TopRSS管理
お礼
荒川区のS様が沢山のフードを送って下さいました。
亡くなられたご愛犬のフードを有りがたく頂きます。
ありがとうございました。

2022-4-22-1.jpg


[2022/04/22 16:24] | 当会へのお問い合せ | page top
おむつのご支援
茨城から今日引き取りました小さなプードルの女の子は後ろ足が奇形で生まれたらしく草むらに捨てられ泥だらけでセンターに保護されてきました。これからおむつが必要になります。

2022-3-15-1.jpg

2022-3-15-2.jpg

2022-3-15-3.gif


1.6キロの小さな体で嬉しそうに動いていますが沢山のおむつが生きていくために必要です。センターで付けてもらったお名前「アリエルちゃん」にSSS女の子用おむつをご寄附お願い出来ればありがたいです。


このような身障を持っている子を野に放置する人間がいるのです。これからもし手術が出来るようであれば高額な医療費もかかると思います。その時にはまた皆様この子に温かなご支援をお願い申し上げます。

今日搬送していただきましたK様。遠距離、長時間の運転を有難うございました。



「おむつの送り先のみ」

町田市山崎町335−1。FUNFUNドッグハウス。


「FUNFUN」様はアリエルのお預りもされていません。その上お問合せ、来店される方が多くお店の仕事に支障をきたしております。大変申し訳ございませんが単に郵送先と言う事ですのでお電話、メール、ご来店などで里親希望、問い合わせなどはご対応出来ませんのでご了承お願い致します。

またこのアリエルは今後大学病院での治療、手術などしなければなりません。有難いのですが現在は「里親募集」は致しておりませんのでご遠慮お願い申し上げます。



[2022/03/15 21:08] | 当会へのお問い合せ | page top
コーギーももちゃんの訃報
2009年3月に家族にして頂いたコーギーのももちゃん。
7月11日にお空に旅立ったそうです。

この子の母犬のきなこちゃんは2008年12月末に臨月の状態で神奈川県のセンターに収容されていました。センターも御用納で管理ができないと言うので当会が引き取り病院で3匹の子犬を出産。母犬のきなこちゃんは本当に性格の良い子でした。3匹の子犬達は断尾せずしっぽを付けたままのコーギーになりました。12才と言うお別れは少し早かったかもしれませんが今迄幸せにして頂きました川崎市のT様、ありがとうございました。

2021-7-28-1.jpg
[2021/07/28 14:10] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県センターにいる成猫達

家族を求めている成猫さん達です。
http://npo.seikenjoto.org/0-20210510c-1.pdf

0-20210510c-0.png

アシベさん、兵藤さんをピックアップしましたが
気になる子をお迎えいただけます方は当会の応募サイトからお願いいたします。

飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618



[2021/05/11 13:26] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬4月28日現在。
4月28日現在の「愛護団体」に向けての譲渡犬情報です。
http://npo.seikenjoto.org/0-20210428-1.pdf

「一般譲渡犬」としてセンターで募集がしにくい子たちです。「シニア犬」「トレーニングが必要な犬」「性格が難しい犬」「今後治療が必要な子」等を愛護団体様に協力を求めている子たちです。当会も今迄、数頭このような状況の子達を引き取りました。皆家庭犬として可愛がっていただいています。

0-20210428-01.png

0-20210428-02.png



1匹でもお引き受けして頂けますご家庭がございましたら当会のアドレスにお申込みお願いいたします。ただ「お話し合いの上条件に合わない場合」がありますのでお申込みいただいても、全て譲渡をお願い出来ない場合もございますのでそこはどうぞご理解をお願い致します。

飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618



[2021/04/29 14:24] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬4月14日現在
茨城県センターの譲渡犬

家族を求めている中型犬達です。
応募は当会のアドレスにお願い致します。
4月14日現在。

http://npo.seikenjoto.org/0-20210414-1.pdf

ののちゃんに楽しい思い出を持たせて頂ける方はいらっしゃいませんか?

0-20210414-0.png



飼い主申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4b10b433618


[2021/04/15 15:53] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬3月19日現在
「センター譲渡犬」
このほかに収容犬達も沢山家族を求めています。
1匹でも幸せにしてあげて頂けませんか?
お問い合わせは当会へ。

2021-3-19現在の情報です
一般向け犬の譲渡情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20210319-1.pdf
0-20210219-0.png



特別な事情がある保護犬
http://npo.seikenjoto.org/0-20210319-0.pdf
0-20210312-1.png

[2021/03/20 15:58] | 当会へのお問い合せ | page top
宮城県犬繁殖場の火事
この繁殖場の大元は東京都稲城市にある「多摩ドッグハウス」の自家繁殖場だったようです。ホームページを見ると軒並み45万等高額の子犬の販売が掲載されています。この子達の生まれたところにいる親犬達はプレハブ小屋のような酷い環境に置かれ産むだけの道具として生かされています。30匹が焼け死んだそうですがこの業者にしては痛くも痒くもないのでしょう。

今、管轄の東京都多摩支所にお聞きしました。販売の店は東京都だけれどそこに「自家繁殖場の子犬」と言う事で産ませている場所が宮城県の場合どのような場所で産ませているという情報管理は出来ないのかと聞きました。繁殖場のある「宮城県が認可をしていて東京都は販売店のみの指導、管理」だけとの事。「環境省から言われたままその通りに動く事しか出来ません」と言うお答ももっともです。

これでは「自家繁殖犬」として販売している業者は地方の山奥でも繁殖場を作りいくらでも販売は出来る体制です。縦割り行政の汚点です。「繁殖規制」も3年先に延期になりましたがそれまでに、どれ程の犬猫達が悲惨な状況で産むだけの道具として酷使されていくのか。本当に「繁殖業」の世界にメスを入れて行かなければ「数値規制」等施行されたところで幾らでも業者は抜け道があり「命をお金に換える」事は止めないでしょう。この火事で焼け死んだ犬達の苦しみを心に刻んで「犬猫をお金で買わない」を浸透させていきましょう。

これから「宮城県衛生課」にこの業者の認可した理由、管理をお聞きしてまた報告いたします。130匹もの犬を2人の従業員が世話しているような体制の繁殖場を許可を出すこと自体問題です。全国にはもっとひどい管理の業者も野放しです。いつまでも終わらない繁殖場の実態。

この様な犠牲になる犬達の案件に心痛めます。


犬30匹以上が死んだか 犬の飼育施設で火事 女性2人がけが〈宮城・大崎市〉
https://www.fnn.jp/articles/-/147459

※画像クリックで拡大します
2021-2-24-1.png


[2021/02/24 14:41] | 当会へのお問い合せ | page top
はなちゃんの訃報
d884-0.jpg

2012年12月に茨城のセンターから引取ったはなちゃん。2匹で収容され青い首輪が付いていました。保護名は「ユカ」ちゃん。その後蒲田のS様の元にお嫁入りさせていただきそれはそれは可愛がって下さり昨年7月に天国へ行かれたとの報告を頂きました。まだ11歳位と思いますが昨年のお正月にはしっかりとした足取りで階段を上ってお散歩に行く動画を見せて頂きました。

その後てんかん発作、肺がんが見つかり最後はご家族様の側で苦しむことなく静かに息を引き取られたそうです。S様まだまだ姿が見えなくなったはなちゃんの事はお悲しみの中にいらっしゃると思います。確かこの子は明日処分と言うお部屋にいてお世話する委託会社の方にお手をしていて「この子良い子だから連れていってあげて」と言われセンターから引取って来た記憶があります。あの時に引き取らなかったら8年間の命は消えていました。それを思うと8年間幸せに暮すことが出来た事はどれほどの幸せだったでしょう。今迄沢山の愛情を掛けて頂きまして本当に有り難うございました。

[2021/01/05 12:54] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬12月25日現在。
センターには110匹の犬達が年越しを致しました。

http://npo.seikenjoto.org/0-20201225-1.pdf
1匹でも家族として迎えて頂けるご家族様、宜しくお願い致します。
応募は当会ホームページ「飼い主申し込み」ページからお申込みください。
[2021/01/05 09:37] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城県センター今年最後の引取り
コロナの中で東京から他県に向かうのも躊躇しますがそうも言っていられず今日は今年最後になると思います引き取りに向かいました。
3か月ぐらいの子犬ちゃん、
2020-12-10-004.jpg


7か月ぐらいの小型ミックスちゃん、
2020-12-10-005.jpg


そしてかなりシニアの事情がある譲渡犬の「まこちゃん」を引き取り希望を頂きましたI様の要望で連れてきました。
2020-12-10-003.jpg


またその他に「母犬と乳呑児4匹」の親子犬は協力いただいております認可団体様が引き受けて頂きホッといたしました。
2020-12-10-001.jpg


3匹は車の中でも本当に大人しく到着寸前で2匹は吐いてしまいましたが良い子たちでした。バトンタッチしてT様がそれぞれのお預かり場所に運んで頂き助かりました。

今日はスタッフのY様母娘さんと3人で向かいました。皆様ありがとうございました。これから2匹は里親様募集をしてまいりますので良いご家族と巡り会えますように。
[2020/12/10 21:19] | 当会へのお問い合せ | page top
真実を伝えましょう
平成19年11月26日から茨城のセンターに通ってあっという間に14年が経ちます。初めてセンターを訪問した時にはあまりにも沢山の犬達が1つ1つの部屋に満杯に入れらえて神奈川県の30年前の姿を思い浮かべました。毎日犬達は「ドリームボックス」なるアルミ製の箱に入れられ酸素を抜き炭酸ガスが注入され処分されていました。この方法は全国の自治体で行われています。とても「安楽死処分」という状態ではありませんでした。

センターのお世話をしている委託会社の方に明日処分になる黒い1匹の犬が「お手」をして尾をしきりに振っていました。その子を自分の手で処分機に入れなければならない気持ちを思うと本当にお気の毒に思いました。思い余ってその子を引き取った思い出があります。またある日センターから帰ろうとしたときに「Wさん白い犬達見た?」と聞かれ「いいえ。見てませんよ」と言うと「いい子なんだ、見てくれる?」と言われ戻ったことがありました。結局その子も引き取ることに。その様に職員を始め、委託会社の方々も1匹でも助けてあげたいという気持ちで毎日を送っているのです。

そんな中「毎日4匹ずつ処分している。処分する犬は教えないとセンターは言っている」と書いている方がいるようですがそうでしょうか?センターの収容頭数も落ち着き、団体譲渡も順調に推進出来ています。認可団体同士、助け合い、協力し合いながら犬達を引き取っています。現在はガスによる処分機も使われることはありません。しかし治療をしても完治できない犬猫、人間と共存できない攻撃性があり危険を及ぼす恐れのある犬等、最後の最後に安楽死処分「麻酔薬」の判断を下さなければならないのは当然の事です。

一番悪いのは「無責任な飼い主」であり攻撃する対象は「センターの職員」ではありません。「多くの愛護団体が処分を推奨している」等と言うような事実に反する記事を一方的に報じている方はどこを見てそう言えるのですか?茨城県譲渡団体様達は皆でやりくりし一生懸命引き取りをしセンター内の頭数が増えないようにこの暑さの中でも通い引き取っています。

また委託会社の方々も噴き出る汗を拭きながら犬達が喧嘩しないか、食欲はあるか、元気はあるか、妊娠している犬はいないか?等1匹1匹に注視して管理して下さっています。これだけの事を出来る方がいるでしょうか?ブログに書くと言う事は「真実の言葉」を伝えなければいけませんね。当会はセンター職員の方々ともいろいろと相談しながら協力体制で今後も譲渡を受けてまいります。
[2020/09/06 12:18] | 当会へのお問い合せ | page top
数値規制第2陣
繁殖場の繁殖犬の頭数規制が決まり、昨日も他の団体様からの協力依頼で当会は3匹の子をお引き受けいたしました。

2020-8-23-003.jpg

2020-8-23-002.jpg

2020-8-23-001.jpg




搬送のイチゴパパさん暑い中ありがとうございました。また現場まで引き取りに行かれましたY団体様お疲れ様です。この業者はかなりの頭数を繁殖に使っているところで以前から行政指導も入っています。

しかし今回のように「数値規制」がかかると必然的に6歳以上になる犬は繁殖する事は出来ませんから、勿論不要犬になります。今迄ケージから出してもらえずに運動も出来ず、自由に全力で走り回ることも、おもちゃで遊ぶ経験もありません。「生き地獄」でした。でも皆良い子たちばかりです。良き家庭犬として今後は生きて行かれるように責任ある里親様に繋いでまいります。

「お金で犬猫を買わないでください」
[2020/08/23 09:51] | 当会へのお問い合せ | page top
繁殖業者の数値規制
悪質繁殖業者、ペットショップの飼育頭数規制が環境省の審議会で決まった。ペットショップは従業員1人に対し犬10匹、猫15匹、犬のみの場合20匹まで 2021年6月施行。

犬猫のブリーダーは親犬の飼育頭数上限15匹まで。ペットショップは従業員1人に対し20匹まで。かなり厳しい数値規制が出来た事は有難い進歩と言えるでしょう。しかしこれですべての業者が従うだろうか?1カ所に親犬15匹までと決めても法の抜け道を利用し何カ所に分けて隠して繁殖をする可能性もあり得ます。また今現在「パピーミル」という数百匹もの犬猫を保有し繁殖を繰り返す業者からあぶれた犬猫の行方はどうなるのだろうか?来年6月までに数百匹を15匹までに減らすことは不可能と思えます。そうなれば陰から蔭へ「引き取り屋」なるものに渡される犬猫達も増えるはず。また巷に遺棄される犬猫達も多くなる事が危惧されます。

まず、業者の保有頭数を自治体で把握し、1匹1匹の個別管理をしてからでなければ行方不明になる繁殖用犬猫達の命を守れないことになる。膨大な数の「繁殖業者」と「ペットショップ」をただ数値規制をすることのしわ寄せは必ず起きてきます。この所、繁殖用犬達があちこちで捨てられている現実があります。また「繫殖場廃止」の声も多数聞こえてきます。しかし、今繁殖場で生きている犬猫達の命は絶対に守らなければなりません。全国規模となるととても愛護団体が里親探しが出来る数ではありません。

まず皆様が「ショップで犬猫を買わない事」。売れなければ業者は縮小していくはずです。1年かけて縮小をしていく事で数年後にはかなりの業者は淘汰され減少するでしょう。現在、自治体では「商売に使った犬猫の引き取りはしない」事になった為、あぶれた引退犬猫は更に過酷な運命を負わされています。「法規制」を決める前にその後にどのようなことが起きるのかを考慮してから施行する事は必要と考えます。各自治体での繁殖業者、ペットショップへの対応をもっと詳細に検討する事を願います。当会も今考えている事があります。犬猫のために出来る限り尽力をしてまいります。悲しい事に日本はまだまだ「動物愛護後進国」です。

[2020/08/14 07:32] | 当会へのお問い合せ | page top
お盆前に9匹の引取り
東京から他県に行くのも恐縮でしたがそうも言っていられない当会の活動。お盆の帰省前に茨城へ向かいました。お預り人のYさんのお嬢様Aさんが「センターに行ってみたい」というお話になり3人で行ってきました。幸運にも行きも帰りも空いていて2時間半で行く事が出来ました「いつもこうならと良いなー」。

子犬4匹のところ昨日同じ場所からまた2匹が収容されてこの子も一緒に6匹の引き取りになりました。同じ母犬から生まれた10匹の兄弟姉妹のようです。
2020-8-6c-2.jpg

2020-8-6c-001.jpg

2020-8-6c-005.jpg

2020-8-6c-004.jpg



2020-8-6c-003.jpg

2020-8-6c-003.jpg



2020-8-6c-006.jpg




茨城の子は何せ多産系です。母犬は野良さんのようで捕獲できないとか。昨日の2匹は5日前に収容された子より200グラムも重く母犬のお乳を寸前まで飲んでいたようで他の4匹とは大きさが違っていました。


4匹「最初8匹で収容」は職員の方が乳呑児の犬猫に3時間間隔で哺乳して下さっていましたが、やはり成長が遅れたようで小さいです。職員の方々は朝7時から夜10時まで哺乳をし育てて下さいました。しかし犬猫の乳飲み子の数が多くかなり大変な作業だと思いました。お世話の委託会社の方も汗だくで犬猫のお世話をされていました。本当に暑い中ご苦労様です。センター内は犬の頭数も少なく一時の150匹のような過密はありません。「茨城は隠れて処分をしている」と曖昧な情報を流している団体もありますが、下手に酷い団体に引き取られ「引き取り屋」のような保護活動家に横流しされ殺された犬よりここで保護される方が幸せです。皆のびのびと保護されていました。


同じ場所から収容されて来たパピヨンとプードル「業者が遺棄したようです」、
他の場所からのチワワを引取りました。
2020-8-6b-001.jpg

2020-8-6b-003.jpg

2020-8-6b-002.jpg

2020-8-6b-004.jpg

車の中は犬達で満員ですが皆とっても静か。動物病院に直行で診察をして頂きお預り人の方が来て下さりそれぞれに引き取られて行きました。しっかりと里親様にバトンタッチをしてまいります。募集が始まりましたらどうぞ宜しくお願い致します。



この子犬達の母犬は全部赤ちゃんがいなくなり寂しがっているでしょう。
2020-8-6a-001.jpg

2020-8-6a-002.jpg

2020-8-6a-003.jpg
皆様、不妊手術を受ける事の重要性をどうかご理解をお願いいたします。



こんな可愛い子猫ちゃんが居ました。お話をしてくれる子です。
2020-8-6cat.jpg
引き取りたかったんですが、諦めました。



[2020/08/05 22:55] | 当会へのお問い合せ | page top
| ホーム | 次のページ>>