TopRSS管理
12月の予定 ::::トップ固定記事::
■■12月予定■■

「第73回サンデー譲渡会in緑山」

12月16日「第3日曜日」横浜市青葉区緑山霊園にて今年最後の譲渡会を開催いたします。
2018-12-16j.png

現在の参加予定犬をお知らせいたします。

チワワ「プリン」、
チワワ「フランソワ」、
プードル「ジュリ」、
パピヨンミックス「リディア」、
テリアハーフ「ムック」、
シーズー「モコ」、
シーズー「てん」、
ダックス「ラフィー」、
小型日本犬「ひなの」、
ラブ系ミックス「ジャスミン」、
マルチーズハーフ「カリン」、
マルチーズハーフ「しほ」、
テリアハーフ「風太」、
シーズー「ルーミー」、
ポメラニアン「ルル」、
ミックス「マリオン」、
スピッツ「リリー」、
ブルドッグ「みみ美」
ダックス「りんご」
ミックス「バンビ」
他数頭。
プードル系ミックス「アビー」不参加になりました。

多くの皆様に犬達のご縁を繋ぐためお預かりして下さっています当会スタッフ「ピンクのエプロン、腕章装着」に遠慮なく詳細をお聞きください。気になる子がいましたら受付にて「アンケート」を書いていただきお話し合いをいたします。その後トライアルに進む場合にはこちらからご連絡をいたします。ただ1匹ずつの性格などからお申込みいただきましてもお気持ちに添えない事もございますのでどうぞご了承お願いいたしましてまた他のご縁をご検討いただければと思います。

犬達も知らない方に見つめられて疲れを感じている事も有りますので必ずスタッフに連絡をしてからケージから出してもらいお見合いをお願いいたします。また当会「2019年カレンダー」の販売とバザーも行いますので犬たちの医療費援助のためにお買い求めいただければ有難いです。



茨城から「あにまるサポートきずな」様のワンちゃん、協力病院様保護犬「シュナウザー、プードル」も参加いたしますので会いにいらしてください。



来場者様は下の駐車場にお車をお停め下さい。同伴ワンちゃんには脱走防止「リード、鑑札、名札装着」、排泄処理を必ずお願いいたします。


会場をご厚意でお貸しいただいております緑山霊園様に
譲渡会の問い合わせをしないようお願いいたします。





+++++++++ホームページ移転のお知らせ+++++++++++

2019年3月31日Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い
2019年1月にホームページ移転する予定です。
トップページにて新URL告知します。
ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します。





++++++++++++++医療費支援のお願い++++++++++++++++++++++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。



[2023/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
固定記事・・・・2019年カレンダーの郵送について・・・・・
A4サイズ中綴じ 壁掛けタイプ 見開きA3サイズ

表紙
DsPlQO0UcAAGhJg.jpg

2月サンプル画
DsPlRggUcAAdL5a.jpg




【送料】
1冊 ゆうメール 215円
2~3冊 ゆうメール 300円
4~10冊 ゆうぱっくライト 360円
11冊以上 折り返しご連絡いたします。

【申込方法】
メールにて calendadog@gmail.com

本文に下記を記載してください
1)購入部数
2) 氏名
3) 郵便番号
4) 送付先住所
5) 電話番号

【振込口座】
(会の支援先と同じ口座)
郵便局振込 
記号番号:00220-5-33668 
口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
   029支店 当座貯金 0033668
  口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

※ 振込の際は、「カレンダー代」と記載をお願いいたします。

【振込金額】
@1,000円×購入部数 + 購入部数の送料
※ 手数料はご負担ください

【その他】
カレンダーに関する問い合わせは、すべて
calendadog@gmail.com 宛のメールでお願い致します。



[2018/12/31 15:48] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ラブミックス、ジャスミンの歌
今日書類を頂きにジャスミンの家にお伺いいたしました。
すっかり環境にも慣れてびっくりするほど名犬くまちゃんになっていました。私達がテーブルに座り美味しいお母さま手作りのシフォンケーキを頂いていた時ふと気が付くと後ろにきちんと正座をし話の中に加わっています。そのうちに伏せをし本当に空気をわきまえて判断できる子です。一度「入ってはいけない」と言うと開いていてもその前で止まり待っているそうです。こんないい子がどうして捨てられるのでしょう。

お孫さんと姉妹のようにじゃれ合い楽しい生活をさせていただいています。そしてお孫さんが弾くピアノに合わせて合唱をするくまちゃん。犬はピアノに合わせて歌う子はいますが他の方「娘さん」が弾いても歌わないそうです。どうして判断をするのでしょうか。この子は素晴らしい能力を持ち合わせているような気がします。これからいろいろと学習して将来が楽しみな子です。

どうぞ「くまちゃんの歌声」をお聞きください。↓↓↓
https://twitter.com/NpoSeikenJouto/status/1071674506287046656
2018-12-9-3.png
[2018/12/09 17:00] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ロージーの赤ちゃん募集開始いたします。
条件
室内飼い、生後6か月「来年5月」に不妊去勢手術を受けていただきます。
里親様のご年齢は50歳代まで「最後の時までお世話頂くため」、
お留守番時間は4時間ぐらいまで。
乳幼児、低学年のお子様がいらっしゃらないご家庭。
子犬のお世話は大変です。それもすべて了承の上でご家族全員で育てて頂ける環境におありの方。
お引き渡しは生後2か月過ぎになります「1月末頃」。
将来は中型犬「推定ですが10キロ―12キロ位」になります。
母犬は8キロ位の小ぶりな子ですが父犬は分かりません。

2018-12-5-b1.jpg

2018-12-5-b2.jpg

2018-12-5-b3.jpg


[2018/12/05 15:23] | お知らせ お願い お礼等 | page top
17歳の幸せな犬生
16年も前になりますが東京都愛護センターに収容された若いボーダーコリーのケビン。当時は当会しか譲渡をして頂く団体もなく私達は必死で引き取りをしていました。そんな中1匹の元気なボーダーコリーが飼い主の返還もなく引き取らなければ処分の運命でした。

ギリギリのところで北区のO様が直接日野センターに会いに来て下さいました。ケビンは身体全体で大喜びをしすっかり気に入って下さり里親様になってくださいました。当時1歳ぐらいだったケビンはお誕生日を11月1日「ワンワンワンの日」に決めて下さり先日も「17歳の誕生日を迎えました」と嬉しいご連絡を頂いたばかりでした。

しかしその後26日が過ぎた11月26日静かに天国へと向かってしまいました。驚きでした。しかしケビンは今まで大切に育てて頂いたO様ご家族の愛情を沢山持って天国での新たな生活のスタートを始めたのでしょう。

ケビンちゃん貴方は22キロもある大きなボーダーコリーでした。その為に17歳まで生きられたのでしょうね。お別れは悲しいけれど立派にこちらの世界で生き抜きました。おめでとう。今頃は沢山の先に行ったお友達とどんなお話をしているのでしょう。お散歩、旅行、美味しい食事、一緒に過ごしたゴールデン、シュナウザーの家族の事など。きっと沢山お話が出来ますね。

O様16年間お世話になりました。お陰様で1匹の子の命を繋いでいただき幸せなお別れで見送っていただきましてありがとうございました。下記にケビンちゃんのお写真とメールを送っていただきました。



*****************************

主人が日野のセンターに行き、

若いボーダーコリーに熱烈歓迎された、

あの時がケビンとの運命の出会いでした。

すぐ、主人から

「決めたよ。いい子だよ」と、

電話がありました。



それまでボーダーコリーのブリーダーさんも

何軒か訪ねていたのですが…。

まさに、一目惚れですね。



それから、本当に長い日々を

私たちは愛し合って暮らしました。

私たちにとってファーストドッグであり、

17歳1カ月も生きてくれたケビンは

最大の勲章です。



皆様のおかげで、本当に素晴らしい

家族を得たと感謝しております。



ケビンの写真を数枚添付いたします。

どの写真を使われても結構です。

なお、最後の1枚は旅立つ前日の写真です。

最後まで凛々しかったでしょう?

(親バカですね)



たくさんの感謝を込めて。


2018-12-2-001.jpg
いつもまっすぐに人を見つめ、何を考えているかを探ろうとしていました。


2018-12-2-002.jpg
朝霧のドッグランにて。疾走する姿がとても美しかったです。


2018-12-2-004.jpg
ハクとゾーイと一緒に。どこに行くときも一緒でした。3頭合わせて85キロ! 今頃、虹の橋で会っていると思います。


2018-12-2-3.jpg
亡くなる前日の写真です。起き上がろうとして鳴くので、支えて起こしてあげていました。
足は弱っていましたが、見た目は17歳を超えているとは思えない姿でした。


[2018/12/02 16:51] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ロージーの赤ちゃん3週目
母乳も足りてすくすくと3匹の赤ちゃんは育っています。
歯も生えてきてママも痛くなってきたのか子犬たちの元へ戻りたがらなくなってきたそうです。
でもしっかり授乳しているベテランママさんです。そろそろ離乳食を始めるそうです。
生後1か月になりましたら募集を開始していきます。
お渡しは生後2か月後のワクチン1回目が済んでからになります。

2018-11-27-1.jpg

2018-11-27-2.jpg

2018-11-27-3.jpg

2018-11-27-4.jpg

2018-11-27-5.jpg

[2018/11/27 13:24] | お知らせ お願い お礼等 | page top
行方不明のまめちゃん
昨年11月3日横浜市岸根公園でハーネスが外れいなくなってしまった柴犬「まめ」。
もう1年が過ぎてしまいました。
2018-11-22a.jpeg

今も里親様は探されています。どこかで生きていると思いますが、
どうぞ保護されていらっしゃる方、
又は情報をお持ちの方はどんな小さなことでも構いませんので
ご一報お願いいたします。
縁あり家族にして頂いたスガ様ご家族は毎日毎日まめちゃんを探しています。
「いつの日か再会が出来ることを祈りながら」。
皆様どうぞご協力お願いいたします。
この子はマイクロチップ登録、自治体の畜犬登録済です。
[2018/11/22 15:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ロージーの赤ちゃん2週間目
ロージーベビーが生後2週間になりました。
スクスクと成長し、目も開き始めました。
体重増加も緩やかになり、大型犬への道は避けられました(笑)
色素も上がって、鼻や足裏が黒くなってきたし、
毛色もクリームになってきて、ますますママ似になってきました。

2018-11-18-1.jpg

2018-11-18-2.jpg

2018-11-18-3.jpg
[2018/11/19 05:08] | お知らせ お願い お礼等 | page top
お別れのお知らせ
沢山のワンちゃん達が家族の元を離れ天国へと旅立ちました。
昨日「お別れ」のお知らせを頂きました。

平成14年、アイリッシュセッター「キャンディーちゃん」16歳3か月で大和市のW様ご家族の元から旅立ちました。おてんば娘で胃捻転、誤嚥性肺炎などを起こしそのたびに看病していただき元気になって戻って来てくれたそうです。しかし1年間は寝たきりの生活になり7月15日寝ている間に静かにお別れになったそうです。大往生でした。本当に長い間ありがとうございました。



平成16年、町田市にご縁が繋がったビーグル犬「お名前がごめんなさい分からず」10月24日原因が分からずあっけなくお別れになってしまったそうです。「今でも思い出すと手の届くところにいたぬくもりを感じ悲しい」とメールを頂きました。長生きさせてくださいましてありがとうございました。



平成26年に町田市のT様にお迎えいただきましたチワワのはなちゃん「D1060」が11月7日「今息を引き取りました」と朝一でお電話を頂きました。まだ4年という中でのお別れに本当にお礼でもなく、お悔やみでもなく何という言葉で表したらよいのか分かりません。最近は癲癇症状が起き獣医さんからもこのままそっとしておいた方が良いとのことでお薬だけ飲ませてくださっていたそうです。この子をお届けした時のこと今でもはっきりと覚えております。ご主人様が玄関を出た所も逃げないように柵を設置して下さったり、室内にもおトイレ場を設けて下さったりはなちゃんのために、いろいろとご用意いただきました。本当にありがとうございました。茨城県のセンターから助け出された7歳ぐらいのシニア犬を大切にして下さいました。幸せな4年間だったと思います。どうぞお気持ちが落ち着きましたら譲渡会にでもお遊びにいらしてください。沢山はなちゃんのお話を聞かせていただきたいです。



皆天国で楽しく、仲良く暮らしてくださいね。合掌。
[2018/11/11 16:12] | お知らせ お願い お礼等 | page top
看取り犬りんちゃん
シーズーのリンちゃんは茨城県指導センターにまだ生後6か月ぐらいで収容されました。平成24年11月16日にセンターに入り引き取ってもう6年。なぜかいつもぐったりしていて疲れているのかと思っていたところ癲癇発作が出ました。それも半端でない症状。ケージの中でぶつかりながらそれでも気を失うことが無く20分ぐらい暴れまわります。口からは歯が折れたり血が出て宙を舞うような暴れ方でした。

2軒の動物病院で動画を見ていただき先生たちも「これはひどい」との事。沢山の癲癇の犬を見てきましたが今までのものとはまるで違いました。毎日毎日1日に何回も起き、薬、注射をしても効き目もありません。そしてこの子がこんなに苦しむのならと苦渋の決断で安楽死をお願いしたことがありました。

しかしその日になると癲癇は起きません。そんなことが3回あり安楽死も諦めこの子が持って生まれた生命を全うさせるまで生きる道を選択しました。しかし当時はとてもスタッフの管理では手に負えない状態でした。それからずっと動物病院の管理の下でお預りをして頂いています。

最近はこの何か月発作も起きていないようで頭の神経も少し改善してきたのかもしれません。ケージの中でもトイレをすればぐちゃぐちゃにし病院のスタッフ様にもお手数をおかけしてしまっています。

今日は「FUN FUN」でトリミングをして頂きすっきりしてきれいなリンちゃんになりました。
2018-11-11-2.jpg



元飼い主は「癲癇」があるので捨てたのでしょう。捨てた飼い主はもうリンちゃんが今こうして多くの方に支えられて生きている事さえ気にもしていない事と思います。あとどれだけ生きられるか分かりませんが一度の犬生をせめて幸せを感じる時が沢山あるようにこれからも頑張ってほしいと願います。

[2018/11/11 14:18] | お知らせ お願い お礼等 | page top
生後1週間になりました
11月2日に誕生しましたロージーさんの子供たちは生後1週間になりました。
2018-11-11-1.jpg

良く赤ちゃんの面倒を見てくれて子犬たちは泣く事もないそうです。まだ若いのに子育てがとても上手なママです。お名前を病院で付けて下さいました。「スージー」「リンジー」「スノーウィ」というママのロージーにちなんで考えて下さいました。まだ目は開いていませんが毎日、体重は20-30グラムずつ増えて行き順調に成長しています。3つの命が幸せになれるように大切に見守っていきます。
[2018/11/11 14:05] | お知らせ お願い お礼等 | page top
チャミちゃんの旅立ち D791
H22年11月12日に神奈川県動物保護センターより引き取りましたチャミちゃん。黄色の首輪とリボンが付いていましたが飼い主は来ませんでした。3歳ぐらいで家族にして頂いたチャミちゃんは推定12歳ぐらい。


2018-11-11.jpg


そしてチャミちゃんが3日に天国へと旅立ったお知らせを頂きました。7年間大切に育てて頂いたチャミちゃんは幸せに生涯を終えて天国へと向かいました。ご近所の方にも愛されたチャミちゃん。川崎市のS様今まで本当に有難うございました。
[2018/11/11 14:01] | お知らせ お願い お礼等 | page top
HUG ANIMALS終了
11月3日4日の2日間藤沢市辻堂の「県立海浜公園」にて開催されましたイベントに参加致しました。朝9時から9時半までに搬送を終えなければならず朝一で会場に行って下さいました「ジョンパパ、ママさん」、他のスタッフの皆様、ご用意ありがとうございました。

3日はお天気にも恵まれ暑いほどの日差しの中、多くの来場者様が来て下さいました。「神奈川県譲渡団体様」も沢山の保護犬達を連れて参加しご縁に恵まれた子達も沢山いたのではないでしょうか。また卒業ワンコさんたちが皆さん次から次へとご挨拶に来ていただき思い出話などに盛り上がりました。本当に皆幸せそうで私達からバトンタッチしていただいた里親様には心より感謝申し上げます。
2018-11-4a.jpg

2018-11-4-004.jpg

2018-11-4-005.jpg

2018-11-4-006.jpg

2018-11-4-001.jpg

2018-11-4-002.jpg

2018-11-4-003.jpg

2018-11-4-007.jpg



今回アンケートを頂きました皆様は良く保護犬の事をご理解下さりこれからお話を詰めていきますのでもうしばらくお待ちくださいね。
2018-11-4e.jpg

2018-11-4d.jpg

会場では沢山の「バザー用品」も展示し運んで下さいましたスタッフの皆様ご苦労様でした。そしてご寄附を頂きました皆様、有難く犬達に使用させていただきます。お昼ご飯も食べる時間がないほど大忙しの中、空にはトンビなどがお弁当を狙っていて旋回していました「危ない危ない」。 そして美味しいお菓子も沢山いただきました。遠足みたいでとっても嬉しかったです。ご馳走様でした。そして1日目は無事に4時に終了。
2018-11-4c.jpg

2018-11-4b.jpg

2018-11-4f.jpg


2日目はこれが大変なことに。朝からぽつぽつと雨が落ちてきましたが何とか晴れ間もあり予定通りに開催。しかしお昼頃からは雨も強くなりザーザーぶりに。テントのつなぎ目から雨が漏れて犬達にかかってしまい大慌てで移動。さすがもう継続不可能と主催者側からの判断で1時には終了になりました。雨の中、わんこ、ケージ、テントなどを車に運び皆びしょびしょになりながら片付け終了し2日間のイベントは終わりました。でも沢山の方、里親様、卒業犬達にお会い出来本当に楽しい2日間をお陰様で過ごす事が出来ました。また、いつもはお話しする機会がない他団体様のスタッフの方々ともお話が出来、有意義なイベントになりました。また来年この会場で多くの方とお会いできますように楽しみにしております。


追記
里親様とのインタビューに当会の保護犬が参加。
多頭崩壊から引取ったチワワのリリーちゃんとS様、ビビリなリリーちゃんはいつも抱っこで参加です。東京都動物愛護相談センターから親子で収容された黒い子犬「テディ―君」。もう12歳になるそうです。N様はヨーキーも当会のこを引き取ってくださいましたベテラン里親様です。
2018-11-4h.jpg

2018-11-4g.jpg

[2018/11/06 16:54] | お知らせ お願い お礼等 | page top
こんな不思議な事が
10月12日に引き取りました多頭崩壊のマルシーズー親子は子犬3匹が次から次へと亡くなっていきました。小さなお薬の箱に入れて3日間「動物霊園」に1匹ずつ毎日火葬に通いました。

最後の子の火葬が終わった15日の翌日茨城のセンターから引き出しました中型犬「ロージー」さん。

17日に手術に行きましたらお腹を少し開けたところ「しっかり育った子犬が2匹いますがどうしますか?」と病院からの電話。前日まで亡くなった3匹の子犬達を火葬に連れて行き今回の子犬たちまで命を絶つ気持ちには到底なれません。「もうすぐ生まれるのでしたらお腹を閉じて下さい」とお伝えし本当に約2週間後に生まれてきました。

そこでびっくりです。死んでいった子達が3匹。数も同じ3匹、色も同じ白、クリーム。まさかオスメスの数までは?と思ったところオス1、メス2でこれも同じ。こんな偶然があるのでしょうか?死んでいった「桃子ちゃん」「もも太君」「ももかちゃん」がこの子達に命を与えてくれたような気がします。元気にすくすくと育ってくれるよう祈ります。

2018-11-3-2.jpg

2018-11-3-1.jpg
[2018/11/05 07:44] | お知らせ お願い お礼等 | page top
良く覚えていて下さいました
今日ある女性の方からお電話を頂きました。

20数年前生後4か月ぐらいの柴系子犬「ハッピーくん」を当会から引き受けたとの事。その子は22歳で亡くなり3年ほどたってしまったが何とかお礼の電話をしたいと当会の誓約書を探していらしたそうです。それが今日見つかったとお電話をくださいました。
当時は子犬が多くどこのセンターからの子犬か私は覚えていませんがこうしてご連絡を頂けました事は感謝の念に堪えません。もうご夫妻は高齢になられ「犬を飼うのは無責任になるから飼えないけれど譲渡会に是非伺います」と言ってくださいました。

このように1匹の犬が繋いでくれた人と人の「きずな」は素晴らしいものだと思います。

そしてもう1人、15年前に当会の犬を引き取っていただきました方から留守電に「さくらちゃんという良い子を頂き亡くなりました。もしまだ活動を続けていらっしゃいましたらまたお世話していただけませんか?」という有難いお言葉でした。当会の里親様方は数ある団体の中から再度当会を選んでいただきリピーターになって下さる里親様がものすごく大勢いらっしゃいます。本当に心より有難くこの活動を通して多くの皆様と気持ちを1つにし「動物愛護」の推進が出来ますことは感謝の気持ちで一杯です。

「捨てるのも人間」しかし「助けるのも人間」です。命ある弱い立場の動物達を1匹でも助けてあげたいと気持ちを新たにいたしました。皆様本当にありがとうございます。


追記
先日14歳で亡くなったというロン君の里親様がお電話をくださり「またmix犬を引取りたい」というご相談がありました。そこで茨城県のセンターまで先住ワンちゃんを連れて訪問してくださいました。沢山の子達がいて目を見ると悲しそうな顔をしていて可哀想だったと。その中で2匹の子を候補として考えて下さいました。前の子とは雰囲気が違う子をと思い向かったそうですが結局たれ耳の男の子でロンちゃんに似ている子を決められました。リピータの里親様になって頂き有難うございます。
[2018/10/31 21:10] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>