TopRSS管理
捕獲が出来ない母犬
2022-7-23-1.png

つくば市で今まで3回出産している母犬の捕獲に努力されている「しっぽの仲間」様からのお写真です。当会でも今までに乳呑児で生後2日目からのこの母犬の子犬を2回「12匹」引き受け育て、トレーニングをし家族として里親様に迎えて頂きました。しかしこの母犬「ララちゃんと命名」は警戒心が強く捕獲檻を設置してもダメ。

Sさんは毎日の様に「から揚げ」を持って現地に行き捕獲を試みていますがこの2年半どうしても保護出来ません。また来月にはシーズンが来て10月頃には9匹の子犬を生む可能性があります。この母犬「ララちゃん」の母犬「祖母犬」も捨てられた犬から3匹産まれた中の1匹でした。1匹は死亡、1匹は猟友会で射殺されこのララちゃんだけが生き延びました。その様子を見ていたララちゃんは人間に対して非常に警戒心を持っています。それは当然の事です。

このようにたった1匹の犬を手術もせず生まれては捨ててしまう飼い主が1人いるだけで子々孫々まで不幸の連鎖は終わりません。猛暑の中、捕獲スペースの設置をしましたが警戒して入ってくれないようです。本当にご苦労様です。このような1つ1つの案件をセンター側も積極的に働いてくださるように切に願います。そうしなければセンターの収容頭数は絶対に減少しません。そして野犬化した犬だけが収容されて団体側も引き出せる状態の犬ではない為どんどん溜まって行ってしまいます。譲渡推進の前に入らないような「蛇口を閉める」事に尽力いただければとお願い致します。



2022-7-28追記
つくばの母犬が27日しっぽの仲間のSさんの努力で捕獲出来ました。
[2022/07/28 15:01] | 保護、団体関連 | page top
神威、生後2週間になりました。
お鼻の奇形で生まれたシーズーの赤ちゃんは今日生後2週間になりました。300グラムになり元気一杯。このままスクスク大きくなってね!
2021-10-5s.jpg



ガルル~っと文句を言う「オレ様」ボーイになってきました(笑)
https://twitter.com/NpoSeikenJouto/status/1445333626267201537




[2021/10/05 19:28] | 保護、団体関連 | page top
緊急事態宣言下の引取り
東京だけでなくとうとう茨城県も「緊急事態宣言」が発令されてしまいました。当会がセンターに引き取に行くと言う事は東京—神奈川県—埼玉県—千葉県—茨城県と4県をまたいでの移動になってしまいます。県をまたいでの移動は自粛するように言われている中で直接センターまで伺う事は良くない事です。

しかし予約してある最後の1匹を引き取らなくてはならず、そこでまた茨城の愛護団体様にお願をして朝センターまでお迎えに行っていただき途中の三郷インターまで運んで頂きました。今日から「パラリンピック」が開催のため首都高速は車の数も少なく「料金が1000円加算のためか」空いていて今までの半分ぐらいの時間で行く事が出来ました。

今日の引き取りはパグの女の子だけ。
2021-8-24-003.jpg

2021-8-24-004.jpg

2021-8-24-002.jpg

2021-8-24-001.jpg

かなり繁殖に使われていたようでお乳も垂れ下がり皮膚は禿げ禿げ。それでもニコニコとご挨拶してくれました。収容時「膣脱」だったためセンターで処置もしておいてくださり元気に引き取が出来ました。

繁殖業者が遺棄したようです。帰りは「ブルーインパルス」がスカイツリーの近くを飛ぶ姿を高速道路上で見る事が出来るかなと思いましたが空いていたため2時前には通り過ぎてしまい残念、見られませんでした。しばらくセンターには行かれそうにありませんがどうか職員の方々、犬猫達の事をお願い致します。また宣言が解除されましたら伺いたいと思っています。

何度も搬送いただきましたNPO法人「しっぽの仲間」S様、暑い中ありがとうございました。パグちゃんの幸せなご縁を探します。
[2021/08/24 21:40] | 保護、団体関連 | page top
天使の成長記録3

海ちゃん、空君も目が開きました。
2021-8-8s-001.jpg

2021-8-8s-002.jpg


ラキ君、アーヌちゃんの目が開きました。
2021-8-8y-1.jpg

2021-8-8y-2.jpg


8月18日生後1か月になりましたら「予約受付」の写真を掲載致します。生後2か月過ぎに1回目のワクチン接種後譲渡いたします「9月末頃」。そろそろ性格の違いも出てきています。3カ所のお預り人の方とも相談をしてその子に合ったご家族様を検討してい行きたいと思います。

[2021/08/08 12:16] | 保護、団体関連 | page top
三葉と四葉 成長記録
三葉と四葉ミルクは1回に120cc飲み干し体重は800~900gになりました。
一番チビだった白の四葉が、ブチの三葉を抜いて大きくなりました。

2021-8-7-002.jpg

2021-8-7-001.jpg


時々、お座りして周りを見たり、声かけに反応したり、可愛い時期に突入してます。


哺乳瓶が空になってもなかなか離しません(笑)
2021-8-7-3.gif


[2021/08/07 13:08] | 保護、団体関連 | page top
天使たちの成長記録
生後2週が過ぎ少しづつ目が開き始めました。
ミルクも1回に60から80CCを飲んですくすく成長しています。
離乳まで6匹のミルクが相当必要になります。
もしご支援していただけましたらお願い致します。
子犬用粉ミルクでしたら銘柄は構いません。

名前は空、海、三つ葉、四つ葉、ラキ、アーヌちゃんです。

2021-8-3-004.jpg

2021-8-3-001.jpg

2021-8-3-002.jpg

2021-8-3-003.jpg


[2021/08/03 13:18] | 保護、団体関連 | page top
小さな天使がやってきました
茨城県で前回も10匹の赤ちゃんを産んでしまった野犬の母犬から今年もまた10匹の赤ちゃんが生まれてしまいました。みな400−500グラムの元気な兄弟姉妹犬です。茨城の団体様が10時に哺乳して頂き当会が三郷インターでの引き取が1時。暑さもあり全員が大合唱で「お腹すいたー」と泣きわめいています。

行きも帰りも高速道路は気味悪いほどがらがら状態。クーラーも効いた車の中で皆気持ちよさそうに保冷剤のタオルに乗り大人しく横浜の病院まで到着。先生の奥様がミルクを用意して待っていただきました。すぐに体重測定と哺乳開始です。グビグビお腹がポッコリする程沢山飲みました。見ていてこちらまで気持ちが癒されます。動物の生きようとする姿にはいつでも素晴らしいオーラを感じますね。

2021-7-31-001.jpg

2021-7-31-002.jpg

2021-7-31-003.jpg

2021-7-31-004.jpg

2021-7-31-005.jpg

2021-7-31-006.jpg

この子達は3カ所の保育場所で育てて頂きます。7月18日生まれ「現在生後2週齢」。もうすぐ目が開きそうです。モーモー柄、白茶ブチ、白い子とこれから6匹はそれぞれの幸せな家族の元にスタートです。他の4匹は昨日茨城の他の団体様の所でお世話になっています。10匹とも全員が幸せになれますように。



PS。リツ、サン、アロー、ウィロー、まめ丸、オレオ君。あなた達の兄弟ですよ。みんな元気ですか?
[2021/07/31 18:56] | 保護、団体関連 | page top
愛護相談センターより引取

保護依頼の黒柴さんを東京都動物愛護相談センターより引取しました。

2021-7-8-1.jpg

警察に預かりして頂いた期間に飼い主のお迎えがなくセンターに搬送されました。収容期間が終了して当会で引取いたしました。鑑札、名札も着いていませんでした。これではお家に帰れませんね。

皆様の愛犬達は着いていますか?一生最後まで飼育することの中で連絡先を着けておくことは一番大切なことです。後日募集開始致しますので宜しくお願い致します。

[2021/07/08 16:07] | 保護、団体関連 | page top
久しぶりの引取り
東京はまだ緊急事態宣言中でしたが、引き取り予定の犬達の事が心配だったため意を決して茨城へと向かいました。また新規の委託会社の方のセンター管理がどうなっているのかも心配でしたが思ったほど酷くはなっていませんでした。収容頭数も最近は落ち着いてきていて少し減少したことは安心いたしました。

今日の引き取りは2匹。ビビリの柴犬系さんとフレンドリーなミックス系の2歳位の女の子たち。

2021-6-17-002.jpg

2021-6-17-003.jpg

2021-6-17-001.jpg



長い間自治体のセンターに出入りをさせて頂いています当会はいろいろな気が付く事、要望などがありお話させて頂きました。内容はここでは伏せておきますが自治体の今後の役割、譲渡事業の体勢についてお時間を頂きセンター長様、以前譲渡でお世話になりましたY様「課長になられました」と前向きなお話をさせて頂きました。理想となる譲渡活動を願っている当会の思いが叶いますように。

行きも帰りも道路は空いていてスイスイと走りました。犬達も東京までの道程はケージの中で大人しく良い子でいました。これからケアー、診察、手術をして良いご縁を探したいと思います。この子達は首輪も付けていて、いかにも飼い主がいるような子です。いなくなった愛犬の事が心配にならないのでしょうか?

「縁あり家族になった犬」を最後まで責任をもって飼ってください。


[2021/06/17 23:58] | 保護、団体関連 | page top
保護犬エール君の近況
近況報告です。
群馬から運ばれて来た、エール君はすっかり変わり人間、
犬の後を着いて歩く迄になりました。
今までどれ程緊張していたのでしょうか。
子犬らしさが出て来ました。
引き取って6日目でここまで変化しました。。
お預かりの家族と同居犬のお陰です。






[2021/01/29 07:52] | 保護、団体関連 | page top
群馬県から来た子犬達
群馬県の団体様がセンターで見て来た子犬達。前橋はセンターがなく保健所で収容されるそうです。ですから他の業務もあり子犬に手をかけてあげられないで2か月程置かれているとか。この子たちの母犬が野良さんで捕まらず赤ちゃんを産んでいるようです。子犬達は母犬の行動を学習してしまうため早くに保護し人間との繋がりを学習しないと難しくなります。

保健所ではこのような子は譲渡が出来ず、処分対象になるそうです。

男の子ちまき君「新らしい名前はエール」と
2021-1-24-002.jpg

2021-1-24-003.jpg

女の子はしろみちゃん。
2021-1-24-1.jpg


FUNFUN様で引き渡しの場をお借り出来ました。

ボイジャーから出した途端、隅に逃げてしまいました。初めて首輪を着けたので引っ張られるとびっくりしてしまいます。ただ怖くても咬むことがないので人間との共存は時間がかかると思いますが可能と思います。これから脱走させないように慎重に保護しトレーニングをしてから里親様募集を致します。

まだまだ東京、神奈川以外はこのように子犬が産まれては処分の悪循環が続いています。雨の中「DR群馬様」はこの子達を救いたい気持ちで車を走らせて連れてこられました。同じ活動をしている当会もその「処分されるのは避けたい」と言う気持ちは痛いほど分かります。全ての子を救う事は出来ませんがお預りのI様が協力頂けるとのことで引き取する事が出来ました。男の子は当会で、女の子は神奈川の団体様で保護していきます。

野良さんだったのにペットシーツでトイレが出来たそうです。エール君、授かった命を幸せに向かって頑張ろうね。

[2021/01/24 12:53] | 保護、団体関連 | page top
あのおぞましい京都事件の事
犬猫の命の代償がたった30万円の罰金でピリオドになった事件。.本当にそれで済んでしまうような事だったのでしょうか?「ベビーキャットレスキュー」様のブログを拝読いたし、全くもって同感なのでここに記載いたします。
https://ameblo.jp/babycat-trainer/entry-12644096045.html

「判決結果ではなく関係者のあいまいな態度に怒りを覚える」と書かれています。保護活動をしていた人間の虐待事件は警察としても事例がなく、事件として動く範囲も限られていたようです。ただ1人の保護主さんが猫の遺体を解剖に出したことで「30万円の罰金の略式起訴」と言う事になった。

この増山を擁護した弁護士の言い分は「諸悪の根源は行政の犯罪。殺処分である」と言う全く的を外れた弁護でこの増山は重罪を免れたと思うが、この弁護士もある関係者の1人。「遠方から犬を増山に渡した団体は知らんぷり、なかったことにしている」と記載していますが当会としてもセンターに「この事件の調査を依頼」してきました。このような事例を放置する事は動物行政がいつまでも良い方向に改善できない要因の1つになっている。関係した団体、ボランティアが、長い間閉じ込めら餓死して「苦しんで死んでいった犬猫達の命の尊厳」を弔う気持ちがあるのであれば一丸となって調査し詳細を公表するぐらいの行動に出なかったことは残念な結果です。素性も確認せず、保護活動家に安易に横流しをしたことが「諸悪の根源」ではないですか?。責任の転嫁で言い逃れは許せません。

この事件はまだ終わったことではありません。また起きる事と思います。餓死させられて行った犬猫達の苦しみを皆さまの記憶にもしっかりと、とどめておいていただきたいと願います。
[2021/01/15 21:09] | 保護、団体関連 | page top
8時間かけての救出
譲渡会が終わってから夜8時、関西から繁殖場廃止のための業者引取りの犬達4匹をお迎えに行ってきました。ワゴン車に満載された犬達。19匹の犬達はボイジャーも重なって上の子たちは半分落ちるような恰好のまま8時間の長旅に耐えて東京まで運ばれてきました。

2020-12-21-4.jpg

その姿を見ると何とも日本の「ペット業界」の悲惨さが浮き彫りになります。しかしこの子たちはまだ幸運です。ぼろぼろの体になっていても愛護団体に手分けし渡され手厚く治療してもらいピカピカに生き返り幸せなスタートが出来るのですから。


柴犬の母犬はどれだけ今まで産まされていたのかお乳はぶら下がり、体中から悪臭が漂いあちこち毛が禿げて痒がっています。病院で検査していただきましたが「疥癬」「アカラス」等の疾患は見られませんでしたが長期にわたる汚さから皮膚炎を起こしているようです。
2020-12-21-3.jpg
これから毎週注射の通院、投薬治療をしていきます。性格は優しい子たちですが仲間がいなくなり不安なのでしょう、泣いています。

2020-12-21-1.jpg

2020-12-21-5.jpg

2020-12-21-2.jpg



地獄のような繁殖場から救い出され幸せな将来に向かってスタートです。皆様この子達を応援してあげて下さい。譲渡会、そして引き取と1日協力をして下さった若手スタッフY様。長時間の活動協力をありがとうございました。

[2020/12/21 11:52] | 保護、団体関連 | page top
繁殖場より3匹の引取り

前回引き取った子猫が先天性奇形で亡くなってしまいました。その事を業者の方にお伝えしその子の母猫は今後このような奇形な子を出産したので繁殖は止めるように話したところ素直に「そういたします」と言う事で今回引き取りました。

2020-11-28-001.jpg

2020-11-28-004.jpg

2020-11-28-005.jpg



その他に犬2匹。かなり酷い鼠経ヘルニアでまず痩せさせないと手術も出来ないとの事。小さなポメラニアンの子は無理な繁殖をさせられていたのでしょう。3歳とのことですが歯はボロボロ。とても3歳とは思えません。
2020-11-29p-002.jpg

2020-11-29p-001.jpg




もう1匹は大きなヨーキーさん。2歳とのことですがこの子もその年齢には見えません。でもこれから自由な生活が出来ます。
2020-11-28-002.jpg


ボランティアがこの子達の事を思い幸せにしてあげたいという活動を見て業者の方の意識が変わるように指導しながら縮小していくように協力をしています。この世の中から「繁殖場」が皆無になるよう願います。

「お金で命を買わないでください」
皆様が不幸な子を減らすために出来る唯一の協力です。
[2020/11/28 21:36] | 保護、団体関連 | page top
京都犬猫保護活動家の逮捕
今年6月に表面化した京都市八幡で起きた犬猫保護活動をしている「増山珠美」容疑者がやっと逮捕された。引き取られたままのボイジャーに入れられゴミの山の中で餓死させられていた多くの犬猫達。クーラーもない部屋のボイジャに入れて放置されていたミイラ化したやせ細った犬猫達の最後はどれだけ辛く苦しく息絶えるまでもがいたことだろうか?「看取りで引き取った」と言う容疑者。そこへ多くのボランティア団体、個人が困っている犬猫を砂糖に群がるアリのように次から次へと渡して来た。

しかし少し考えれば分かることではないか。1匹の犬の介護ですら相当の時間、経費、労力が掛かることでありながら次から次へと自分たちで世話が出来ない犬猫を引き取ってくれる「神様的存在」としてこの増山容疑者に渡していた。1人の人間が多頭の看取り等出来るはずはない。「預り人に渡していた」と言う言い訳も「預り人」の存在すらなく矛盾する言葉。

渡したボランティア団体はその後その子たちがどうしているのか、最後どうなったのかも確認もせず忘れ去られた存在の犬猫達。これも「殺処分0」と言う言葉のしわ寄せが起こした結果に過ぎない。「殺処分0」と言っても現実は処分対象になる犬猫は存在している。それをも自分の保護キャパオーバーで置く場所もないのに「殺すな」と言って無責任に増山のような活動家に押し付けたボランティア団体の責任も重大だと思う。

当会が引取り協力をしている茨城県動物指導センターの6匹の犬達もある認可団体からこの増山に渡されている。6匹の犬達は1年間で全て看取りで亡くなったと話したようだが1年で死ぬような犬達ではなかった。この事件をきっかけで他の愛護団体の人たちも現地へ駆けつけ増山と対決し「犬を返せ」と詰め寄ったがその時は事すでに遅し。生きていた犬達のみ助け出されたようだ。今だ「生死」も確認できず消えさった茨城県の6匹の犬達の写真を此処に掲載をすることにした。渡した譲渡団体の方は「ブログを削除」する前にやることはあるのではないですか?この子達の写真に少しでも気持ちがあるのであれば手を合わせて詫びて欲しい。
2020-11-20-001.jpg

2020-11-20-002.jpg

2020-11-20-003.jpg

2020-11-20-004.jpg

2020-11-20-006.jpg

2020-11-20-005.jpg

増山容疑者には厳罰に処して欲しいと要望し二度とこのような事件が起きないことを強く切望している。





2020-11-19-1.png

[2020/11/20 12:35] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム | 次のページ>>