TopRSS管理
東京都の河川敷崩壊犬
あの台風が来た22日その翌日に19匹の犬達がセンターに収容されました。これもまた、どうしようもない爺さんが河川敷に家を建てて「違法です」犬をどんどん増やしてしまい、今まで愛護団体さんも通い説得するも効果なし。手放すことを拒んできました。

然しこの台風で犬達は逃げ出したのかそこは個人情報で教えてはいただけませんでしたが犬達が無事に収容されて良かったです。※画像はアルマ様ブログでご確認下さい→→ https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12324436810.html


1週間の公示期限が過ぎたので今日引き取りに行きました。あの爺さんが取りに来たら「登録、狂犬病済になれば」返還しなければならないと言う心配から急いで向かいました。

昨日老犬のパピヨン「背骨が折れています」と甲斐犬のシニア犬は支援をしていた方に愛護団体を通して譲渡されていました。残りの子はまだオファーがあるだけで見に来ていない団体様が何匹引き取りになるか分からないと言う事で16匹が保護されていました。

緊急であってもきちんと東京都のセンターでは収容し団体譲渡に回します。これが本来のセンターの姿です。収容できないと「処分が始まる」と脅し文句で里親様に渡してしまった先日の茅ヶ崎保健所譲渡会のような無謀な乱暴な譲渡はどこの自治体でも行いません。


河川敷の子達はこれからケアーを行い募集をしていきますので宜しくお願い致します。マルチーズ系雑の女の子です。
2017-11-2-1.jpg
[2017/11/02 15:53] | 当会へのお問い合せ | page top
こんな心温まるレスキューが
インドのラージャンスターン州の人民が愛護団体に連絡を入れました。20メートル下の深井戸の水に犬が落ち必死で数時間泳ぎ岩の淵に落ちないようにしがみついているとの事。その目はもう絶望した哀れな姿でした。何度も水の中に落ち泳いでも崖を上ることが出来ずまた同じ岩の淵にしがみつきじっと落ちないように前脚でしがみついています。連絡を受けレスキューに下りて行ったに人に助けに来てくれたことが分かったのか自分からすり寄って行きやっと網の中に入れられ上に上がっていく事が出来ました。本当にこのような優しい心を持った人民の方がいる事はとても嬉しく心温まるニュースです。


弱い立場の小さな命を救っていただいた方に感謝の気持ちを日本からお伝えしたいです。
[2017/10/20 21:15] | 当会へのお問い合せ | page top
癲癇のリンちゃん
平成24年12月に茨城のセンターから引取りましたシーズーのリンちゃん。

まだ子犬のような子でしたがなぜかいつもぐったりしていました。
その後この子は「てんかん」持ちであることが分かりました。
飼主は癲癇であることで捨てたのでしょう。
最初の頃はかなりひどい発作に生きている事も可哀想なほどで
何度も「安楽死」させる事を考えました。
しかしその時には発作が起きずそのうちに安楽死処置をすることを止めました。
あれからずっと4年半、動物病院でお預かり、投与をしていただいております。
今はほとんど発作も起きず落ち着いています。
このまま生涯を終えるまで病院住まいでは先生にもご迷惑をおかけしますし、
この子にしても家庭の中で生活できるようにしてあげたいと願います。
お薬は当会でお渡しいたしますのでどなた様か「看取りボラ」とし
て命を繋いでいただけないでしょうか?宜しくお願いいたします。

PS,病院でシャンプー、トリミングして下さりつるつるの状態です。
2017-8-23-002.jpg

2017-8-23-003.jpg

2017-8-23-001.jpg


過去の記事
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1010.html


[2017/08/23 16:02] | 当会へのお問い合せ | page top
助け出された繁殖犬達
いつも関西の繁殖リターヤー犬を助けていらっしゃる「レナトスドッグ」さんが
関東の団体さんへ保護犬を運んで下さいました。
夜8時半にお預り人の方々は来てくださりそれぞれ保護していただきました。
夜にもかかわらず運搬していただいた
チョコママさん、お預り人の3名の方々。どうもありがとうございました。

マルチーズ「オス」どういうわけか顔以外は丸刈り。
可愛い小さな子です。4-5歳
2017-6-23-001.jpg



チワワ「メス」少しおでぶさんですが大人しい子です。5歳ぐらい
2017-6-23-002.jpg


プードル「オス」この子もダイエット必要。
ただ怪我をしたのか片目が白濁していました。
茶色プードルが多い中きれいなグレー色の紳士な子です。6歳ぐらい。
2017-6-23-003.jpg



これからケアーをし2匹「プードル、チワワ」は25日の伊勢原譲渡会に参加いたします。
会いに来てあげて下さい。
[2017/06/23 08:16] | 当会へのお問い合せ | page top
28年度第2回の「東京都動物管理審議会」の開催のお知らせ
2月7日「㈫都庁第2庁舎31階21特別会議室。
PM2時半―PM4時半
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/01/26/20.html

傍聴希望の方はお申込みが出来ます。
東京都の動物愛護のための重要な議題を審議いたします。
各自治体によっていろいろな考え方があり当会も委員の1人として非常に参考になります。
どうぞ興味をお持ちの方はお申込みをされてお出で下さい。
多数の場合には抽選になるとのことです。




[2017/01/27 07:33] | 当会へのお問い合せ | page top
ご支援をありがとうございました
くろみちゃん支援

ミズノ様、ミノシマ様、トヨダ様、コギ様、サワダ様

楊さん支援

カキザキ様

皆様、温かなお気持ちを届けていただきましてありがとうございました。



くろみちゃんは年明5日に「放射線治療」が出来る状態なのかを見ていただくために
高津区の「高度医療センター」に連れて行ってみます。
このところ水が溜まる頻度が早くなり4日もすると300CCぐらいの水が溜まり
息が苦しくなりお腹でハーハーと呼吸をしています。
29日に時間外で町田のK動物病院の先生が出てきてくださり水を抜きました。
そうしたら呼吸も静かになり家に戻りましたら、ちゅるちゅるを舐めてくれました。
苦しいのか昨晩は私の膝に登って来て布団の中に入り込み安心して寝ていました。
鼻からチューブで栄養剤を入れていますので生きることは出来ます。
この先毎日でも水が溜まるようになり動けなくなるような苦しみになった場合は
決断してあげなければなりませんが、今は何とか水を抜くと落ち着きます。

今日で病院は3日まで休みになりますので夕方もう一度病院に行き水を抜いていただきます。
本当に可哀想でなりません。この子がいなくなったことを思うだけでも涙が流れてきます。
諦めないことはこの子に辛い思いをさせているのか、
もしかしたら腫瘍が小さくなるかもしれないと決断できずに悩んでいます。
出来るだけこの子との時間を持ってあげるように側にいてあげたいです。
くろみちゃんを支援していただきました皆様、
くろみに変わりましてお礼申し上げます。
[2016/12/31 15:48] | 当会へのお問い合せ | page top
メリー・クリスマス
2016-12-25.jpg
子犬たちのちびサンタ
[2016/12/26 06:01] | 当会へのお問い合せ | page top
2年間飼い主を待っていたワン子
2016-10-18-001.jpg

2016-10-18-003.jpg


2016-10-18-002.jpg



2014年11月に収容されて来た仮称マット君は
※「寒いときに頂いたマットに乗って過ごしていたので」
2年間、薄暗い地下室の収容房で飼い主のお迎えを待ち続けました。
しかし懐かしい飼い主の顔を2度と見ることも声を聴くことも出来ませんでした。
ラブハーフのような容貌の大人しいマット君は
今日久しぶりに外へ出して頂き太陽の温かさを目を細めて味わいました。
硬いコンクリートに2年間寝ていたため足には座りダコが出来ています。
それでもニコニコと優しいシニアワンちゃんです。
この子の新しい家族を募集いたします。
これから若い子は飼えないなと思われていらっしゃる
中高年の皆様にはぴったりのパートナードッグです。
共にこれからゆったりと一緒にスロー生活していきませんか?
狂犬病、去勢手術、検便済です。
お心かけていただきます皆様は当会アドレスからお申込みいただきたいと思います。


飼い主申し込みページ
http://npo.seiken-joto.org/page/satooya-form.html


[2016/10/18 16:10] | 当会へのお問い合せ | page top
動物保護センター より 飼い主募集のお願い
現在、当所では成猫24匹しております。
出て行く成猫もいれば、
すぐにまた成猫を収容している現状で維持されています。

なかなか慣れない猫たちもいますが、
本日は、大変人懐っこい1匹をご紹介します。

写真を添付しておりますのでご覧ください。

○H28-453 キジトラ 去勢オス 4歳 
 4.0kg マイクロチップ挿入済、ワクチン接種、駆虫済
 FIV(-)、FeLV(-)
抱っこできますし、撫でてと手を出したり、かるーく歯を当ててきます!!
 人を見ると寄ってきたり、とても可愛い性格をしています。
 今は猫舎にいますが、2階の猫部屋に空きがでたら移したいと考えています。

2016-10-8-001.jpg


2016-10-12追記
譲渡決定しました。

[2016/10/08 14:54] | 当会へのお問い合せ | page top
子犬のせり市を廃止にするべき
子犬工場「繁殖場」で質より量の繁殖をする業者は
生まれた子犬を毎週開かれている「せり市」に出品します。
子犬たちは段ボールに入れられ流れて行きせりにかけられ売られていきます。
しかし最近この「ペットブーム」に陰りが出てきて売れなくなってきました。

しかしそこに目を付けた中国のバイヤーが日本から子犬を繁殖用に買っています。
「あの恐ろしい殺し方をする中国」へ日本の子犬たちが持って行かれ、
売れ残ったり繁殖に使えなくなったり、病気になれば「食肉」として殺される可能性が出てきました。
ペットとして飼う方がいても盗まれ肉用に売られてしまうこともあり得ます。唖然としました。

今まで「中国犬肉祭り」廃止の署名を集めたり助けている楊さんへの
フード支援など犬達を1匹でもあの非人道的殺し方をする
「生きたまま熱湯に投げ込まれ蓋をされ茹でられる。
首つりさせ叩き殺す、
生きたままバーナーで焼き殺す等」人間から助けられればと活動してきました。

しかし我が国からそんなおぞましい事をする国へ犬達が運び込まれているなんて。
言葉もありません。
「せり市」が廃止になればそこに出す「パピーミル」の大量繁殖業者は売る場所を無くします。
そうなればそのような繁殖場は減っていくでしょう。
あくどい人間はどんなことでもして「命」をお金に換えてしまいます。

そして最終的にはペットショップでの「生体販売」を無くすべきだと思います。
衝動的に猫犬猫を買い最後まで飼養しないで放棄する飼い主がとても多い現実を変えるのは
「殺処分0」の前に「飼い主放棄0」を唱えるべきです。
まず業者の「蛇口」を閉めることが最優先するべきではないでしょうか。

[2016/09/11 17:24] | 当会へのお問い合せ | page top
楊さん支援の輪が広がってきました
ご協力いただいております栄様のブログから
「第2支援」で楊さんは100袋のドッグフードを購入したとの領収書が届いたそうです。
また某愛護団体のK様が楊さんの施設を訪問する日程が決まったとのお知らせがありました。
8月27-28日。
日本で薬、現地でフードを購入しお渡しに行かれます。
必要な薬は「消炎剤、解熱剤、皮膚炎治療薬、ノミ取り剤―フロントラインなど。」

楊さんが「玉林犬肉祭り」で今回400匹の犬を助けてくださいましたが、
引き取った後が大変です。その子達の食料、ボランティアさんが不足しています。
日本からではボランティアに行ってあげることも出来ませんので
せめて今、楊さんの下で生きている子達がお腹いっぱいに食べられるように
支援金をこれからも送り続けたいと思います。視察の情報は後日掲載いたします。
犬達がニコニコ笑顔でいてくれることを祈ります。

これからも中国のこの地獄の祭り「玉林犬肉祭り」が廃止に活動いたしますが、
たとえ中止になっても日常、飼い主から盗まれた愛犬たち、野良犬たちが
拷問され肉になり売られている「犬肉取引」が無くならない限り
犬達、猫達の残酷な運命は変わりません。

「日本への犬肉輸入禁止」も併せて訴えて行かなければなりません。
先日ある方よりお知らせがあり「日本食肉協議会」の懇談会があり
その中に「犬肉」の名前が記されていたそうです。犬肉輸入量は大幅に増えています。
政府は「輸入業者からの書類が出ていれば
それを規制する法律はないので違法ではない」との返答です。
お決まりの回答ですが、日本は「殺処分0」にすると動いている中でいくら海外の犬であろうと
盗まれて肉にされていると言うこの犯罪行為を注視する必要はあるのではないでしょうか。
犯罪に日本も加担している事と同じです。「見て見ぬふり」は国際的にも恥ずべき国家に値します。
生きたまま茹でられる、生きたままバーナーで焼き殺す、首つりさせ叩き殺す、
足を切断し血を流しじわじわと息絶えさせる、小型犬が袋に入れてナイフで突き刺す。
これから殺される生きた犬達の前で行われるこの拷問に犬達は
恐怖に震え精神的な心の痛みはどれほどの物か。考えてもあまりにも許されない行為です。

皆様にお願いです。
楊さんの犬達がこれからも生きていかれるように引き続きご支援をお願いいたします。
間に合えばK様が訪問する日に持っていただくようお振込みしたいと思います。



7月1日
福島県「クラスミ様」よりご支援いただきました。ありがとうございました。

[2016/07/12 14:29] | 当会へのお問い合せ | page top
お問い合せ
NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
URL http://npo.seiken-joto.org

メール info@seiken-joto.org

※当会の活動の中、非常に多忙につき下記のご協力がしたくとも不可能な状況です。テレビ、ラジオ、映画、出版物等の取材は申し訳ございませんが現在はお受けできませんのでご了承お願いいたします。
[2001/01/01 00:00] | 当会へのお問い合せ | page top
| ホーム |