TopRSS管理
9月24日現在の茨城県収容譲渡犬  子猫情報
茨城県収容譲渡犬
2020-9-24情報
茨城県動物指導センターHP掲載と同じもの
http://npo.seikenjoto.org/0-20200924-2.pdf


特別な事情のある犬の情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20200924-1.pdf


子猫情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20200924-c.pdf



気になる子がいましたら当会へご連絡下さい。
[2020/09/25 16:49] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
2020-8-11現在 譲渡対象犬情報
「茨城県動物指導センターの譲渡対象犬」の募集を当会が窓口になります。お申込みはセンターではなく当会のアドレスからお申込みください。「成犬は個人譲渡はしておりません。愛護団体を通して譲渡を行っています」気になる保護犬がいましたら当会アドレスに質問をお送り下さい。

0-20200811-0.png


茨城県動物指導センターHP掲載と同じもの
http://npo.seikenjoto.org/0-20200811-1.pdf

特別な事情のある犬の情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20200811-2.pdf

[2020/08/12 14:43] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
センター譲渡犬。6月19日現在
センター譲渡犬。6月19日現在 気になる保護犬がいましたら当会アドレスに質問をお送り下さい。窓口になります。

※画像は一部抜粋  
http://npo.seikenjoto.org/0-20200619-1.pdf0-20200619-1.png


特別な事情のある犬の情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20200619-2.pdf



[2020/06/20 15:06] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県動物指導センターの譲渡対象犬 6月5日現在

全データは下記↓↓
http://npo.seikenjoto.org/0-20200605-2.pdf

0-20200605.png

茨城の「譲渡犬」達にはお名前が付いています。
今までは番号でしたが今後は「名前」で応募を頂きたいと思います。
今現在「ポチ」は当会で引き出し予定です。
ポチなんてあまりにも古臭い名前で「フロイデ」と変えてもらいます。

[2020/06/05 10:57] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県動物指導センターの譲渡対象犬 6月1日現在
全データは2パターンで掲載 
http://npo.seikenjoto.org/0-r20200525-1.pdf

http://npo.seikenjoto.org/0-r20200525-2.pdf

※画像は一部抜粋したもの
0-20200601.png


お申込みはセンターではなく当会のアドレスからお申込みください。
↓↓飼い主申込みフォーム↓↓
http://npo.seikenjoto.org/page/satooya-form.html


[2020/06/02 14:44] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県動物指導センターの譲渡対象犬 5月25日現在

全データは2パターンで掲載 
http://npo.seikenjoto.org/0-r20200525-1.pdf

http://npo.seikenjoto.org/0-r20200525-2.pdf

※画像は一部抜粋したもの
0-r20200525.png


お申込みはセンターではなく当会のアドレスからお申込みください。
↓↓飼い主申込みフォーム↓↓
http://npo.seikenjoto.org/page/satooya-form.html


[2020/05/26 06:10] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
2月7日現在、茨城センター譲渡用犬
http://npo.seiken-joto.org/0-h301207.pdf  ※画像はサムネイル
2018-12-8-1.png

沢山の子達が家族を待っています。
茨城の犬達は不思議なくらい大らかでこせこせしていない、性格は良い子が多くいます。
皆中型犬ですが犬は大きさではありません。
小型犬の純粋種でも手あましになり保健所に出す飼い主も多くいます。
育った環境も犬達の生涯を決める重要な素因です。
是非「茨城ブランド」の犬達を家族に迎えてあげて下さい。
お申込みはセンターではなく当会のアドレスからお申込みください。
当会HP「飼い主申込み」ページより
http://npo.seiken-joto.org

「成犬は個人譲渡はしておりません。愛護団体を通して譲渡を行っています」
[2018/12/08 16:17] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県動物指導センターの譲渡犬

沢山の犬達が家族を求めています。気になる子がいましたら当会にご連絡下さい。
※画像は一部抜粋です。
0-h301023.png


詳細は下記URL
http://npo.seiken-joto.org/0-h301023.pdf


茨城の譲渡犬の12番「フランちゃん」。とてもおとなしく控えめで懐こい女の子です。体重も11キロなので都会でも丁度良い大きさですね。フィラリア陽性ですが予防薬を通年投与で陰性に転換していきます。長い事センターに置かれています。家族にして頂ける里親様を探しています。
2018-10-24-1.png

2018-10-24-2.png
[2018/10/24 16:16] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県動物指導センター譲渡犬
2月16日現在の家族を待っている犬達の情報です。

きちんと定期的に毎月収容されている犬達の情報を送ってくださいます。

自治体と愛護団体が協働で「譲渡事業推進」する上でとても有難い情報です。こうして愛護団体に丸投げすることなく職員一同で頑張っている茨城県のセンターの姿は称賛に値します。私達愛護団体として1匹でも幸せなご縁に繋げたいと頑張りたい気持ちになります。素晴らしい進歩をしているセンターを応援します。

皆さまどうぞ「茨城県動物指導センター」の子達を家族として迎えてあげて下さい。

「保護犬リスト」ページ 下部にリンク掲載
http://npo.seiken-joto.org/s-dog.html

茨城県動物指導センター譲渡犬
http://npo.seiken-joto.org/0-h300216.pdf

[2018/02/19 09:51] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県譲渡犬、譲渡検討犬、収容犬
アルマ様の19日ブログを転載させていただきます。
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12337854750.html

茨城県動物指導センターの犬達は「譲渡のチャンス」を与えていただくという事で常時80匹ぐらいの子達が保護されています。皆様から送っていただいた毛布をひいていただき、それでも茨城の冬は凍り付くような寒さです。いつもアルマ様は茨城県の様子を掲載して下さり当会はそんなに度々行かれないのでとても助かります。

写真を見ると「また引き取ってあげなければ」と勇む気持ちを抑えながらやりくりをしています。センターからはきちんと毎月団体に「収容情報」を送っていただき1匹ずつ名前も付けて性格、ケアーの状態までも詳細に記していただけることは本当に有難いです。少ない人数の職員様が一段となり1匹でも譲渡に結び付けてあげたいという気持ちが伝わります。

どうぞ皆さま茨城センターの犬達を家族に迎えてあげて下さい。「茨城ブランド」の犬達は皆本当に性格が良い子ばかりで不思議です。このようにセンターと愛護団体が協力し譲渡事業を推進している茨城県の進歩は称賛に値します。処分はありますが、これからも全国の見本となる「殺処分0」の自治体として愛護団体との協働譲渡事業が推進することを応援します。当会もまた引き取りに行きます。

頑張れー、茨城県。

http://npo.seiken-joto.org/0-h291220.pdf  
画像クリックで拡大します。
2017-12-21-1.jpg
2017-12-21-2.jpg
2017-12-21-3.jpg
2017-12-21-4.jpg
2017-12-21-5.jpg
2017-12-21-6.jpg
「茨城県動物指導センターの譲渡対象犬」の募集を当会が窓口になり開始いたします。
定期的に掲載いたしますがすでに譲渡されている犬もございますのでご了承ください。
[2017/12/21 09:43] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
茨城県譲渡犬情報開始
殺処分0に向かって画期的に改善進歩している「茨城県動物指導センターの譲渡対象犬」の募集を当会が窓口になり開始いたします。茨城県は一生懸命に努力をして愛護団体の意見、アイディアも真摯に検討いただき動物のために取り組んで下さっていま
す。その結果10年前からと比べても予想を上回るほどの進歩をしています。本当に心から感謝をしています。

全国でも「殺処分0」に向かって各自治体がいろいろと取り組んでいる事は数十年前には考えられないことでした。その中でも茨城県のセンターの実績は全国の見本となるよう当会は応援していきたいと思っています。

まずその取り組みの1つとして「センター収容譲渡犬」のご紹介を掲載することをセンターから許可を頂きました。但し里親募集の応募は当会が全面的に対応をいたしますのでセンターへの直接の問い合わせなどは決してしないことを厳守して下さい。

気になるワンちゃんがいましたら当会のアドレスに質問を頂きたいと思います。
また譲渡条件はほぼ同じですが茨城県の子達は外飼いが多い為、その子の一番合った生活状態「外飼育可」を検討いたします。
定期的に掲載いたしますがすでに譲渡されている犬もございますのでご了承ください。

それでは10月13日現在の情報です。

http://npo.seiken-joto.org/h291013.pdf

犬15はすでに当会が引き取り済
犬16はアルマさんが引き出し
犬5 犬10 引き取り済
[2017/10/27 15:57] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
家族である犬を探してお迎えに行ってあげてください
1月25日(水)収容の犬は8匹。公示期間は31日まで。



この犬たちは公示期間が過ぎています。
7番のメス犬は当会で引き出しました。
1~2歳くらいでしょうか。
体重は9キロほど。ちょっと太り気味なので8キロくらいがベストかな。
ハンドシャイがあるので、
徐々に恐怖心を消していって人間との信頼関係を築いていく必要があります。
といっても、人間大好きな甘えん坊です♪




1月26日(木)収容の犬は5匹。公示期間は2月1日まで。




1番のオス犬は室内で飼われていたのかとてもきれいです。若いと思います。赤い首輪をしています。とても人懐こいですがよく鳴きます。ものすごいジャンプ力です。
収容場所は常陸大宮市八田。
2番のオス犬は大きいです。若そうです。鎖が付いていました。大柄なため個別房にいました。
収容場所は水戸市全隈町。
3番の柴犬は返還になっていました。
4番のメスのプロットハウンドも若そうです。首輪無しです。個別房にいました。大人しいです。
収容場所は笠間市池野辺。
5番、6番のオスは兄弟だと思います。首輪無し。まだ子犬です。
収容場所は北茨城町大津町。




1月27日(金)収容の犬は9匹。公示期間は2月2日まで。



1番のオス犬は青い首輪をしています。
収容場所は小美玉市中延。
2番のオス犬は首輪なしです。まだ1歳未満だと思います。お世話のおじさんにとても懐いていました。10キロほどの子です。
収容場所は下妻市田下。
3番のメス犬は赤い首輪をしています。まだ若いと思います。とても顔立ちの整った美犬です。飼い犬だと思います。10キロないくらいのスレンダーな子です。
収容場所は下妻市田下。
5番のメス犬は首輪なしです。
収容場所は鉾田市青柳。
6番のオス犬も首輪なしです。
収容場所は古河市駒込。
7番のオス犬も首輪なしです。まだ子犬です。かなり人見知りです。
収容場所は古河市駒込。
9番のオス犬はノミトリ付きのエンジの首輪をしています。負傷犬舎にいました。若くありません。
収容場所は水戸市米沢町。




1月30日(月)収容の犬は4匹。公示期間は2月3日まで。



1番のメスのダックスは首輪なしです。高齢でしょうか。個別房にいました。
収容場所は常陸大宮市西塩子。
2番の長毛のオス犬は青い首輪をしています。飼い犬だと思います。人懐こく、まだ若そうです。
収容場所は鉾田市鹿田。
3番のオスは首輪なしです。
収容場所は結城市大木。
4番のオスも首輪なしです。
収容場所は鹿嶋市棚木。




子犬の収容棟はエアコン、床暖房が完備です。コロコロの可愛い子犬たちがたくさんいました。
でもこの子達は、成長し、人間とともに幸せな生活を送ることは叶わず、今日の朝、天国へ行ってしまいました。
可愛い可愛い子犬たちのあどけない顔・声が頭から離れることはありません。






現在収容棟が工事中で犬たちが別々の棟に収容されているため、なかなか見きれず、もれてしまっている子がいると思います。ごめんなさい。
番号は 茨城県動物指導センターの公示情報 の番号です。
公示期間が過ぎている子は間に合わないかもしれませんが、もし心当たりの犬がいたら諦めず手を尽くしてあげてください。




センターでは本来の性格が見えない場合もあります。
警戒していて寄って来ない犬もいます。
ここに記載したのはあくまで私が1時間ほどの短い時間で見た感じです。
収容場所はあくまで収容された地域で、そこで飼育されていたとは限りません。




飼い主さんは今すぐいなくなった家族である犬を探してお迎えに行ってあげてください。
そして一人でも多くの方がこの犬たちに関心を持っていただけたらと思います。


スタッフ:I
[2012/02/01 16:43] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
毎回見る光景
今日はHさんと一緒に茨城県動物指導センターへ行って来ました。
先週の金曜日に雪で行かれず、昨日火曜日も雪で行かれず、
やっと今日行く事ができました。




譲渡希望を出していた2頭のうち
1頭は週明けの月曜日に亡くなってしまいました。
11日収容の茶色の小さめの子を引き取って来ました。
最初は怖がって逃げていたけれど、
今日はとっても明るくなって再会が嬉しい(?)のか、
初めから尻尾ふりふりで甘えてきました。
人間大好きな人懐こい子です。
20120125_p01.jpg



さて、今日から(準備は昨日から)収容棟の工事が始まりました。
収容犬たちは別々の棟にそれぞれ4~5頭ずつ入っていました。
小さい部屋なので大きい子が入ると4頭で限界です。
不安で落ち着かない子はどうしてもウロウロします。
すると、慣れない環境で神経が立っている子が攻撃してしまいます。
何度も唸る声や威嚇する声が響いていました。
夜になって真っ暗な中で老犬がウロウロして
気の立った犬に少しでもぶつかったら間違いなく咬まれてしまいます。

なぜこのように犬たちの安全が確保できない状態で
工事が行われているのでしょうか。疑問です。
そしてとにかく収容頭数の多い茨城県、
毎日たくさん収容されてくる犬たちのやりくりで
お世話をされる方たちは頭を抱えていました。

驚くことに、スペースがないために、追い込み通路も使うと言っていました。
追い込み通路は、処分機に犬たちを機械で自動的に追い込む通路です。
そして処分機はそのまま焼却施設とつながっているため稼動すると熱を持ちます。
零下の施設内で、犬たちは処分機の余熱で暖を取っていたそうです。
でもその犬たちも次の日にはその中で処分されていく子たちです。
あまりにも残酷だと思います。

そして追い込み通路は普段収容棟とつながっているので、
工事期間中はお世話の方たちが1頭1頭通路に手作業で入れていくそうです。
とても精神的に辛い作業です。
犬たちにとってもさらに過酷な最期です。
外に出られた!と思ったら殺処分へと追い込まれていくのです。




今日は工事の初日ということもあり、1棟しか見ることができませんでした。
ほとんど1月23日収容の犬たちです。




茨城県動物指導センター(保護犬・公示情報)

2番のメス犬は老犬でした。
痴呆なのでしょうか、壁に向かって鳴いたり、
同じ場所をクルクル歩いていました。
大き目の体格でした。
10番のオス犬は若そうでした。

ビーグルの雑種だと思います。
かなり気が立っていて、他の犬に威嚇していましたが、
人間には寄って来ました。飼い犬だと思います。
12番のメス犬は小さい子です。6~7キロでしょうか。
歯もきれいで若そうです。
怯えていましたが、抱っこされると一生懸命しがみついていました。
当会で譲渡希望を出しています。

13番のオス犬も小さめです。
とても人懐こいコロコロした可愛い子です。
飼い犬だと思います。

11番と14番は似ていました。
大きさも中型で12~14キロくらい。
穏やかな優しい表情をした子たちでした。
何箇所もにバラバラに収容されているので
今日はこの子たちしか見れませんでした。




そして毎回見る光景。飼い主による持ち込み。
今日もいました。
センターに着いて駐車場に車を停めようとしたら
1頭の立っているのもやっとの老犬が芝生のところに繋がれていました。
そしてセンターから出て来た男性がその犬の前に立ち、
おもむろにリードをつかむと収容棟に向かって行き、
出て来たお世話の方に「はい。」と手渡しました。
犬は真っ直ぐに歩くこともできず、目も見えていないようで震えていました。
「16歳まで生きたよ。いやーよく生きたよ。」その男性は言います。
もう長くないのだから最期まで見てあげられないんですか、と言うと、
「夜鳴いてうるさくて。近所迷惑になるから無理だよ。じゃ、よろしく。」と言って、
「手が汚れたから水道貸して」と言って
1度も後ろを振り向くことなく帰って行きました。
飼い主に最後に見捨てられた老犬は、
明日何が何だか分からず息が出来なくなり、苦しみの中絶命します。
16年共に生きた犬に、なぜこんな仕打ちができるのでしょうか。
このような飼い主には二度と犬を飼うことができないようにしてほしい、
切にそう思います。


スタッフ:I
[2012/01/26 16:23] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
6日~12日
1月6日(金)収容の犬は10匹。公示期間は13日まで。

20120106.jpg





1番の老犬は返還になっていました。
2番のオスはオレンジの布の首輪をしています。
収容場所は水戸市渡里町。
3番のオスは赤い首輪に青いハーネスをしています。
収容場所は水戸市けやき台。
4番のラブラドールは譲渡予定で個別犬舎にいました。
5番のオスは黒い首輪をしています。まだ若そうで大きい瞳が印象的な可愛い子でした。立ち上がって鳴いていました。
収容場所は土浦市右籾。
6番のメスは柴犬だと思います。黄色い首輪をしています。
収容場所は日立市十王町友部。
7番のコーギーは返還予定になっていました。
8番のメスは首輪無しです。全身皮膚病でした。
収容場所は神栖市土合中央。
10番のメスは首輪無しです。
収容場所は龍ヶ崎市谷道。






1月10日(火)収容の犬は10匹。公示期間は16日まで。




20120110.jpg





1番のオスは首輪無しです。まだ若そうです。
収容場所は古河市恩名。
2番のオスは青いデニムの首輪をしています。寒くて毛布の上で丸まっていました。
収容場所は筑西市新治。
3番のメスは首輪無しです。大部屋の隅っこでうずくまっていました。
収容場所は茨城町木部。
4番のメスも首輪無しです。妊娠しているようでお腹がだいぶ膨らんでいました。ビーグルのようですが雑種かもしれません。人馴れしているので飼い犬と思われます。とても美人な若い犬です。
収容場所は小美玉市上合。
5番のオスは黒い首輪をしています。とてもおとなしく、ジッとお座りしてこちらを見ていました。近付くとそっと寄って来る優しい子です。毛艶も良く、まだ若いです。
収容場所は小美玉市上合。
6番のオスは首輪無しです。
収容場所は鉾田市鹿田。
7番オスは赤い首輪をしています。若くなさそうですが元気です。小さめの子です。
収容場所は小美玉市与沢。
8番のオスは青い首輪をしています。だいぶ怯えていました。
収容場所は行方市玉造甲。
9番のメスは首輪無しです。大部屋の隅でジッとしていました。
収容場所は常総市大塚戸町。
10番のメスも首輪無しです。左目眼球が飛び出ていて見えていないようです。そっと寄って来る穏やかな子です。まだ若いようです。
収容場所は筑西市伊讃美。






1月11日(水)収容の犬は12匹。公示期間は17日まで。




20120111.jpg





1番のメスは首輪無しです。老犬で目が見えていないため個室にいました。小柄な子です。
収容場所は常陸大宮市上小瀬。
2番のメスも首輪無し。大き目の子ですが痩せています。人馴れしているので飼い犬だと思います。
収容場所は桜川市上野原新田。
3番のセッターは譲渡予定になっていました。
4番のオスは首輪無しです。レオンベルがーのような風貌です。具合が悪いのか横になっていました。優しい穏やかな子です。若くないかもしれません。人馴れしているので飼い犬だと思います。
収容場所は高萩市横川。
6番のオスはグレーの首輪をしています。若くないようで疲れているのか具合が悪いのかずっとお座りをしてまま動きませんでした。大き目の子です。
収容場所は神栖市横瀬。
7番のオスは首輪無しです。まだ若そうです。人馴れしているので飼い犬かもしれません。
収容場所は神栖市神栖。
9番のメスは首輪無しです。
当会で引き出す予定です。お預かりしてくださる方を募集しています。
首輪をしていた跡があるので飼い犬かもしれません。7~8キロくらいの小柄な子です。出産した後のようなお乳をしています。首輪・リード、共に問題なく、人にピタッと寄り添ってくる優しい子です。
収容場所は古河市東山田。
10番のメスは首輪無しです。近付いて来ませんでしたが、まだ若そうな子です。
収容場所は神栖市太田。
11番のオスも首輪無しです。とても綺麗な若い子です。飼い犬かもしれません。
収容場所は神栖市柳川。
12番のオスも首輪無しです。不安そうにこちらの様子を伺うような気の小さな子です。あまり若くないかもしれません。
収容場所は神栖市柳川。




11日収容の犬たちはみんな穏やかな子ばかりでした。
みんなで寄り添い、9番の犬を見るため外に出した時、他の子たちはジッと座って並んでこちらを見ていました。
吠える事もなく、ただジッとこちらを見つめていました。
お世話をしているおじさんも「この部屋の犬たちは特にいいこばかりだ」と言っていました。






1月12日(木)収容の犬は7匹。公示期間は18日まで。




20120112.jpg





1番のオスは首輪無しです。まだ若そうでした。小柄な子です。
収容場所は桜川市真壁町真壁。
2番のメスは黒い首輪をしています。怯えていて寄って来ませんでした。
収容場所は茨城町木部。
3番のオスも首輪無しです。大部屋の隅っこにいました。
収容場所は小美玉市与沢。
4番のオスも首輪無しです。まだ若そうです。成犬になったばかりでしょうか。
収容場所は常総市大塚戸。
5番メスは赤い真新しい首輪をしています。
当会で引き出す予定です。お預かりしてくださる方を募集しています。
毛がふわふわの可愛い子です。穏やかで控えめな優しい子です。
収容場所は水戸市谷津町。
6番のオスは首輪無しです。まだかなり若そうです。寄って来てくれませんでした。
収容場所は城里町春園。
7番のオスは青い首輪にチェーンが付いています。放れてしまったのでしょうか。若くないようです。
収容場所は常陸太田市真弓町。




子犬の部屋では子犬たちが固まって暖を取り合っていました。
本当に本当に可愛い子犬たちです。
でもこの子達は、成長し、人間とともに幸せな生活を送ることは叶いません。




今回もあまりに収容されている犬が多くいたため、もれてしまっている子がいると思います。ごめんなさい。
番号は 茨城県動物指導センターの公示情報 の番号です。
公示期間が過ぎている子は間に合わないかもしれませんが、もし心当たりの犬がいたら諦めず手を尽くしてあげてください。




センターでは本来の性格が見えない場合もあります。
警戒していて寄って来ない犬もいます。
ここに記載したのはあくまで私が1時間ほどの短い時間で見た感じです。
収容場所はあくまで収容された地域で、そこで飼育されていたとは限りません。




飼い主さんは今すぐいなくなった家族である犬を探してお迎えに行ってあげてください。
そして一人でも多くの方がこの犬たちに関心を持っていただけたらと思います。



スタッフ:I
[2012/01/15 17:35] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
今回は特に子犬がたくさんいました。
10月24日(月)収容の犬は13匹。公示期間は28日まで。
1番のシーズーオスは青い首輪をしています。とても元気です。
収容場所は笠間市笠間。
2番の白いオスの子犬は譲渡になっていました。とても人懐こくて可愛かったです。
3番のオスは首輪なしです。写真より小ぶりです。心細そうにきゅんきゅん鳴きながら大部屋の中を行ったり来たりしていました。首輪なしですが人馴れしている様子から飼い犬だと思われます。
収容場所は常陸大宮市野口。
4番のオスも首輪なし。負傷犬舎にいるのか大部屋にはいませんでした。
収容場所は城里町徳蔵。
5番の白いメスは写真では赤い首輪が付いていますが捕獲時は首輪なしです。
かなり痩せていて何度も出産したような跡がありました。あまり若くなさそうです。寄って来てくれたので飼い犬だと思われます。体に似合わず可愛らしい声で鳴いていました。
収容場所は筑西市稲野辺。
6番のオスも写真では首輪が付いていますが捕獲時は首輪なしです。
まだ若そうですが寄って来てくれませんでした。
収容場所は筑西市藤ヶ谷。
7番のメスは保護団体から譲渡希望が入っていました。小ぶりで人懐こくて可愛いです。鎖が付いていました。
収容場所は守谷市板戸井。
8番のオスは青い首輪をしていました。7~8キロくらいでしょうか。小ぶりです。とても人懐こくて可愛いです。飼い犬だと思われます。
収容場所は神栖市若松中央。
9番のメスは赤い首輪をしていました。10キロくらいでしょうか。目が大きく綺麗な顔をしています。飼い犬だと思われます。
収容場所は行方市井貝。
11番のメスは首輪なしです。まだ若いと思われます。奥でうずくまっていてお顔は見えませんでした。
収容場所は茨城町小堤。
12番と13番のメスも首輪なしです。まだ子犬です。2匹で固まって丸くなっていました。
収容場所は鉾田市舟木。



10月25日(火)収容の犬は7匹。公示期間は31日まで。
1番のオスは黄色い首輪をしています。寄って来てくれたので飼い犬だと思われます。比較的きれいでまだ若そうです。8キロくらいでしょうか。
収容場所は桜川市真壁町白井。
2番のオスは黒い首輪をしています。とても人懐こくて可愛いです。コロコロした体型で愛嬌があります。飼い犬だと思われます。
収容場所は神栖市平泉。
3番のメスは首輪なしです。奥でうずくまっていてお顔は見えませんでした。
収容場所は神栖市柳川。
4番のメスも首輪なしです。近付いて来ませんでした。かなり怯えていました。
収容場所は笠間市小原。
5番6番は兄弟でしょうか。首輪なしです。大部屋の一番奥の隅で顔を排水溝に埋めて固まっていました。とても怯えていました。
収容場所は石岡市上曽。
7番のメスは赤い首輪をしています。小さいですがちょっと太っています。ジッと警戒した様子でこちらを見ていましたが一番前でお迎えを待っているようでした。
収容場所は石岡市染谷峠下。



画像の作成が間に合いませんでした・・・すみません。。。
収容犬の写真は茨城県動物指導センターに掲載されています。
(記事のUPが遅くなってしまったため公示期間が過ぎている犬は見れません。)


今回は特に子犬がたくさんいました。
寒いのかみんなで固まっていました。


猫部屋は処分した後でひっそりしていました。悲しいです。


今回も収容されている犬猫が多く、もれてしまっている子がいると思います。ごめんなさい。
番号は 茨城県動物指導センターの公示情報 の番号です。
もし心当たりの犬がいたら諦めず手を尽くしてあげてください。


センターでは本来の性格が見えない場合もあります。
警戒していて寄って来ない犬もいます。
ここに記載したのはあくまで私が1時間ほどの短い時間で見た感じです。
収容場所はあくまで収容された地域で、そこで飼育されていたとは限りません。


飼い主さんは今すぐいなくなった家族である犬を探してお迎えに行ってあげてください。
そして一人でも多くの方がこの犬たちに関心を持っていただけたらと思います。

スタッフ:I
[2011/10/29 04:13] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
| ホーム | 次のページ>>