TopRSS管理
毛玉だらけだったゴールデンハーフ
何月だっただろうか、茨城のセンターに行ったとき、
檻の隅に、この子はうずくまっていました。
ものすごい毛玉と糞尿で固まり、動きませんでした。「

ペット里親会」様のブログにファルコンと名前を頂き手厚くケアーして、
昨日天国に召されていったと掲載されていました。

ペット里親会様のブログ
http://blog.livedoor.jp/satooya300/
http://blog.livedoor.jp/satooya300/archives/51701639.html
http://blog.livedoor.jp/satooya300/archives/51701726.html



これまで酷い状態にしてしまう元飼い主の残酷さ。
生きている命を暑かろう寒かろうとも何も気配りもせず、
ただ狭い檻に入れっぱなしでその中だけで何年間も糞尿にまみれ、
ブラシも、シャンプーもしてもらえず、
飼い主は汚くて見るのも嫌になり捨てられ、
収容され処分の運命でした。

またこの日同じ檻に「コモンドール」と書かれていた犬も
一緒に寄り添い収容されていました。
この子も、どちらが頭なのかお尻なのかも
解らないほどの毛玉をぶら下げ衰弱していました。
想像するに餓死させようとしエサも与えずに、
なかなか息絶えないので、捨てられ交通事故に合い、
センターに収容されてきたのでしょうか?

いずれにせよこの2匹は団体に引き取られ
最後の時間を気持ちよくケアーしてもらえたので気持ち的には救いですが、
今までにどれ程の数の虐待に値する犬達を見て来た事か。

毛玉だらけで、皮膚は引きつれ、痒くても皮膚まで爪が届かず、
辛い何年もの時間を強いられてきたのでしょう。
このような飼育放棄で生かされている状態も[虐待]として罰則を与えるべきで、
単に身体的ないじめだけではありません。

この姿を見て皆さまはどのように感じられますか?

[2010/10/02 16:55] | 放棄・虐待 | page top
有難うございました。
パグの「こつぶ基金」にご寄付いただきました皆さま有難うございました。

こつぶの手術代は1回目「206054円」。
2回目「96148円」
計302202円かかりました。

ご寄付207000円を有難く手術代の一部に使わせていただきました。

本当に皆さまこつぶを助けて下さいまして有難うございました。
[2010/10/01 05:54] | こつぶ基金 | page top
悲しい現実
救ってあげたい4匹の子犬のお預かりをお願いしておりましたが、
残念な事に兄弟たちは次々と吐いてパルボに感染しセンターで亡くなってしまいました。
まだ1匹は残っていますが、時間の問題で発症してしまうでしょう。

あんなに元気で、足元にすり寄っていた子たちが、
たった収容後1週間ぐらいで、亡くなってしまいます。
同じ檻にいた8頭の子犬のうち5匹は感染してしまいました。
あと残りの3匹は生き延びることが出来るのでしょうか?

捨てた飼い主は今頃「あー、いなくなって良かった」と、
この子達のことも忘れ去っているのでしょう。
そして母犬はまた6カ月後には赤ちゃんを生むことでしょう。

飼い主はまた産まれた可愛い子犬を捨て、
母犬は子犬を取られ、悲しむことになるのです。

いくらセンター内を消毒しても、
収容頭数が多いため消毒をした檻を空きにしておく事が出来ません。
ここに入らなければ、今頃はまだ走り回っているのでしょう。
野良犬となって、生きていく犬と、センターに収容されパルボに感染し死亡したり、
感染しなくとも、ガス室で処分されて生涯を終えていく犬と、
どちらが犬達は良いと思うのでしょうか。

悲しい現実です。
[2010/10/01 05:52] | 動物収容センター | page top
<<前のページ | ホーム |