TopRSS管理
【お知らせ等】固定す
■■譲渡会開催について■■


「5月の譲渡会は中止致します」

2021-5-6-1.png


予約制の譲渡会を企画いたしましたが残念なことに感染者数が減ることなく小池都知事から「宣言解除の延長」が検討されました。今月末、又は1か月「6月11日まで」等の延長になりそうです。

折角予約のお申込みを頂きました皆様どうぞ次回の譲渡会でお会い出来ます様願っております。「予約アンケート」頂きました皆様のアンケートはそのままお受けいたしておきます。

変異ウイルスの感染力が強く今までのような譲渡会開催の予防では安全が確認できません。何とか「トライアル予定」の子だけはお届けいたしますがお見合いも来月まで延期させていただきたくお願いいたします。、皆様もくれぐれも「コロナ変異ウイルス」には十分にお気を付けください。

またお会い出来る日を待ち望んでおります。いつもご協力ありがとうございます。




■■医療費支援のお願い■■

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会


どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。


■■当会メールアドレス■■

lovedogcatjp@yahoo.co.jp
こちらのアドレスにお願い致します。

お問い合わせ頂いたメールには必ず返信しています。
アドレス不明でエラーになることもあるので
当会からの返信がない場合は改めてメール送信お願いします。
※迷惑フォルダのご確認もお願いします。


常識に欠ける内容のメールには返信出来ません。
地域外からの応募や条件を無視した応募は審査対象とはならず、これらに対する回答や討論にも応じかねます。何卒、ご理解頂けますようお願い致します。


[2025/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ばんえい競馬は虐待です
「ばんえい競馬」は、最大1トンにもなる重い鉄ソリを馬にひかせること、またソリを引かせながら加重させ山を登らせたり、足場の悪い砂場で競わすこと、そしてレース中の過度な強い鞭打ちなど、馬にとって非常に過酷で苦痛を伴う競技です。動物に対し苦痛やストレスを与えることは、動物福祉という世界の潮流に反するため、みなさんで要望したいと思います。

https://twitter.com/NpoSeikenJouto/status/1387641670947131392
2021-4-29-1.png
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210422/k10012990001000.html

https://news.yahoo.co.jp/articles/693f88574e7f90a6898c0b48dbcda8ab6f01655a

ご賛同頂ける団体様お名前を賛同者に載せさせて頂きたく、ご協力をお願い致します。

[2021/04/29 14:46] | お知らせ お願い お礼等 | page top
明日からの大型連休は動かないで
明日からGWが始まります。しかし今日の東京都感染者数は925人。このままでいけば大阪市と同じ1000人を超える事も時間の問題だと思います。変異ウイルスがもう8割を超えるようになれば感染率が高い為、重症者の数も2倍3倍と抑えがきかない状況に陥る事でしょう。

多くの愛護団体様も譲渡会が開けず先日の新聞に「譲渡会が開けなくなれば引き取りも不可能になり処分が多くなる」と書かれていました。確かに真実だと思います。1日も早く以前のような状況に戻れるためには1人1人が危機意識を強く持って小池都知事を始め各自治体の知事のお言葉に従い「GWはホームステイ」を守り人の流用をなくすように協力をしていきましょう。

「自分だけはいい」と思う人が多くなればそれが感染者数を増加させる要因となります。一番怖いのは「感染する事」より「入院が出来ない」事です。今日の死亡者数が50名と報じられています。自宅待機の方が入院できずに亡くなったり医療現場も本当に崩壊寸前になっています。

当会もトライアルのお届がありましたがとりあえず延期させていただきました。楽しみにお待ちいただいていらしたご家族様、申し訳ございません。飼い主が感染すれば愛犬愛猫達にも可哀想な結果が待ち受ける事でしょう。何とかこの感染者数を減らすために国民一同が気持ちを1つにして「移動自粛」に従っていきましょう。そしてまた元気にお会いしたいと願います。



PS.[緊急事態宣言が11日解除にならず延長になれば残念ですが5月16日の予約制譲渡会も中止致します]
[2021/04/28 21:32] | お知らせ お願い お礼等 | page top
パンダのパンちゃん
2011年2月に長野県のブリーダーから放棄されダルメシアン2匹、シーズー2匹を引き取った中の1匹の子でした。当時はシラミだらけで大変だった記憶があります。

すっかりお目目が白くなって笑顔でこちらを見ているお顔はほんとうに可愛いです。
2021-4-26-2.jpeg


我慢強い子だったという里親様のN様。2年間は癌との戦いで大変だったでしょう。本当に最後まで手を掛けて頂き感謝申し上げます。先月26日にお空に旅立ったお知らせを頂きました。パンダのようなお顔で「パンちゃん」とお預りの方が名付けて頂きました。10年間幸せにして頂きました相模原市のN様。ありがとうございました。
2021-4-26-1.png


[2021/04/27 09:20] | お知らせ お願い お礼等 | page top
東京都飼い主のいない猫の緊急一時保護事業

東京都はオリンピック期間中に会場付近に住んでいる飼い主不明の猫さんを一時的に保護して頂けるボランティア、動物病院を募集しています。頭数は100匹。協力して頂ける方は東京都ホームページをご覧下さい。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ichijihogo.html

2021-4-21-1.png


2021-4-21-2.png


[2021/04/21 19:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
みんなおめでとう
保護犬を迎えて頂きましたご家族様ありがとうございます。未知の場所、未知の方との生活。犬達にしてみればどれ程の不安いっぱいの気持ちで過ごしたか。それにいろいろな生涯、問題行動等大変な努力をされてご家族全員で1匹の子を迎えて下さいました。本当にご理解ありがとうございます。



「プードルのクルミちゃん」
初めての保護犬の里親様として応募頂き、お預り人が帰った後クルミちゃんは一晩中落ち着かずコトコト歩いている音がしていた。そしてトイレを踏んでしまうので足を拭いてあげようとすると逃げ回り捕まらない、ベランダに出てしまった時、捕まえたら咬まれてしまった。ケージを用意しても扉を閉めようとすると飛び出してしまう。そんな毎日で「心が折れそうになった」というお言葉が書かれていました。しかし諦めずご家族で努力されやっと心を開いてくれたクルミちゃん。今は抱っこすると「降りたくない」というぐらいの抱っこ犬に変身しました。本当に「家族として迎えよう」という強い信念と努力でめでたく譲渡になりました。
横浜市野M様ありがとうございました。
2021-4-11-003.jpg




「柴犬の椿ちゃん」
繫殖場から放棄された椿ちゃんはアレルギーがありかなりケアーが大変な期間がありました。お預り人の所である程度の改善は見られましたが今後も継続した食事療法が必要と思います。そんなボロボロの椿ちゃんをすぐに家族としてお迎えくださいました。最初は落ち着かず玄関んでずっとお預り人の方のお迎えを待っていたようです。しかし今はすっかりなじんで楽しい毎日を過ごさせていただいております。
東京小金井市のH様、ありがとうございます。
2021-4-11-001.jpg






「テリアハーフのサラちゃん」
もう10歳位になるサラちゃん。食事も余り食べずガリガリに痩せていました。お預り中も食欲があまりなく太らせるために量を増やすと下痢をしてしまう。そんな子を今まで茨城からの犬を2匹引き取っていただきました里親様が3匹目としてお迎えくださいました。どうしたことかI様のご家庭に行くと食欲も出て3匹で食事を待っている姿はびっくりでした。「お代わりください」と言うような位しっかり食べるようになったそうです。余生がのんびりと幸せに過ごさせて頂ける素晴らしいご縁を頂きました。
町田市のI様、ありがとうございました。
2021-4-11-002.jpg



皆「保護犬」は正常な心と体を取り戻すまで、かなりの時間と試行錯誤しながらの生活が必要です。すぐにそのご家族に合うようなことは決してありません。私達も絶対に失敗しないようにトライアルに行くまでは話し合い、覚悟がおありかの確認、そしてお届と進んでいます。犬達は不安な気持ちを抑えて連れていかれた環境で必死で慣れようとしています。「犬を飼う」と言う事は大変な事です。コロナで「犬を飼う」と言う事が増えているようですが「こんなはずではなかった」と放棄も増えています。安易な飼育は絶体にしないでください。まして「保護犬の里親」になると言う事は「強い信念と愛情」が無ければご無理と思います。

今迄家族にお迎えいただきました皆様。ありがとうございます。
[2021/04/11 13:22] | お知らせ お願い お礼等 | page top
乳呑児だったサンディー君

昨年6匹の目も開かない乳飲み子がセンターに収容されました。そのうちの1匹だったサンディーちゃんは身体が一回りも他の子と比べ小さく育たないかもしれないとのことで当会でお引き受けしました。時間はかかっても哺乳瓶からミルクを飲んでくれて安心しましたが下痢を繰り返し病院へと通院しながらの子育てでした。目が開き出すとどんどん成長していき性格も大らかな良い子に育ちました。1歳になったサンチャン。なかなかイケメンさんになりましたね。これからも元気で楽しく生活が出来ますように。近況報告を頂きました


2021-4-4s-001.jpg

2021-4-4s-002.jpg

2021-4-4s-003.jpg


体重は13.5キロで、体重はあまり増えなくなってきました。
ご飯も待てもできるようになり、
勢いよく食べることはなくなり、しっかり噛んで食べています。

最近はフリスビーがキャッチできるようになり
遊ぶのが大好きで仲良しのワンちゃんも沢山できました。

家の中では多少のイタズラはありますが、ご愛嬌程度です。
靴下が好きで特に子ども達の部活や帰りなど
使用済み靴下は奪って逃げ、大事そうに抱えています。

爪切りは苦手ですが時々、私が切っています。

散歩は朝、1時間程度。夕方に1時間半程度しています。

とても人懐っこく、やんちゃでもあり、可愛いく面白い子です。

サンの兄弟も皆、元気にされていますでしょうか。
コロナ禍にて皆さま大変でしょうが、
いつか兄弟とも会える日があればなんても思っています。

[2021/04/04 09:49] | お知らせ お願い お礼等 | page top
チコちゃんの息子④
一番ちいさな息子犬の「虎徹君」から御写真が来ました。
4,8㌔と小ぶりな子です。ママに一番似ているかな?我が家で「虎徹君」と「のあちゃん」がしばらくステイしていた時にチコママからいろいろと教育されてました。でもやっぱりママのおっぱいが大好きですぐにピラニアのごとくお乳に吸い付いていましたね。歯が生えて来てママも痛くなってきて、それでも我慢して育ててくれたチコママ。4匹の息子たち、いつかママに会えるようになると良いですね。それまで良い子でそれぞれの御家族様の所で幸せに生活してください。

虎徹君の御家族Y様からのお便りです。

↓↓↓




お久しぶりです。こんにちは。返信遅くなり申し訳ありません。
チコちゃんの息子の記事、拝見しました。
みんな元気そうで何よりです。近況がわかって嬉しかったです。
いつか、兄弟で会いたいと思います。
こてつ(虎徹)の写真ですが
ファンファンさんでカットして頂いたときに撮影してもらったおめかしバージョンと
スマフォでとった近影を送ります。
真っ黒な子なのでなかなか上手く写真に写りません。
2021-4-2k-001.jpg

2021-4-2k-002.jpg

体重は、4.8キロです。一番小さいかな。
週一回くらい、相模原のドックランで遊んでいます。
性格はおとなしく、お友達が大好きです。

別便で、動画を送ります。

よろしくお願いします。

[2021/04/02 22:01] | お知らせ お願い お礼等 | page top
保護犬のお預ボランティアさん募集
これから放棄される犬が増えてきます。
新しい飼い主様にお渡しできるようにお預りのお手伝いをして頂ける方を募集しています。
預かり可能な小型、中型、大型犬の別をお知らせください。
また先住犬がいらっしゃる場合は不妊手術が済んでいる事。
町田市譲渡会場に連れてこられる範囲にお住まいの方。
車の運転が可能な方。

希望犬種、オスメスの指定は出来ません。
医療費は全額会で負担いたしますので協力病院に御連れ下さい。
トリミングは協力トリマーさんが行います。
その他の詳細は応募頂きましたらご説明いたします。

申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112


[2021/03/30 09:31] | お知らせ お願い お礼等 | page top
チコちゃんの息子③
唯一クリーム色の赤ちゃんで誕生した「くうちゃん」。兄弟の中でも発育も良く大きくなり8キロだそうです。兄弟の「くまちゃん」と再会をした時、思い出したのか毛を舐めてあげたそうです。矢張り覚えているんですね。里親様からのメールと写真を掲載致します。




ホームページで、チコお母さんの写真とくうちゃんの兄弟の写真、メッセージを拝見しました!みんなが元気で本当に安心しました。くうの近況もご報告します!



2歳になったくうちゃんは、体重は8キロをキープしています。抱き心地は断然同じ位の体重のクマちゃんの方が筋肉が詰まっていて重みがありました。

クマちゃんに会えた時、しばらくしてから、思い出した様にくうがクマちゃんの毛繕いを始めた時は、思い出したんだなと思いうるっとしました。

くうはとにかく良く寝ます。起きると家族全員に挨拶をしてまわったり、抱っこしてと控えめに目の前に座ってみたり、とにかくやることなすこと可愛いですハートマーク️お散歩をしていると必ずと言って良いほど「可愛い」と声をかけていただけます。

お散歩では、気の合うお友達も何匹かいて、全力で遊んでいます!最近は、だんだん大人の雰囲気を醸し出しはじめていて、パピーちゃんたちには仁王立ちで匂いをかがせています😁

成犬譲渡の会の皆様には日頃の活動、また、くうと家族になるチャンスを与えて頂き本当に家族全員で感謝しております。ありがとうございます!!️

くうちゃんの写真も送らせて頂きます。

2021-3-28-004.jpg

2021-3-28-001.jpg

2021-3-28-002.jpg



2021-3-28-003.jpg



[2021/03/29 10:39] | お知らせ お願い お礼等 | page top
28日成瀬会館譲渡会は開催
先週21日の譲渡会は大荒れの予報が出た為緊急に中止にいたしました。

ブログをご覧いただかない来場者様が数人いらしたようで大雨の中、申し訳ございませんでした。少しの雨でしたら会館の軒先がありますので開催は可能です「室内は動物は入れません」。

再度28日は雨の予報がありますが開催いたします。ご無理なさらないようにご都合が宜しいようでしたらご来場いただけます様お願いいたします。雨でも「コロナ対策」は入り口で行いますのでどうぞご協力お願い申し上げます。
[2021/03/25 16:57] | お知らせ お願い お礼等 | page top
チコちゃんの息子②
一番大きかった「くまちゃん」からお写真が来ました。
2021-3-24-1.jpeg

もう8キロ位に成長され毎日3時間ぐらいお散歩を楽しんでいるそうです。兄弟の「空ちゃん」ともご家族同士でお会いし兄弟で再会をしたそうです。


最初は余り感激の様子はなかったようですが、そのうちに2匹で大騒ぎで遊んでいる動画も見せて頂きました。楽しそうですね。
https://www.instagram.com/p/CMmMQHiDFSh/



クマちゃん、クウちゃん、ノアちゃん、こてつ君。ママのチコちゃんといつの日か会う事が出来ると良いですね。ママのチコちゃんは必死で生き抜いて4つの命をつないでくれました。みんな幸せな犬生を過ごせますように。里親様の家族様チコちゃんに代わりましてどうぞ宜しくお願い致します。

[2021/03/24 15:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
チコちゃんの息子
3月21日生まれの「帝王切開」息子たちの1匹「ノア君」が2才のお誕生日を迎えたお知らせを頂きました。
2021-3-22-003.jpg


彷徨いながら妊娠した体で冬の12月―1月をビニールハウスで生き延びたママから生まれた4匹の息子たち。
2021-3-22a.jpg
※チコちゃん




飼い主さまのコメント
小さくてやせっぽちだったノアも5.3キロほどになり見た目もワイルドになりました!でもちょっと臆病で天真爛漫で無邪気なところは変わっていません^ ^

2021-3-22-004.jpg

2021-3-22-002.jpg


2021-3-22-001.jpg



ノア君は他の子と比べ5.3キロと小ぶりな子に成長しました。テリアのような毛並みですね。これからも元気で幸せに暮して行かれますように。お知らせありがとうございました。


[2021/03/22 12:01] | お知らせ お願い お礼等 | page top
マコちゃん神様の元へ
10日に亡くなりましたはるちゃん「旧マコちゃん」は11日お骨になってI様のお家に帰ってきました。綺麗な沢山のお花に囲まれて新しいピンクのお洋服を着せてもらって旅立ったそうです。

2021-3-11-2.jpg


2021-3-11-001.jpg

2021-3-11-003.jpg

2021-3-11-004.jpg

お家の中にハルちゃんが居なくなりポカーンと穴が開いてしまったようですとの悲しみのお言葉を頂きました。3カ月弱という短い時間をはるちゃんは毎日どれだけ楽しかったことでしょう。1匹のリスクのあるシニア犬をあえて選ばれ家族にして頂きましたI様。心からはるちゃんはお礼の気持ちで天国へと向かったと思います。どうぞまた譲渡会にお出で下さい。お待ち申し上げます。本当に有り難うございました。
[2021/03/12 09:58] | お知らせ お願い お礼等 | page top
3か月弱の家族でした
d1480-0.jpg


昨年12月10日茨城センターから引取りました事情のある譲渡犬「まこちゃん」が3月10日朝天国へと召されました。センターでもてんかん発作を起こしていたようですがそれでもI様は「我が家から送りだしてあげたい」と看取り犬としてお迎えくださいました。

2週間に1度の間隔でてんかん発作を起こすようになり、9日には強い発作が起き立ち上がる事が出来ず病院に入院し酸素室に入れて頂きました。少し楽になり回復の兆候もあったようですが気持ちよさそうにそのまま天国へと行ってしまったそうです。

ご近所の皆様からも可愛がっていただき最後の3か月はこの子にとって一番の幸せな毎日だったでしょう。元飼い主はてんかん発作が起きて遺棄したのだと思います。I様は「我が娘として明日火葬いたします」と本当に愛情をかけて最後のお見送りまでして下さいました。本当に有り難うございました。

私達もはるちゃんのお顔を思い出しセンターで寂しく生涯を終える事ではなかったことが一番良かったと思います。I様,本当にはるちゃんを大切に介護してくださいまして心より感謝申し上げます。

[2021/03/11 09:32] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>