TopRSS管理
玉林市犬肉祭り廃止のためポスター
2017-2-11.png
※画層クリックで拡大します



中国「玉林市犬肉祭り廃止」のためポスターです。
マークチンさん玉林市の市長と話し会いをし
前向きに動いていただけるようになり始めています。

再度署名を集めたいと思います。
皆様、このポスターをプリントするか、
必要でしたらお送りいたしますのでご協力お願い致します。
6月夏至の日から始まるこの地獄の祭りを何とか中止させましょう。

署名用紙ダウンロード
http://npo.seiken-joto.org/2017-2-11.pdf


ポスターダウンロード
http://npo.seiken-joto.org/2017-2-11p.pdf

[2017/02/11 16:06] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
世界中の子供たちからの手紙
中国で毎年開催されている地獄のような祭り「玉林市犬肉祭り」の廃止を求め
マークチンさんが世界中の子供たちからこの祭りを止めてほ しいという手紙を
10万通集めてチワン区の知事に送るための協力を求めています。
どうか皆さま日本語で構いません。下記へ送って下さい。写真を入れてもかまいません。
家族として犬達はこ うして一緒に生活をしている姿を見せてあげてもいいと思います。

送り先

★手紙の宛名 ※宛先人は知事になります 

Mr. Chen Wu



★手紙の郵送先住所 ※これはマークチンさんの住所です

The Animal Hope and Wellness Foundation
14456 Ventura Blvd.
Sherman Oaks, CA. 91423



子供たちの気持ちがきっと玉林市の知事様に届き
今年の「犬肉祭り」で1万頭の犬達が虐殺されて食べられる野蛮な祭りを止めさせましょう。
ご協力お願い致します。

詳細は「ももこひめ」様のブログを参照してください。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12245123503.html

また拡散お願い致します。

追記
送り先は当会事務局でも構いません。
まとめてマークチンさんに郵送いたします。


〒113-0023東京都文京区向丘2-28-2、池沢方
NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会」宛て
[2017/02/09 15:41] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
玉林市犬肉祭りに進展
毎年6月の夏至の日に1週間行われる地獄の祭り「玉林市犬肉祭り」廃止に
多くの皆様が署名をしていただき、当会からも2回に渡り玉林市長あて、
中国大使館宛てに署名を郵送いたしました。
しかし何の進展もなく昨年もこの地獄のような祭りは開催され
1万頭もの犬猫が虐待され「生きたまま茹でられる、バーナーで焼き殺される、
小型犬はナイフで袋に入れられたまま刺殺される、生きたまま皮をはがされる、
首つりさせられ撲殺されるなど」祭りで肉として食される
怖ろしい行事が行われてしまいました。

今年は日系の活動家マーク、チンさんが初めて
「玉林市政府、外交担当部署」と話し合いを持つことが出来ました。
世界中からこの祭りに対して「憎しみを抱いている」事を伝えました。
マークさんは「今後は政府と協力してこの現状を変えていく事が
唯一の解決方と信じている」事を話されました。
政府はマークさんの団体と協力することに同意しました。
今年の祭りには「やはり開催?」犬達を搬送するトラックが玉林市に入る際、
止めてマイクロチップの確認をさせてほしいとの要望をマークさんは提出。
2月に2回目の会議を予定しこれにはアメリカの犬肉問題に前向きな
ヘイスティング議員も同行していただく予定だそうです。

犬達は飼い主から盗まれ食肉用に売られているケースがとても多いのが現状です。
そしてマークさんはこの後、
再度韓国に戻り「犬肉市場」から助け出された1匹の犬からマイクロチップで飼い主が判明。
1年以上前に盗まれたこのシェパードは繁殖に使われ
今回肉にされるために処理場に送られ危機一髪のところを助け出されました。
マークさんが飼い主に電話をすると飼い主の方は電話口で泣き出したそうです。
なんとも嬉しいようなまた他にもそのような子がいたのではないかと言う
悲しい思いが交差してしまいます。
飼い主と再会したこのシェパードさんは大喜びで
飼い主と再会でき尾を振りお迎えの車に乗っていきました。
本当に犬は「感情のある動物」であり一番人間と心の交流が出来る動物なのです。

今後マーク、チンさんお活動に期待をし何とかこの野蛮な祭りを阻止できるように
当会では今年も「玉林市犬肉祭り廃止」の署名を集めたいと思います。
どうぞ皆さま再度のご協力をお願い致します。
後日署名用紙を掲載いたしますのでプリント、又はご依頼があれば
当会から郵送いたしますのでお申込みください。
皆様のお気持ちは必ず届きます。届けなければならないと思って活動いたします。
それも「中国の愛すべき友である犬達」を救う唯一の方法なのです。
この切な思いが必ず叶いますように。

追伸「ももこひめ様ブログより」
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12241793259.html

[2017/01/29 17:23] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
韓国の犬食肉市場に光が
残酷な殺され方をし肉にされ食べられている犬達を助けている活動家マーク、チンさんが
韓国釜山、最大級のクボ犬肉市場の廃止に業者と話し合い閉鎖に
同意してもらったといううれしいニュースがありました。
ここでは27の処理場があり犬「17カ所」、鶏、ウサギ、羊「10か所」の
処理場の業者の転業にも支援していく事で話合ったそうです。
生きた犬を展示し犬たちの目の前で殺し肉にしてきた業者たちは世界中から非難、
署名などが集まりやっと閉鎖にするように気持ちが動いて行ったようです。
今までは抗議ばかりでマークチンさんのように話合いに応じてくれる人はいなかった。
施設には多くの首輪をし明らかに盗まれて来た犬達が劣悪な環境に入れられていた。
ケージの中には息絶えた犬の亡骸も放置されたまま。
先月も韓国の最大級の「モラン市場」の閉鎖も決まった。
少しずつ韓国の犬肉市場の状況が変わっていったことも
世界中の人から「犬達を助けてあげたい」と言う気持ちが通じて行ったのでしょう。
うれしいですね。キムナミさんも頑張って繁殖場の閉鎖に努力されています。
マークチンさんは今度中国に働きかけていくとの力強い活動をされています。
諦めない気持ちがいつかは叶うと信じています。
私達日本からは食用犬を「玉林市犬肉祭り」から助けている楊さんに支援をしていきましょう。

「ももこ姫様」のブログを参照してください。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12240804066.html

[2017/01/25 14:21] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
【緊急拡散希望】楊シェルター犬猫支援会ブログ
皆様からもご支援を頂いています中国の「食用にされる犬猫」達を保護している楊さんが
買い物に出かけた市場で沢山の犬達が肉用に檻に入れられ陳列されていました。
いかにも皆飼い犬でゴールデン、ラブラドール、シェパード「口を縛れていました」、
シーズー等明らかに飼い主から盗まれた飼い犬がほとんど。
楊さんはもう犬を増やさないようにしている中で
目の前にした犬達を全頭買い上げたそうです。
今は楊さんのシエルターで保護されています。
私でも見捨てられずそうなりますよね。
このように中国では人間を信頼している愛犬たちを盗み肉用に売ってしまいます。
本当に許せない行為です。
中国でも愛護団体が救出する活動を始めています。
違法の犬を運ぶトラックを止め80匹以上の犬達を助けました。
しかし国の法律で規制しない限りこのような犯罪が後を絶ちません。
今だ中国2000万頭、ベトナム500万頭、韓国300万頭の犬が虐待され食べられています。
もしあなた様の大切な愛犬が盗まれトラックにぎゅうぎゅうに詰め込まれ
犬肉用に運ばれ殺されたらどう思われますか?
そのように飼い主の気持ちまでも無視し殺してしまう人間がいるのです。
焼け石に水かもしれませんが
どうか今後とも「楊さんシェルタ犬猫支援会」を支えてあげて下さい。
詳細は「楊シェルター犬猫支援会」ブログでお読みください。
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12232688818.html

[2016/12/31 15:55] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
楊さんへの支援
楊さんの保護犬達へ支援金をお振込みいたしました。
代表で「支援会」をまとめていらっしゃいます我妻様より
お振込み記載の画像が送られてきました。皆様どうもありがとうございます。
犬達に少しでも寒さの中お腹いっぱいな幸せを与えてあげたいと願っています。
今後も中国の悲惨な犬達へご支援をお願い致します。
そして1日でも早く韓国、ベトナム、中国、タイなど、
そして犬を虐殺して殺し肉にして食べる習慣が壊滅することを心から願っています。
絶叫して泣きさけぶ殺される犬の声が耳から離れません。
本当に犬たちにはこんなひどい仕打ちをされる理由がありません。
この子達は何をしましたか?
可愛がられている愛犬愛猫を盗み
肉にして売っている人間がいること自体許されることではありません。
「神様」がいらっしゃるのでしたら、どうかこの小さな弱い立場の動物達をお救い下さい。

[2016/11/18 07:30] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
楊、保護犬猫支援金送りました
「中国犬肉祭り」で毎年1万頭の犬猫が虐待され殺され食べられる祭りに
2000キロの道のりを通い買い取って助けている楊さんの施設には
1500匹以上の犬猫が保護してもらい生きています。
ただ毎月フードが400袋必要でその費用も80万円かかります。
地元の団体から誹謗中傷されて支援金も横取りされどこからも支援もなく
家を売ったりしてまで犬猫達を助けています。
そこで当会は皆さまに「フード代支援」をお願いをし
今回4回目の10万円の支援振込みをいたしました。



「10月支援いただきました方」

サトウ様、
アオキ様、
カキザキ様、
こどもの国動物病院様募金箱「10420円」。
ありがとうございました。

楊さんは日本の皆様の温かなお気持ちをとても感謝されています。
どこの国の犬猫達も拷問されたり、虐待死されることは容認できることではありません。

これからも日本から「可哀想な中国の犬猫達」を見守ってあげたいと思います。
今後とも皆様宜しくお願い申し上げます。
[2016/11/10 14:53] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
こんなこと許せますか?
欧州のレースに使われたグレーハウンドが中国に送られ
生きたまま茹でられる画像があります。
今まで当会もこの事実を掲載してきましたが、
毎日のようにこのような動物虐待がまかり通っている中国。
3人がかりで嫌がる犬を煮えたぎる窯に入れ上から蓋を押さえつけ
泣き叫ぶ声、逃げようと大暴れする様子を笑いながら押さえつけている人間。
人間としてこのような虐待を許すことは出来ません。
皆様もいかが思われますか?
どれだけの苦しみを与えられ息絶えるまでもがき苦しむ犬達。
何とかこの地獄のような中国の動物の扱いを守る
「動物愛護法」を成立出来ないものでしょうか?
今回の動画が世界中に配信され問題が大きくなっています。
日本でも「セリ市」に出され売れ残った子犬子猫が中国に運ばれているとの情報もあります。

繁殖業者の方へ。
「あなたが産ませた子犬子猫がこのような茹で釜に入れられ
苦しみながら殺され食べられる事実を何とも思わず、それでも繁殖を続けますか?」。

弱い立場にいる生命を守るべき者は「人間」ではないでしょうか?

詳細は「ももこひめ」様のブログをぜひご覧ください。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12199641813.html





[2016/10/26 14:15] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
楊さん支援団体設立
中国の1人の女性楊さんが「犬肉祭り」で拷問を受け殺され食べられてしまう1万頭の犬を
毎年2000キロも離れた玉林市まで通い今年は400匹を買い取り助けました。
そしてシェルター「天津市」には犬1500匹、猫70匹が保護されています。
しかし毎日のフード代が足りません。
そこで関西の愛護団体様が現地を訪問し直接楊さんにお会いし
今後の支援をするために「楊シェルター犬猫支援会」を立ち上げました。
代表は当会もお世話になりました栄さま。
今後支援金はこちらの「支援会」口座にお振込みしていきます。
若かりし頃の楊さんのお写真を拝見しました。
すごくお綺麗で、高校の教師をされていた経緯があります。
20年前から犬猫達を身を粉にして助けていらっしゃいます。
どうぞ皆さま、楊さんの犬猫達にフード代をご支援してあげて下さい。


振込先は

ゆうちょ銀行 記号10140

       番号92723661

他銀行    0一ハ「ゼロイチハチ」

       店番  018

       普通預金 「9272366



名義     「楊シェルター犬猫支援会」

詳細は栄様のブログをお読みください。
http://ameblo.jp/earth-world-love-peace/entry-12205557759.html





どこからの支援もなく1か月80万円もかかるフード代を家を売り借金までして保護している楊さん。
中国の残忍な殺され方をされている犬猫達に今、
私達日本からしてあげられることは「フード代支援」です。
世界からも「中国犬肉祭り」の残酷性が非難されています。
少しずつですが中国の子達に皆様の手が差し伸べられてきました。
いつの日か必ず廃止にしなければならないこの野蛮な祭り。気が滅入る事も有りますが、
諦めたらこの子達を見捨てることになってしまいます。今後も訴えていきます。

支援は当会からもまとめてお振込みいたしますので

当会口座「00220-5-33668」でも構いません。「楊さん支援」とお書き下さい。

9月分支援者名。
山形県K様「2回分」、
町田市H様、
多摩市S様、
町田市小森動物病院様募金箱「8920円」

助け出された楊さんの命を繋いでもらえた子供たち「犬猫達」においしいフードを買ってあげられます。
皆様本当にありがとうございました。そして引き続きご支援お願い申し上げます。



[2016/10/04 13:27] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
20日の情報番組で
フジテレビの「特ダネ」と言う番組で中国の家庭で料理をしている場面が放映されました。
鯉のような大きな魚を生きたままフライパンに投げ込み魚は苦しんで大暴れ。
熱湯の中に小さなカニを投げ込むと皆、鍋の淵から外に逃げ出す、
ドジョウを鍋に入れると跳ね上がって飛び出す、そんな画像が流れました。
生きたまま料理した方が美味しいとのこと。
中国では犬猫までも同じように鍋に投げ込み殺して食べます。
声が出ない魚でもあれだけの苦しみでもがくのですから、
それが犬猫だったら断末魔の叫び声でしょう。
その声を聞いても笑いながら上から重い蓋をして煮ているいる人間がいるのです。
人間は動物の命を頂いて生きられるのです。
その動物たちに感謝の念があればこのような目をそむけたくなるような拷問は出来ないはずです。
泣き叫ぶ声を聞いても何も感じない人間に恐怖を感じています。
海外からもこの残酷な中国の犬猫の扱いにかなりの非難の声があがっていて
メディアでも取り上げられています。

しかしながらわが日本国は政府、自治体に要望書を送ってもトップの人間ではなく
下に回されお決まりの回答しか送られてきません。
上辺だけの「動物愛護国」なら何の意味もないのです。
番組放映中にフジテレビへ電話を入れましたが「受付時間外」でした。
これから文書により番組担当者へ「中国の犬猫状況」も取材するよう要望してみます。
「玉林市犬肉祭り廃止」の声を上げて行きます。

「ある国の道徳と文化の程度は動物への態度と扱いによって容易にわかる」
A.シュヴァイツァー

「私は人類の権利と同様に動物の権利を支持する。それが本来の人間の取るべき道である」
アブラハム。リンカーン

[2016/09/21 20:31] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
「アメリカ議会で犬肉問題の公聴会開催」ももこ姫様の転載
アメリカのアルシー、ヘイスティング議員が議会に提出した
「玉林市犬肉祭り非難」「犬肉取引禁止」を求める決議案に
アメリカ史上初の公聴会が開催されました。

首つりされ、殴られ、足を切断され「血を流して殺す」生きたまま熱湯の鍋へ投げ込まれる、
生きたままバーナーで焼き殺される等犬達のもがき苦しみ、
泣き叫ぶ姿がスクリーンに映し出され会場から悲鳴、すすり泣く声が聞こえた。
この残酷な文化でもない「犬食」はもう中国の国民70%位は食べてはいません。

我が国への中国からの「犬肉輸入」も廃止するべきです。
このような非難の声を世界中から発信することで「中国の恥」と非難されることでしょう。
何とかこのような拷問をして犬達を殺している韓国、中国の「犬食」をやめさせるよう
今後も動いて行かなければ永遠に中国の犬達はこのような残酷な扱いをされていきます。

皆さまどうかこの現実をツイッターなどで世の中に知らせて行ってください。
国が違うことで同じ犬に生まれこのような扱いをされている犬達がこの世にいる事。
現実を無視することなく「中国の犬猫達」にも愛を注いであげて下さい。
詳細は「ももこひめ」様のブログを参照されてください。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12200551870.html

[2016/09/19 17:09] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
募金箱のご協力
2016-9-12-1.png
※画像クリックで拡大します。
ダウンロード→→ http://npo.seiken-joto.org/bokin.pdf

中国の楊さんが犬肉祭りで虐待され殺される犬達を買い取り助けています。
しかしフードを買う資金が足りません。
皆様のお知り合いの動物病院、トリミングハウス、協力いただけるお店などに
募金箱を設置していただけないでしょうか?

ポスターはプリントしてお使いいただいて構いません。
今日本からこの子達を救う手立てがありません。
同じ犬に生まれこのような非人道的な扱いをする血も涙もない人間から犬猫を救うのは
せめて助けてもらった子達にお腹いっぱいの食事の支援をしてあげることしかできません。
また来年の「玉林市犬肉祭り」が永久中止出来るよう努力いたします。
楊さんを支援してあげて下さい。


[2016/09/12 05:17] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
日本への犬肉輸入禁止
一生懸命活動されていらっしゃいます神野様が
「東京都議会」「衆議院」に皆様からの御気持ちを届けに伺ったご報告です。
飼い犬でも盗まれて拷問の果て肉にされ冷凍され
日本に輸入されているこの現実を政府はどう感じているのでしょうか?
当会からも小池都知事に「殺処分0」を公言されるのなら
その裏にある問題を1つ1つ改善していただく事を要望していきます。
センターに入っている犬猫だけが「殺処分」されなければ「殺処分0」になったとは言えません。
同じ伴侶動物である犬猫達が犯罪の国から日本に肉と言う形に変えられて輸入される事実は
「殺処分0」になったと喜ぶことではないのです。
是非東京都から日本政府に「犬肉輸入禁止」にするよう緊急に要望してほしいと思います。
日本の「パピーミル」の犬達も中国で肉にされています。
「made in japan」の犬肉が日本のレストランのテーブルに並ぶことになるのです。
恐ろしい現実を知れば日本はとても「動物愛護先進国」とは言えません。


https://www.change.org/p/日本国内への犬肉輸入を即時禁止に/u/17782565


[2016/09/10 05:45] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
第3回楊さん支援金送付完了
皆様から楊さんの助けてきた犬猫達のフード代が無くなったことで
当会も栄さんを通してフード代を送りました。

合計36名「当会はまとめて振り込みました」42万円が楊さんの犬達のフード代として届きました。
犬達にはフードを買うことが出来皆生きているそうです。
「栄さんのブログ」に写真も掲載されていますのでご覧ください。
http://ameblo.jp/earth-world-love-peace/entry-12193409713.html

当会もこれから各場所に「楊さん募金箱」を設置していただける協力場所を募集していきます。
今ポスター作製中ですので出来ましたら全国の皆さま、お近くの動物病院、ペットサロン、フード店等
協力いただける場所に設置のご協力お願いいたします。


山形県「柿崎様」

多摩市「スズキ様」

町田市「マキノ様」

渋谷区「モリモト様」

ありがとうございました。

韓国、中国、インドネシア、インド、ベトナム、などの国で食べられている犬猫達が
1日でも早くその地獄のような虐待殺害から救ってあげられるよう皆さま、
これからも忘れないであげて下さい。
当会も出来るところから働きかけていきます。絶対にあきらめずに。



追記
栄さんの許可を頂きましたのでメールを掲載します。
「楊さん支援のご協力者の栄様のメールです、当会から3回に渡り皆様からの支援金30万円をお振込みしております。皆さま本当にありがとうございます。今後とも引き続き助けてあげて下さい」」


楊さんの犬猫達へのご飯代支援に関して、収支報告書をお送りさせて頂きます。


今回、36名の方より420,000円のご支援をいただきました。誠にありがとうございました。無事に全額を楊さんへお届けし、楊さんより現金引出、ご飯代領収書、ご飯の写真と御礼の連絡がありました。昨日、生きたままグツグツ煮えたぎる鍋に押し込まれ、固く蓋をされ、断末魔のごとく暴れ泣き叫び、やがて息絶え、変わり果てた姿で捌かれる犬の映像を見ました。この世のものとは思えない地獄絵図で、それを笑いながら行っている人間たちはもはや悪魔にみえます。こうしているうちにも日々犠牲となっている犬たちの魂の冥福を祈ってやみません。



楊さんのもとにいる犬達は、このような地獄から助け出され、皆様のご支援のおかげで、穏やかに生きています。私個人としての支援は今回で最後になりますが、9月以降は形を変えて支援の継続をしてまいります。詳細が決まりましたら、ブログにてご報告・告知させていただきます。今後とも、温かいご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

下記、楊さんから皆様へのメッセージです。
「日本の愛心人士の皆様、こんにちは。皆様からの支援金を確かに受取りました。
皆様の細やかなお気遣いと、深い思いやりに心より感謝いたします。
日本の皆様からのメッセージを見ると、いつも私の目からは涙がこぼれます。
私には何もできませんが、どうかこの感謝の気持ちを受取ってください。
日本の愛心人士の皆様がいなかったら、多くの子供たちは命を落としていたことでしょう。
本当にありがとうございます。ありがとうございます。」

私からも重ねて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。



追伸: 

インドも増えすぎる野良犬について酷い扱いに胸が痛みますね。価値観や世界観があまりに違い、お互いに到底理解し合えないのだと思います。こちらにとっては愛すべき犬達も、あちら側では忌むべきもの又は食べ物。。。慣習や文化、貧しさ、宗教、色んなことが複雑に絡み合って、動物たちの犠牲が無くならないのだと思います。日本では、この戦後70年で犬の殺処分数が10分の1以下になり、素晴らしいですね。ドイツやオランダのように、日本も殺処分0の国となる日がそう遠くない未来にやってくることを期待してやみません。日本の犬猫達だけでなく楊さんへのご支援も、本当にありがとうございます。


我妻
http://ameblo.jp/earth-world-love-peace/
[2016/08/26 16:58] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
韓国の野蛮な食文化
中国の「犬肉祭り廃止」で世界が動いている中で、韓国では「犬肉繁殖場」で産まされ
食肉に出荷される犬達が年に300万頭もいると言う。

しかしその陰で猫達まで「精力剤」ということで生きたまま圧力窯で煮られ
スープにされると言うショッキングなニュースが掲載されました。

日本は今「お盆」と言う時で亡くなられた方の魂が自宅に帰り15、16日で送り火を焚き
無事に戻れるようにお見送りをするというこの時期。
何という残酷なことを日常的に行う人間がいる事は韓国も「恥」と思ってほしい。

センターの処分も「お盆」の時は見送ります。
動物も人間も命の大切さは同じです。どんな動物にも「魂」はあります。
人間の一番近くで生きている犬猫達をこのように残酷な扱いをすること自体
「食文化」と言う言葉で納得することは出来ません。
韓国内でも「犬肉を食べない」と言う人が増えては来ましたが
まだまだ50歳代以上の国民は夏負け予防で食します。
それもどんな殺され方をしているか、ペットの犬達も多いという事も知らない方も多く
世界中から今後「声をあげて行く」事は必要です。

「ももこひめ」様のブログに掲載されていますので転載いたします。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12190389554.html

どうぞ「署名」などでご協力して下さい。悲しい現実です。
日本国内の事も改善すべき問題は山積ですが、
国外でこのような事が行われている事も人間として
非難の声をあげて行かなければいけないと思います。
1人1人の声は必ず届きます。
世界中から「伴侶動物」である犬猫を救ってあげる努力をしていきましょう。
非人道的な人間もいる中で、助けられるのも私たち人間しかいないのですから。


[2016/08/16 15:23] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム | 次のページ>>