TopRSS管理
6匹の子犬と母犬
いつもお世話に入っていらっしゃる係りの方にお聞きしました。母犬は子犬を可愛がっていていつも一緒のベットに入って育児をしていたそうです。中に入りお掃除をしようとするとベットから出てきて我慢していたのか、すぐに排泄をするので「膀胱炎にならないか」と心配していたそうです。

水で床を流すために子犬を廊下に出すとまだヨチヨチとしていて転がってしまうそうです。引き取られた日の午前中までお世話された方から「少なくとも12時までは親子一緒にしていました。其のあと午後までお世話に入っていた方も親子は別々にしていない」との証言を頂きました。

翌日仔犬がいなくなってから個別檻に移されたのがあの写真です。
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-2119.html
力なく無気力状態になってうずくまっているそうです。私達「愛護活動」をしている者は「繁殖業者」ではないのですから出来るだけ長い期間を親子兄弟で過ごさせてあげたい。いつかは別々になる日まで。そうする事が「犬としての社会性」を養う事が出来るのです。

当会は今まで十数組の親子を育ててきました。獣医師の指導により「離乳したからとすぐに親から離すのではなく昼間は子犬だけで過ごし夜は一緒にする」と言う形で徐々に引き離していく事が必要だとの事。離乳食を食べれるからと言ってもお乳を吸いながら離乳食も食べて行くのです。

この親子を捨てた元飼い主は今頃この子たちの事は忘れて普通の生活をしているのでしょうか。一番悪いのは「遺棄した飼い主」です。どの愛護団体様も幼気な子犬の姿を見れば「幸せにしてあげたい」と思うのは当然です。今回の親子もある団体様が一緒に引き取る予定をされていたそうですが事情で電話をするのが遅れてしまったそうです。6匹の子犬達は今後、健康に事故等に合わず神様から頂いた大切な命を生涯最後の日まで全う出来ることを遠くから切に祈っています。
[2019/11/13 20:16] | 保護、団体関連 | page top
非情な愛護団体
センターに母犬とまだお乳を吸っていた6匹の子犬が収容されてきました。生後1カ月半ぐらいの小さな子犬達です。しかし昨日訪問した時に期限前なのに子犬だけもういませんでした。聞くところによると「6匹の子犬だけ引き取って行った」と言われ、まだ母犬につけておかなければならない月数の子犬を母犬から奪い取、引き離し、母犬は寂しそうに我が子がいなくなった部屋でうずくまっていました。

何と酷いことをする団体があるのだろうか?毎日お乳を与えていた我が子が一気にいなくなり母犬の気持ちを思うと犬の気持ちも考えずに引き離せる人間がいることに憤りを感じました。引き取るなら親子一緒に引き取るべきではないですか?今だセンターに問題を起こしているある団体のTさん、貴女のやっている事は自己満足だけで犬達の事は何も考えていませんね。犠牲になっているのは犬達です。其の6匹の子犬をすぐに広島まで送ってしまうなど、何と酷い扱いをするのだろうか。多くの認可団体様からもこの扱いには「酷い話だ」と抗議の声が上がっています。自分で抱えきれないほどの犬をただ集めて、これが「真の愛護」なのでしょうか?

他の認可団体様達は「センターの数を少しでも減らそう」とやりくりし確実な引き取を行っています。しかしこのような冷酷、非情な扱いをする団体が出入りする事で、皆、嫌な気持ちで引き取りに行かなければならない事は問題です。いつまでこのように自分勝手な思想でセンターをかき回していくのでしょうか。茨城県動物指導センターはこんな団体を認可したことで「前代未聞の災難」としか言えません。


追記
全部子犬を奪い取られた母犬は別の檻に移され寂しそうに入れられていました。
2019-11-9b-002.jpg



2019-11-11追記
2019-11-11-a.jpg

母犬に安心して寄り添ってお乳を飲んでいた6匹の子犬達。今はもう母犬のぬくもりもない知らない場所引き離されて遠くに送られてしまいました。連れて行かれる我が子の姿をこの母犬はどんな気持ちで見ていたのでしょう。惨い事をする愛護団体があるものです。
[2019/11/09 11:25] | 保護、団体関連 | page top
生まれては捨てられる子犬達
後を絶たない捨てられる子犬たち。生後3か月ぐらいになるまで飼い主は飼っていたことになります。人馴れしているところを見ればどこかに母犬もいるのでしょう。そして子犬だけ飼い主は捨ててしまったと思います。自分の所で生まれた子犬を捨てる事が出来る人間がいるなんて理解できません。捨てるぐらいならどうして「1回の手術」を受けさせてあげられないのでしょうか?「殺処分0」と世の中に蔓延している言葉だけが広まっても現実はこの状況です。この子たちは3団体で「当会も含む」引き取り助けますがこれで終わりではないのです。次から次へと収容されてくる子犬達。責任をもって命を受け継いでいただける里親様を求めます。メス2、オス2です。生後6か月の時「来年2月」に必ず手術を受けて頂く事が条件です。当会とのお約束を守れない方はご遠慮ください「そのような方がいらっしゃいますので」。クリーム色がオス2、メス1、茶色がメスです。可愛い子たちです。幸せにしてあげて下さい。

2019-11-3-001-h.jpg 2019-11-3-002-h.jpg
[2019/11/03 14:46] | 保護、団体関連 | page top
犬の幸せとは?
多くの動物と地球上の人間は共存をしています。その中で「犬」と言う動物は一番人間の気持ちに沿いながら多くの貢献をしてくれています。皆様の飼われている犬達はきっと心の支え、癒し、家族として大きな存在として一生を終える事が出来ると信じています。当会のような「保護活動」をするという団体様が増えたのは良い事と喜ぶ半面、趣旨が違う方向に動いている団体も多くあります。

現在の日本の自治体では収容動物を全て「処分せず生かす」という事は不可能です。それには「飼い主の意識の向上」「不妊去勢手術の実施」「鑑札の装着」等犬を飼う前の知識を充分に持つことが如何に必要な事か。収容犬を「処分されないように」と茨城の問題の団体は昨年同様に又警察を呼び所長に抗議をしたようですね。また道路の道沿いに夜は人もいないコンテナをどんどん作りケージに閉じ込められて生かされている犬達の環境はとても「動物愛護」とはかけ離れた保護活動だと思います。

河川の氾濫、台風、地震などの危険性をどう考えるのでしょうか?センター長様の言葉「引き出す対象にならない咬み犬、人馴れしていない犬が飼い主も見つからずただ置かれている事が幸せと思いますか?」と言われた言葉は当然です。犬と言う動物は「1匹ずつ手をかけてもらえる飼い主の元で生きる事が本来の姿です」。こうして「処分されるから」とただ引きとることをしてその犬達に責任を持つことも出来ないまま多くを保護すれば、満杯を避けるためにお声がかかれば里親様の審査基準も甘くなりお渡ししてしまう事も考えられます。狂気の沙汰としか思えません。

当会が里親様の基準をかなり厳しく審査しご縁を繋げると言う事は会としてその犬の「一生に責任があるから」なのです。ただ「置き場所」だけ作り「生かしておくだけ」の事は必ずどこかにしわ寄せが起こることは確実です。周りを見て判断できなくなる「目蔵状態の保護」は絶対にしてはいけない事なのですが、それに気が付かない意識の団体もあることを皆様、お知りおきください。
[2019/10/23 12:17] | 保護、団体関連 | page top
今後抱えている問題
日本は現在「高齢化社会」という状況になっています。犬猫がどれ程人間の心を癒し支えてくれるかその功績は計り知れません。しかしその反面高齢者からの「飼えなくなった」との理由でセンターに放棄される高齢ペットたちの多さ。その高齢犬猫を再度里親様が「引き取ってあげましょう」と言うお申し出はほぼ皆無です。若い犬、子犬には多くの応募が殺到しますが、年数を重ねてきた子たちは「処分」という刻印が押されてしまうのは、全国での現実です。

今まで当会にも多くの相談電話が入りましたが、ほとんどが「高齢者からの放棄依頼」でした。いくら引き取ってあげたいと思ってもそれを全てやっていたら「愛護団体崩壊」になってしまいます。事情を聴いて確かにどうにもならないと感じた子達は引き取り最後まで会の保護犬として天国に行くときまでお世話しています。

犬猫は「ペットショップ」に行けば簡単に買う事は出来ます。買ったその日から15−16年間、最後の日まで自分でお世話が出来るかどうか、「買う前」に一度冷静になり考えて下さい。また保護犬達を多くの団体様も「譲渡会」を開催し「ご縁繋ぎ」の活動をされていますが、保護犬も同じです。ご家族で1匹の命を引き取ると言う事の「責任の重さ」を良く考えていただきたいと思います。

当会はご高齢の方には「シニア犬猫」をお願いをしていますので絶対に引き取れないと思わないでご相談頂ければと思います。ここに「ももこ姫様」のブログを転載いたします。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12533011749.html

「東洋経済オンライン」から「ガス室で命を絶たれる元飼い犬たちの叫び」をお読みいただきたいと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191006-00305875-toyo-soci

飼い主を持ちながら知らない場所で「お迎えが来ること」を最後までひたすら待っているシニアペットたちの心を思うと余りにも悲痛です。
[2019/10/06 15:19] | 保護、団体関連 | page top
ピースワンコジャパン書類送検の結果報告
「法律とは何のためにあるのか」当会も賛同団体として行動してまいりましたがいくら違法なことが起きてもピースワンコを法的に排除できないこの現実に落胆いたします。法律とは「何のために誰のためにあるのでしょうか?悪の味方なのですか?」日本はまだまだ「動物福祉」には後進国です。

シェルターにただ「生かされているだけの命」。「殺処分0」の意味がはき違えられ、ただ引き取りし「処分されなければそれで良い」というような偏った考えで詰め込まれた犬達。一生ただ生きているだけの「生き地獄」。ましてこの団体は「不妊手術をしない」で里親様に譲渡したり保護場所でもオスメス一緒に置きそこで又繁殖が起き何のための「愛護活動」なのだろうか。「動物愛護」の意識が向上している中でのこのような活動はいかがなものでしょうか?


ピースワンコジャパン書類送検の結果報告:日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク

[2019/09/18 16:11] | 保護、団体関連 | page top
多くの譲渡団体が動き出しました
茨城県センターの悪夢のような騒動の後やっと収容房の数も落ち着き元のような管理が出来るセンターになりました。しかし毎日収容されてくる犬の頭数がまた増えてしまえば元の状態に逆戻りになりその結果、処分も仕方ない選択となります。その中でいくらがむしゃらに引き取りをしたところで解決策には絶対になりません。そこで多くの「茨城県譲渡団体様、個人ボラ様達」が「センター収容0」に向かって動き出しました。

まだまだ茨城県の飼い主に「不妊去勢手術を受けさせる」事の重要性が理解されず、「手術補助金」も市により交付されていますが、それを使ってまで犬にお金をかけて手術をして飼うという事が残念なことに浸透していないのが現実です。まず「無料手術」をして行こうと茨城県愛護団体複数、個人ボランティアさん達が企画をし、市役所の許可、センター指導課の許可も頂き、チラシの設置完了。

いよいよ10月「小美玉市」を皮切りに獣医さんを派遣しこれ以上繁殖が繰り返されないように「無料不妊去勢手術」を行う予定です。本来なら手術代の一部でも飼い主に負担してもらうのが本筋ですがそれをやっていたら今の茨城県の現状は変わりません。「処分するな」と罵声を上げるより「センターに入らないような対策」をする事の方がどれだけ効果がある、利口な優先課題だと、知識のおありの方でしたら即、お分かりになると思います。

当会も協力団体として活動してまいります。今回素晴らしい事はこのように譲渡団体同士、自ら「手術」をして「処分を減らそう」と立ち上がり行政を動かしていく行動が生まれた事は本当に賞賛できることなのです。私が願っているのは「愛護団体同士、力を合わせ協力し、真の動物愛護のために活動していく」事です。

どこの団体からも協力を得られないような団体には将来の改善は出来ません。どうぞ皆様、この「いばらぎ手術基金」にも応援をお願い致します。まだ立ち上がったばかりでホームページも作成中ですが出来上がりましたら掲載いたします。きっとこのキャンペーンが成功し継続出来れば茨城県の収容頭数も激減するはずです。今後は自治体、センターとも協働で「不幸な命を生まない」対策を早急に実行してまいります。応援を切にお願い申し上げます。
[2019/08/29 15:02] | 保護、団体関連 | page top
こんなに元気になりました
駐車場に衰弱してうずくまっていた子猫の「ひまわりちゃん」。ママ猫、お姉さん猫ともはぐれて雨に当たり声も出せないほどの状況でMさんに助けられました。あれから約12日が過ぎ今はとっても元気になりおもちゃに、じゃれて遊びます。ケージの上にも飛び乗るほどにお転婆さんになりました。

2019-7-15-001.jpg

2019-7-15-002.jpg


食欲も今まで食べたり食べなかったりで心配しましたが今は1日4回の食事も待てない程かぶりつくように食べています。便の状態が少し下痢便なので今お薬を飲んでいます。体重も多分470グラムぐらい?になったと思います。

生後5週位なのでワクチンもまだ出来ませんしカリカリフードを食べれるようになるまでは長時間お留守番もさせられません。ひまわりちゃんは不思議と「ミャーミャー」泣きません。1匹で大人しくケージに入っています。抱っこしているとうとうととして眠ってしまうような甘えん坊さんです。呼ぶとハスキーボイスで返事をしてくれるとっても可愛い子です。

2019-7-15-003.jpg

2019-7-15-004.jpg

2019-7-15-005.jpg

2019-7-15-006.jpg


募集はワクチンをしてから掲載いたしますので7月末頃?になります。ただ遠方の方には申し訳ございませんが町田市、横浜青葉区近隣の方限定でお願いいたします。


[2019/07/15 16:34] | 保護、団体関連 | page top
子猫のこと
保護していただいた子猫「ひまわりちゃん」のママ猫と姉妹子猫と思われる親子がお腹を空かして現れました。子猫はママの姿を見るとすぐにお乳を吸いに行くそうです。お腹もすいてるのでしょう。きっとママも栄養が足りないのでしょうね。

ひまわりちゃんも栄養失調でやっと保護して5日目から食べるようになり「ひまちゃん」と呼ぶと声は出さずに口を開いて返事をしてくれます。もう手にスリスリして懐いています。ただこの気候の変動で1匹になり寒いらしくペットボトルにお湯を入れて保温してあげています。泣きもせず大人しい子です。

でも昨晩はリボンをちらちらさせると猫らしくじゃれてくれました。良かった生き延びられてる。でもこの子たちの兄弟は2匹だけ生まれると言う事はないのでもっと小さい時にカラスに食べられてしまったのか、死んでしまったのか2匹だけをママは必死で育てていました。動物の母性愛は人間以上ですね。捕獲してあげたくともこの場所は「ハクビシン」が出没するそうで捕獲機を設置してもそれが入ってしまうかもしれず出来ません。何とか今後手術する事が出来れば、またもう1匹の子猫が保護出来ればと思います。

2019-7-9-7.jpeg

[2019/07/09 17:00] | 保護、団体関連 | page top
認可団体として恥じない行動を
各自治体には協働で「譲渡事業を推進」して頂く「譲渡認可団体」を認可しています。当会も神奈川県動物保護センターを最初に、東京都、川崎市、そして茨城県と4自治体の収容犬猫を引取り里親様に繋ぐ活動を足かけ30年近く行っています。「認可団体」と認めて頂いた以上、当会の背中には「センターの看板を背負っている」という重責を何時も感じていました。

この活動の初期にはセンターからの引き取りも問題を起こしたらすぐに「譲渡は止める」と言われる位でしたから慎重に水面下での活動をしてきました。ですので「吠え声の苦情、逸走の注意、咬傷事故の事故が起きないように」等、絶対に生じないように細心の神経を使いセンターからの犬猫をお預りさせていただきました。

センターに収容された犬達を1匹でも「再度太陽の下に出してあげたい」という思いで「譲渡の道筋をつける」という難題に取り組んできました。そして長い年月を経て現在その「譲渡事業」が当然の形として多くの団体様に受け入れられています。医療費もフード代も全てスタッフの身銭を削り乗り越えてきたのです。

現在は各自治体で「団体に生活支援」という支援金を出すようになりました。しかし茨城県の引き出しが県外の団体様が多い為その事を「茨城から沢山出すのは支援金が欲しいからだ」と言ってネットに掲載している団体があるとか。何という言葉でしょうか?そのようにしか考えられないのでしょうか。当会は「茨城県の犬猫の不妊去勢手術代に使用して欲しい」と言う事で支援金は辞退させていただいておりますのでここに明記させていただきます。

多くの当会を支えて下さっていらっしゃる皆様の有難いご寄附を使わせていただき今まで犬猫を沢山救う事が出来ました。しかし認可団体として活動する以上「警察、弁護士、議員」の名前を使って攻撃し自分の自己中心的な考えを押し付けることは恥ずべき行動で何の「動物愛護」に繋がる物ではありません。そんなに文句があるのでしたら「認可団体を辞める」という事も出来るのですからご検討いただければと思います。自治体と足並みそろえて、協力し合いながら活動していく事が一番大切な事なのです。

今、私達譲渡団体、個人ボラの方々が立ち上がり皆で「各市町村に呼び掛け不妊去勢手術のキャンペーンを展開していこう」という企画も進めています。そうなんです、こうして多くの団体様が手を取り合い「センターに収容される犬猫を減らしていこう」という気持ちが価値ある活動なのです。当会は県内の団体ではありませんが「茨城の犬猫達のために」更に開拓していく意気込みで動きます。皆様どうかご協力をお願い申し上げます。
[2019/07/07 14:54] | 保護、団体関連 | page top
衰弱していた赤ちゃん猫
7月3日朝、会のMさんから電話がありました。「マンションの駐車場に小さな子猫がうずくまっている。もう声も出ないほどに弱っている、どうしたらいいか?」という事でした。「すぐに病院に連れてきてください」と連絡し病院で待ち合わせ。手のひらに乗るぐらいの生後1か月ぐらいの赤ちゃん。ガリガリに痩せてあばら骨が触れるほどです。

すぐに先生が対処して下さり「低体温になっていて36度しかありません」と即入院し点滴を入れて下さいました。ものすごいノミがたかり、フロントラインを2回垂らしました。そして今日7日無事に退院出来ました。マンションの方に聞くと「毎年子猫を連れてくる母猫がいる。しかし捕まらない」との事。昨日も子猫1匹を連れて母猫が来たそうです。そしていなくなった子猫を探しているのか、呼んでいるのか大きな声で鳴いていたそうです。

この母猫も手術し地域猫として生きる道を与えてあげたいと思いますが「捕獲檻」は自治体での貸し出しは無く、また設置して頂くにも他の住民の方の協力がないと不可能な状況の場所だそうです。とりあえずこの子は助けられたのですから良い里親様に繋げられるように保護いたします。
2019-7-7-002.jpg

2019-7-7-003.jpg

2019-7-7-001.jpg

最初360グラムしかない体重も420グラムに増えました。このぐらいの月数でしたら十分に人間に懐きますがこれから先、生後3か月以上になったらまず人間との共存できることは難しくなります。早くに保護出来て良かったです。我が家の犬達は皆、子猫ちゃんに興味がありますが吠えたり、威嚇する事はしません。しかしノミが完全に除去できるまでは2階で隔離生活です。元気に大きくなーれ。名前は「ひまわりちゃん」呼び名「ひまちゃん」です。良いご縁を望んでいます。里親様募集です。
[2019/07/07 14:50] | 保護、団体関連 | page top
チコちゃんの息子たち2匹
これは鼻に白があるジョン「現在ノア」君の様子です。先住犬のお兄ちゃんルイ君と仲良く過ごしている様子です。大きく成りましたね。またいつか皆で合える日がある事楽しみにしております。鎌倉市のY様宜しくお願いいたします。

2019-6-23c-003.jpg

2019-6-23c-001.jpg

2019-6-23c-002.jpg



1匹だけクリームだったジョージ君「現在くうちゃん」。綺麗なクリーム色は変わりませんね。でも随分と足が長くなりなかなかハンサムボーイですよ。葉山市のS様これからだんだん活発になりますからどうぞ気を付けて楽しい生活をさせてあげて下さい。
こうして3匹の子「虎徹、ノア、クウ」ちゃんの成長を拝見出来嬉しかったです。ありがとうございました。

2019-6-23c-4.jpg


[2019/06/24 15:54] | 保護、団体関連 | page top
関西から助けられてきた子達
昨晩は関西からレスキューされた犬達が運ばれてきて東京、神奈川の団体様がお迎えに集まってくださいました。当会も3匹の子達をお引き受けしました。

この活動をされていらっしゃいますN氏は繁殖業者と「1年目には何匹、2年目には何匹まで減らして行くという予定を出させ最終的には廃業する」という確約を取りレスキューしています。今回は3カ所の業者が廃業との事と新規に入る繁殖場のオーナーとの交渉で搬送が他の方になりました。当会は繁殖場の犬達も保護しておりますが、「営業をして辞めるつもりもない中で要らなくなった犬を愛護団体に渡すような業者のお手伝いは致しません」。この世から「繁殖業が皆無になる事を目指していますから」。

お迎え場所に行っていただくと「コッカーがいない、チワワ2匹しかいません」と電話があり「えっ?どうしたんでしょう、まさか逃げてしまったのか?」と心配していました。また他の団体様が間違えてお持ちになったのか。それならそれで構わないのですが。しばらくすると到着場所の「病院にいました」という電話で搬送していただきましたSさんは再度都築区までお迎えに向かってくださいました。そして無事に3匹の子は当会で保護が出来ました。あー、昨日は朝から大忙しの1日でした。夕飯も10時になってしまい、今朝は寝坊してしまって、飛び起きました。皆様本当にお疲れ様でした。

2019-6-23r-002.jpg

2019-6-23r-003.jpg

2019-6-23r-001.jpg

[2019/06/24 15:47] | 保護、団体関連 | page top
以前に愛護団体施設でも
大分前になりますが、ある東京の愛護団体の施設において「ワクチン接種の犬達からパルボが大量に発症」したことがありました。この団体の代表者が製薬会社を訴えると騒ぎました。製薬会社が現場を視察に来られ結末は「このように大量の犬を過密にいれていた為に、環境が劣悪になり犬達の体調も崩れワクチンの効果が上がらないことが原因」という判断が下されました。慰謝料を求めましたが却下されています。

今回の茨城センターでの「パルボ発生」に関しも外野の方が現場の状況も把握せず勝手な意見をしている事が目につきます。何度も言いますが「発症しても隔離できるスペース」があれば今までも職員の方が必死に治療し何とか回復する犬もいました。

当会の卒業犬「カーラちゃん」は姉妹で収容され2匹とも引き取り予定でした。しかし引き出す前日センターからの電話に「2匹ともパルボです。今から治療しますのでお迎えを伸ばしてください」と連絡がありました。そして残念なことに妹犬が亡くなってしまいましたがカーラちゃんはパルボに打ち勝って今も元気に家族として大切にされています。その様に同じ姉妹犬であっても免疫力,、体調の状態で明暗を分けました。

しかし今回の事で昨日も急遽、認可団体様「神奈川」が譲渡用「外に置かれている犬」の2匹を引き出しに来てくださいました。ありがとうございます。皆で協力し合い連絡を取りながらセンターの状況を少しでも良くなればという思いで動いて下さっています。どこかの団体のように、ただ「センターを脅して改善させる」事が如何に意味のない愚策であるか、賢明な皆様ならご理解頂けると思います。

また事実を把握もしていない方がセンターに電話を入れるような事は絶対にしないでください。そうなれば犬達の管理する時間も治療する時間も無くなります。それが如何に「犬達のためにならない」かがお分かりになるでしょう。どこの自治体にも「問題の愛護団
体」はいます。しかしそれを水面下で自治体の毅然とした対応があれば、このような場当たり的な考えの団体は排除できたはずです。そこに関しては今後茨城県は考えて行かなければならない問題でしょう。

[2019/06/21 16:14] | 保護、団体関連 | page top
ピースウィンズジャパン書類送検
広島の「ピースワンコ」が過密な環境で犬を保護しその施設で2匹の犬が殺された「動物愛護法違反容疑」で代表52歳の男性と元職員女性が警察で書類送検されました。NHKニュースに掲載されています。
https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20190604/0004545.html
2019-6-4-1.png


「ももこ姫」様のブログに出ています。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12467337767.html
[2019/06/05 15:22] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム | 次のページ>>