TopRSS管理
茨城県動物指導センターを訪問しました
朝10時半に出て笠間にあるセンターに着いたのが午後1時半。O課長、Y主任の方が応対をして下さいました。17年度の定点収集で出された

成犬444匹子犬717匹計1161匹。
成猫188匹子猫832匹計1020匹。
これに捕獲収容犬6197匹。猫4582匹。
1つしかない命をこのような数字で表すことの惨さに心を痛めます。

そして収容犬舎に長靴と白衣をお借りして、恐る恐る入りました。びっくりしました。広さは犬頭数が多いため東京、神奈川の2倍ぐらいの広さの檻がならんでいました。でも委託業者の方達の犬達への愛情のかけ方に驚きました。子犬たちは毛布を敷き檻の中にはストーブがおかれています。「毛布は皆様からの御支援のもの」。

成犬の檻にはブロックを沢山重ねて2畳ぐらいの犬達のベットが作られその上にも毛布が敷いてあり犬達が寝ていました。また檻の中にケージも置かれ2匹の犬がリラックスして入っていました。でもこの子達には4日の時間しか残されていないのです。明日の朝はガス室に入れられる1匹のオスの子が「お座り、お手」と言うと一生懸命やってくれました。ごめんね。そう言うしかできませんでした。青い首輪をつけたこの子の人間「飼い主」はどこにいるのでしょうか?あー、できることなら全ての犬達を連れて帰りたい、それも不可能なことですけれど。

今まで引きとった子達は今幸せに家族の元で生きています。此処にあの子達もいて、危機一髪で救うことが出来たのだと思うと切なくなってしまいました。職員の方が下さった県民に配るグッズに「茨城県、犬の致死処分頭数全国ワーストワン」と書かれたものを見て、良いことしか表面に出したがらない行政の体勢に反し、自らこのような文字を載せることに、職員の方達の気持ちの辛さを痛感し悲しい気持ちになりました。これからは定点収集で出した飼い主に1人1人ボランティアのWさんが訪問し指導をして避妊手術を啓蒙していくとのことです。「あにまるさぽーと,、きずな」様、良い結果が出ること当会もサポートいたしますので頑張ってください。

そして私の一生では抱えきれない程の課題を科せられたような気持ちで夜8時に帰って参りました。1匹のワンちゃんを引き取りこの子にも幸せな一生を与えてあげられればと思っています。今日1日協力してくださったH様ありがとうございました。
[2007/02/27 04:35] | 動物収容センター | page top
茨城県に協力愛護団体発足
茨城県に協力愛護団体発足
収容頭数日本2位、返還率の悪さが日本1位というこの現実を少しでも改善していきたいと「あにまるさぽーとーきずな」という愛護団体が発足いたしました。

現地で活動していかなければなかなか効率よく動けません。当会としては今までミックス犬の引き取りをして来ましたが、これからは、情報交換しながら不妊手術の普及、係留しての飼育、鑑札、名札の装着など草の根運動をしていくことで、少しずつでも進歩し、飼い主の意識の向上を啓蒙していきたいと思います。

今、多くの愛護団体の活動は里親探しに奔放しているのが現状です。しかし、無責任な飼い主、ブルーダーなどの後始末の里親探しだけをしていても、この悪循環は止まりません。勿論目の前にいる死の刻印を押された犬猫を助けることは避けられませんが、もっといろいろな角度から見る目を持って活動をしていかなければいけないのではないでしょうか?「あにまるさぽーと、きずな」様、がんばって下さい。
[2007/02/22 04:34] | 保護、団体関連 | page top
HPを見た方からのご連絡
19日(月)に無事に捕獲されたそうです。

マスコミや捕獲のための多くの人が集まり、犬の警戒心をあおっていたことにより捕獲が難航→日曜日から人数を減らし以前の状態に近いように戻し安心感を与えての作戦に切り替えた翌日のことだということでした。
++++++++++++++++++++++++++++


 ありがとうございました。
[2007/02/21 16:52] | その他 | page top
ワイヤーロープ犬の近況
ワイヤーロープ犬の近況
今日打診しておりました「愛媛犬猫の会」様より御返事を頂きました。この子にはもう里親さんが決まっているそうですがなにせ警戒していて保護が出来ないとのことでした。今日のニュースでも保健所の職員が大きな網を持って追いかけていましたが、びっこを引きながらでも犬のほうが逃げるのも早く山の中に入って見失ってしまいました。今度は工場の敷地内に入ったら扉を閉めて捕まえようと試みていましたが、入り口より奥にはまだ入らずエサだけ食べていました。しかしこの敷地にはいってもあのフェンスは乗り越えて逃げてしまうのでは?と危惧しています。1日でも早く保護されて痛々しい傷が癒えてほしいです。でも陰で話題にはならずこのワナにかかったまま息絶えた犬もいるのではないでしょうか?
[2007/02/19 20:56] | その他 | page top
ハンターの仕業でした
ハンターの仕業でした
愛媛のワイヤーロープー被害犬のことで愛媛県庁に問い合わせをいたしました。がっかりでした。これは今猟期のため、イノシシを取るためにハンターが仕掛けたワナでした。捕獲ワナは法律上許可されていて、そのワナに持ち主の名前を明記するようになっているそうですが今回の犬がどこで引っかかり、誰がロープをただ切ったのかは分からないとのことでした。行政がやっていることではないとなると、訴えようがありません。しかし負傷動物の保護はみとめられていますので、何とかあの犬「お産直後?」を保護し足の肉に食い込んでいるワイヤーロープを取って上げたいのです。しかし愛媛県の愛護団体の協力がないと不可能です。顎が外れぐちゃぐちゃになっている犬など、この被害はかなりの数になっています。動物の命を趣味として、楽しみとして奪うハンターのむごさには、理解出来ません。今愛媛県の愛護団体に打診しています。また後日お知らせ致します。
[2007/02/17 15:32] | その他 | page top
どこの県か分かる方教えてください
14日 TBS12時ごろの報道番組の中で「四国で被害続出、ワイヤー被害犬」のニュースの終わりを見ました。

イノシシが大繁殖し畑を荒らすためワイヤーロープを張っているらしいのですが、それに犬達の足が絡まり暴れて取ろうとするとどんどん足に食い込み、住民は犬が泣き叫ぶと、絡まったロープを取らず、先のほうを切って逃がしているとのこと。
1匹の授乳中のようなお乳をした犬の足の肘のところに食い込んだワイヤーロープを着けたまま歩いている映像が映りました。ワイヤーは腐りませんから犬の足が腐り千切れるまで、どれほどの痛みか知れません。四国のどこの県か分かる方はお知らせください。すぐに陳情の書面を送りたいと思います。


※追記 
 お知らせありがとうございました。愛媛県と分かりました。
[2007/02/15 04:39] | その他 | page top
徳島県動物愛護管理センターについて
1月30日のブログを読み
S様よりメールが届きました。
下記がその内容です。

*****************************

ご活動ブログを頭が下がる思いで拝見させていただいておりま
すが、先日の「徳島県動物愛護管理センター」の発言には本当
に怒りに震えました。

徳島県動物愛護管理センターに抗議をするとともに、
徳島県知事にメールをいたしました。

徳島県動物愛護管理センター宛ばかりだと
抗議文も隠蔽する可能性があると思うので、
ぜひ徳島県知事にメールもたくさんしていただいては如何でしょうか

徳島県ホームページに「知事への提言メールホーム」があります。

http://www.pref.tokushima.jp/Opinion.nsf/MainTopic/?OpenForm


********************************


S様のお気持ちを重要視して徳島県知事のアドレスをココに掲載致します。
皆様のお声を徳島に届けて下さい・・・。



[2007/02/07 22:11] | 動物収容センター | page top
こんな人が犬を飼っているなんて
5日 神奈川県動物保護センターに犬の引き取りに行って来ました。千葉県からの見学の方を案内し、ボランティアのHさんと一緒に全てが終わり見学の方が終るのを待っていると受け付けに1人の老人が放棄に来ました。
「あーまた、処分にもってきたんだ」と思い職員との話を聞いていました。

「なんで飼えなくなったんですか?」と聞くと「車のタイヤを2個切られた、この犬が吠えなかったから、もっと吠える犬をまた飼うから」と言っています。思わず「ひどーい」と叫んでしまいました。

「犬の名前は?」と職員。「名前は無い」と。2年間も飼っていて名前も付けてあげてもいません。トラックの荷台に乗せられてきたこの白い犬はこんな飼い主でも近寄ると嬉しそうに尾を振っています。

「泥棒にはいられたのはこの犬と関係ないでしょ?」と言っても「人間の生活のほうが大事だ」と言うので「もう2度と犬は飼わないで下さいね」と言うと「敷地が広いからまだ3匹犬がいる。いくらでも生まれるから」とこんな事を言いました。

「それじゃ、また吠えない犬なら処分に持ってくるんですか?そんな事をすると神様はちゃんと見ていますよ。あなたは良い死に方はしないからね。」と言ってやりましたが、にやにやしながら帰って行きました。今飼われている、ほかの犬達もただ繋いで番犬として物のように扱われているのでしょう。こんな人間に飼われている犬達は生きている事のほうが地獄です。このようなレベルの人間に何を言ってもダメと職員も黙って引き取っています。

何か説教できないのでしょうか。
腹が立つ日でした。しかし4つの命を車に乗せて帰って来ました。
[2007/02/06 04:32] | 放棄・虐待 | page top
| ホーム |