TopRSS管理
4月の予定 ::::トップ固定記事::::
■■4月の予定■■




「第66回譲渡会」
2018-4-15m.png


緊急譲渡会変更のお知らせ
15日緑山譲渡会はかなり荒れ模様の天候になるようです。皆様が事故でも起きたりしてもいけませんので譲渡会開催日を変更いたします。翌週22日「第4日曜日」AM11時―PM2時。緑山霊園にて変更し開催いたしますのでどうぞ宜しくお願いいたします。


4月15日「第3日曜日」緑山霊園パーキングにて譲渡会を開催いたします。AM11時―PM2時。
スタッフ、お預り人は女性はピンクのエプロンを、男性は腕章をつけていますのでお気軽にご質問等をされてください。入り口には担当犬のご紹介も貼ってあります。
※当日の天候によりあまり雨風が激しくなった場合には終了時間を1時間ぐらい早める事も有ります。ご了承お願いいたします。







参加予定は 
柴犬「マカロン」
ミックス「マリオン」
ミックス「キャリー」
ミックス「バンビ」
ミックス「ひなの」
プードル「レオン」
プードル×シーズー「サラ」
テリアハーフ「ジャック」
パグ「モカ」
チワワ「トフィー」
チワワ「プリン」
チワワ「桃次郎、金次郎」
チワワ「フランソワ」
チワワ「ごんぞう」
Mダックス「ラフィー」
シーズー「ククー」
シーズー「チェリー」
シーズー「ポワロ」
シーズーハーフ「風太」他

当日はチョコママ「プチトリミング」、ジョンパパ「しつけ相談」のブースも開設。
また物品の販売も行います「保護犬達の医療費支援のため」どうぞ沢山の御来場をお待ち申し上げます。

茨城からも「あにまるさぽーときずな」様保護犬達も参加いたします。応援お願いいたします。

来場者様は下のパーキングにお停め下さい。
そして同伴犬達の排泄処理、リードの装着等宜しくお願いいたします。






会場をご厚意でお貸しいただいております緑山霊園様に
譲渡会の問い合わせをしないようお願いいたします。




++++++++++++++医療費支援のお願い++++++++++++++++++++++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。
[2023/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
生後2週間目になりました
すみれさんの子供たちは2週間になりました少し目が開きかけています。柴犬の血が濃い為か耳が立っています。茶柴、白柴、黒柴とバラエティーに富んでいますが皆ママ似の可愛い子になるでしょう。育児に少し飽きてきているようですがそれでも一生懸命に子育てをしています。頑張れ、すみれママさん。

2018-4-18-1.jpg

2018-4-18-2.jpg

2018-4-18-3.jpg

2018-4-18-4.jpg
[2018/04/18 15:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
緊急譲渡会変更のお知らせ
15日緑山譲渡会はかなり荒れ模様の天候になるようです。
皆様が事故でも起きたりしてもいけませんので譲渡会開催日を変更いたします。

翌週22日「第4日曜日」AM11時―PM2時。
緑山霊園にて変更し開催いたしますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
[2018/04/13 19:10] | お知らせ お願い お礼等 | page top
すみれちゃんの赤ちゃん
1週間目
IMG_4711.jpg

IMG_4712.jpg

IMG_4710.jpg
[2018/04/10 17:03] | お知らせ お願い お礼等 | page top
素晴らしい手作りベット
伊勢原市の舞子ちゃんママさんが手作りベットを沢山送って下さいました。綺麗なピンクとクリーム色に可愛い模様のふかふかベット。早速ラブちゃんが入って満足顔。バンビさんも入ったけれどちょっとはみ出してしまうかな?

保護犬達に大切に使用させていただきます。改めてN様の器用な手作りに感心致しました。私にはどうやっても出来ません。いつもご支援、ご協力ありがとうございました。

2018-4-8b-001.jpg

2018-4-8b-002.jpg

2018-4-8b-003.jpg




バンビさんも何とかは入れてすやすや夢心地。
2018-4-8a-001.jpg

2018-4-8a-002.jpg

[2018/04/08 15:01] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ピカちゃん良くなりました
看取りのピカちゃんが先月神経障害で口を掻きむしり血が流れても止めないほどの症状が出てしまいました。ピカちゃん自身も疲れ果てそれでも目が覚めている間は同じ行動を続けてしまいました。そして大声で鳴き出し「これは困った」と思いました。いよいよ認知症との闘いが始まるのではと覚悟しましたがお薬が効いたらしく今では以前のような穏やかな優しいピカちゃんに戻ることが出来ました。

一時フードも食べれなくなり練馬区のT様が送って下さいました「介護食とミルク」を混ぜて今は良く食べています。とっても美味しいらしく「また食べる」と言うように1日3回催促して食べています。お腹いっぱいになるといつもの場所のベットに入りすやすやと眠ります。こんな老後を穏やかに過ごすことが出来るようになりました。皆様ありがとうございます。ピカちゃんが1日でも長く過ごすことが出来るようにお世話していきます。

2018-4-8-004.jpg

2018-4-8-003.jpg

2018-4-8-002.jpg

2018-4-8-005.jpg

2018-4-8-001.jpg


練馬区T様いつもフード、おやつのプレゼントを有り難うございます
海老名市きぃちゃんパパ様、ペットシーツ助かっています。
伊勢原市N様、手作りのワンちゃん用おふとん、皆で使わせていただきます。
いつも当会の子達に温かなお心をかけていただきましてありがとうございます。
[2018/04/08 14:57] | お知らせ お願い お礼等 | page top
北田直俊監督作品「アジア犬肉紀行」 上映会のお知らせ
日本に犬肉輸入廃止」のための映画上映のお知らせです。皆様のお力で是非政府がこの輸入を禁止していただくような方向で動いてもらえるようにご協力お願いいたします。

中国から「犬肉輸入国」は日本がダントツにトップです。この食に溢れた現在、家族である犬をなぜ食べなければならないのでしょうか?輸入される犬肉は多くは盗まれた飼い犬たちです。私たちと同じように愛情かけた飼い主から盗み、そして犬達も目の前で仲間が絶叫し拷問され殺されていく姿を見て今度は自分も同じことをされると恐怖で怯えています「拷問することで肉が美味しくなるという間違った考えです」。

今まで人間を信じ尾を振り可愛がられていた気持ちを無視しこのような蛮行を行いそれをどうしてわが国が取引するのでしょう。おかしいと思いませんか?日本の犬だけが「殺処分0」とか「動物愛護」という事が叫ばれていますが、他国からの犬達はどうでも良いと思うのは容認できない事です。どうぞ皆さま「アジアの犬猫」たちの命を救ってあげて下さい。あまりにも大きな問題になす術も見当たりませんが諦めたら終わりです。小さな力がいつかは結集し動物の命を救えることを信じています。

北田直俊監督作品「アジア犬肉紀行」 上映会のお知らせ

[2018/04/07 14:38] | お知らせ お願い お礼等 | page top
衰弱のマルチーズ君
先日センターに衰弱して収容されたマルチーズ「マル君」が良いご縁が繋がりM様のご家族として可愛がっていただきました。歯もなく舌が出ていてフードも食べられず、それでもフードプロセッサーで粉々にしたフードをどろどろ状態にして下さり良く食べていたそうです。

しかし急に1日から食べなくなり病院に点滴と検査入院をさせてくださいました。然し3日の夜病院から連絡が来て「様態が急変しました」と言われすぐに病院に駆け付けたところ一度は動いた心臓も再度動くこともなく息を引き取ったそうです。

2週間幸せな時を過ごすことが出来てマル君は一杯思い出が出来た事でしょう。5日荼毘に伏せるそうです。本来元飼い主が看取らなければならない高齢な子を遺棄し心を痛めない人間がこの世にはいます。そんな飼い主に看取られなくてかえって良かったと思うのは当然ですね。

M様最後まで愛情をかけていただき有難うございました。
[2018/04/05 09:41] | お知らせ お願い お礼等 | page top
柴犬親子
昨晩生まれた子犬とママです。しっかり育児をしています。

2018-4-3p-004.jpg



先に生まれた2匹です。

IMG_4581.jpg

IMG_4582.jpg




2018-4-3p-001.jpg



2018-4-3p-002.jpg


2018-4-5追記
柴犬すみれちゃんの出産は・・・
1月30日からセンターで保護され当会が引き出した3月中旬にはもう臨月でした。本来は堕胎するべきところ母犬の体調を優先し誕生させました。命を絶つことはとても辛い選択です。もう少し小さければお腹にいる間に今までは出してしまいました。子犬たちは毎日20グラムずつ体重も増えて健康に育っています。
[2018/04/03 17:13] | お知らせ お願い お礼等 | page top
お別れと誕生
4月1日にセンターで出産したJRテリアのママは赤ちゃんがもう生きられないと分かったのかミルクを与えないという事で多くの方が手をかけて命を繋いで下さいました。しかし2日お昼ごろセンターへのお迎えも間に合わず男の子は亡くなってしまいました。そしてもう1匹の女の子「マリアちゃん」は病院で必死の哺乳をして下さいましたが飲み込む力がなく夜8時ごろ息を引き取りました。

2018-4-3r-002.jpg

2018-4-3r-001.jpg



そして不思議なことに柴犬の保護犬ちび「現在すみれ」が破水をし交代するように4匹の赤ちゃんが生まれてきました。何という事でしょう。マリアちゃんは「私は手がかかるからあとの子達をお世話して」とでも言うように静かにこの世を去って行きました。体重110グラム、体長10センチぐらいしかない小さな体にはママと同じ模様がありました。

ただ後5日ぐらいお腹にいられたら生きることが出来たかもしれないそうです。普通のJRテリアの子犬の半分の体重しかありませんでした。火葬に連れて行く前にママと再会させてあげました。冷たくなった我が子を優しく舐めてあげている姿は胸を締め付けられる思いでした。ママ「ルビーちゃん」は子供たちの分まで幸せにならなければと思います。
2018-4-3r-003.jpg


そして柴犬ちびは全部お産の処置は自分で済ませてしっかりと我が子を守っています。子犬たちは皆200-240グラムの健康優良児です。1匹は死亡している子犬がまだお腹の中に残っているため様子見しています。

すみれちゃんの子供たち。すくすく育ってね。♀3匹「茶2匹、黒1匹」、オス1匹「クリーム色」。標準的体重です。
2018-4-3s-002.jpg

2018-4-3s-003.jpg

2018-4-3s-001.jpg



「お別れ」と「誕生」が交代で起こる事は初めてです。今までも沢山の場面に遭遇してきた私ですが今回の「お別れ」はとっても可哀想で一生忘れることはないでしょう。神様の元に旅立った2匹の子犬達。センターで収容されていなかったとしたら今頃どこかの路上で死んでいたでしょう。

「しっぽの仲間」のS様、センターの職員様、搬送のS様、病院のW子様。皆で1匹の命を何とか救うために努力いただきました事お礼申し上げます。
[2018/04/03 16:58] | お知らせ お願い お礼等 | page top
12日の一斉手術ボランティアさん求む
行方市の36匹崩壊現場で一斉手術を行います。その日、犬をケージから出したり、清掃したりの人手が足りません。お手伝いしていただける方はアルマ様の方にお申込みください。

参照「アルマ」様ブログ4月1日分
http://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12365059038.html
[2018/04/02 12:08] | お知らせ お願い お礼等 | page top
看取りのピカちゃん
茨城のセンターから引取ったピカちゃんは8年が過ぎました。当時この子は下あごは溶けて歯もなく口の形を保持していない状態でした。そしてセンターで首輪とリードを付けた途端絶叫して大暴れをするぐらいリードを付けられたことが無かったようです。今までどんな飼い方をされて来たのでしょうか?少しずつ外の空気に慣れさせて譲渡会にも参加できるようにはなりました。

しかしいつも周りの環境を気にしながらびくびくする様子は変わりませんでした。そして、2週間ぐらい前から前脚で口の中をものすごい力で掻きむしるような動作をするようになりました。ある時は前脚が血だらけになるぐらい口の中を切ってしまいました。病院での診察で「神経障害の発作」という事で3種類のお薬を飲んでいます。1つは癲癇薬ですからとても眠くなるようでほとんど寝ています。

救いは食欲がある事で固形のものは食べられませんがつぶつぶの無い裏ごしタイプのレトルト食品は犬用ミルクに混ぜて良く食べています。でも大分痩せてしまいました。皆様に可愛がっていただいたピカちゃんは老衰の毎日ですがそれでも名前を呼ぶとトコトコ歩いてきます。また食事の支度をしていると足元で待っているように意識はしっかりしています。

もうすでに14歳を超えていると思いますが少しでも気持ち良く過ごさせてあげられるようにお世話をしたいと思います。小さな命は頑張っています。人間も犬も同じ、いつかは老いるときが来ます。その命を最後まで手放すことなく大好きな飼い主の元から見送ってあげる覚悟が飼い主としての一番の責任ではないでしょうか?


2018-3-25-003.jpg

2018-3-25-001.jpg

2018-3-25-002.jpg
[2018/03/26 05:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
中型犬お預り募集
現在、茨城動物指導センターには収容犬の他に多頭崩壊の妊娠している可能性のある犬達を順次収容して行かなければなりません「メスが22匹」。なかなか中型犬の里親様も少ない中、何とか収容頭数を減らすために皆様のお力をお貸しください。

アルマ様の21日分の茨城県センター状況
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12361992179.html

外での保護でも構いません「天候不良の時にはケージをお貸ししますので玄関にでも入れてください」。また里親様になってくださる方も募集いたします。お力になって頂けます方は当会のアドレスからお申込みお願い申し上げます。

預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112


飼い主申込みは当会HP「飼い主申込み」ページより
http://npo.seiken-joto.org
[2018/03/21 15:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
衰弱のマルチーズ その後
衰弱のマルチーズ君里親様が決まりました。当会の子2匹を引き受けて頂いておりますM様。最後まで面倒を見ますよと言っていただけました。昨日茨城から引き出して頂きましたアルマ様のシェルターに21日お迎えに行ってくださいます。最後の時まで幸せに、楽しく暮らせますように宜しくお願いいたします。
[2018/03/20 13:59] | お知らせ お願い お礼等 | page top
フレブルマシュー君の旅立ち
d1120-0.jpg

当会の保護犬として茨城のセンターから2015年8月26日に引き取ったマシュー君が今日18日朝5時半に旅立ちました。マイクロチップが入っていてセンターから飼い主に連絡を入れたところ「人を介して誰かにもらわれた犬で今は自分の犬ではない」と引き取りも拒否。どこからの引き取り依頼もなく当会で保護しておりました。

しかし発作状態が起き薬の治療を今まで継続していました。それから何度か倒れるような発作が起きましたがそれもS様ご家族のお世話で乗り越え幸せな毎日を送ることが出来ました。もう里親様にはお願いできないと判断し「看取り犬」としてお世話していただきました。

昨日も散歩に行き食事も済ませs様のお膝に上がってきて遊んでいたそうです。そのうち嘔吐しだんだん状態が悪くなり「夜間救急病院」に10時ごろ運んでいただき気管チューブを入れ4時ごろまで処置をして頂きました。そして自発呼吸に戻ったため連れて帰って5時半ごろ瞳孔も開き静かに息を引き取りました。

お電話を頂いた時に「意識がなく舌も出ている」とお聞きした時「もう助けることは出来ない」と感じました。「苦しみが続くようなに延命治療はしないであげて下さい」とお話をし、原因も病院では分からずS様のご自宅まで帰り安心して天国へ行きました。気管チューブを入れたまま最期を迎えなかったことが本当に良かったと思います。

一生懸命に生き抜いたマシュー君。パワー全開で皆様にもいろいろとトラブルも起こしていましたが、それでも皆様から可愛がられて幸せな一生だったと思います。2年7か月ありがとうございました。

またS様ご家族の皆様どうもありがとうございます。明日「真心動物霊園」様でお星さまになります。マシュー君天国でみんなと仲良くしてくださいね。

[2018/03/18 14:57] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>