TopRSS管理
【トップ記事固定中】神奈川県ボランティア会議に参加
昨日17日、神奈川県動物保護センターの愛護団体「ボランティア調整会議」があり当会から2名で参加いたしました。4月に新規オープンするセンターの名称は「神奈川県動物愛護センター」と改名になります。そして今後愛護団体と自治体との協働事業を推進するために、皆様からのご意見を出して頂きました。


当会としては

① ボランティア団体が保護している頭数が過剰になりスペースとお世話する人員の数をセンターとして把握しているかどうか。

これは出来ていない。

② 愛護団体として活動し譲渡する際に「不妊去勢手術」をして里親様に渡すことは基本的な事。しかしそこが現在あいまいな形になり問題のある「ピースワンコ」も認可団体としている理由を所長にお聞きしました。神奈川の犬は手術して出しているが他県の犬もするという事ですか?との考えに唖然。やっと東京、神奈川では野犬もいなくなり、遺棄される子犬たちも殆どいなくなりました。それは今まで多くの団体様がきちんと「不妊去勢手術」をすることを実行してきた結果です。それを、広島から連れてきた犬を神奈川県、東京都に譲渡センターを作り未手術で譲渡している。きちんと行ってきた愛護団体を裏切るような譲渡方法をとっている団体は「認可するべきではない」と申し上げましたが、

にやにやするだけで回答なし。

③ 「ボランティア規約」を今後作るとのことですが出来上がる前に一度閲覧させてほしいと要望する。

④ ボランティア団体が50を超えている現在連絡もつかないような団体も出てきている。更新手続きする必要があるため2,3年に一度書面、活動内容を提出する事を義務化する。



このような事を要望してきました。



行政で出来る事は限界があります。そこを後押し、支えていくのが「愛護団体」の1つのお役目と思います。動物たちを守ってあげられる良い形になるセンターであってほしいと願います。



別件ですがセンターには「ふれあい用小型犬」が5匹います。その子たちはこの寒空に外の屋根だけある風よけもないコンクリートのフェンス柵の中に置かれています。「ホットカーペットなど置いている」という所長様に「小型犬は室内に入れてあげないといくら温かくしてあると言っても風を受け安眠は出来ません。せめて夜だけでも室内のケージに入れてあげて欲しい」と言いましたが、「考えておきます」と言うだけ。365日24時間、夏でも冬でも、雨の日も、風の日も、雪の日も関係なく外に皆で固まっています。今までにも一般の方から「小型犬を外で飼っている、どうしたらいいでしょう」という相談が会の方に来ることがあります。それを「生かす施設」という神奈川県のセンターでこのような可哀想な保護状態を継続している事はどうなのでしょうか?チワワなどはメキシコ原産の暑い国の犬です。専門家がいるセンターでこのような状況下に犬を置いている事を考えてしまいました。早急に対処お願いいたします。
[2023/01/18 15:51] | 動物収容センター | page top
リレーで助けられたキャバリアさん
なかなか茨城のセンターに引き取りに行かれず、昨日「あにまるサポートきずな」様が引き出してくださり17日の譲渡会に連れて頂くことになりました。それまで沢山の犬達のお世話もある中でお手数おかけしてしまい恐縮です。

でも、このように他団体様と連携し命を繋げる関係を築いていかれるのはとても有難いレスキューです。きずな様ありがとうございました。手術等ケアーが済みましたら募集を開始いたします。それまでお預り人のY様お願いいたします。

その後新お預り人のT様「江戸川多頭崩壊の小梅ちゃん、ナナちゃんの2匹の里親様」のご家庭で保護していただくことになっております。1匹の子の幸せを願って沢山の方が支えて下さっています。ありがとうございます。

2019-2-8-1.jpg

2019-2-8-2.jpg
[2019/02/08 16:57] | 動物収容センター | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬のご紹介
1月30日現在のセンタ―譲渡犬達です。
※画像は一部抜粋のもの
データは下記URL
http://npo.seikenjoto.org/0-h310130.pdf
0-h310130.png

職員の方が多忙な中、1匹ずつ観察し情報を送って下さいます。
いつもは毎月送信して下さっていましたが
年末から年明けとセンターを攻撃してきた団体のために情報配信が遅れてしまいました。
皆性格も書かれていますので参考になさって
ご希望があるワンコさんがいましたら当会の方にご相談を頂けますようお願いいたします。
現在36匹の子が家族を探しています。
「その他にも収容犬たちは期限が切れてから譲渡用に回して下さっています」。

[2019/02/01 14:41] | 動物収容センター | page top
茨城県動物指導センターに提出されました要望書の回答 当会の考え
「犬猫救済の輪」の結さまが茨城県動物指導センターに提出されました要望書の回答が掲載されましたのでここに記載いたします。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6855.html

収容猫犬を全て「処分しない」という事は到底無理な事ですが飯田所長様、衛生課前田課長様も真摯に考えていただき将来に向けての回答を頂きました。


「センターホームページに収容動物を全て掲載」

これに関しては「人間との共生」が出来る個体のみの掲載にするべきだと考えます。全てを掲載した時、衝動的に「引き取る」と言うような里親様が発生する事が危惧されます。その為、再度咬傷事故、逸走、苦情対象になる動物が出ることは避けなければなりません。安易な気持ちでの「譲渡」になる事は避けるべきです。この件に関しては他県の自治体においての譲渡規約に定められている事と思います。



「ボランティア団体を他県まで広げ募集拡大」

これに関してはどのような団体かを慎重に見極めることが必要。それにはセンターからの回答のように現在の「認可団体からの推薦」が絶対条件だと思います。其のボランティア様が今までどのような活動をしているかの情報を確認しないと「虐待」「不妊去勢をしないで譲渡している」「ボランティアビジネスで利潤をあげている」「収容可能頭数を超えるような保護動物がいる」「保護した動物の引き出し後のフォロー-が出来ていない」等引き出された後で更に不幸になる個体が出る事を避けなければなりません。それには日本国中に譲渡範囲を広げることは管理が難しい為、賛成できない。認可団体を増やすことが解決策ではありません。「里親様に譲渡する」という活動は1つの大切な命を左右する事なので安易に行動することではないのです。



「譲渡が難しい動物」

全ての保護動物を「第3者様」にお渡しする事を前提でセンターから引き取りをさせて頂いております。しかし引き取ってから「病気などの疾患判明」「性格が攻撃的で危険の恐れ」「トレーニングしても効果が望めない個体」「高齢で里親様に御渡しをするにはご迷惑をかけてしまう」等、譲渡が出来ない個体に関しては各ボランティア団体で終生飼養をする覚悟での保護。またはセンターから「犬猫直接譲渡」ではなく「愛護団体が引取り後募集をかけ終生に渡り団体がフォローをして行く事での譲渡」をする。「お渡ししたら終わり」ではなく「お渡しをした時から里親様とのお付き合いが始まる」という気持ちをもって対応をすることが大切なのではと思います。その観点から「殺処分0」の定義を全て実現する事は不可能です。



「処分理由」

これに関しては回答書に書かれています理由がすべてだと思います。




自治体の「譲渡事業」とはなんでも処分をせずに「生かす事だけを優先する」事ではないと理解します。生かされている犬猫が「生きている事が幸せ」であると感じるような福祉の面からも了解出来る事でなければ反って苦痛を与え続けることに繋がります。その為には「不幸な命を作らないための不妊去勢手術の強力な啓発」「センターに収容される数を減らす為の飼い主の飼育レベルの向上」「飼い主に対する犬猫飼育の研修」「繁殖業者の指導強化」等、自治体として出来る事柄から「ボランティア団体と自治体との協働事業」を拡大するために良い方向に進めるような対策を要望いたします。
[2019/01/30 15:34] | 動物収容センター | page top
川崎市動物愛護センター新規オープン
川崎市動物愛護センターが移転し「アニマモールかわさき」と言うネーミングで「2月12日」オープンいたします。


この名前は多くの方から公募し小学生の方が考えて下さったそうです。とてもおしゃれなデザインの新センターで見学させていただくのが楽しみです。

当会も譲渡団体として今まで沢山の犬達をお預かりしてきましたが職員の方々は本当に動物たちに愛情をかけお世話をして下さいました。下の収容房から目が届く2階の会議室に移動しサークルを置きそこに小型犬、シニア犬を保護し1匹ずつ譲渡会にも参加させてくださっています。

しかし、なかなかシニアのワンちゃんにはご縁が繋がりません。ここにシニア犬で家族を求めている子を掲載致しますのでどうぞ皆様お心かけてあげて下さい。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20190120.html
2019-1-24-1.png
2019-1-24-2.png
2019-1-24-3.png



またセンターと愛護団体様共同参加の譲渡会も開かれています。ただ今までの施設は狭く車が何台も止められず当会は参加出来ませんでしたが今度は敷地も5倍ぐらいに広くなるとの事。これからは参加出来そうですね。開館曜日はどこの自治体も土日は休みになるため来場できない方も多くいらっしゃいましたが今度は「日曜日~木曜日」の開館となります。真の「動物愛護」の場として将来楽しみなセンターです。川崎市中原区上平間1700番地8です。皆様一度足を運んでみたらいかがでしょうか。
[2019/01/24 10:17] | 動物収容センター | page top
今年初の引き出し犬
昨年からセンターに収容されていて元気に年越しをしてくれた男の子をお迎えに行ってきました。とっても良い子で「座れ—」と言うときちんと座ってこちらをしっかり見てくれます。運搬中もボイジャーの中で大人しくしてくれて車酔いもありませんでした。途中緊急車両が走って来てその音に一緒に「ウオーん」と合わせて合唱。聞こえなくなったので私が試しに真似をし「ウオーン」と言うと「ウオーン」と返事をしてくれて笑ってしまいました。まだ2歳位の性格の素直な子です。リードの引きも強くない飼いやすい子だと思います。体重は10.65キロ。名前は同行して下さったKさんが「櫻井翔」君にしようと。そう言えば櫻井君の性格、素直さが似ているなーと思いました。これから良いご縁が見つかりますように。

2019-1-22003.jpg

2019-1-22002.jpg



今日の茨城動物指導センターには沢山の子達が保護されていましたが丁度このテリア君を職員の方が散歩に連れ出すところでし
た。小さくて可愛い子なのですがやはりテリア気質があり上手くリード出来る飼い主様向きな子です。この子はまだ期限が切れたばかりでしばらくセンターでケアーをして下さいます。何でもかんでも引き出すことは反って犬達の幸せにはつながりません。1匹ずつ確実な里親様の元にお届けできる「幸せな譲渡」になるよう今年も当会は頑張っていきます。皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019-1-22004.jpg


昨日の譲渡会で頂きました毛布をセンターの子達にお届けしました。
2019-1-22001.jpg
[2019/01/22 21:49] | 動物収容センター | page top
犬猫殺処分数、譲渡頭数
ワースト1であった茨城県はこの表をご覧いただければお分かりになるかと思いますが「譲渡頭数」は全国1になっています。成犬「819匹」、子犬「468匹」。これは多くの団体様が必死に支えてきた頭数です。

どこの自治体でも「殺処分0」を目指していますが現実は安楽死せざるを得ない個体もあります。いくら愛護団体が引取りを推進していっても蛇口を閉めなければ到底追いつく頭数ではありません。

昨日からただ茨城県のセンターを非難攻撃するような方々が業務に支障を与え実際そこで保護されている犬猫達は犠牲になっています。捕獲員の方までが犬の散歩をしたり、腰が立たない犬に介護ベルトを付けて歩かせてあげたり、センターとしてこれだけのケアーをしているところは全国にありますか?

またCAPINさんのブログに「猫の処分された遺体が48匹あった」と書いていますがその猫達は交通事故で治療困難であったり収容されて来た時にはひん死の状態であった幼猫であったり、治療してもとても延命できない状態の個体です。

また「センターは団体に丸投げ」との事ですがこの活動はセンターから「引き取ってください」と頼まれて行っているわけではないですね。私達が少しでも不幸な命を繋ぎ生きられるチャンスを与えてあげたくて自主的に行っている活動です。そのような言葉はおかしいのではないでしょうか?

当会でも今まで引き取って来た中には1年以上保護していただいた犬達もいます。何でもかんでも事務的に「処分」をしているのではありません。アルマ様のブログを転載させていただきますが、一番大切なことは「不妊去勢手術をして飼う」「動物の命を引き受ける事の責任を自覚する飼い主の育成」を自治体と愛護団体が見本になるような活動をして行く事で「真の愛護」に繋がる事と思っています。単にセンターを攻撃し、世の中に配信してもそれは何の「動物愛護」に繋がらない事は皆様ご理解ください。

下記にアルマ様のグラフを転載いたします。
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12433857975.html


※画像クリックすると拡大します。
2019-1-18-1.png

2019-1-18-2.png

2019-1-18-3.png
[2019/01/19 14:41] | 動物収容センター | page top
処分日は10日
殺処分0になるようにどこの自治体も努力をして頂いている現状に感謝申し上げます。しかしそれも収容頭数が少ないから継続出来る事。

残念ながら10日に処分される日が決まりました。老犬、放棄犬「飼い主は来ないので」、大き目な子。ここまでセンターも譲渡の道を繋げるために延命をして下さいましたが毎日収容されてくる犬が増えているため収容しきれない状況です。

老犬は他の犬と一緒に食事が出来ないため大部屋から出してもらって廊下でフードをもらっているそうです。そうして手をかけてもらって年越しをしました。当会も引き取りをしていますがなかなか中型犬の里親様も見つからないのが現実。微々たる希望ですがもし家族に迎えていただける里親様がいらっしゃいましたら当会のアドレスにご連絡をください。
info@seiken-joto.org



写真は「CAPIN」様のブログから転載です。


2019-1-9-2.jpg

2019-1-9-3.jpg


[2019/01/09 16:37] | 動物収容センター | page top
今年最後のセンター犬引き取り
センターは28日で終わりになります。寒いセンターで年越しは可哀想なので休業日なのにチョコパパさんが朝早くから笠間にお迎えに行って下さいました。

プードル「メス2匹」、
2018-12-26-004.jpg

2018-12-26-002.jpg

ヨーキーハーフの放棄犬「メス」
2018-12-26-003.jpg

誰も引き取り手が無かったダックス「オス」の4匹の子をセンターから引取りました。
2018-12-26-001.jpg


ドッグハウスFUNFUNの休業日にも関わらずお店を開けて下さりトリミングして頂いたチョコママさん、ありがとうございました。お店訪問をすると誰かもう1人の方がトリミングに挑戦。まー、ジョンパパさんでした。なかなか上手にカットをしていましたよ。皆でいろいろの分野「トレーニング、トリミング、爪切り等」に学習意欲をもって下さって嬉しい限りです。当会は将来プロの集団になるかも?です。こうご期待です。

4匹の子たちはそれぞれのお預り人の方がお迎えに来ていただき新しい生活のスタートです。年明けの譲渡会から参加いたしますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
[2018/12/27 09:47] | 動物収容センター | page top
茨城県動物指導センター譲渡猫
どこの自治体も猫の収容が増えています。
茨城県も「殺処分0」を継続しています。
猫のボランティアさんたちが全頭保護し育てています。
どうぞ猫ちゃん達にも暖かな家族を与えてあげて下さい。
http://npo.seiken-joto.org/0-h301215.pdf
お申込みは当会へ。
[2018/12/15 16:51] | 動物収容センター | page top
3匹の引き取り
茨城のセンターから3匹の子が救出されました。

中型のたれ耳君は6月に収容され4カ月間センターの収容房に置かれていました。オス犬達だけの檻「センターではオスメスを分けています」に毎日寝起きをしていたためか久しぶりに外に出たら怖がり草むらに顔を突っ込んでしまったそうです。大人しい3歳ぐらいの子です。やはり茨城の男の子らしく体格はがっちり「体重16,8㌔」していますがまだ痩せています。
2018-11-13-002.jpg
この子は元里親様が茨城県センターまでお見合いに行って下さいました。なかなかご縁が繋がらないミックス犬ですがこの子を家族に迎えて下さるというご縁を頂きました。良かったね、たれ耳君。


また黒い女の子は当会卒業犬のラブミックス「リースちゃん」の姉妹犬と思われる子です。
2018-11-13-001.jpg
性格は明るく元気いっぱいな小さ目「9.6キロ」な1歳位の若い子です。センター名は「ジャスミンちゃん」です。お預り人A様宜しくお願いいたします。

シーズーの女の子は飼い主がお迎えに来てくれると思っていましたがどうしたのでしょうか?来ませんでした。
2018-11-13-003.jpg
シーズーらしく人懐こく、甘えん坊でおとなしい、本当に可愛い子です。


このように「茨城の犬達」はみーんな良い子揃い。皆様、ペットショップでなんかで命を買わないでこのような子達を家族に迎えて下さい。搬送協力をして頂いていますK様が1日がかりでお迎えに行って下さいました。遠い距離をノンストップで車を走らせてくださいまして本当にお疲れ様でした。きっとこの子たちは良いご縁に繋がると信じています。
[2018/11/14 14:13] | 動物収容センター | page top
茨城から来たシーズーちゃん
9月28日大人しいシーズーメスが助け出されました。
この子は飼い主が来ると思っていたのですが来ませんでした。
センターの環境に戸惑っていたのか少し怖がる様子もありました。
今は安心したのかフードも食べトイレはシートの上で沢山出来ました。

ただシーズー特有の皮膚炎「脂漏性」があり薬浴と投薬治療をしていきます。
性格は犬にも人間にも控えめでおとなしい子です。
丸顔でこれからトリミングをしてもらえるともっと可愛くなるでしょう。
繁殖に使われたようなお乳をしています。
6歳ぐらいと思いますのでやはり「お役目ごめん」で
繁殖に使えなくなり捨てられたのかもしれません。
これから楽しい生活を経験させてあげたいと思います。
運搬していただきましたK様ありがとうございました。

2018-9-30-001.jpg

2018-9-30-002.jpg
[2018/10/01 06:29] | 動物収容センター | page top
8匹のレスキュー
台風で延期になっていた子達の引き取りに行ってくださいました。朝早くに出発していただいたので1時50分には戻ってこられました。余り写真が良く撮れませんでしたが、8匹の子達の写真です。

2018-9-7-001.jpg

2018-9-7-002.jpg

2018-9-7-003.jpg

2018-9-7-004.jpg

2018-9-7-005.jpg

2018-9-7-006.jpg

お母さん犬
2018-9-7p-001.jpg

2018-9-7p-002.jpg

2018-9-7p-003.jpg



たれ耳さんはやはり妊娠していましたので「妊娠6週目ぐらい」可哀想ですが手術をしていただくことにしました。
チワックス君は少しおでぶさん。ジャックラッセルさんは大人しい女の子、そして目の開かない子犬6匹と共に収容されて来た親子のワンちゃん「子犬2匹はその後死亡」。

まー子犬たちは可愛い可愛い。45日ぐらいでしょうか。コロコロとしてフワフワの毛並み。たれ目が何とも愛くるしい子達です。そしてママは性格の良い「茨城ブランド犬」。お預り人のKさんが「なんて良い子なんでしょう」と褒めまくり。そうです、茨城の子は皆不思議なほど良い子なんですよ。子犬たちはオス2匹メス2匹。協力団体様の方で里親募集をして頂きます。

搬送していただきましたS様。お疲れ様でした。いつもご協力ありがとうございます。
[2018/09/07 19:39] | 動物収容センター | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬
現在家族を求めているワンちゃんです。
家族として命を引き継いでいただけますご家族様を探しております。
お申込みは当会にお願いいたします。
暑さの中職員一同で、お世話をして頂いております。

http://npo.seiken-joto.org/0-h300831.pdf

画像はサムネイルです。詳細は上記アドレスをご覧ください。
0-h300831.png
[2018/09/01 15:27] | 動物収容センター | page top
昨日引き取った子達
茨城県動物指導センターより2匹の期限が切れて飼い主が来なかった子達を連れてきました。台風でなかなか行かれずやっと引き取りに行く事が出来ました。

ベンジーのような元気な男の子。まだ若いようでリードにじゃれて咬んでいます。
それは今後止めさせるようにトレーニングしていきます。
2018-8-22-001.jpg


もう1匹のプードルさんはどうしてお迎えが来なかったのでしょう。洋服、ハーネスを付け、カットもされていました。甘えん坊さんですぐに「抱っこして」とせがんでいますが今シーズンが来ています。収容房には沢山の子達がニコニコと寄って来てくれました。この子達を今まで育てていた人間がどこかにいるはずなのにどうして迎えに来てあげないのでしょう。
2018-8-22-002.jpg


また医務室では衰弱の犬、猫、怪我をしている犬などを手厚く治療して下さっていました。少しずつ回復に向かっているとの事です。本来、センターとは「動物のために一番良い対応をしてあげる事」が優先されるべき場所だと思っています。今、茨城県では引き取りが難しい犬猫達が終の棲家になるかもしれない状態でも気持ちよく生活が出来るように職員の方々がお世話して下さっています。有難いです。


医務室で治療してもらっている「ラムネ」君。センターでは名前も付けてもらっています。小さくて大人しくて可愛い子です、当会でも引取ってあげたいと思いましたが譲渡が難しいようです。何とか快方に向かう事が出来るように祈っています。ラムネ君頑張れ。
2018-8-22-012.jpg

2018-8-22-011.jpg




次回引き取り予定のたれ耳さん。
2018-8-22-003.jpg

もう1匹の柴犬系の子も人懐こく職員に抱き付いていました。
2018-8-22-004.jpg

みんな幸せになりたいよね。
2018-8-22-005.jpg


また黒いダックス系の子があまりくさいのでとトリミングをしシャンプーをされていました。
2018-8-22-007.jpg
カブトムシのような臭いにおいで職員の方がシャンプーをしてくださっているワンちゃん。

2018-8-22-008.jpg

2018-8-22-009.jpg

2018-8-22-006.jpg

1匹1匹に出来る限りのお世話をしてくださっていて愛護団体としても1匹でも沢山引きとってあげたいという気持ちになります。次回引き取りの子も予約し戻ってきました。お預り人の皆様宜しくお願いいたします。
[2018/08/22 14:07] | 動物収容センター | page top
| ホーム | 次のページ>>