TopRSS管理
8月22日
今日神奈川県の保護センターに行ってきました。
高校生達と日大獣医科の5年生の方達が
実習で来られていました。
急に職員の方がお話してくださいと言われ
会議室に行き学生さんたちにいお会いしました。

そして地下の施設を案内しながら犬達の性格、
譲渡犬に選ぶ条件等を私の経験範囲でお話しました。
引き取り依頼のあったシーズーは一目みて
「アーアダメだ。」と思いました。
やはり側へいっただけで威嚇のうなり方をします。
単に恐怖から来るものであれば時間をかければ解決できます。
しかしこの子はとても強いものを持っていて
他人にお渡しは出来ません。
諦めました。

他に処分の尻尾を振っていた
小さな可愛いマルチーズがいました。
老犬で歯が無く舌が横から出ていました。
人間が歩くほうに寄ってきて吠えもせず尾を振っていました。
でもこの子も助られませんでした。
運転しながらもこの子の可愛い顔がちらつきました。
辛い決断でした。
[2005/08/22 17:51] | 動物収容センター | page top
| ホーム |