TopRSS管理
無責任な飼い主2件
無責任な飼い主2件
昨日こんな無責任極まりない飼い主放棄の話が起こりました。

1件は相模原市のN様宅の中庭にNさんが出てみると柱に知らない1匹の犬が繋がれていました。側にはブラシ、ジャーキーなどの物も一緒に置いてありました。Nさん宅には前の亡くなったワンちゃんが使用していた犬小屋がまだそのまま残されていたのを見て犬だけを置き去りにしたのです。しかしNさん宅は御不幸があり取り込んでいる最中。困り果てていた所、当会の里親さんSさんがその子を引き取ってくださる事になりすぐに夜お迎えに走ってくださいました。本当にありがとうございました。


2件目は7-8年前当会からビーグルの里親さんになったT氏から「このごろ夜中の2時ー4時ごろ吠えてしまうので、もういらないから引き取ってくれ」との電話があり、会のスタッフIが何で吠えるのか原因と対策を話しましたが、老犬になってきたので、どうも世話が面倒くさくなったようでした。

「引き取らないなら保健所に出しますからね.」。。んと言う言葉でしょうか?「保健所に。。。」という言葉は絶対に聞きたくない言葉でした。センターに放棄に来る飼い主に説得をしても要らないとなるとゴミを捨てるように放棄する飼い主と同じではないでしょうか。

ましてそのような運命だったこのビーグルを引き取った主旨はなんだったのでしょう。今年は10年ぐらい前に里親さんになってくださった方から「亡くなりました。本当に可愛い子でした。ありがとうございました。」というお言葉を沢山頂きました。「ありがとうございました」と申しあげるのは私達のほうです。

しかし今朝,この無責任な里親T氏は「今そちらに犬を持っていくのに向ってます。12時ごろには着きますから」と電話をしてきました。受け入れるための犬小屋も買わなければならないこちらの都合も無視し、あたかも粗大ゴミを捨てに行くように。。

私達の活動は無責任な人間がいるためにこんな大変な日々をすごしているのに何も理解して下さらなかったことは愕然と致しました。世の中にはこのような人間が動物を飼っているために、不幸な犬猫が減らないのでしょう。この方達は動物は「家族」ではなく「物」なのでしょう。放棄したこの2人の飼い主は他人に迷惑をかけた無責任さを良く反省し二度と犬はかわないで欲しいです。「怒り」
[2007/07/18 12:12] | 放棄・虐待 | page top
| ホーム |