TopRSS管理
環境省に行ってきました
環境省に行ってきました
4月からインターネットにより収容所の処分される犬猫の里親探しをはじめる事について話し合いに行って来ました。

動物愛護の面から唯もらってもらい命が助かれば位のレベルの譲渡では多くの不安を抱えることをお話しました。不妊去勢手術の義務付けをしない限り何倍にも増えてセンターに戻ってきてしまいます。今現在「川崎動物愛護センター」で試験的に6ヶ月おこなったそうです。しかし川崎市の収容頭数と全国「特に地方」の自治体の収容頭数は比較になりません。まだ各自治体からの申し込みは少ないとのことで各センターでは管理する余裕がないとのことです。

4月に譲渡基準の概要が出来たら頂く事で1時間30分の話し合いを終えました。9団体の連名を頂き今日同行していただいた5名の団体の方達雨の中をご苦労様でした。当会の最終目標である「全国の収容施設の犬猫の譲渡」がやっと18年かけて具体化し始めました。これも支えてくださった多くの方がたのお陰と感謝申し上げます。ただ、まだまだ検討していかなければならない課題がありますので今後も取り組んでいく覚悟で進みます。
[2006/01/31 21:51] | 自治体 行政関連 | page top
| ホーム |