TopRSS管理
また繁殖業者の仕業?」
あるセンターに6匹の犬が同じ市から収容されました。2つのケージに3匹、2匹と入れられ遺棄されました。皆、性格は良い子達ですが、リードを付けられたことが無い為嫌がり暴れていました。

お乳を見るとお産をしたような状態。歯は歯石で酷く1匹は全部歯を抜かなければならないほど。1匹はもう歯も抜け落ち顎の骨も解けてしまっているのか舌が出たまま。もう1匹はどういうわけか腰から尾までバリカンをかけたようで禿げています。そしてもう1匹1日遅れで収容されたダックスもお腹に腫瘍のようなこぶがあります。多分同じ市から収容なので同一業者の遺棄と思われます。

全部メス犬。今まで何度も子犬を産む機械のように扱われ挙句の果て夏の暑さのさなかにケージに入れたまま置き去りにするとは許せない行為です。今後、繁殖業者の犬達は「引き取り屋」に引き取られ余生を悲惨な状態で死んでいくか、このように巷に捨てて行かれるか。どちらにせよ行政で繁殖業者からの犬の引取りを中止したために行き場の無くなった犬達は「処分より悲惨な運命」に置かれます。

繁殖業者の「動物取扱業」の規制が今後、厳しくなっていきます。そうなれば沢山の犬を置くことが出来ない業者は今まで働いてくれた犬達をどんどん捨てるか廃業するでしょう。廃業するのは大歓迎ですがそこにいる犬達の末路はどうなるのでしょうか?日本には膨大な数の業者、繁殖場が蔓延しています。「動物愛護法」「動物取扱業」の内容もこのような運命の犬達にももっと光ある改善をしていってほしいと願います。

この子達を捨てた業者の方へ。
あなたは犯罪者です。一生その事を肝に銘じ、反省の気持ちをもって生活されてください。犬を愛する国民としてあなたの行為は許せません。、人間として最低な行為だと言う事を自覚されてください。


2017-9-6-002.jpg


2017-9-6-001.jpg


2017-9-6-003.jpg




「多頭崩壊」と「業者の遺棄」が今後増えてくると思います。動物を保有する事の責任をどう思うのでしょう。皆様もご近所に「繁殖場」があれば目を光らせて監視してください。行政の監視は5年に1度ぐらいしか行きません。あまり酷い扱いをしているようであれば管轄の自治体の愛護センターに通報をお願いいたします。「命」を「お金に換える」事自体廃止するべき事なのですから。
[2017/09/06 16:32] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
日本中の犬猫繁殖場を無くすべき
2017-4-7-1.jpg


一生のすべてを狭いケージに入れられ一度も走ることもない、
温かな愛情のある手で抱いてもらう事もない、おもちゃをくわえて遊んだこともない、
お腹を痛めて出産した我が子も1カ月もたたないうちに取り去られてしまう、
病気になっても治療もしてもらえないで放置、
ストレスから喧嘩で耳を食いちぎられたり、目をつぶされることがある、
吠えれば声帯を切除され声が出ない、
体中は毛玉と糞尿で固まり痒くても掻くことも出来ない、
爪は回転し足の裏に突き刺さり上にまで突き抜けるほど伸びても放置、
何度もお腹を切られ子犬を出される、
繁殖能力がなくなると
「追い込み部屋」という殺すための小屋に入れられ死んでいくのを待つ、
最悪なケースは「引き取り屋」に出され、そこから再度繁殖業者に売られるか、
死ぬまで糞の山になっている小さなケージに閉じ込められ命の最期を待つ、
状態が悪くても何の配慮もなく強引な繁殖をさえられる、
満足なエサ、水も与えられず健康状態も最悪。
2017-4-7-2a.jpg



今書き出しただけでもこのような過酷な状況に置かれ
ただ子犬を産むための機械にされている犬達が
日本中にどれだけいるか皆様はご存知でしょうか?
多くの繁殖業者は犬達の事など何の愛情もなく
ただ1匹いくらになる事だけしか考えていません。
私たちも今まで多くの繁殖場を見てきました。
どこも皆同じ、数匹ずつ詰め込まれた犬達のケージが積み重ねられ
ものすごい犬達の声で話も出来ない状態。
この状態を世界中の人からは「動物虐待」と言われています。
恥ずかしい事だと思いませんか?


このような繁殖業者は「動物取扱業」の申請登録をすることになっています。
しかし行政は申請許可を出してしまえば
5年ごとの更新時に監視に行くことぐらいしかしていません。
事前通告してからの訪問ですから業者はその時だけきれいに清掃し
病犬など酷い状態の犬は移動したり遺棄します。

現在6畳間ぐらいの部屋に100匹ぐらいの犬を閉じ込め繁殖を行っている男がいます。
またその男と通じている業者は200匹もの犬を産ませています。
この業界は仲間同士の繋がりがあり、
物をやり取りするように命を売り買いしていきます。
そして今の法律では多くの劣悪な業者をなかなか廃業させることが困難です。

今、ある県で問題になっている悪徳業者がいます。
先日保健所が監視に行きましたが、何もできずに戻って来たようです。
「繁殖場0」を実現しなければ全国に飛び交っている
「殺処分0」という言葉には何の価値もありません。
大元の蛇口を閉めることは避けられない重要なことなのです。

海外の諸国では「生体店頭販売」をする店はありません。
ドイツ、フランスでは国家試験を受けた知識ある「ブリーダー」と言われる人が繁殖をし吟味し
飼う資格のある希望者に販売をしています。
日本もそのような形に絶対にしなければいけないと思います。
そうなるために皆様は「ペットショップ」「繁殖場」から子犬子猫を買わないで下さい。
買う人がいる限り悲惨な生涯を強いられる犬猫は無くなりません。
その原因を作っている事を皆様どうか、気が付いてください。
「犬猫を愛する人が悲惨な犬猫を増やしている」のです。
オリンピックまでまず東京都から「生体販売廃止」になるように皆様のお力をお貸しください。


※画像は麒麟レスキューさまより転載
[2017/04/07 08:58] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
繁殖場から
最近高齢の繁殖業者が病気や廃業が増えてきました。
そうなった時に犬猫達は世話もされず糞の山の中に放置され最悪餓死したりしています。
繁殖業者は犬猫の命は全て「金儲け」のため。
何度も無理な繁殖をさせられた親犬達は「犬の引き取り屋」という陰の業者に引き取られ、
まだ繁殖に使える子達は再度売られていきボロボロになるまで産まされます。
病犬、老犬はケアーもされず死を待つのみ。
たった10数年の生涯を小さなワイヤーケージに入れられ
外を思い切り走ることも出来ず一生を終えて行きます。
それは「店頭にいる子犬子猫を買う人がいる」からこの悪商売は終わらないのです。
日本中で「殺処分0」がいくら公言されても
陰で市場から2万5000頭もの小さな命が消えています。
この子達はどこに行ったのでしょう。
売れ残った子犬子猫は陰の業者が処分したり、
繁殖業者が遺棄したり殺したりし消されていきます。
市場に溢れるほどの「余剰動物」が蔓延しているからです。
この現実を皆様はいかがお考えでしょうか?

昨晩、姫路から運ばれてきた2匹の子達を当会で引き取りました。
シーズー「メス、5歳ぐらい」本当におとなしい、いい子です。
お腹を見ると何度も出産させられた為、お乳が腫れています。
2017-1-29-002.jpg

マルチーズ「メス、5歳前後」この子も人懐こく可愛い子です。
ケージにはもう入りたくないのか「だしてー」と泣いていました。
2017-1-29-001.jpg

これからケアーをし「里親様募集」をしていきます。
この子たちが今まで辛い思いをさせられた日々を忘れ
楽しい生活をさせていただけるご家族様を探したいと思います。
2月19日「緑山譲渡会」に参加いたします。
夜8時過ぎまで運搬していただきましたWチョコママさんありがとうございました。

[2017/01/29 17:16] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
捨てられたシーズーのテンちゃん
2016-8-31-001.jpg

センターに収容されていたシーズーのてんちゃん「天使のてんから取りました」は
最初首のところを怪我をしているように血が滲んでいました。
しかし実際に病院で診察を受けたところ顔も足もニキビダニで全身がかゆくて
掻き崩してしまい細菌感染をして化膿していました。
先日トリマーさんに丸刈りをしていただき全体の皮膚の状態が分かりました。
可哀想にどれだけ今まで痒かったことでしょう。
まだ2歳ぐらいのてんちゃんは治療もしてもらえず挙句の果て遺棄されたのです。
元飼い主は治療費もかかるし薬浴もしなければならないので面倒になったのでしょう。
人間の助けがなければ生きられない動物を
このようにゴミ同然に捨てて行く心無い飼い主「繁殖業者?」。

テンちゃんは今お預かり人の元で投薬と3日に1度の薬浴で少しずつ痒みも減少してきました。
素直な可愛い子です。

自治体は「殺処分0」の前に「飼い主放棄0」に力を入れなければ
いくら愛護団体が頑張っても焼け石に水状態です。
毎日、繁殖場で産まされ、セリ市で売られていく子犬子猫たちの膨大な数。

また流通過程で2万匹もの子犬子猫たちが死亡しているこの現実を皆さまどう感じられますか?
売る側も買う側も動物の命を世に送り出すこと、
それを引き受けることの社会的責任を
もう一度初心に戻り考え直す必要があるのではないでしょうか。
将来は店頭での「生体販売」を禁止するようにならなければ終わりのない悪循環だと思います。

[2016/08/31 13:42] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
この子もやっぱりお役目ごめん?
昨日引き取って来たプードルのシニア犬はやっぱり繁殖業者が捨てたようです。
特有の汚れ方は4本の足の下半分、お尻の毛の色が排泄物で汚れ、色が変わっています。
2016-8-11a-001.jpg

2016-8-11a-003.jpg

2016-8-11a-002.jpg



爪は恒例の伸びた魔女の爪、年齢に比べて歯が劣化していて犬歯しかない
「これは妊娠、子犬にカルシュウムをとられ歯がぼろぼろになる現象」、
リードを付けると歩かない「ケージに入れられていたため」。
大人しくケージに入っていることなどから推測し
繁殖用としてもういらない年齢になったため遺棄されたのでしょう。
繁殖場の子は皆本当に性格が良く諦めているため要求をしない。
今日はお風呂に入れてあげると気持ちがいいのか目を細めていました。
ドライヤーを当ててもじっとして本当に良い子です。
名前を「クッキーちゃん」と付けました。
もう少し検査が済んでからフリーにしてあげたいと思います。
このようにこれから「繁殖場の犬」は捨てられていくでしょう。
もうブームで売れた犬種は下降線。
プードル、チワワ、ダックス、Fブル等収容所にはいつも入っている子達です。
商品としか考えていない繁殖屋は廃絶していかなければ日本の恥です。
「殺処分0」の前に「繁殖場の規制」をもっと厳しく取り締まりをすることが必要です。
法改正には特にこの「繁殖業の規制の見直し」が絶対に取り上げなければなりません。
皆様が買った子犬の母犬達が最後どのように一生を終えて行くかを考えてみてください。
真の愛情があればとても「ペットショップ」「繁殖場」から子犬を買う気持ちになれないでしょう。



追記
2016-8-11-5.jpg
クッキーちゃんは静かに甘えてくるようになりました。
抱っこしてあげると大人しく満足したお顔で抱かれています。
「今まで可哀想だったね」と声をかけると
「可愛い赤ちゃんを沢山産んだのよ」と言っているようです。
これからはのんびりと楽しい日々を過ごして長生きしましょうね。
[2016/08/11 17:10] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
繁殖場から助けられた子達
今日は暑い中、茅ヶ崎のTさんが埼玉県の繁殖場から沢山の子を助けてきました。
当会はイタグレ4歳「オス、めす、」ボストンテリア5歳「メス」をお預かりしました。
イタグレのメスは最近まで授乳していたようなお乳をしています。
子犬は売られてしまったのでしょうか。
ボストンテリアの子はお中に帝王切開の跡があります。
この犬種は自然分娩が難しい犬種です。何回お腹を切られたのでしょうか?。
3匹ともおとなしくて性格の良い子達です。
これからは家庭犬として楽しい幸せな未来がありますように。
ケアーが済みましたら募集開始です。

2016-5-22-002.jpg


2016-5-22-003.jpg


2016-5-22-4.jpg


2016-5-22-001.jpg
[2016/05/22 23:23] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
廃業繁殖場の子達
あちこちで犬が売れなくなり資金難で繁殖場が廃業になってきました。
私たちにしては喜ばしい事ですが、心ある業者は
「廃業するので働いてくれた子達を幸せにしてもらえる人にご縁を繋いであげてくれ」と
ボランティア団体に相談が来ます。
しかし自治体では引き取り中止になったため、
多くは「引き取り業者」に渡され命ある限り劣悪な環境にただ置かれ病気になっても放置され、
人知れず死んでいくだけの運命です。
また反社会勢力の人間がペットショップを経営しているケースも多くあり、
借金をした繁殖場からまだ若い犬を借金の肩代わりで引き取り売ってしまう。
それでも売れないと「保護犬」として有料で貰い手を探し
「愛護ビジネス」、もらわれないと殺してしまうと言うことが陰で行われているとかを耳にしています。
いずれにしても犠牲になるのは犬猫達です。
今回廃業繁殖場の子達が再度やってきます。
命を繋ぐ「お預かり人」を探しています。

関西から「プードルメス2匹」「ポメラニアンメス1匹」ダックスが多数残っています。

埼玉の馬小屋の繁殖場放棄「イタグレメス2匹5歳以下」「ミニピン1匹」
※イタグレ2匹は預かりさんが見つかりました(2016-5-20追記)



ご協力いただける皆さま、当会のアドレスにお願いいたします。

預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112



2016-5-11追記
「関西」からくる3匹は預かり家庭が見つかりました。

2016-5-12追記
ミニピンは引き取り人が決まったとのことです。
[2016/05/07 15:49] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
関西から助けられました
2016-4-2-002.jpg


2016-4-2-001.jpg


2016-4-2b-001.jpg


2016-4-2b-002.jpg





ダックス「メス」、ヨーキー「オス」、ヨーキー「メス」2匹が
和歌山県の繁殖業者が縮小「ゆくゆくは廃業」するために放棄しました。
レナトスドッグのN氏が用賀インターまで7,8時間かけて運んできました。
当会からSさんがお迎えに行ってくださりそれぞれのお預かり人の方に保護していただきました。
今回は皆性格が明るくてフリフリの子達です。
きれいにしてから募集開始いたします。

しかしこんなに沢山の子達が繁殖用に飼われていて
その産んだ子供たちが全国のペットショップに出され、親犬達はお役目ごめんで放棄。
なんとも日本のペット業界はレベルが低すぎます。
この子達はまだ管理が良い業者とのことですが、毛はばさばさ、悪臭、伸びた爪。
例外なくいつものパターンです。
どれだけの犬達がこのような運命をたどっているのでしょうか。悲しい現実です。

[2016/04/02 15:48] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
はるばる関西から
繁殖業者の廃業、縮小のため30匹の犬が放棄になりました。
「レナトスドッグ」様が関西の繁殖場のレスキューをされ
今回当会も8匹の子を引き取り協力いたしました。
4カ所の繁殖場を回り助けられた子達。
高齢の業者が繁殖をしているため、病気、死亡などで
犬の管理も出来なくなり放棄になりました。
しかし日本全国このように200匹ぐらいを置き
どんどん生ませている業者は沢山います。
繁殖用の犬達が高齢になり子犬を産まなくなった後のことを考えているのでしょうか?

27日は8時過ぎになるのかと思っていましたが意外と早くに
用賀インターのマクドナルド駐車場に到着されていました。
猫ちゃんたちも段ボールに入れられ他団体様に引き渡されました。

今日は2匹のポメラニアン♀「1匹は皮膚病のため治療します」、
2匹のチワワ♂「体がしっかりしている子と怖がりの子」、
プードル♂「性格はおとなしい」、
マルチーズ♂2歳「可愛いお顔です」
チワワ♀2匹「きれいな子ですが少し怖がり」。
やはり臭ーい。
毎日小さな、汚い檻に入れられたまま何年も過ごして来たのでしょう。
思い切り走りたいよね。
でもこれからは出来ますよ。
どうぞこの子達が太陽の下を元気に歩けるようになりますように。
そして家族として迎えていただける里親様に巡り会えますように。
宜しくお願い致します。

2016-2-27-001.jpg

2016-2-27-002.jpg

2016-2-27-003.jpg

2016-2-27-004.jpg

2016-2-27-005.jpg

2016-2-27-006.jpg

2016-2-27-007.jpg


[2016/02/28 15:00] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
またも痛ましい事件が
また栃木県の林道で弱っていた犬が見つかり、
その先の崖に無造作に投げ捨てられた27匹もの犬の死体が放置されていた。
弱ったまま生きていて保護されているプードルもいたことから
生きたまま投げ捨てたのでしょう。
この間の鬼怒川に44匹を捨てたブリーダーと同じ人間ではないでしょうか?
赤い洋服を着ていた犬が両方にいたこと、皆成犬、小型犬が殆ど。
この業者はもしかしたら同じ日に今回の子たちを崖に投げ捨てたのかもしれません。
生きていたとしても食べ物も無く、寒さで健康状態も最悪の子たちは息絶えて行ったと思います。
動物取扱業の規定が変わり必ずこのような事が起こるのではと危惧していました。
「無駄飯はあげない」。劣悪の業者はお金にならない犬をいつまでも飼うはずがありません。
行政の取り締まりが追い付いていません。

「業者の方、あなたのお金のために
命をかけて子犬を生んで働いてくれた犬達を生かして渡してください。
このような卑劣なやり方は人間としてきっと罰が当たりますよ。
反省してください。
犬達もあなたと同じ赤い血が体に流れています。
痛みも苦しみもあります。
もう2度とこのような罪を重ねないでください」。

また御近所の方へ、急に犬の声がしなくなったような繁殖場があったら
警察、保護センターに通報してください。
「匿名で調べてくれますから」
見逃さないよう周囲からこの犯人を必ず見つけ出さなければなりません。
御協力してください。
[2014/11/07 06:41] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
繁殖屋の馬小屋から助かった子
いらなくなった犬達は繁殖場の馬小屋に入れられ死ぬまで病気で苦しそうに咳をしても、
皮膚病で痒くても病院にも連れて行かずただ置きっぱなし。
寒くても、暑くてもコンクリートの床におかれ
命ある限り地獄のような毎日を強いられています。

2014-11-5-001.jpg

このさくらちゃんは両目を失明し見えないため
エサのある場所も分からずがりがりに痩せて一番状態が悪く栄養失調で助け出されました。
涙も出ない眼球はゴミで固まりまぶたも閉じない状態でした。
この先もう目は見えることは無いでしょう。
でも通院し気休めかもしれませんが目薬をさし、栄養のあるフードを食べ、
体もトリミングしてもらい徐々に元気を取り戻しています。
家庭で飼われている犬達はまだ10歳位でしたらもっと明るくはつらつとしています。
しかし何度もお産をさせられてきた子達はカルシュウム不足で
歯はボロボロに抜け落ち顎まで溶けてしまう子もいます。
それだけ出産は体に相当な負担をかけているのです。
今「さくらちゃん」と言う可愛い名前を着けてもらい
残された年月を幸せに暮らさせてあげたいと思っています。
助けきれないほどの哀れな繁殖用犬達。
その子のたった1つしかない命を悔いのないように全うさせてあげたいと願います。
[2014/11/05 16:57] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
暗いフンの山の中で
「暗いフンの山の中で栄養失調状態で生きていた猫達。
床の糞の中には息絶えた猫達が白骨化してごろごろ転がっていました。
業者の女は部屋には入らず隙間からエサを投げ入れていたそうです。」

2014-10-30a-001.jpg

2014-10-30a-002.jpg

2014-10-30a-003.jpg

2014-10-30a-004.jpg

2014-10-30a-005.jpg





「最後まで手放さないと残されていた犬達。
1人が250の犬、30匹の猫をまともに世話など出来るはずがありません。
この分の山のケージの中で子犬を出産し育てていたママ犬達。
ひもじかったでしょう」「ビーグル親子も手放さないと残されていました。
小さなケージに入れられ出してももらえずどれだけのストレスでしょう」


2014-10-30b-001.jpg

2014-10-30b-002.jpg

2014-10-30b-003.jpg

2014-10-30b-004.jpg

2014-10-30b-005.jpg




「運び出された猫達の中には状態が悪く即入院した子もいます。
もう少し遅れれば死体となったでしょう。
予定外の全頭を助け出し運んで来たIさん。
軽自動車は屋根までキャリー、ケージで埋め尽くされ
猫ちゃん達もきゅうきゅう状態でしたがこの場に残されなくて幸運でした。
今まで多くの犬猫が死んでいきました。
動物の命を食い物にする繁殖業者を許すわけには行きません。

2014-10-30c-001.jpg

2014-10-30c-002.jpg

2014-10-30c-003.jpg

2014-10-30c-004.jpg


2014-10-30d-001.jpg

2014-10-30d-002.jpg

2014-10-30d-003.jpg

2014-10-30d-004.jpg

2014-10-30d-005.jpg




この写真をご覧になられた皆さま。
この子たちはどれだけの長い年月を地獄のような毎日を送ってきたか、
忘れないでください。繁殖業者の現実です。
これから
「動物愛護法違反」
「動物虐待」
「動物取扱業違反」で
訴えられることになりました。
医療費が莫大にかかっています。
どうぞタンポポの里様に御支援、フード等送ってあげてください。
http://neko-chan.net/
またこの子たちを家族に迎えてくださる心優しい御家族様を求めています。」
[2014/10/30 16:15] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
軽井沢繁殖場崩壊現場
18日軽井沢の繁殖場に行ってきました。
周りは住宅が建ち、臭い、騒音で苦情になるのはもっともです。
軽井沢ドッグレスキューのT様の長い間の諦めない説得が功を奏し
やっとこの繁殖場オーナーが全頭放棄「犬250匹、ネコ29匹」の書類を保健所に提出し
このレスキューが実現しました。

満足にフードも与えていなかったようで
バーニーズマウンテンドッグは20頭が一緒に入れられていたので
8か月の子が他の犬に食べられ内臓まで出ていたそうです。
何とも悲惨な動物虐待です。

また吠えると、このオーナーは棒で背骨を叩き後ろ足が立たなくなったバーニーズもいたそうです。
小型犬にも暴力をふるっていたと聞きました。
また弱っている犬猫、育たないような子犬子猫は新聞紙に包んで生ゴミとして捨てていた。
生きているお金の価値がない子はゴミのように扱う業者の女。
犬達のケージの中は糞尿でドロドロ状態。
そこに数頭入れられているために犬を出そうと手を入れると怖がりその中で暴れるため、
もう糞尿が飛び散り手だけではなく顔にまで飛んできたと他の団体様が言われていました。

今回猫のレスキューに行って下さいました「タンポポの里」のIさんは
猫部屋に入り素手で怯えて逃げ回るネコ26匹を捕まえてケージに入れました。
その部屋には糞尿の積み重なる中に白骨化した猫の死体が3匹放置されていて
その中で猫達は隙間から投げ入れるフードを食べてかろうじて生きていました。
成猫でも体重が1キロ台の子ばかり。栄養失調です。
今までどれだけの犬猫が命を落とした事でしょう。

軽井沢ドッグレスキュー様のご尽力で
この地獄のような場所で毎日子犬子猫を産まされ
一度もケージから出してもらえず生きていた子たちが救いだされました。
1つのケージに何匹も一緒に詰め込まれているので弱い子はフードが食べれません。
そして喧嘩になり咬まれたり、不潔なケージの中にいるため皮膚病になっている子達。
このような繁殖場は日本中にものすごい数あります。
そこで生まれた子犬子猫がセリ市に出され、ペットショップに陳列されます。
その陰で膨大な数の繁殖犬猫が悲惨な生涯をおえている事はどうか皆さま覚えていてください。
繁殖業者は動物が好きでこの仕事をしているのではないのです。
最低限の経費で1匹でも多く産ませ、
いかに命をお金に変える事が出来るかが目的なのですから愛情など微塵もありません。
このような現場を放置していた自治体にも責任があります。
即廃業さえるべきではなかったのでしょうか。
「買う人がいる=動物虐待繁殖場にお金を与える」事なのです。
日本も店頭販売を廃止しなければなりません。

今回当会が引き取りました子はシャンプーもして下さり臭くもなく助かりました。
猫のレスキューをして下さいました「タンポポの里」様に
医療費が膨大にかかり四苦八苦されています。
どうか御支援をしてあげてください。
http://neko-chan.net/
[2014/10/27 21:26] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
軽井沢繁殖場崩壊現場
2014-10-22追記
たんぽぽの里団体様に猫用フードのご寄付を宜しくお願い致します。
http://neko-chan.net/



※軽井沢レスキューは「全頭犬猫は保護団体、里親様、保護人に引き取られました」


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今日「ペット里親会」様が現地に行かれた画像が掲載されています。
可哀想にものすごい汚い糞尿まみれの中に犬達が入れられています。
250匹の犬は現地の方にどんどん渡してしまっているようで120匹位が残っているそうです。
どうして生きている子たちをこんなひどいケージに入れて放置するのでしょう。

18日土曜日に当会は現地に行ってきます。
皆糞尿まみれ、下痢。
気持ち悪くなる匂いでビニール合羽、マスク、軍手、タオル持参です。
お預人が確保できた数しか出せませんが、
ペットシーツ、フード「小型犬用」、フロントラインスポット、
犬用シャンプー、が必要になります。
ご寄付頂けると大変助かります。
よろしくお願いします。



またバーニーズがまだ20匹いるそうです。
大型犬をお預可能な方を探しています。
チワワ、プードル、コーギー、ヨーキー、シーズー、JRテリア
「この子達全頭はJRテリアレスキー様が引き出してくださいます」、

シーズー等が写真で見えました。
現地は夜すごく気温が下がり小型犬達は早くに出してあげたいです。
みんな、もう少しで自由になれるから頑張って。
お迎えに行くから。
憎らしい繁殖業者。
再度業者に転売されないように、現地の団体様にお願していただきました。

[2014/10/22 21:30] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
犬250匹、猫30匹崩壊繁殖場
以前当会もダルメシアン、シーズー等を引き取った繁殖場が
11月10日にその場所を引き渡し廃業することになりました。
ものすごい劣悪環境でそこにおかれている犬猫は
何のために生きているのか分かりません。

この業者は管理が酷いため「動物取扱業」の更新が許可されず、
近所からの苦情等から販売が出来なくなっていました。
しかし悪い人間はどこまでも悪く他の人の名前で他県に申請登録をし販売を続けていました。
悪徳業者は法の抜け道を悪用して生き延びます。

N県の収容施設にとりあえず50匹置いて下さり、
ボランテイアさんが40匹強預かり可能。
残りの子たちを少しずつ手分けしてレスキュー出来ればと思います。
ダックス以外の小型犬ヨーキー、マルチーズ、プードル、ジャックラッセルテリア他、
また大型のバーニーズマウンテンドッグが20匹。猫が30匹いるそうです。

「お預協力出来る方」、または「繁殖場から運搬していただける方」を募集いたします。
きりがないレスキューです。

収容施設にいる犬猫達の方がよほど管理が良くされていると思えるほど繁殖場の子達は悲惨です。
今現在繁殖を続けている業者の下請け「いらなくなった犬猫を引き取ること」はしたくありません。
しかしもう廃業すると言うことなら話は別問題です。
今まで一生のほとんどをケージの中で過ごし、
何度もお産をさせられてきた繁殖用犬猫達をせめて一度でも家庭の温もり、
家族の愛情の中で過ごさせてあげたいと思います。
皆さまお力をお貸しください。

メール info@seiken-joto.org

預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112

[2014/10/11 15:57] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム | 次のページ>>