TopRSS管理
桜とのお別れ
今日はみさりんさんと板橋まで子犬のお届けに行きました。
道路がとても空いていてあっという間に到着しました。
御家族でクッキーちゃんが来るのを待ちわびてくださっていました。
子犬らしい子で、早速室内を物色し、お嬢様にも遊ぼうとじゃれていました。
どうかこの子の一生が幸せでありますように。
宜しくお願い致します。

また昨日事故に合い、天国に行ってしまった桜の火葬に間に合いそうと
最後一目でも会いたくて急いで帰ってきましたが、火葬場までの道路がまるで動かず、
譲渡会場のある「真心動物霊園」で待ち合わせました。

T様に抱かれ白い骨壷に治まった桜との対面が出来ました。
号泣されているT様。何とお言葉をかけたらよいのか言葉がありません。
この子は本当に律義に期限を自分で決めたように3月5日に命を助けられ、
1年後の3月5日に命を終えました。
一杯の幸せを頂いて、「次の子に幸せを譲るよ]というように
天国に行ってしまったのかもしれません。
悲しい結果になってしまいましたが、
せめて体はきれいなままで遺体が見つかっただけでも良かったと思っています。
形は変わってしまいましたが、桜は今でも御家族のもとに戻れましたから、
きっと安心してお星様になったことでしょう。

「桜にかかわっていただいた皆様にお詫び申し上げてください」とT様からのお言葉です。
しかし「お詫び」等、私たちはそう思っていません。
短くともこの子は一生分の幸せ、楽しみ、嬉しさ、愛情を体いっぱいに感じ旅立ちました。
本当にありがとうございました。

ただ犬はどのような行動に出るかは分かりません。
皆の教訓として心に刻んでおかなければと今回強く思いました。
さようなら、桜。貴女の、あのまーるいお顔と長ーい胴、
ふくよかな体はいつまでもみんなが覚えていますよ。
天国からお友達犬達を見守ってあげてくださいね。

[2011/03/06 18:12] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
訃報
5日夜 留守電が入っていました。
そのお声をお聞きして、私は「交通事故?」と察知致しました。

お散歩中にメタボのシーズーハーフの桜が交通事故に合い亡くなってしまいました。
飼い主様がベンチに桜を繋いで、店舗のトイレをお借りして出てきたところ、
首輪だけが残り桜がいませんでした。
きっと飼い主様のTさんが離れて行くのを不安になり
必死で首輪を抜いて後を追ったのでしょう。

そして自宅に帰る方向に走っているのを見つけられましたが、
マンションまでもう200メーター位の処の横断歩道でひかれて倒れていたそうです。
お渡しして6か月でした。
一生懸命に桜を面倒見て下さり、目に入れても痛くないほど桜を可愛がり、
愛しんでくださいました。

飼い主様はとても自分を責め、落ち込まれていらっしゃいます。
お預かり人の方を始め、私も信じたくない事ですが桜はもう天国に旅立ってしまいました。
後悔してもどうにもなりませんが、外に犬をつないだまま、離れることはどれほど危険か、
また犬にとってどれほどのストレスか、計りしれません。

もう桜は帰ってきませんが、
6ヶ月間楽しく幸せに暮らせたこと私たちは感謝いたしております。
T様、どうか悲しまないでください。
桜は今でもT様のお側にいますから。
桜、安らかにお眠りください。



不思議な事ですが桜は1年前の3月5日に引き取り、
今回、3月5日に天国へ旅立ちました。
今までもレスキューした子達の旅立つ日が、
譲渡が決まった日、センターから引き取った日に近い月日に
安心して天国に行ってしまうことがものすごく多かったです。
私はいつも不思議な事と思っていました。
人間には及ばない力が加わっているのでしょうか。

[2011/03/06 04:28] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
| ホーム |