TopRSS管理
【お知らせ等】トップ固定

■■譲渡会開催について■■

掲載までしばらくお待ち下さい。


譲渡会の問い合わせは
緑山霊園様になさらないようにお願い致します。





■■2023年卒犬カレンダー写真募集について■■

令和5年度のカレンダー用の写真を募集致します。
7月24日~8月22日までと今回は短期間ですので早めにお願い致します。
卓上用のカレンダーも試作で作りますのでご希望される方は合わせてお知らせ下さい。
詳細をお読み頂き幸せなお写真をお待ちしております。
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-2574.html

スタッフブログ↓↓↓
http://little-lifewan.seesaa.net/article/490029624.html








■■アリエルちゃん基金■■


後ろ両足が90度に外れ立てないまま前脚だけで動いていたアリエルちゃん。まだ生後6−7か月の小さな命は非情な人間に草むらに放置されました。泥だらけ、草まみれでどうやって生きていたのか。センターから引き取って「日本動物高度医療センター」で診察をして頂きました。不安なお顔で先生に触られていたアリエルのお顔が哀れでした。
2022-4-3-003.jpg


診察された担当の獣医師もこんな酷い膝蓋骨脱臼「パテラ」は見たことがありませんと。4時間の検査。レントゲン12−13枚。主任獣医の触診が済み検査結果をお聞きいたしました。

2022-4-3-004.jpg

2022-4-3-005.jpg


「膝蓋骨脱臼が原因で他の所の骨は損傷はない為手術可能な範囲。ただ筋肉が固まってしまっている為手術したからすぐに歩けるとは限らない。左右同じに外れている為小さい時に外れたまま放置され骨の損傷がひどくなりこのような状態で固まったと思う」との事。

手術になる前に「CT検査をして全体の骨の状況を見て片足ずつ2回に分けての3,4時間の大変な手術。筋肉の曲がるところに合わせて骨を切断し正常な位置に戻しインプラントなどで固定し様子を見ていく。少し日数を空けてからもう片方の足も同じ手術をする」という所見です。

当会も沢山の保護犬達を抱えて1匹だけに高額な医療をかける事はどうなんだろうかとも考えました。車イスでの生活も選択肢にありました。この子が高齢で余生がそんなに長くなければ手術しないで車イスという判断もあります。しかしこの世に生まれてまだ子犬のアリエルの長い一生が一度も自分の足で楽しく歩く事も出来ずに終えるのは余りにも哀れに思いました。そこで「手術をして足を与えてあげたい」という結論になりました。皆様にお願いがございます。「アリエルちゃんに歩ける足」を与えてあげて下さい。
2022-4-3-002.jpg

2022-4-3-001.jpg


「アリエル基金」を立ち上げさせていただきました。
もしこの子にお気持ちを頂けましたらこちらにお振込みをお願い致します。
「アリエル基金」と明記お願いいたします。

お振込み
郵便口座00220−5−33668
NPO法人保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
「アリエル基金」にお願い申し上げます。


2022-4-7b.jpeg

ネットからご寄付頂く場合にアリエル基金と記載出来ないので、お名前の横にアリエルと書いて下さい。







■■医療費支援のお願い■■

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会


どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。


■■当会メールアドレス■■

lovedogcatjp@yahoo.co.jp
こちらのアドレスにお願い致します。

お問い合わせ頂いたメールには必ず返信しています。
アドレス不明でエラーになることもあるので
当会からの返信がない場合は改めてメール送信お願いします。
※迷惑フォルダのご確認もお願いします。


常識に欠ける内容のメールには返信出来ません。
地域外からの応募や条件を無視した応募は審査対象とはならず、これらに対する回答や討論にも応じかねます。何卒、ご理解頂けますようお願い致します。


[2025/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
2匹のシーズーの旅立ち

2009年3月にお嫁入りしましたシーズーの「はなちゃん」当時5歳ぐらいだった小さな体のシーズー犬です。お預り名「レネ」ちゃん。亀さんがいる里親様の元で大往生の旅立ちでした。
2022-8-7-004.jpg


2,3年前に「辻堂海浜公園」のイベントに来て下さった時も大事にスリングにちょこんと入っていたお顔を思い出します。
2022-8-7-002.jpg


腎臓が悪くなり3年間通院、最後は訪問診療をして頂き頑張りました。毎日「タイ雑炊」が好きで1日5回の食事をシリンジで食べさせてくださっていました。亡くなった2日も夕方5時の食事を上げようとしたら眠っていたた為T様も寝てしまい7時に気が付いた時に息をして居なかったそうです。それをすごく悔やまれていましたがそんなにも静かな最期を迎えられたことは花ちゃんにとってどれ程の幸せでしたでしょうか。

藤沢市のT様。どうか気持ちを落さないようはなちゃんの旅立ちを見送ってあげて下さい。茨城のセンターから吐いていると言われ感染症も心配しましたが乗り越え推定17歳位の生涯を終えて行かれました。
2022-8-7-001.jpg

2022-8-7-003.jpg






20011年11月にお嫁入りしましたシーズー犬の「サラちゃん」。東京都のセンターに男の子と2匹で収容されていました。トリマーさんのS様にお預りして頂き「旧名ひなちゃん」としてご縁を繋いで頂きました。
2022-8-7-008.jpg

2022-8-7-006.jpg
ドライブが好きだったサラちゃんはいつもY様ご家族と一緒に沢山連れていっていただきましたね。

しかし2か月前の検診では異常がないと言われ1か月後の診察で胸に大きな腫瘍が見つかりCT検査をしましたが腫瘍が大きく進行が早いので手術は危険と言われて一生懸命サラちゃんは頑張りましたが4日に眠るように旅立ったそうです。「今思えば家族の一員になってからサラ中心の生活でした」というお言葉が心に響きました。藤沢市のY様、本当に可愛がっていただき有難うございました。
2022-8-7-007.jpg

2022-8-7-005.jpg



「サラちゃん」と「はなちゃん」同じ藤沢市でご縁が繋がりきっと今頃はお空で会っている事でしょう。この所シーズー犬のお見送りが多くなりました。そのぐらい10年以上前はシーズーが捨てられ収容される頭数が多かったのです。でもこうして今まで亡くなったシーズー犬達も皆本当に素晴らしい犬生を全うし旅立つことが出来ました。心より感謝申し上げます。

[2022/08/07 13:27] | お知らせ お願い お礼等 | page top
2023年卒犬カレンダー写真募集について
2023年卒犬カレンダー写真募集について

毎年恒例になりました成犬譲渡の会卒犬カレンダー2023年用の写真を募集いたします。
例年の壁掛けカレンダーに追加で卓上カレンダーを作成します。
今年も譲渡会での撮影が残念ながら出来ません。メールでの募集のみになります。
卓上カレンダーの掲載は、希望の方のみになります。
尚、卓上カレンダーの希望者が多い場合は、掲載枚数に限りがあるため、先着順とさせていただきます。

カレンダー専用アドレス
calendadog@gmail.com (昨年と同様)

写真添付は25MBまででお願いいたします。
複数写真を添付する際で、25MBを超える場合は、複数に分けてメールをお願いいたします。
(容量を超えると、メールを受信できません)

【メールタイトル】
「苗字 愛犬名」(例:緑山タロー)

【メール本文に下記を明記してください】
1) 里親さんのお名前
2) 里親さんのお名前ふりがな
3) わんこの名前
4) 譲渡前の仮名
5) 卓上カレンダー希望 あり・なし
  希望される場合は、1冊以上の購入をお願いいたします。
  購入予定部数 (  )部
6) 備考(首輪・名札等が見えにくい際は記入。カレンダー掲載の愛犬名を苗字なし希望や写真の優先順位等リクエストがあれば記載してください)
7) 近況報告など(自由項目 スタッフ一同で共有します。スタッフの励みにもなりますので、愛犬の様子をご記入いただけると嬉しく思います。)

【写真について】
写真は横向き(横長)で、1頭につき 壁掛けカレンダー 最大4枚+プロフィール用1枚
卓上カレンダー 最大2枚
計7枚を上限とします。

やや横長で正方形に近い状態でトリミングします。
縦長写真の場合は、トリミングいたしますのでご了承ください。

プロフィール用の写真は縦向きでも構いません。
できれば顔が正面を向いているものが望ましいです。

先住犬は当会卒犬と一緒に撮影されていればOKです。
応募のわんこは全て掲載します。
掲載写真の枚数は、集まり状況により異なります。

※注意事項
自宅などの室内でも首輪・名札を必ず装着してください。付いていない写真は掲載いたしません。
屋外は、ドッグラン・自宅庭等以外はリード装着になります。
洋服や毛で見えにくい際は、備考欄に記載をお願いいたします。

【募集期間】
7月24日~8月22日
今回は募集期間が早まっています。お気をつけください。

※1 応募のメールには、3日以内に受付の返信をいたします。
3日過ぎても返信がない場合は、お問い合わせをお願いいたします。

※2 写真はトリミングをして掲載いたします。予めご了承ください。

※3 不明な点は、カレンダー用アドレス(calendadog@gmail.com)にお気軽にご質問ください。

※4 デザインは、掲載わんこが増えているため、2022年版からリニューアルいたします。
メインは1枚、他に小さくなりますが2〜3枚掲載を予定しています。

※5 卓上カレンダーは初めての試みのため、注文部数の検討がつきません。掲載希望の方は、購入予定部数をお知らせください。発注の目安といたします。

カレンダーは11月から販売を予定しています。
売上は会の活動費になります。
[2022/07/25 05:58] | お知らせ お願い お礼等 | page top
捨てられたプードル
]ある公園に夜木に結ばれこの子を捨てて行った飼い主。目も見えず知らない場所に置き去りされ、遠ざかって行く飼い主の足音をどんなに寂しい気持ちで聞いていたのでしょう。

SNSで拡散され多くの方からご心配のお電話が自治体に頂いたようですが、皆様、どうぞご安心下さい。今この子は大切に可愛がって下さる里親様のご家庭で幸せにくらしています。
2022-7-3-1.jpg

かなりの高齢犬ですが、お散歩も大好きで吠えることもなく、手がかからない良い子だそうです。これからどのくらい生きられるかわかりませんが、最後の時に幸せだったと思ってもらえるようにお世話をして行きますと有難いお言葉をいただきました。

O様どうぞこの子の余生をお願い致します。




動物を捨てることは犯罪です。

[2022/07/04 06:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ドンちゃんの旅立ち

2022-6-28-2.jpg

2022-6-28-1.jpg


毎年、誕生月には健康診断をしていたドンちゃん。
今回の健康診断で病気が見つかり、
手を尽くしたもののあっという間に旅立ってしまいました。
飼い主さまは深い悲しみの中、ご連絡下さいました。

飼い主さまはもっと長生きさせてあげたかったと悲しんでおられますが
ドンちゃんはありがとうと言っていると思います。
最期までお世話下さいましてありがとうございました。


[2022/06/29 15:44] | お知らせ お願い お礼等 | page top
お礼

静岡県のT様から保護犬達に沢山のおやつを頂きました。

2022-6-21-1.jpg

また私にまで美味しいおせんべいとお茶をご馳走様です。
これから暑くなりますから犬共々頑張って夏を乗り越えますね。
いつもお心かけて励まして頂きありがとうございます。
[2022/06/21 08:49] | お知らせ お願い お礼等 | page top
看取り犬、りんちゃんの旅立ち
今朝7時にミルクを飲みふーと息をして苦しまず天国へと旅立ちました。

この数日は息をするのが苦しそうで再度酸素室をレンタルして過ごしていました。まだ生後5カ月位でセンターに収容され引き取りしたあと重度のてんかん発作がある事が判明。それからMRIを撮ったり、6年間以上動物病院で薬の管理をして頂き入院して来ました。

少し状況も良くなってチョコ家に引き取って頂き毎日マイペースに自由に幸せな生活をさせて頂きました。りんちゃんはご家族の生活のリズムが分かっているように昨日はパパさんがお休み、今日はママさんがお休みと迷惑をかけない日を選んでいたようにお別れして行きました。

長い間お世話になりました動物病院の先生、スタッフの皆様、りんちゃんをご支援頂きました皆様、そして最後のお見送りをして頂きましたチョコ家の皆様本当にありがとうございました。


2022-6-15-1.jpeg


2022-6-15-2.jpg


みんなありがとう

[2022/06/15 09:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
海老名運動公園のイベントに参加
15日朝9時から「ハグアニマルズ」の協賛で海老名運動公園のイベントに参加致しました。

当会の宣伝に協力頂いたマロン君。
2022-5-20-1.jpg

卒業犬のペペちゃん。先住犬のマリンちゃんとおすまし顔が可愛いです。
2022-5-20-2.jpg



2022-5-16-1.jpg

2022-5-16-2.jpg


多くの愛護団体様の参加、キッチンカー、お花の販売等があり賑わいました。陸上競技場、子供たちの遊具、等沢山あり緑に囲まれた素晴らしい広い公園です。犬連れの方も多くあちこちで飼い主様と楽しそうにお散歩する犬達の姿が見られました。

さて当会の参加ワン子達も頑張りましたよ。

2022-5-16-4.jpg


応募頂きました皆さまありがとうございます。これからいろいろな面で検討させていただきたいと思います。もしご縁が繋がらない場合もどうぞ諦めず家族を求めている「保護犬達」をお迎えいただきますようお願いいたします。

また会場に多くの卒業犬達もお顔を見せに来て下さいました。ポメラニアンの「あやめちゃん」「ルルちゃん」シーズー「ぺぺちゃん」チワワの「マロン君」まだ他にも来ていただきお写真が撮れずにごめんなさい。皆綺麗で若返ってしまいお声を掛けて頂くまで分からないような事もありました。本当に嬉しいです。ペットシーツ、フェイスマスク、犬達のおやつ等頂きました。

アリエル基金のご寄附、バザー用品をお買い求めいただきました皆さまありがとうございました。有難く医療費に使用させていただきたいと思います。終了午後3時。コロナ規制も少し緩和され久しぶりにリフレッシュが出来ました。
2022-5-16-3.jpg


今月はもう1回の譲渡会が29日「日曜日」に「緑山霊園」にて行います。
どうぞ沢山の方のご来場をお待ち申し上げます。



2022-5-16 19:45 画像追加

2022-5-16-004.jpg

2022-5-16-005.jpg

2022-5-16-001.jpg

2022-5-16-008.jpg

2022-5-16-009.jpg

2022-5-16-007.jpg
[2022/05/16 11:28] | お知らせ お願い お礼等 | page top
莉音ちゃんの旅立ち
9年前に家族にして頂いたシーズーの繁殖犬だった莉音ちゃんが4月2日桜の満開の中お空に行ってしまったお知らせを頂きました。14歳11か月の生涯を幸せいっぱいに過ごさせていただきお星さまになってしまいました。

この子は情もないある繁殖業者の女性から引き取った子です。当時は余りの管理の悪さと狭いケージに2匹位ずつ閉じ込められていて、何度も早く商売を止めるように説得してきました。しかし止めるどころかどんどん数を増やし現在も営業しています。酸化したような売れ残りのフードをもらってくるのかそれを食べさせられて脂漏性湿疹になっていたり、暑さの中弱ってふらふらになっていた犬もいました。

先天性疾患のある犬でも繁殖に使う知識もない素人が産ませては売っているような業者でした。その中から20匹以上引き取った1匹がこの莉音ちゃんでした。5年以上産むための道具として使われてきた莉音ちゃん。でも9年間は本当に幸せな犬生を送らせて頂きました。心臓も悪かったようでお薬を飲みコントロールしてきたそうですがお水を飲んですぐ「キューン」と一声泣いてご主人様の腕の中で亡くなられたそうです。

2022-5-15-001.jpg

くりくりした可愛い目をした莉音ちゃん。ご家族様にとって本当にお辛い毎日だと思います。でも莉音ちゃんはこれほどの幸せと安心した環境の中で生涯を終えられたことはきっと感謝していると思います。どうぞいつまでもM様のご愛犬として心の中で過ごさせてあげて下さい。本当に有り難うございました。

2022-5-15-002.jpg





[2022/05/15 13:29] | お知らせ お願い お礼等 | page top
お礼
おやつを沢山ありがとうございました。
座間市のK様から保護犬達に沢山頂きました。
以前に当会の子を家族としてお迎え下さいました。
8年前に亡くなりいまだ思い出話をされ、
ジュンちゃんをいかに可愛がられていらしたことが分かりました。
幸せにして頂きありがとうございました。

2022-5-3.jpg

[2022/05/03 16:09] | お知らせ お願い お礼等 | page top
迷子の梓ちゃん近況
皆様にご心配をおかけしております「梓ちゃん」はYさんのお玄関前まで庭から階段を上って来るようになりました。昨晩もフードを食べた跡がありどこかで潜んでいたのか数分の出来事で食べていなくなりました。

今朝は4時に玄関を開けておくと梓はフードを食べて「キューキュー」言って玄関から入ろうとしますが、リフォームして前の敷居と違うため1歩またぐことが出来ないようです。でもやはり「茨城ブランド犬」はえらいです。自分が住んでいたところを思い出して帰ってきます。

気が小さく都会の音になかなか慣れないみたいですが少しずつ記憶を呼び戻しながら毎日「エサをもらえる住んでいた場所」に通って来ています。もう少しです。刺激を与えないように自分から納得して入ってくるようになるまで時間を与えてみます。

皆様どうか見守ってあげて下さい。


2022-4-20追記
20日夜確保致しました。
[2022/04/18 12:20] | お知らせ お願い お礼等 | page top
捨てられたとっとちゃんの死
昨年7月にある方から「今黒柴を保護し、石神井警察に運ばれてしまった。近所の黒柴を飼っている飼い主を探し回っているけど見つからない。明日センターに収容されてしまうので助けてあげて欲しい」というメールが会の方に入りました。ついに7月8日まで飼い主の連絡はありませんでした。


2022-4-9-to.jpg

Tさんに引き取に行っていただき「FUNFUNドッグハウス」にて保護をして頂きました。しかしなかなか下痢が良くならず治療を継続してきましたが今日9日11時にお空に旅立ってしまいました。朝6時には「もうお水も飲まず鼻から膿のようなものが出ている、立つことも出来ない」というメールを頂きました。

それから5時間後あっという間に旅立ってしまいました。いつもお店でのんびりと好きなように生活をさせて頂きこの子は今までで一番心休まる幸せな時を過ごしてきたと思います。一度里親様の所にトライアルにも行きましたが視力も低下していたため不安からなのか「触らせてくれない。噛みついてしまう」という事で戻ってきた事がありました。きっとFUNFUNに帰りたかったのでしょう。

センターでは「8歳位」とのお話でしたがどうも10歳は超えているような状態でした。ここまで育てた飼い主は老犬になった愛犬を捨てて行きました。今まで育った場所から知らない場所に放置されどれ程不安な気持ちで彷徨っていたのでしょうか?。保護された地域に1週間ぐらいうろついていたと聞きました。なにを食べていたのでしょうか?このように「老犬になったから世話が大変」という理由で捨てる人間が後を絶ちません。捨てた飼い主に言いたい。「貴方もいずれ年老いていきます。その時に家族も知人もいない所に放り投げられたとしたらどんな気持ちになりますか?」

とっとちゃんは9カ月の時間を沢山の犬達と大好きなチョコママ、チョコパパさんの声を聴きながら幸せな気持ちで毎日を過ごしました。そして今日静かに一生を終えて行きました。

2022-4-9-001.jpg

2022-4-9-002.jpg


長い間お世話頂きましたW家の皆様ありがとうございました。そして可愛がってくださいましたスタッフの皆様、とっとちゃんは感謝の気持ちでお空から見守っていてくれると思います。とっとちゃん安らかにお休みください。

[2022/04/09 19:43] | お知らせ お願い お礼等 | page top
サンテちゃんが天国へ
7日にパピヨンのサンテちゃんが亡くなられたお知らせを頂きました。肺がんだったようですがかなり進行が早く病院の酸素室に入れて頂きそのまま息を引き取ったそうです。日曜日の検査から数日で亡くなったことは悪性の物だったとの事です。でも酸素室に入れて頂けて呼吸は楽だったと思います。

しかし余りの速さにまだM様は亡くなられたことを受け入れできないとの事。ごもっともです。肺がんはとても苦しむ病気ですから最後に呼吸が楽に出来た事は救いでしたね。サンテちゃんは大人しい子でした。M様、幸せにして頂きまして本当に有り難うございました。お別れはどんな形にせよ悲しいですが沢山のお友達がいる天国に無事に行かれますようにお祈りしてあげて下さい。どうか気落ちされませんように。今まで有り難うございました。

2022-4-9-1.jpg



[2022/04/09 13:02] | お知らせ お願い お礼等 | page top
3年間ありがとうございました
d1287-0.jpg

3年前の9月28日に茨城から引き取ったシーズーの「モコちゃん」。繁殖犬だったようでお乳は垂れてヘルニア、皮膚炎と悲惨な状態でした。とっても大人しい可愛い子でした。新宿区のS様にお届けしたことは昨日の様に覚えています。今年1月30日に子猫の「あんこ」ちゃんをお届けに行った時に「モコちゃんはこの近くだったわね?」と話していました。何かのお知らせだったのかもしれません。

今年2月より食欲が落ち高熱が出て再度検査をしたところ「免疫介存性溶結性貧血」という病気でした。貧血で一進一退でぎりぎりで頑張っていました。入院し輸血をして持ち直したたため「自宅に連れていきたい」と先生に相談をしたところ「今は安定しているから今後は通院する」と言う事で返して頂いたそうです。モコちゃんはお家に戻りたかったのでしょう。酸素室のレンタルが翌日になると言う事で間に合わず夜呼吸が苦しくなり7日の2時半に天国へと行ってしまったそうです。寝ているような穏やかなお顔です。S様はお父様もお悲しみの中にいらしてお気持ちは痛いほど分かります。3年間幸せにして頂いた感謝の気持ちでモコちゃんはお空のお友達の所に向かって行った事でしょう。S様本当に有り難うございました。またお元気になられお会い出来ますように。ありがとうございました。

2022-4-8-3.jpg






[2022/04/08 11:48] | お知らせ お願い お礼等 | page top
おむつのご支援ありがとうございました

4月4日現在。アリエルちゃんにおむつをお送りいただきました皆様、ありがとうございました。とても助かりました。知らなかったのですが「長時間用」というものがありまして有難く使用させていただきました。



フルカワアンズ様、ヒライワ様、ヤマザキ様、ウエヤママリー様、ヒヌマ様、タカハシ様、ワタナベ様、ヒシヤマ様。またお2人の方からもお送りいただきましたがお名前が分からずこの場を拝借しお礼申し上げます。


今後手術を受けますがしばらくはおむつが必要になると思います。引き続きご支援のほどよろしく申し上げます。
[2022/04/08 11:32] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>