TopRSS管理
真実を伝えましょう
平成19年11月26日から茨城のセンターに通ってあっという間に14年が経ちます。初めてセンターを訪問した時にはあまりにも沢山の犬達が1つ1つの部屋に満杯に入れらえて神奈川県の30年前の姿を思い浮かべました。毎日犬達は「ドリームボックス」なるアルミ製の箱に入れられ酸素を抜き炭酸ガスが注入され処分されていました。この方法は全国の自治体で行われています。とても「安楽死処分」という状態ではありませんでした。

センターのお世話をしている委託会社の方に明日処分になる黒い1匹の犬が「お手」をして尾をしきりに振っていました。その子を自分の手で処分機に入れなければならない気持ちを思うと本当にお気の毒に思いました。思い余ってその子を引き取った思い出があります。またある日センターから帰ろうとしたときに「Wさん白い犬達見た?」と聞かれ「いいえ。見てませんよ」と言うと「いい子なんだ、見てくれる?」と言われ戻ったことがありました。結局その子も引き取ることに。その様に職員を始め、委託会社の方々も1匹でも助けてあげたいという気持ちで毎日を送っているのです。

そんな中「毎日4匹ずつ処分している。処分する犬は教えないとセンターは言っている」と書いている方がいるようですがそうでしょうか?センターの収容頭数も落ち着き、団体譲渡も順調に推進出来ています。認可団体同士、助け合い、協力し合いながら犬達を引き取っています。現在はガスによる処分機も使われることはありません。しかし治療をしても完治できない犬猫、人間と共存できない攻撃性があり危険を及ぼす恐れのある犬等、最後の最後に安楽死処分「麻酔薬」の判断を下さなければならないのは当然の事です。

一番悪いのは「無責任な飼い主」であり攻撃する対象は「センターの職員」ではありません。「多くの愛護団体が処分を推奨している」等と言うような事実に反する記事を一方的に報じている方はどこを見てそう言えるのですか?茨城県譲渡団体様達は皆でやりくりし一生懸命引き取りをしセンター内の頭数が増えないようにこの暑さの中でも通い引き取っています。

また委託会社の方々も噴き出る汗を拭きながら犬達が喧嘩しないか、食欲はあるか、元気はあるか、妊娠している犬はいないか?等1匹1匹に注視して管理して下さっています。これだけの事を出来る方がいるでしょうか?ブログに書くと言う事は「真実の言葉」を伝えなければいけませんね。当会はセンター職員の方々ともいろいろと相談しながら協力体制で今後も譲渡を受けてまいります。
[2020/09/06 12:18] | 当会へのお問い合せ | page top
数値規制第2陣
繁殖場の繁殖犬の頭数規制が決まり、昨日も他の団体様からの協力依頼で当会は3匹の子をお引き受けいたしました。

2020-8-23-003.jpg

2020-8-23-002.jpg

2020-8-23-001.jpg




搬送のイチゴパパさん暑い中ありがとうございました。また現場まで引き取りに行かれましたY団体様お疲れ様です。この業者はかなりの頭数を繁殖に使っているところで以前から行政指導も入っています。

しかし今回のように「数値規制」がかかると必然的に6歳以上になる犬は繁殖する事は出来ませんから、勿論不要犬になります。今迄ケージから出してもらえずに運動も出来ず、自由に全力で走り回ることも、おもちゃで遊ぶ経験もありません。「生き地獄」でした。でも皆良い子たちばかりです。良き家庭犬として今後は生きて行かれるように責任ある里親様に繋いでまいります。

「お金で犬猫を買わないでください」
[2020/08/23 09:51] | 当会へのお問い合せ | page top
繁殖業者の数値規制
悪質繁殖業者、ペットショップの飼育頭数規制が環境省の審議会で決まった。ペットショップは従業員1人に対し犬10匹、猫15匹、犬のみの場合20匹まで 2021年6月施行。

犬猫のブリーダーは親犬の飼育頭数上限15匹まで。ペットショップは従業員1人に対し20匹まで。かなり厳しい数値規制が出来た事は有難い進歩と言えるでしょう。しかしこれですべての業者が従うだろうか?1カ所に親犬15匹までと決めても法の抜け道を利用し何カ所に分けて隠して繁殖をする可能性もあり得ます。また今現在「パピーミル」という数百匹もの犬猫を保有し繁殖を繰り返す業者からあぶれた犬猫の行方はどうなるのだろうか?来年6月までに数百匹を15匹までに減らすことは不可能と思えます。そうなれば陰から蔭へ「引き取り屋」なるものに渡される犬猫達も増えるはず。また巷に遺棄される犬猫達も多くなる事が危惧されます。

まず、業者の保有頭数を自治体で把握し、1匹1匹の個別管理をしてからでなければ行方不明になる繁殖用犬猫達の命を守れないことになる。膨大な数の「繁殖業者」と「ペットショップ」をただ数値規制をすることのしわ寄せは必ず起きてきます。この所、繁殖用犬達があちこちで捨てられている現実があります。また「繫殖場廃止」の声も多数聞こえてきます。しかし、今繁殖場で生きている犬猫達の命は絶対に守らなければなりません。全国規模となるととても愛護団体が里親探しが出来る数ではありません。

まず皆様が「ショップで犬猫を買わない事」。売れなければ業者は縮小していくはずです。1年かけて縮小をしていく事で数年後にはかなりの業者は淘汰され減少するでしょう。現在、自治体では「商売に使った犬猫の引き取りはしない」事になった為、あぶれた引退犬猫は更に過酷な運命を負わされています。「法規制」を決める前にその後にどのようなことが起きるのかを考慮してから施行する事は必要と考えます。各自治体での繁殖業者、ペットショップへの対応をもっと詳細に検討する事を願います。当会も今考えている事があります。犬猫のために出来る限り尽力をしてまいります。悲しい事に日本はまだまだ「動物愛護後進国」です。

[2020/08/14 07:32] | 当会へのお問い合せ | page top
お盆前に9匹の引取り
東京から他県に行くのも恐縮でしたがそうも言っていられない当会の活動。お盆の帰省前に茨城へ向かいました。お預り人のYさんのお嬢様Aさんが「センターに行ってみたい」というお話になり3人で行ってきました。幸運にも行きも帰りも空いていて2時間半で行く事が出来ました「いつもこうならと良いなー」。

子犬4匹のところ昨日同じ場所からまた2匹が収容されてこの子も一緒に6匹の引き取りになりました。同じ母犬から生まれた10匹の兄弟姉妹のようです。
2020-8-6c-2.jpg

2020-8-6c-001.jpg

2020-8-6c-005.jpg

2020-8-6c-004.jpg



2020-8-6c-003.jpg

2020-8-6c-003.jpg



2020-8-6c-006.jpg




茨城の子は何せ多産系です。母犬は野良さんのようで捕獲できないとか。昨日の2匹は5日前に収容された子より200グラムも重く母犬のお乳を寸前まで飲んでいたようで他の4匹とは大きさが違っていました。


4匹「最初8匹で収容」は職員の方が乳呑児の犬猫に3時間間隔で哺乳して下さっていましたが、やはり成長が遅れたようで小さいです。職員の方々は朝7時から夜10時まで哺乳をし育てて下さいました。しかし犬猫の乳飲み子の数が多くかなり大変な作業だと思いました。お世話の委託会社の方も汗だくで犬猫のお世話をされていました。本当に暑い中ご苦労様です。センター内は犬の頭数も少なく一時の150匹のような過密はありません。「茨城は隠れて処分をしている」と曖昧な情報を流している団体もありますが、下手に酷い団体に引き取られ「引き取り屋」のような保護活動家に横流しされ殺された犬よりここで保護される方が幸せです。皆のびのびと保護されていました。


同じ場所から収容されて来たパピヨンとプードル「業者が遺棄したようです」、
他の場所からのチワワを引取りました。
2020-8-6b-001.jpg

2020-8-6b-003.jpg

2020-8-6b-002.jpg

2020-8-6b-004.jpg

車の中は犬達で満員ですが皆とっても静か。動物病院に直行で診察をして頂きお預り人の方が来て下さりそれぞれに引き取られて行きました。しっかりと里親様にバトンタッチをしてまいります。募集が始まりましたらどうぞ宜しくお願い致します。



この子犬達の母犬は全部赤ちゃんがいなくなり寂しがっているでしょう。
2020-8-6a-001.jpg

2020-8-6a-002.jpg

2020-8-6a-003.jpg
皆様、不妊手術を受ける事の重要性をどうかご理解をお願いいたします。



こんな可愛い子猫ちゃんが居ました。お話をしてくれる子です。
2020-8-6cat.jpg
引き取りたかったんですが、諦めました。



[2020/08/05 22:55] | 当会へのお問い合せ | page top
繁殖業者崩壊
緊急相談が入りました。交通事故にあい仕事が出来なくなりプードル専門繁殖業の方が14匹放棄の相談が他団体様よりありました。当会も沢山は抱えられないためオス2匹、メス1匹を協力することにいたしました。あちこちでこのような崩壊が起きています。犠牲になるのはいつも犬達。引き取った以上は責任をもって当会で里親様を探していきます。若くはない子たちですが、どうぞ幸せにしてあげて下さい。皆1キロ台の小さなタイプのプードルさんです。


※2番4番オス引き取ります。
2020-63-16o-001.jpg

2020-63-16o-002.jpg

2020-63-16o-003.jpg

2020-63-16o-004.jpg

2020-63-16o-005.jpg






※4番の子は12歳ですがとても性格が良い子だそうです。
万が一ご縁があればお願いが出来るかなと希望をもって引き取ります。
2020-63-16m-002.jpg

2020-63-16m-003.jpg

2020-63-16m-004.jpg

2020-63-16m-005.jpg

2020-63-16m-006.jpg

2020-63-16m-001.jpg
※6番も引き取ることにしました。
[2020/06/16 14:56] | 当会へのお問い合せ | page top
16年前の奇跡のような思い出
今横浜市の里親様よりお電話があり「さくらちゃんが18歳で亡くなりました」というご報告でした。I様との巡り合いは1匹の保護犬シーズーのシーちゃん。16,17年ほど前当会が神奈川県動物保護センターから1匹のシーズーを引き取りました30年前は飼い主が引き取りに来ないと当時は毎日処分されるほど収容頭数が膨大でした。

「収容犬は譲渡はしていない時期」でしたから水面下で当会にセンターの所長様の計らいで譲渡してくださっていたんです。1日も伸ばしてもらえないので、期限期限でスタッフたちは必死にセンターに通い沢山の犬達を引取り保護してきた過去があります。

そんな中シーズーの男の子はやはり飼い主が出なくて引き取り後、埼玉県のK様ご夫妻の愛犬としてお願いをしていました。でももう一度保護された大和市保健所に飼い主の届がないか確認しました。しかし「届はありません」と言われ諦めて里親様にお渡ししました。しかしその1か月後保健所から電話があり「飼い主から捜索願が来ています」ということで事情を聴くと「横浜市なのでそこばかりにチラシを入れたり新聞に載せたり必死で探していたが見つからずもう少し広範囲に探すことになり神奈川県内の保健所に連絡を入れた」そうです。

どうも車でシーちゃんを連れていった人がいて大和市近辺で放したようです。里親様のK様も快く返してくださりシーちゃんは無事に飼い主のI様にお返しする事が出来ました。そして2年間飼い主の元で生活ができ天国へと旅立ちました。I様は「シーちゃんを助けてくれた恩返しをしなければ」と言う事で当会からミックス犬をその後2匹引き取ってくださいました。薄ベージュのさくらちゃん、黒茶のさくらちゃんと2匹の犬達の里親様になって頂いたのです。

今回は黒いさくらちゃんが18歳になり静かに昨日亡くなったとご連絡いただきました。こんな奇跡のような事がありそれからずっとI様とはお付き合いをさせて頂いております。1匹の犬が繋いでくれた「きずな」を大切にしたいと思っています。今I様は昨日目玉が飛び出しぶら下がっている猫を見つけスーパーの袋に猫を保護し病院に連れて行き診察していただいたところ「カラスに目玉をつつかれたのでしょう。体中にも襲われた傷があります」と言われ手術をしてもらい今入院中との事。矢張り動物好きな方はその様な場面に遭遇してしまうのですね。でも当会の里親様は皆様、気持ちの優しい方ばかりで、素晴らしいお付き合いをさせて頂けることは私自身も幸せな気持ちになれます。

16年前の奇跡の出来事が昨日のように思い出されました。

I様長い間お世話になりましてありがとうございました。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

[2020/05/15 21:08] | 当会へのお問い合せ | page top
茨城から3匹の引取り
昨日は雨の中、急遽お願いをしたにもかかわらず搬送のご協力を頂きましたK様、1日がかりの引き取りを本当に有り難うございました。茨城ブランド犬「メス」の譲渡用「小百合ちゃん」、シュナプーミックス「れんげちゃん」、マルチーズ「未定ちゃん」の3匹をお迎えに行っていただきました。

2019-11-30-003.jpg

2019-11-30-004.jpg

2019-11-30-001.jpg

2019-11-30-002.jpg

れんげちゃんはこの毛玉の酷さ。1匹分ぐらいの毛をFUNFUNさんでトリミングしてくださいました。性格はセンターから「花丸の子です」と言われています。マルチーズはのみ、ダニで酷い状態だったそうでセンターで丸刈りしてフロントラインを付けて下さいました。衰弱してセンターに入り職員の方々が治療をして下さりすっかり元気になりました。

またミックス犬「小百合ちゃん」はものすごく人懐こく譲渡用になっていた子で毎日お世話して下さる会社の方や職員の姿を見ると「早く来て—」と言うように前脚でおいでおいでをするようにニコニコして待っている子です。赤ちゃんを産んだ経験があるようなお乳をしています。でもまだ2歳位の若い子です。8キロと小さ目で飼い易い子だと思います。1日の「中型犬譲渡会」に参加予定です。

このように当会としても無計画な引き取りは致しませんが、保護出来る範囲での茨城県センターと協力し「幸せな譲渡」に繋がるよう職員の皆様と情報提供しながら頑張って参ります。今年もあと少しになりましたが年末年始を1匹でも温かな場所においてあげられるように最後まで走り回ります。
[2019/11/29 23:06] | 当会へのお問い合せ | page top
繁殖場から助け出されました
28日、いつも廃業させる業者から犬達を助けている「レナトス」さんが関東に32匹の犬を積んで運んで来られました。夜7時に都築区までお迎えに行ってきました。2日に渡り関西の団体さんに全日お渡しし、今日は関東の団体様へ連れてきてくださいました。当会はポメラニアン「オス1、メス2」、チワワ「メス」、シーズ「メス」の5匹です。皆良い子たちで可愛いです。これからケアーをし来月の譲渡会に参加できるようにお預り人の方宜しくお願い致します。

2019-10-29-p.jpg

2019-10-29-002.jpg

2019-10-29-003.jpg

2019-10-29-005.jpg

2019-10-29-006.jpg


ブログにあるように「パピーミル」と言う子犬工場の現実を皆様知ってください。このように繁殖に使われた子達は行政では現在、引き取りはしていません。業者が「最後まで飼育するか本人が里親を探す事」と言う規則になりました。しかし業者がいらない犬をエサ代もかかり飼う筈はありません。そこで現れた新ビジネス。「引き取り屋」と言う繁殖引退犬を終生飼うと言いう事で有料で引き取る業種が出現しました。そんなところに出された犬達は更に悲惨な最期を迎える事になります。早く死んでくれた方がまたお金になるのですから、病気になろうが、具合が悪く衰弱死しようが放置します。センターで安楽死させられる犬達よりもっと悲惨な最期を迎えるのです。愛護団体のこの引き取り協力は「計画的に何年間で数を減らし廃業にする」という予定を業者に出させて愛護団体が協力をしています。廃業するつもりもない業者の引き取りをすることは「いらなくなった犬の後始末」を私達がするだけで業者はまた犬を使い利益を得るのです。そうなれば繁殖業の手伝いになってしまいます。将来は「繁殖業者」などと言う業種は無くさなければなりません。そしてセンターに収容される犬も0にしなければならないのです。いつも犠牲になるのは動物達です。そんな世の中はもう終わりにしなければなりませんね。皆様もそう思いませんか?

今日の子たちにはこれから楽しい暮らしが出来るように良いご縁を見つけてあげたいと思います。
[2019/10/29 21:34] | 当会へのお問い合せ | page top
チワワのクミンちゃん D351
この所お別れが続いております。家族にして頂きましたチワワのクミンちゃんが10月8日天国に行ったお知らせを頂きました。東京都の愛護センター本所から平成18年9月に引き取り19年年9月にN様にご縁を頂きました。

この子のことはよく覚えています。引き取った時はアレルギーで禿げ禿げ。「ルルちゃん」と命名し保護してきました。本当に可愛い子で少し怖がり屋さん。お届に連れて行った時にN様ご夫妻はこの子のためにいろいろと用意して下さり食事、健康管理も満点にお世話くださいました。

其の前にもう1匹「ターリ―」ちゃんをもらってくださいました。しかしこの2匹は最初そんなに仲が良いというわけではありませんでした。でも最後はこのように2匹が寄り添っている姿を見ると仲良しになったんだなーと思いました。まだターリ―ちゃんは老犬になりましたが頑張っています。でもクミンちゃんが居なくなったことは分かると思います。どうぞこの子のことも宜しくお願い致します。12年間長い間クミンちゃんが本当にお世話になりありがとうございました。

2019-10-9-001.jpg

2019-10-9-002.jpg

[2019/10/09 15:34] | 当会へのお問い合せ | page top
こんなに大きくなりました
土浦市で1か月以上彷徨っていたプードルのチコちゃん。センターから引取った時にはすでに臨月でした。3月21日に帝王切開で4匹の息子たちが生まれてきました。もし捕獲を依頼して下さったK様が見つけて下さらなければ何処かの縁の下で子犬が大きかったため産道が通らず親子とも死亡していたかもしれません。

里親様がご旅行中2週間我が家に里帰りした4男の虎徹君。とても良い子になっていて犬との接し方、人間に対しての服従精神もマスターしている子に育てて下さいました。まだ外の世界が怖いのかこれから慣れて行かなければなりませんね。

2019-6-22-1.jpg

今日はFUNFUNでグルーミングしていただき「犬の幼稚園」も体験してきました。でも疲れたのかな?帰ってきたらぐったりと寝てしまいました。まだまだ赤ちゃん。毎日暗いニュースばかりの最近。新しい命がこうして未来に向かって成長していく姿を見ることは本当に心が救われます。

ジョージ君「クウちゃん」ポール君「くまちゃん」ジョン君「ノアちゃん」。みんな元気かなー?いつかチコママ、兄弟4匹で会いましょう。それまで元気で幸せでいて下さい。
[2019/06/22 09:09] | 当会へのお問い合せ | page top
殺処分0の裏で苦しむ茨城県センターの犬達
認可団体様の「浦和キャッツ」様のブログをリブログ致します。


http://urawacats.blog133.fc2.com/blog-entry-10347.html


センター内は今「犬達が苦しむセンター」に変貌してしまいました。皆様これが民意での犬達が置かれている状況だと思われますか?たった2団体の無謀な抗議を受け「悲惨な収容施設」になりました。これを「動物愛護」と言えるのでしょうか?
[2019/05/14 15:10] | 当会へのお問い合せ | page top
トリミング
昨日引き取しましたメス犬4匹。チョコママさんがバリカンをかけ、里親様のS様、お店のお客様、そして搬送していただきましたY様などがお手伝いして下さって本当にありがとうございました。ここまで汚くされたまま生かされて来た50匹の犬達。どれだけ辛かったことでしょう。多くの皆様のお力で今回も多頭崩壊の子達が新しいスタートを開始できました。本当にありがとうございます。

2019-4-15t-001.jpg

2019-4-15t-002.jpg

2019-4-15t-003.jpg

2019-4-15t-004.jpg



バリカンかけも大変な労力です。でもこの子たちは産まれて初めての体験だったのでしょうが頑張りましたよ。表面の毛は糞尿で固まりものすごい悪臭をはなしていましたが下の毛は真っ白。マルガリータさんですが毛が伸びてくれば可愛い子になると思います。楽しみですね。
2019-4-15t2-001.jpg

2019-4-15t2-002.jpg

2019-4-15t2-003.jpg

2019-4-15t2-004.jpg

[2019/04/16 13:44] | 当会へのお問い合せ | page top
【緊急】 首輪、ペットシーツのお願い
千葉県多頭崩壊の犬達、昨日アルマ様が3回目の引き取りに行かれました。12匹の子が助け出されました「子犬3匹を含み」。飼主の病状も悪化しているようでなかなか行かれないとの事。退去期限が「11日夕方まで」と迫っています。

当会も1匹でも処分を免れるように引き取したいと思います。多くの団体様からの協力で今まで37匹を引き取りましたが現場にはまだ30匹以上が残っています。明日以降千葉県の愛護団体「ちばわん」「CACI」様が入って下さるとのことですが到底手に負えない状況で残りの子はセンターに送られることになると思います。この子たちは皆首輪もついていません。

「5キロ台」「10キロ台」用の首輪。
ペットシーツ「ワイドサイズ」のご協力をお願いできませんでしょうか?

送り先は
ドッグハウス「FUNFUN」
町田市山崎町335−1
042-866−5441

宜しくお願いいたします。

[2019/03/04 05:06] | 当会へのお問い合せ | page top
水戸市で60匹の多頭崩壊
今年はどれだけの多頭崩壊があったでしょうか。

今水戸市で最初47匹の崩壊と聞いていたところ現実には60匹の崩壊が起きています。フードもなく犬たちは喧嘩が起きそして急いで手術をしないとまた繁殖が繰り返されます。

手術代も630000円ぐらいかかります。
首輪「10キロぐらいの犬用」、チェーン首輪、フード「銘柄不問他」、
手術代などを求めています。
「LIFEの会」様のブログに送り先が出ています。

とても1団体だけで解決できることではありません。当会は引き取りは出来ませんがせめて皆様のご協力をお願いする事を掲載させていただきました。一度の手術をすれば多くの人に迷惑をかけることなく不幸な命も産まれません。この問題は今後も起きる事と思いますが、もうどうにもならない事になっています。「手術をする」もっと飼い主は自覚を持ってください。

ブログからご覧ください。
「アルマ」様
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12425052052.html
「ライフの会」様
https://blogs.yahoo.co.jp/meru331201/19968849.html
「けいせつ基金」様
https://ameblo.jp/totojanice/entry-12424429046.html
[2018/12/11 15:54] | 当会へのお問い合せ | page top
お問い合せ
NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
URL http://npo.seiken-joto.org

メール info@seiken-joto.org

※当会の活動の中、非常に多忙につき下記のご協力がしたくとも不可能な状況です。テレビ、ラジオ、映画、出版物等の取材は申し訳ございませんが現在はお受けできませんのでご了承お願いいたします。
[2001/01/01 00:00] | 当会へのお問い合せ | page top
| ホーム |