支援有難うございました
A有子様より缶詰め、M真弓様よりドッグフードを送っていただきました。
どうも有り難うございます。
保護犬達に使わせていただきます。
[2013/06/17 16:24] | お知らせ お願い お礼等 | page top
第13回緑山譲渡会のお知らせ
6月23日「日曜日」12時ー3時、緑山霊園にて開催いたします。

横浜市青葉区奈良町2035-1
緑山霊園「合掌の杜」パーキングにて

大きな地図で見る




今回は参加犬が多く
「あにまるさぽーときずな」様のワンちゃん達も合流しますので
沢山のご縁が繋がりますように。


プードル「祐子」、
小型系仔犬「あられ」、
小型犬青年少女犬「ちゃま、マーク、チーズ」、
ミニピン「ラスタ」、
ダックス「アトム、エスカー」、
シーズー×プードル「テイラー」
洋犬仔犬「シュー、あぐり」、
チワワ「チョコ」、
中型ミックス「幸」、
チワワハーフ「ピカ」、
洋犬ハーフ「モコ」。

チーズとアトムは到着が1時過ぎになります。
また子犬は暑さに弱いためお見合い時間は12時ー2時で帰ります。
「お早めにお出でください」

また「アニマルサポートきずな」様のワンちゃん達も
遠く茨城からの参加ですからどうぞお心かけてあげてください。


会場は大きなお寺様です。
同伴犬の排泄処理、必ず鑑札、名札、リードを装着、犬を芝生で放さない。
飼い主としての当然の事ですがきちんと守って良い譲渡会にして下さい。
また今回ご縁がなくとも何回でも譲渡会にお出でいただいて構いませんので
どうぞご自分の御家族にマッチしたワンちゃんを家族にし幸せにしてあげてください。



[2013/06/15 15:24] | 緑山譲渡会 | page top
茨城県の処分頭数を減らすために
今日は土浦合同庁舎にて「譲渡認可団体」と「動物愛護推進員」の
意見交換会を開いていただきました。
昨年に次いで2回目の会合には愛護団体8、
愛護推進人20名の方が参加していただき現場の実情を聞かせていただきました。
東京、神奈川では聞く事がないような地域の方々の意識の低さには再度驚かされました。
特に大変な思いで活動されていらっしゃる茨城県鹿行地域の推進員の方々のお話を聞き
一同気落ちするような現実。

ある推進員の方の意見「放れている犬は手あたり次第全て捕獲し、
飼い主が分かればそこで放し飼いを止めるように注意をする」と。
でも飼い主が取りに来なかったらどうするんですか?という質問に
「仕方ないので全部処分し地域の放している犬をいなくする」。
それも仕方ない方法かもしれません。

しかし鹿島アントラーズの設立時に犬を一斉排除をした事がありました。
しかしすぐに1,2年後には放し飼い、捨て犬が元の数に戻っていたとのこと。
いくら処分をしてもまた増えている。
特に神栖市の現実は酷く、やってもやっても徘徊する犬は
何十年経っても減らない現実にお手上げ状態とのこと。

また高齢の1人住まいの方が多い地域でそのような方の処に犬猫を捨てていく人間が多く、
可哀想に思いエサやりをする高齢者の方。
その結果、どんどんネズミ算的に増えていく。
不妊手術の助成金も出ているが、
年金暮らしの方がその中から手術代を捻出する事は出来ない。
まして犬猫にお金をかけると言う意識はない。
犬がいなくなっても探さない飼い主が多く、
万が一センターにいる事を知っても「返還にお金がかかる」なら
近くにいる犬をまた拾ってくればいいと言う位のレベル。

そのような飼い主相手に推進員の方が何の権限も無く指導、忠告しても聞き入れては貰えない。
諦めるしかない現実。
そして皆の意見は「この神栖を重点的に改善する方法を考えましょう」と言う事になりました。

しかしどこから手をつけたらいいのか結論が出ず。
またある推進員の方は「毎週里親会を開催し子犬、子猫の里親探しをしています。
不妊手術をしましょうと言う書面も渡しています」と言われました。
「その後はどのように確認していますか?」とお聞きすると
「書面を渡しているので」と言われるので
「それでは手術をしていないほうが多いと思いますよ。
必ず時期になったら電話をしていついつ手術をしたかを追跡調査をしなければ、
ばら撒きと同じです」と言いました。
「そうですね、反省します」と分かって下さいました。

推進員の方ですらこの位の意識ですから、
ここからも変えていかないといけないと思いました。

もう1人の推進員「仔犬を貰ってもらうのに経費を頂けない」と言うので、
愛護団体から「そこで手術のお預かり金を頂かなければダメです」とブーイング。
まだまだ飼い主も推進員も意識向上が必要な状況でした。

でも皆さまの真剣な考えをお聞きし、今日参加していただいた方々の
「どうにかして茨城をワースト1」から脱出しなければと思う熱い気持ちを感じ嬉しく思いました。

最終的に皆さまが出した結論は「優良な飼い主を増やす」と言う事で一致致しました。
さてこの「優良飼い主を増やす」と言う目標達成にどうしたらいいのでしょうか。
当会は「情報バンク」に連絡してこられた飼い主、里親希望者様に1人1人お話をし、
きめ細かい指導をしていこうと考えております。
気が遠くなるような時間がかかる草の根運動です。
[啓蒙運動」と言う言葉はかなりの幅を持っていると思いますが
皆が出来る事から動いて行くこと。
そして来年、この会合で良いお話を聞く事が出来る事を願い、
1歩1歩確実に進んでいきましょう。
今日は行きも帰りも渋滞で
「センターへ引き取りに行くより疲れたねー」と同行してくださったIさんと話しながら
朝10時から夜8時半の長距離活動が終わりました。
[2013/06/13 23:22] | 茨城県の処分頭数を減らすための意見交換会 | page top
緊急レスキュー
茨城県指導センターに6月7日に収容されている
仔犬2匹「オス、生後3か月位」を助けてくださいと言うお願が当会に入りました。




今まで3匹で捨てられて1匹はいなくなり2匹は水道管の中で生きてきたそうです。
ご飯を上げていた方からの通報ですが、
捕まえようとしても捕まらずそしたら急にいなくなり
センターに保護されてしまった「処分」のを知り助けてくださいとのことです。

しかし今当会では保護する場所がありません。
緊急で里親様を募集する事にいたしました。
条件は地域拡大「埼玉、千葉、神奈川、東京都、茨城の一部」で募集いたします。
期限は今日13日までです。


「飼い主申込み」ページよりアンケート回答をお願い致します。


2013-6-14追記
緊急レスキューの掲載致しました子犬2匹「水道管の中で暮らしていた子達」は他団体様が助けてくださる事になりました。助けを求めてこられたI様は茨城県でも捨て犬が多い鹿行地域の方でした。しかしこのように「命を助けたい」と言うお気持ちで動いてくださったお陰で2匹の仔犬の命が繋がりました。有難うございました。皆1人1人自分が出来る事から動いて行くことを忘れずに何とか「動物の命を大切にする県」と変貌出来るように活動して行きましょう。
[2013/06/13 11:22] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
譲渡会場への備品の運搬
第4週の日曜日に町田市忠生から横浜市青葉区の緑山霊園まで
テント、ケージを運んでいただける方を探しています。
朝10時半ごろに会場に運んでいただき
2時に終わりましたら戻していただける方がいらっしゃいましたら
会のアドレスにお知らせください。

メール:info@seiken-joto.org

[2013/06/12 22:29] | お知らせ お願い お礼等 | page top
動物番組に疑問
日本テレビ「天才。。。。」と言う番組の担当者から
当会に番組協力と言う事で相談がありました。

1年ぐらい前に生後3カ月位の野ら犬で育った2匹の犬をテレビで引き取り
「人間は怖いものではない」と言う事を分かってもらい幸せにしてあげると言う企画だそうです。
しかしこの子たちイヌ小屋から出てこないそうで何かアドバイスを頂きたいと言う相談でした。

番組には犬トレーナーもついているとのことですが、
その方々が「犬のスペースが広いからではないか、狭くしたら」と言われ、
犬小屋より高い柵で囲い狭くしてみたが出てこないそうです。

「狭くしたら出て来ますか?」とのお問い合わせですが

置き場所の広い、狭いは関係ありません。
保護センターから引き取り芸能人のベッキーさんが慣らして
幸せにすると言う台本があるようですが、その通りには犬は行かないのです。

ましてこのように人間との接触を拒否している犬を
短期間で慣れてもらうこと自体無理な話です。

このように人間を怖がる犬は今までにも沢山保護し里親様にお渡しして来ましたが、
共通な行動は「まず1人だけ」に頼りその人を通し他の人間に慣れていきます。
しかし番組の中でそれは出来るはずはありません。
ましてカメラが犬達に向けられたらどうして出てくるのでしょうか。
水に慣らすために犬に水をかけたと聞きました。
何と可哀想な事をしたのでしょうか。

犬は1人のリーダーがしっかり心を通じるようにお世話をしていけばいつか心を開いてくれます。
しかしものすごく時間のかかる事です。
ましてベッキーさんがずっと付添お世話など出来るはずがありません。
そして犬は他の犬の行動を学習します。
フレンドリーな性格のワンちゃんが側にいて人間との接し方を見ていけば安心する事でしょう。
今兄弟?2匹で固まっています。
これでは人間との接触は無理です。

皆さまも記憶にあると思いますがあの「崖っプチ犬」。
人慣れしていない犬を抽選で犬を飼う事が初めての方に譲渡し
結局再度逃げて今センターで慣らしていると聞きました。
この子の姉妹犬は引き取られた家庭に先住犬がいて
里親様も犬の扱いが上手くすっかり慣れていました。
慣れさせようと顔をじっと見たり、触ったり、声をかけたりしたらまるで逆効果です。

この子たちが自分から「ここが安全な場所」と自覚し
少しずついつもお世話してくださる方との距離を短くすればイヌ小屋から出てくるでしょう。
今この子たちはどれだけの恐怖、ストレスで過ごしているかと思うと
哀れで本当にこのような子をテレビと言う媒体に放映する事に疑問を感じます。


2013-6-11001.jpg
この子たちの怖さが重なり合っている足の状態で分かりますね。
もし人慣れしないまま番組が終わったらこの子たちはどうなるのでしょう。







追記

この番組を私は見ていませんでしたので
この犬達がもう1年以上前から借りたマンションに置かれてた事を知りませんでした。
もっと早く仔犬の時に正しい管理をするべきでしたね。
犬は親子、兄弟で飼うとお互いに頼り合い、人間に頼る事をしなくなります。
1匹ずつにして育てていればもっと変わっていたでしょう。
この子たちが生まれたときから人間との接触がなく
保護された生後3か月位まで生きてきたとしたら慣れるのは非常に難しいと思います。
どこかで飼われていて迷子、放浪してある期間人間との距離が出来たケースであれば
時間をかければ心開くことは可能と思います。
しかし以前何かの講習会で
「子犬は生後6週目までに人間に触られた事がなく過ごすと
将来人間との共存は不可能」と聞いた事があります。
お涙ちょうだいの番組の題材として安易に引き取られた事は反省すべきと思います。
[2013/06/11 21:36] | 気になること | page top
3匹の引き取りです
今日は


乳腺が張っていたチワワのお母さん犬、
2013-6-6-3.jpg

マルチーズ×プードル?「オス、1-2歳」、
2013-6-6-2.jpg

そして小型ミックス子犬「生後3カ月半位」の3匹を引き取りに行きました
2013-6-6-1.jpg



嬉しい事にミックス犬を引き取って下さる団体様が来られ予約して下さり
沢山の犬達が1つの収容房にまとめて保護されていました。
茨城の収容情報の写真を見るたびに
「この子たちは数日後にはいなくなるんだなー」と思うと
やり切れない気持ちになってしまいます。

こうして性格の良い雑種の犬達が茨城県には沢山います。
「犬を飼う」と言う事は何も純粋犬を飼う事が優先する事ではなく
性格を考慮し是非雑種犬を御家族に迎えていただければと思います。

また「飼えなくなった人」と「飼いたい人」の情報を結ぶ「情報バンク」がありました。
しかし今年から自治体が行う事は廃止になり、
愛護団体が介在し後のケアー等を行う事になりました。
協力を団体に求めらえましたが、茨城県の団体様は近隣にいる放し飼いの犬が多く
協力できないと言う声が多く上がりました。

でも当会は「優良飼い主を増やす」と言う観点から協力をお受けいたしました。
早速「ビーグルハーフ系」の犬を希望されている方、
また自宅で飼っているオス、メス犬がちょっとした不注意で
子犬が産まれてしまったと言うご老人の子犬を引き取り親犬の手術を確約していただきました。
焼け石に水状態の活動ですが、やらなければこの現状は改善出来ません。
少しずつでも前に進めるように努力していきます
[2013/06/06 23:28] | 動物収容センター | page top
ヘルパーさんよりのお願
あるお宅に通われているヘルパーさんよりの依頼です。
飼い主の健康状態が思わしくなく2匹の猫ちゃん達が生活する場が無くなってしまいそうです。
9歳と言う高齢猫ちゃん2匹ですがもしどなたかこの子たちの命を繋いでいただけないでしょうか?

2013-6-4-1.jpg
クー⇒黒っぽい毛でおとなしく人懐こい子です。




シュー⇒毛足が長く性格はやや慎重です。
2013-6-4-2.jpg

2匹一緒にお世話になれると良いのですが、ご希望があれば、どちらか1匹でも構いません。

問い合わせ info@seiken-joto.org
[2013/06/05 05:20] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
嬉しい奇跡の報告
フィラリア強陽性のマルシーズーのつぐみちゃんの里親様からの嬉しいお電話がありました。
頸動脈からフィラリアの虫を12匹つり出した手術を受けて
危機的状況から脱する事が出来たつぐみちゃん。
この間の譲渡会にも来てくださいました。

そして今日手術を受けた高度医療センターに再診で行かれた検査の結果、
全てが正常な状態に改善されていたそうです。
そして肥大していた心臓も小さくなっていて「心臓薬ももういりません。
血栓を防ぐ薬も必要ありません」と言われたそうです。
何と奇跡の生還なのでしょうか。
本当にこの子は不思議な生命力を持っている事は感じていましたが
奇跡としか言いようがありません。
肥大していた心臓が小さくなるなんて。

それ以上に、このようなリスクを持っている保護犬を受け入れて頂いた
N様のご理解ある愛情の賜と心より感謝申し上げます。
N様をご紹介下さったアンちゃんのS様、R動物病院の先生、
そして幸運にも緊急手術をして頂いた高度医療センターの先生、スタッフの方々、
多くの方の愛情につぐみちゃんは守られて今生きる事が出来ました。

センターから引き取った時のものすごい汚さの姿でこの子はニコニコと尾を振っていました。
こんなに酷い飼いかたをした飼い主「人間」に対しても恨む事も無く
自分が置かれた環境に従い素直に生きてきたのでしょう。
頭のいい子でふと「犬ではないのでは?」と思える事もありました。
周りの人間の心をほんのりと幸せにしてくれるオーラを持っているつぐみちゃん。

今日はN様がつぐみちゃんをお迎えに行かれると
トリマーさんもいない高度医療センターの先生が
頭に可愛いおリボンをつけてくださっていたそうです。
皆に可愛がられて本当に幸せな子です。

つぐみちゃん、きっと長生きしてN様に御恩返しをして下さいね。
嬉しいご報告を頂きました。
[2013/06/04 04:35] | お知らせ お願い お礼等 | page top
第49回町田合同譲渡会
6月9日「日曜日」AM11時ーPM2時。
町田「真心動物霊園」にて開催いたします。

真心動物霊園第二駐車場(町田市図師町997-7)
地図検索
真心動物霊園ホームページ http://www.magokoro-pet.co.jp/map.html


小型ミックス犬「マーク、ちゃま」、
仔犬「あられ」、
黒柴系ハーフ「琴里」
テリアハーフ「フーガ」、
プードル「祐子」、
狆「風太」、
中型ミックス「はな」、
パグ「わかめ、ただし猛暑の場合は棄権」、
チワワ「メス未掲載」、
チワワミックス「ピカ」、
シーズー?「オス未掲載」他。

会場は日陰がまるでありませんので熱中症にならないよう気を付けてください。
特に同伴犬は暑さの中、涼しくなるようなご配慮をお願い致します。

いつものお約束を守り
同伴犬ほ排泄の処理、鑑札をつけてリードを放さない、
展示ケージを勝手に開けて犬を出さない、
横の空き地に入らない
良いご縁が繋がりますようご協力お願い致します。

また協力体制の団体「あにまるさぽーときずな」様の
保護犬達にもお心かけてあげてください。
同じ茨城のセンターから助けられた良い子達です。
当会の隣のスペースにテントを張っています。
参加犬は当日の体調により不参加になる場合もございますのでご了承ください。

「保護犬」達は飼い主から一度は裏切られた子達です。
そして以前の飼育状態が分かりませんので
その全てを受け入れて御家族にして頂ける理解ある御家族様の御来場を希望致しております。
[2013/06/03 05:21] | 町田合同譲渡会 | page top
| ホーム |