TopRSS管理
チワワの引き取り

今日は茨城からチワワ君がレスキューされました。
2024-2-2-3.jpg

どうして飼い主は探さないのでしょうか?

ただ捨てられたある場所は今までほとんど返還がありません。繁殖業者が多い地域なので遺棄した可能性もあります。1.8キロしかない小さな男の子。人馴れしているおとなしい子です。キョトンとした目をしたなんとも愛嬌のあるお顔。幸せなご縁が繋がりますように。
[2024/02/02 20:38] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
今日から暖かい場所で。

沢山の皆様から預かり協力を頂きました白い収容犬君は今朝センター迄お迎えに行って下さいましたTさんが無事に引き取りして下さいました。ホイップクリームのような色からでしょうか?センターで付けて下さったお名前のホイップ君。

2023-12-20-1.jpg

寒い毎日を良く頑張りました。

お迎えを待っていましたが飼い主は来てくれませんでしたね。今日から暖かいお部屋で過ごす事が出来ます。新しい幸せにめぐり会えるように皆様、宜しくお願い致します。

またお預かりして頂くT御家族様。年末のお忙しい所申し訳ございませんがお願い致します。沢山の犬達が今年も凍るような収容房で年越しする事になります。飼い主の方々、どうか捨てないで下さい。懐かしいお顔を犬達は待っていますよ。飼ったら命終える迄一緒にいて上げて下さい。

[2023/12/20 11:59] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
2023 最後の引き取り?

12月になり想像通りに高速道路は渋滞していました。テリア系雑種の女の子、また予定外の子犬を引き取りしました。

まだ生後1カ月?位の4匹兄妹の1匹。捨てられるまで母犬のお乳を飲んでいたのかコロコロと太っています。
2023-12-7-002.jpg



テリアの子は車に乗るのが初めてだったようで発車した時からパニックになり、案の定、簡易なケージだったので壊して出てしまいました。その顔はあー良かったと言うようにおとなしくなりました。しかしこのままでは高速が危ないので再度センターに戻りボイジャーをお借りしました。

2023-12-7-001.jpg

2023-12-7-003.jpg
やっと落ち着いてふせをして約4時間かかりお預かりのT様宅へ。


朝9時半出発、7時半までTさんお疲れ様でした。しかし昨日も収容頭数が増えていました。皆様から沢山の毛布を頂き届けましたが、どの檻にも毛布は敷いてありませんでした。なぜ敷かないのでしょう?皆固まって身を丸めていました。せめて老犬には敷いてほしいと思います。ここで年越しする犬達には過酷な状況です。センター長様にも殺処分しないのなら檻を増やして下さいと要望しましたが期待薄いですね。みな頑張って生きて‼️

[2023/12/08 05:58] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
真冬のセンター
暖かなお部屋で過ごしている犬達がいるなかで、コンクリートの床に毛布も無く寄り沿って暖をとっている沢山の犬達がいることを皆様知って上げて下さい。太陽にあたる事も無く毎日生きているだけの多くの犬達。

この日、178匹。犬だけでなく衰弱、負傷で入って来る沢山の猫達。職員の方々は1匹づつ治療メモを貼りながらお世話されています。本当に大変な業務とお察し致します。人間の無責任な飼い方からこのような悲惨な運命の犬猫達がいることを皆様、どうか知って上げて下さい。写真はありませんが沢山の子犬達も保護されています。不妊手術をしないまま何度も繁殖を繰り返し捨てられる小さな命。私達人間が動物と共生するには責任を持って飼育する事を真剣に考えなければ日本は動物愛護とは言えません。また微々たるレスキューですが来週はセンターに行って来ます。

2023-12-4-b.png

2023-12-4c.png

2023-12-4d.png

2023-12-4e.png

2023-12-4f.png

2023-12-4g.png

2023-12-4h.png

2023-12-4i.png

2023-12-4j.png

2023-12-4k.png

2023-12-4l.png

2023-12-4m.png

ガリガリに痩せている高齢犬。飼い主さん、お迎えに来て下さい。


2023-12-4n.png
[2023/12/04 09:13] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
過酷な過密状態のセンター

同室犬に噛まれ足を切断された犬。これから年末かけて捨てる飼い主も増えて来ます。
2023-12-4-a.png

犬達は狭い雑居房の中で出ることも出来ずイライラして喧嘩が始まり弱い犬、高齢の犬は餌食になります。保護する場所を増やす必要があると思いますがこの数年、訴えて来ましたが今年も変わりませんでした。

[2023/12/04 09:03] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
茨城から2匹レスキュー
今年もあと1か月余りになってしまいました。センターで年越しをしなければならないワンちゃんを少なくする為に片道3時間半をかけて通っています。

今日は初めての搬送ボランティア協力のI様が引き取りに行って下さいました。10時過ぎには引き取り完了で、帰りますと連絡を頂きびっくりしました。遠い所本当にありがとうございました。

今日はパピヨンと毛玉だらけで収容されたシーズーさんの2匹です。
2023-11-28-5.jpg

2023-11-28-6.jpg


こうして売り買いされた愛犬を捨てる飼い主がいます。いらなくなればゴミ同然なんですね。この子達は捨てた飼い主よりもっと可愛がって下さる里親様を見つけます。皆様宜しくお願い致します。

きれいにして頂きました。痩せています、
2023-11-28-3.jpg

2023-11-28-7.jpg



[2023/11/28 20:33] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
譲渡に進める対策を!

いつ出られるかも分からず毎日をこの檻の中で生きている茨城の収容犬達。

2023-11-26-1.png
いつになったら出られるのかな?
2023-11-26-2.png



なかなか団体様も引き取り予約がなく170匹位が前後しています。子犬で収容されても引き取りがなく成犬になればこの雑居房に入れられます。野犬として生きて来た犬はなかなか人間との共存がむずかしい面も有りますが信頼感関係を築ける迄時間をかけトレーニングして行けば改善すると思います。


ただ集団で保護しているだけでは、どんどん人間との距離が出来てしまいます。センターでも予算を取りトレーナーさんとの契約を結び譲渡に進める対策をする方向に動いて欲しいと願います。

私達認可団体が必死で引き取りした所で一向に収容頭数は減りません。また生まれて捨てられる子犬も後を絶たず入って来ます。根本からの原因を緊急に改善する事を真摯に取り組んで頂くように要望致します。

これから極寒のセンターになります。毛布、タオルケット、バスタオル等(※綿が入っていない物)を送って上げて下さい。新品でなくきれいにお洗濯してあれば大丈夫です。

送付先
〒309-1606 茨城県笠間市日沢47 
茨城県動物指導センター宛
☎:0296-72-1200

※ウイークデーの8時半から16時までに着くようにお願いいたします。

[2023/11/26 13:15] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
2回の茨城センターへ
今月は茨城センターに2回の訪問です。

収容棟からおびただしい犬の声が聞こえて来ます。また収容が増えているように見えました。子犬も沢山いましたが皆人馴れしていないびびりさんばかり。

しかしこの引き取した子はきちんと人間の顔を見てすぐにお座りをする礼儀正しいお嬢さん。4~5カ月位?かな。
2023-10-31-1.jpg


初心者の里親様にも飼いやすい落ち着いた良い子です。帰りも車のケージの中で吠えもせず犬を乗せていることも忘れる位おとなしい。今日は道中、かなり空いていて帰りも2時間半で戻って来ました。

くるみちゃんを宜しくお願い致します。


笠間は菊祭りで沢山のかたが菊を楽しみいなり寿司を並んで買い求めていました。観光バスも来て何時もは閉まっているお店も開いていて賑やかな笠間を私達も体験出来ました。千と千尋のモデルになった旅館も沢山のかたが見に来られ綺麗な菊を観賞されていました。

[2023/10/31 21:06] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
3匹の引き取りに行きました
茨城センターに引き取りに行って来ました。現在成犬が176匹と相変わらず過密状態です。引き取したくとも野犬が多く人馴れが出来ない犬がほとんどで譲渡も進みません。

様子を見て頂いて頂いた柴犬と
2023-10-16-02.jpg

2カ月位の子犬を乗せて
2023-10-16-003.jpg

次の引き取場所へ。


繁殖業者から不要になった犬を1万円で引き取り餓死させている引き取り屋。
そこから助けられた柴犬の雌。
2023-10-16-001.jpg

皆様はご存知ないかも知れませんが、繁殖業の裏ではこのような悲惨な運命を強いられている犬が沢山います。今回は7匹の柴犬とプードルが命を救われました。しかし全国の繁殖業者は命を何とも思わず処分しています。どうしたらこんな現実を改善できるのでしょうか?
[2023/10/16 20:56] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
茨城から3匹の引き取り
暑い中茨城のセンターに子犬2匹、黒柴の女の子をkさんが引き取りに行って下さいました。朝8時半から帰って来たのが夕方5時になり、1日がかりのレスキューでした。

子犬達はお腹がペコペコみたいで到着して、すぐに用意したフードをガツガツと完食しました。
2023-9-2-003.jpg

2023-9-2-002.jpg

2023-9-2-001.jpg



柴犬のチョコちゃんはボイジャーから出るとすぐにトイレを済ませ自分からケージに入り休んでいます。
2023-9-2-004.jpg

警察で保護されましたが飼い主は探してもくれませんでした。暑いセンターで2カ月半、よく頑張りました。


夏は毎年捨てられる犬が増えます。人間の勝手で楽しむだけで、最後まで飼わない飼い主がいかに多いか。縁あって巡りあった犬達を責任持って最後まで飼って下さい。3匹は募集開始致しますのでよろしくお願い致します。

[2023/09/02 12:50] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
猛暑の中で茨城へ
職員の方との電話のあとにチョコママさんがセンターに行って下さることになりお願いをしました。猛暑、急な大雨にかなりの時間がかかりセンターに到着。9時半頃に着きますと連絡していたため、11時になっても来ませんと心配されて職員から電話を頂きました。

前日に頼まれましたドーベルマンミックス?子犬と
2023-8-24-002.jpg

2023-8-24-001.jpg

4、5キロの生後6カ月の豆柴ちゃん。
2023-8-25-3.jpg




帰りも4時間位かかってやっと東京まで搬送して頂きました。センターには毎日のように乳飲み子、子犬達が収容されて来ます。愛護団体が必死で引き取り育てても次々と入って来る子犬達。鉾田市、茨城町、小美玉市、神栖市は特に子犬の収容が多い地域です。

飼い主ので皆様、どうか不妊手術を受けさせて下さい。

1日かかりの茨城行き。
funfunのチョコママさん、 https://doghouse-funfun.business.site/
本当にお疲れ様でした。


[2023/08/24 14:35] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
長時間のお迎え
天気が不安定の中で茨城センターに行って来ました。もう、すごい渋滞で何時に着くのか分からない状況でした。朝9時半に出発して休憩も取らずやっと2時過ぎの4時間半かかり到着しました。途中、急な激しい雨が叩きつけ前方も見えないような危ない大雨。

センターには変わらず167匹の犬達が収容されていました。今日は柴系のミックスのお迎えです。チェーンをつけたまま収容されましたが飼い主のお迎えはありませんでした。人懐こい10キロ未満の女の子です。帰りも後ろのボイジャーに入っていても大人しく乗っているのもつい、忘れてしまう位に静かでした。預かりのFさんに7時半にお渡しして1日かかりの引き取りが終了しました。
2023-8-10-001.jpg
医務室にいました。回りの犬が吠えても大人しくしています。

2023-8-10-005.jpg



初めてのセンター訪問に行って下さいましたMさんは茨城のセンター犬の里親様です。みらいちゃんはお里帰りでしたね。2匹のワンちゃん同伴の長旅の茨城行き。本当にお疲れ様でした。この子のお名前は「ことちゃん」となりました。良いご縁がありますように!




2023-8-10-002.jpg
いつもこの隅にじっとしている男の子。見上げる目には諦めて何の希望もない弱々しい、悲しそうなお顔でした。随分長い時間をここの檻の隅でじっとしています。


2023-8-10-003.jpg

2023-8-10-6.jpg
一番沢山の犬が入れられている8号犬舎9号犬舎。9号犬舎には30匹が固まっていました。ただ生きているだけです。

[2023/08/10 10:49] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
犬は物ですか?

茨城県のセンターには目も開かない生まれてすぐに母犬から引き離され収容されて来る乳飲み子の子犬が年間通して非常に多いのです。今回も8匹の子犬が収容されて来て譲渡団体に一斉メールで、引き取り協力の依頼がありました。
2023-6-7-2.png



2023-6-7-1.jpg

しかし、またまたこの写真を皆様ご覧になられどう感じましたか?

小さな生後2週間位の700グラムしかない乳飲み子を首を持ってぶら下げている写真。以前にも注意したことがありました。野犬の子犬で噛みつくからとの返答でした。職員の犬に対する対応が変わらなければ県民の犬、猫に対しての意識は変わりません。センター内部から動物に対して物扱いする意識を変えていかなければいつまでも、茨城県の不幸な犬猫は減らないでしょう。




追加
センターには子犬の扱いとあのような首を持ってぶら下げる扱いは今後2度とやらないように連絡を致しました。写真を撮り直した事で良いのではなく、委託会社の方、センター職員一同が弱い立場の犬猫に対して愛情を持って扱える体制になってもらえるように切に願います。無責任な飼い主の心に届く為にも。

2023-6-7-3.jpg
[2023/06/07 10:43] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
茨城からの引き取り
昨日アルマ様が茨城センターから2匹のワンちゃんを代理で引き取りに行って下さいました。
そして今日、雨の中K様ご夫婦がアルマ様のシェルターまで受け取りに行って頂き無事、東京まで運んで頂きました。バトンリレーのレスキューでした。社団法人アルマ様、K様ありがとうございました。

2匹は同じ地域、同じ日に収容されましたがシーズちゃんはまだ若いのに耳だれのように外耳炎が酷く、体の毛玉はセンターで刈って頂きましたが耳は固く毛玉で団子状態です。チワワ君は背中が皮膚病。2匹ともガリガリで痩せています。

2023-5-13-1.jpg


これから治療をしてきれいになってから募集を開始したいと思います。2匹とも充分な飼育はされてなかったようですが人懐こく可愛い子です。誰が捨てたのでしょう?動物を遺棄するのは犯罪です。
[2023/05/13 15:42] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
犬・仔猫の譲渡情報について

0-20230511-0.png
http://npo.seikenjoto.org/0-20230511-d.pdf
茨城センターに保護されて家族にして頂ける里親様を待っているワンちゃん達。
お心かけて頂けます方は当会アドレスにお申し込みして下さい。

子猫の繁殖シーズンが今年も始まりました。
11日現在55匹の子猫が保護飼育して頂いています。
http://npo.seikenjoto.org/0-20230511-c.pdf
乳飲み子も沢山います。
里親様を待っています。応募はセンターではなく当会アドレスにお申し込みください。


飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618


[2023/05/12 14:32] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
| ホーム | 次のページ>>