TopRSS管理
尼崎の繁殖業者
お昼のニュース番組で尼崎市のビル屋上で犬の繁殖をしている業者が200匹の犬を今でも繁殖してネット販売をして売れ残った犬を市は引き取り50匹も処分しているとのことを放映しました。

この業者は狂犬病もせず10匹以上の犬の畜犬登録もしていなかった。そして知っていながら自治体の保健所が管理を怠っていたことに、あきれて怒りすら感じます。悪らつ業者の方棒を自治体が担いでいたことと同じ=共犯です。

このようにネットで販売している業者はどれだけの数がいるのでしょうか?尼崎動物愛護センターにお電話をし状況を聞きました。「数年前からここは知っていたが行政としての管理が手落ちだった」とのことを認めました。そして何年前からどの位引き取り処分していたのかと聞きましたら「数年間に数百匹を引き取って処分していた」と。

愛護団体が入って譲渡と言うことはしていないのかと聞くと
「センターの譲渡はしているがまだ団体譲渡はしていない。しかし今回6月に引き取ったのを最後に今後はこの業者からは引き取らないことにしました。」

「これでは解決になりません。法律違反をしたのですから営業停止、登録はく奪位にするべきです。まして市がその処分を引き受けていたことは問題ですよ。今後、愛護団体にも協力してもらい処分を出来るだけしないよう譲渡を考えてください。今後の動きは当会として見て行きますよ」と言っておきました。


屋上などで犬を飼うなど、それも商売の物としか考えていない人間に暑さ寒さ等の配慮はありません。市の税金を使って業者のいらない犬達を処分する事はどういうことなのでしょうか?日本全国このような業者は沢山あります。茨城県も問題になっている業者はいます。

しかしこの尼崎のセンターの職員は
「たまたま私どもの処が表面化してしまった」という言葉に職務怠慢、責任の無さには呆れてしまいます。

今後はこの業者からは引き取りませんと言っていますが、それではこの業者はどこかに遺棄したり餓死させたりいずれ犬達の将来は悲惨です。皆さまも抗議の電話を入れて下さい。

尼崎市動物愛護センター
電話06-6434-2233

どこが愛護センターなのでしょう(怒)


追加
尼崎市の業者は尼崎ケンネルです。
尼崎市の処分頭数の9割がこの業者からの引き取り犬「老犬」だそうです。




[2009/12/10 16:16] | 自治体 行政関連 | page top
| ホーム |