TopRSS管理
ベアちゃん基金
動脈管開存症の黒ポメ「ベアちゃん」に皆様から有難いご支援を頂きました。
ベアちゃんは今咳をしながらも元気で過ごしております。
2019-4-30-1.jpeg
ベアちゃんの現在です。

4月30日現在ご支援いただきました皆様のご芳名を記させていただきます。

成田様。川崎様、佐藤K様。川村様。村川様。副島様。青木様。杉本様。三上様。野田様。安田様。谷村様。高橋O様。徳田様。林様。毛呂様。山田T也様。高橋Y様。辻様。栗田様。佐藤様。荒川様。山田T祐様。山田K吾様。伊藤様。澤田様。森本様。南原様。楜沢様。
「ベアちゃん基金」と明記されていた方のみの掲載ですがもしベアちゃんにと思ってお送りいただきました方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

以上、154000円の温かない気持ちを頂いております。本当にありがとうございました。

ベアちゃんの心臓の状態がかなり悪い為今麻酔をかけての手術が可能かどうか薬を飲ませて様子を見ております。血管が子犬の時に閉じなければならないものがそのまま存続している為に血流が逆流してしまっています。興奮をさせないようにとの注意を受けております。いつ心停止してもおかしく無い状態です。7歳位までこの状態で生きて来たベアちゃんにとって麻酔をかけたために死亡してしまうようなことは避けたいと思っております。お薬もかなり高額になっておりますが命を繋ぐ方法を思案している現在です。皆様どうかこの子を見守っていてあげて下さい。ありがとうございました。

[2019/04/30 17:14] | ベアちゃん基金 | page top
ベアちゃん
「ベアちゃん基金」をお送りいただきました皆様。

ベアちゃんは元気でいます。お薬と処方食で手術まで体力を保っています。

D4dyo5dU8AA4_Mf.jpg

D4dyo5pVUAAFDLK.jpg


[2019/04/19 06:25] | ベアちゃん基金 | page top
ベアちゃん基金のお願い
2019-4-7-003.jpg

2019-4-7-001.jpg

2019-4-7-002.jpg


茨城の側溝に捨てられていた黒ポメラニアンの「ベア」ちゃんは診察の結果生まれつきの「心臓弁膜症」で心臓に穴が開いていました。そんな状態で子犬を産まされてきて、どれだけ苦しい生活を強いられてきたのでしょうか?

そこで心臓の穴を足の付け根の血管からステントを入れて塞ぐ手術をすれば完治出来助かるとのことです。しかし手術代が40万円位掛かるとの事で、手術を一時断念致しましたが今後、薬を飲ませて行ってもだんだん状態は悪化し再度肺に水が溜まり咳込み苦しくなり再入院を繰り返すことになるとの事でした。

まだ7歳ぐらいと思いますので今後残りの命を繋いであげたいと思います。沢山の保護犬を抱えています当会として、この子だけに多額な手術代をかけてあげられないのが現状です。そこで皆様からの「医療費支援」を少しでもご協力いただければと願っております。


人懐こいベアちゃんが元気に楽しい生活が出来るようにどうぞ皆様、ベアちゃんを助けてあげて下さい。お願いいたします。

 郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。

  ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。
[2019/04/07 15:12] | ベアちゃん基金 | page top
| ホーム |