TopRSS管理
アリエルちゃんの近況報告
手術後の再診に行って来ました。骨は完全に付いているとの嬉しい報告を頂きました。

先日の譲渡会にもお顔を見せてくれましたが皆様もびっくりするほど2本の後足を使い走っていました。多くの皆様のご支援でここまで歩けるようになりました。

3か月後に再診です。ありがとうございました。
[2022/07/23 15:04] | アリエル基金 | page top
アリエルの近況 (お預かりさまより)
アリエルちゃん 6月25日に執刀医の触診と、傷口の診察でした。
傷は綺麗になり回復しています。
まだ舐めてしまうのでしばらくは包帯を巻いています。

後足は「当初の目標がしっかり着いて歩くこと」で、達成しており順調でした。
次回は7月23日に右足手術から3ヶ月経過でレントゲン撮影。
以降は半年・1年後の経過観察を予定しています。


皆様のご支援により、こんなに早く歩くことができるようになり
本当にありがとうございます。
アリエルちゃんは毎日楽しく過ごしています。

IMG_2418.jpeg





[2022/06/27 09:54] | アリエル基金 | page top
アリエルちゃんの散歩2
アリエルちゃん散歩が上手になり、家中でもよく動くようになりました。
マットから出て、フローリングでもゆっくりですが歩くように。
筋肉がついてきたようです。

動画1
https://twitter.com/NpoSeikenJouto/status/1535840682770055168
散歩でトイレもしました。

動画2
https://twitter.com/NpoSeikenJouto/status/1535840712398614528
やはり若いので筋肉の状態もしっかりと改善してきました。
嬉しそうに歩く姿にアリエルの頑張りを感じます。

[2022/06/12 13:37] | アリエル基金 | page top
アリエルちゃんの散歩

先生から5分ぐらいの散歩をして下さいとのことで初めてのお散歩。皆様見て下さい。あの曲がった足が手術でこんなに歩けるようになりました。嬉しそうですね。見ている私達まで嬉しくなります。
2022-6-9-1.gif


今後は経過観察で通院しなければなりませんが、状態はかなり良いとのお話です。アリエルちゃんに素晴らしい足をプレゼントして頂きました皆様本当にありがとうございました。ご支援頂きました皆様。タカマツ様、モチヅキ様、トクダ様、募金箱に入れて下さいました皆様。







クルクル回り過ぎてリードが絡まってしまいました。

楽しそうに歩いていました。
途中抱っこすると、降りて歩きたがりました。
2022-6-9-2.gif



[2022/06/09 14:46] | アリエル基金 | page top
右足の抜糸終了
昨日22日アリエルは2回目「右足」の手術後の抜糸が済みました。レントゲン、血液検査も異状なし。右足はなめ壊してしまってテーピングをしていますが最初の手術を受けました左足はもう着く事が出来歩いています。これで右足もテーピングが取れれば2本の足でバランスをとりながら歩く事が出来ます。

今はまだ滑る為「ヨガマット」の上だけで走り回っています。後ろ足は使えず前脚だけで這って歩いていたアリエル、今は動く事が出来て本当に嬉しそうです。2週間後に骨の着き具合などの診察に行きます。今後も1か月に1度の再診をして行く事になります。皆様のご支援でこのように1匹の犬の生涯が自由に犬らしく暮らせるようになりました。本当に有り難うございました。もうひと踏ん張りです。

2022-5-23-001.jpg

2022-5-23-002.jpg

2022-5-23-003.jpg

2022-5-23-4.gif




23日までにご支援を頂きました皆様

オガタ様、モリモト様、カワムラ様。ありがとうございました。
[2022/05/23 22:03] | アリエル基金 | page top
アリエル2度目の手術で退院
昨日15日足の奇形で2回の手術「両足」を受けましたアリエルは無事に退院致しました。最初手術しました左足はもう着く事が出来「あえてリハビリは必要ありません」と医療センター獣医師からのお話です。1か月前には左右に90度外に開いてしまっている足を使えずに前脚だけではって移動していたアリエル。今はしっかりと足を立てて動けるようになりました。

動画有り↓↓↓
https://www.instagram.com/p/CdkjiyMvrO1/

https://www.instagram.com/p/CdlWAKWgmcu/

まだ今回の右足はまだ骨が付いていない為包帯交換もして行かなければなりませんがこれで骨が付けば左右の足のバランスが取れ2本の後ろ足は支えて歩く事が出来ると思っています。

2022-5-16-6.jpg

2022-5-16-5.jpg


手術前は医療センタの先生からも「手術しても回復できるかは分からない」とも言われていました。しかし皆様の温かな応援がアリエルに届き「奇跡の回復」が出来ました。本当に感謝の気持ちで一杯です。22日に抜糸、1か月後に再診。骨が付けばそれで終了との事です。あの酷い状態でセンターに収容されてきたアリエルは今ヨガマットの上なら滑らないで動けるようでそこから出ないように自分で考えて動いています。おりこうさんです。

まだリハビリも必要になるかと思いますが一段落です。
皆様「アリエルに歩ける足」を与えて頂きまして本当に有り難うございました。



5月15日までのご寄附頂きました皆さま

「敬称略」

シラトリ、フルショウ、サトウM,ノグオ、ヤマシタ、クボタ、シライ、ヤスダ、アイザワ、モリ、アベ、ワタナベK,タカマツ、イザワ、トクダ、ツナガ、タカハタ、オオサワ イマイ 様 
募金箱にお入れいただきました皆様

本当に有り難うございました。

[2022/05/16 11:54] | アリエル基金 | page top
アリエル抜糸いたしました

4月30日に手術後の抜糸を致しました。足は動かしていますが右足が曲がっているのでバランスが崩れ立つことはまだ出来ません。先生の判断で余り日にちを開けないで手術をした方が良いとのことで5月8日入院し9日にレントゲンの結果が良ければ右足の手術を受けることになりました。何とか足をつく事が出来れば少しずつ筋肉もついてきて歩く事が出来ると願っています。

2022-5-4-1.jpg



4月24日から5月1日までアリエルにご寄附頂きました皆さまです

「敬称略」

シラトリ、フルショウ、サトウM、ノグオ、ヤマシタ、クボタ、シライ、 様

皆様本当に有り難うございました。
[2022/05/04 10:23] | アリエル基金 | page top
アリエル基金ありがとうございます

4月19日から22日までに振込みいただきました皆さま。

敬称略
ワタセ、マサオカ、フジシゲ、オガワ、オグチ、サトウ、ナリタ、カワベ、エズレ、タバタ、コギ

アリエルの手術にご支援いただき有難うございました。
これから足を使って歩けるように見守っていきたいと思います。
大変助かりました。感謝申し上げます。
[2022/04/25 14:37] | アリエル基金 | page top
アリエルの退院
4月18日に高度医療センターで奇形の足の手術を受け入院していましたアリエルは今日退院出来ました。あの真横に曲がって固まっていた足が正常な位置に戻り曲げられなかった膝が曲がるようになりました。ただ長い間2本の前脚だけの生活に慣れてしまっているので足をこれから着いてくれるか様子を見てい行きます。まだ片方の足だけなので体のバランスがどうしても保てず手術した左足をかばうので右足の方に傾き排尿をすると右側に漏れてしまいます。

画像を載せるすることは禁止されていますので掲載できませんが、すごい手術です。

大腿骨を切断し隙間を作り骨が曲がるようにし、それを正常な位置に戻し「角度に」ピンで留めて膝の膝蓋骨をワイヤーで留めて、外に向かないように骨に小さな穴をあけて糸を通し内側に向くように固定してあります。あの90度外に向いて固まっていた骨を真っ直ぐに固定し犬の本来の足の向きになりました。

2022-4-23-1.jpg


来週30日に抜糸するまではエリカラを外せません。アリエルは待合室でも他の患者犬が吠えたりすると興味津々に見ていて元気な姿で退院出来ました。お薬を1週間「抗生剤」を飲ませます。喉が渇いているようだったので昨日S様から送っていただきましたゼリー状の水の飲み物を上げましたらおいしそうにぺろぺろと飲んでいました。


状態が良ければあ1か月後にもう片方の足の手術を受けます。アリエルも辛い長時間の手術に耐えて面会が出来Tさんの手を「御迎えに来てくれた」というように嬉しそうに舐めていました。

2022-4-23-2.jpg


まだ気を緩める事は出来ませんのでケージに入れて骨が付くまでは絶対安静です。皆様がアリエルにご寄附頂きました支援金も今回有難く使用させていただきました。本当に有り難うございました。もう片方の足の手術も成功するように祈っています。

[2022/04/23 16:09] | アリエル基金 | page top
アリエルの手術報告
アリエルちゃんは4月18日「日本動物高度医療センター」にて朝9時半から終わったのが3時という長時間の手術を耐えました。まだ面会には行かれませんが獣医さんからの電話報告を頂き無事に手術が終わったとの事です。

かなりの変形があり手術方法が1つ追加になったそうです。足の骨を切断し柔らかい部分の筋肉に長さを合わせて調整、それを「大腿骨」に足の骨を正規の向きに修正しプレート、ピンで固定、足の向きが外側になってしまっているのでそれを糸で内側に向くように抑えてあるとのお話でした。これは予定に無かった処置だそうです。

麻酔が覚めて体温が下がっている為温めていますと言う事でした。退院予定は23か24日で再度ご連絡を頂く事になっています。今後2週間後に抜糸、1か月に1度の経過診察を受けながら数か月後に今度は右足「今回は左足の手術」の手術を受ける予定になっています。手術をしたからすぐに歩けると言う事ではなく今後はリハビリをして行かなければなりません。小さな体で一生懸命に生きている「アリエル」。どうか皆様引き続きご支援、応援をお願い致します。
[2022/04/20 12:53] | アリエル基金 | page top
アリエル基金ご寄附頂きました皆様

4月11日から17日まで、アリエルの手術にご支援を頂きました皆様。

敬称略

タニ、ゴイシ、ヨコイ、イタミ、サカイ、アカマ、ゴトウ、イシダ、オダ、ハセガワ、オクヒラ、イノウエ、スギモト、バーバールミコ、イザワ、カトウ、タカハシ、モリタ、ヨシムラ、ワタナベ、シイバシ、タダ、アンズ、コギ、ヒロタ、ツル、アオキ、タマキ様。
譲渡会場の募金箱にご寄附頂きました皆様。ありがとうございました。


18日10時から14時までアリエルは大変な手術を受けます。
無事に良い結果の連絡が来ることを皆様祈ってあげて下さい。

後日、状況はご報告いたします。
[2022/04/18 08:52] | アリエル基金 | page top
アリエル基金ありがとうございます
4月10日までにアリエル基金にご支援いただきました皆様、本当に有り難うございます。
手術代の一部に有難く使用させていただきます。

敬称略

タナカ、ナカノ、ワタナベ、カネマツ、ナガオ、ホンダ、クラバヤシ、モリモト、クボタ、イシイ、ミヤオ


アリエルは10日「日曜日」AM9時高度医療センターにて手術前のCT検査を受けました。全身麻酔での検査です。麻酔も無事に覚醒し2時45分にお迎えに行きました。嬉しそうにTさんの指を舐めたりカジカジしたりと元気な仕草を見せてくれました。3D画像を見ながら説明をお聞きしました。かなり骨が外れてまるで違う方向に固まってしまっています。生まれつき膝蓋骨がゆるく生まれて来てだんだんと外れてきたときに元飼い主か繁殖業者か分かりませんが手術の経費が高額にかかる為放置していてこのように手遅れ状態になり歩けなくなったため草むらに捨てて行ったようです。早ければ治る疾患である「パテラ」なのですが余りにも時間がたってしまっています。

今後アリエルは17日夕方入院、18日朝10時からまず片足の5時間の大変な手術を受けます。小さな体で5時間の麻酔が心配ですが執刀医の先生たちも「万全の態勢で行います」と言われています。もう1本の片足は2−3か月後に再度手術になります。

きっと元気な姿で再会できることを祈っています。
2022-4-11-003.jpg

2022-4-11-002.jpg

2022-4-11-001.jpg

皆様もどうかアリエルの事応援してあげて下さい。

[2022/04/11 21:26] | アリエル基金 | page top
アリエル基金にご協力お願い致します。

後ろ両足が90度に外れ立てないまま前脚だけで動いていたアリエルちゃん。まだ生後6−7か月の小さな命は非情な人間に草むらに放置されました。泥だらけ、草まみれでどうやって生きていたのか。センターから引き取って「日本動物高度医療センター」で診察をして頂きました。不安なお顔で先生に触られていたアリエルのお顔が哀れでした。
2022-4-3-003.jpg


診察された担当の獣医師もこんな酷い膝蓋骨脱臼「パテラ」は見たことがありませんと。4時間の検査。レントゲン12−13枚。主任獣医の触診が済み検査結果をお聞きいたしました。

2022-4-3-004.jpg

2022-4-3-005.jpg


「膝蓋骨脱臼が原因で他の所の骨は損傷はない為手術可能な範囲。ただ筋肉が固まってしまっている為手術したからすぐに歩けるとは限らない。左右同じに外れている為小さい時に外れたまま放置され骨の損傷がひどくなりこのような状態で固まったと思う」との事。

手術になる前に「CT検査をして全体の骨の状況を見て片足ずつ2回に分けての3,4時間の大変な手術。筋肉の曲がるところに合わせて骨を切断し正常な位置に戻しインプラントなどで固定し様子を見ていく。少し日数を空けてからもう片方の足も同じ手術をする」という所見です。

当会も沢山の保護犬達を抱えて1匹だけに高額な医療をかける事はどうなんだろうかとも考えました。車イスでの生活も選択肢にありました。この子が高齢で余生がそんなに長くなければ手術しないで車イスという判断もあります。しかしこの世に生まれてまだ子犬のアリエルの長い一生が一度も自分の足で楽しく歩く事も出来ずに終えるのは余りにも哀れに思いました。そこで「手術をして足を与えてあげたい」という結論になりました。皆様にお願いがございます。「アリエルちゃんに歩ける足」を与えてあげて下さい。
2022-4-3-002.jpg

2022-4-3-001.jpg


「アリエル基金」を立ち上げさせていただきました。
もしこの子にお気持ちを頂けましたらこちらにお振込みをお願い致します。
「アリエル基金」と明記お願いいたします。

お振込み
郵便口座00220−5−33668
NPO法人保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
「アリエル基金」にお願い申し上げます。

2022-4-7b.jpeg
※クリックすると拡大します。

ネットからご寄付頂く場合にアリエル基金と記載出来ないので、お名前の横にアリエルと書いて下さい。



[2022/04/07 15:34] | アリエル基金 | page top
| ホーム |