TopRSS管理
【お知らせ等】固定
■■7月譲渡会の予定■■

++「緑山譲渡会のお知らせ」++

上半期最後になります譲渡会を開催いたします。
2020-7-19j.png
7月19日「第3日曜日」AM11時—PM2時。
緑山霊園「合掌の杜」パーキング(横浜市青葉区奈良町2035-1)
※ 「あにまるサポートきずな様」は今回はお休みです。

但し「コロナ感染」が東京都で毎日増えて行っています。当会としましても万全を期して行いますが今回は全頭の参加は見送りお見合いなどでお話がある犬達、他頭数を制限しての開催といたします。入り口には「消毒液」を置いてありますので必ず付けて下さい。マスクの装着は厳守です。11時前はスタッフが用意のため動いておりますので会場内にはご案内のお知らせがあるまでは下の駐車場でお待ちください。また「緑山霊園様」に問い合わせのお電話は決してなさらない等、トラブルが起きないように宜しくお願い申し上げます。

参加予定の犬達

ポメラニアン「ムーン」
ミックス「ポッケ」
テリアハーフ「むく」、
シーズー「ココ」、
シーズー「リオ」、
柴犬ハーフ「カレン」、
プードル「サブレ」、
プードル「タルト」、
プードル「もも」、
Fブル「ルーシー」、
チワワ「幸太」
ダックス「ライム」
仔犬2匹譲渡会に参加です。オス1、メス1
の予定です。


ご来場者様の駐車は危険防止のため会場内スペースには上がって来ないようにお願いいたします。
2019-1-20j-001.jpg

o1920108014337557984-002.jpg

同伴されるワンちゃんは駐車場内を歩かせないように、また排泄の処理、脱走防止「リード、名札等の装着」等十分にお気をつけて楽しい譲渡会にしたいと思います。

スタッフは「ピンクのエプロン」「腕章」を付けていますのでご質問があります時はお声がけされてください。







「緑山霊園様」にお電話をして「譲渡会の有無」等をお聞きになることは絶対になさらないでください。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







+++ベアちゃん基金+++

2019-4-7-003.jpg
人懐こいベアちゃんが元気に楽しい生活が出来るようにどうぞ皆様、
ベアちゃんを助けてあげて下さい。お願いいたします。
詳細はこちら↓↓
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1977.html


 郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。

  ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。


2019-9-24追記ベアちゃんの近況
門脈シャントのベアーちゃんはとてもいい子で元気に過ごしています。手術をして直してあげたいと思いましたが、大学病院の診察によると「可能だが手術中に何か起きても分からない状態です」と言われ今までどうしようかと考えてまいりました。
ある病院の先生からも今まで「多分7歳位」繁殖に使われながらも生命を維持してきたのであえて危険な手術をせずに薬で対処した方が良いのではとのご意見でした。
前にも里親様に引き取られましたポメラニアンの子も同じ先天性疾患でもう6年ぐらい心臓薬のみで元気にしています。そんな事でベアちゃんは手術せずに皆様のご支援をお薬に使用させて頂く事にいたしました。「ベアちゃん基金」ではなく「ベアちゃん支援」としてこの子が命ある限りケアーしてあげたいと思いますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

また本当に性格の良い子なので里親様として手を上げて頂ける方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。



+++医療費支援のお願い+++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。



当会問い合わせのメールアドレスは
lovedogcatjp@yahoo.co.jp
こちらのアドレスにお願い致します。

お問い合わせ頂いたメールには必ず返信しています。
が・・・
当会パソコンからですと携帯メール先が受信しない事もあり 返信が届かない事あります。


[2021/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
子猫のミルクボランティア募集
今の時期毎日のように乳呑児、離乳の子猫が収容されてきます。育てて頂ける「ミルク美ランティア」様を募集しております。7月1日現在茨城県動物指導センターで保護されているちび猫ちゃん達です。乳吞児は3時間おきの哺乳をしなければならずセンターの職員の方が夜9時ごろまでお世話をしそのまま自宅編連れ返ったりして命を繋いで下さっています。ご協力いただけます方がいらっしゃいましたら当会へお申し込みください。不妊手術の必要性を痛烈に感じます。

※画像クリックして拡大して下さい。
2020-7-2-1.jpg
2020-7-2-2.jpg


[2020/07/02 18:36] | お知らせ お願い お礼等 | page top
9匹兄弟姉妹の1匹
2011年10月12日に7匹の仔犬を引き取りました。この子たちは朝 委託会社の方が来た時に大部屋の中で母犬が9匹の子犬を生んで他の犬に咬まれないように必死でお腹の下に入れて守っていたそうです。お誕生日は9月15日ですが茨城のセンターでは普通子犬はすぐに処分になっていたところ母犬の収容期限が過ぎるまで親子を一緒にして下さっていました。

9匹の子犬達はママと一緒に個室に入れてもらいすくすくと大きくなりました。うーん9匹を引き取るのはすごく大変な上 母犬は野犬のようでまるで人馴れしていません。悩みました。その後2匹の子犬は死亡してしまい7匹の子犬を引き取った経緯があります。母犬も一緒に引き取りたかったのですが首輪もリードも付けられずリードを付けると咬み切ってしまう程でした。

仔犬を引き取ってから2か月間センターで母犬を少しでも慣らそうと努力していただきましたがまるで変化も見られませんでした。そんなに人間に恐怖を感じている子を無理やり人間社会になじませることは虐待に近い事になります。「あなたの子犬達は必ず幸せにするから」と言ってこの母犬は諦めました。

その中のシエルティー風の子犬ルビーちゃん「旧ベイジ」が昨日まで元気で飛び跳ねていたところ夕方下痢をしハーハー呼吸が早くなり動物病院に入院し先生から「落ち着いてきました」と言うご連絡があったのもつかの間、今朝急変して息を引き取ってしまったそうです。お庭で何かを食べてしまったのか原因も分からずお別れになってしまったと悔やまれていらっしゃいました。8歳10カ月の生涯を終えて行きました。

d868-0.jpg


青葉区のT様お知らせをありがとうございました。心の準備もないままのお別れでさぞ気落ちをされたことでしょう。今まで沢山いろいろなところにも連れていっていただき楽しい思い出をありがとうございました。兄弟姉妹犬達の「ドナテロ、ミケ、てんてん、ランラン、ベイク、アロマちゃん」は元気ですか?
[2020/06/30 16:51] | お知らせ お願い お礼等 | page top
素晴らしいマーブル君の旅立ち
マーブル君は茨城のセンターにいました。とっても大きな子で 出しても里親様が見つからないのではと思いましたが「もし見つからなければ家の子にします」と神奈川県のK様が言われセンターに会いに来ていただきました。この子は茨城の犬の捨て場になっている「神栖市」の野犬群れの捕獲が行われた時、捕獲檻に入っていて収容されました。ただ人馴れしていて青い首輪が付いていました。どこかで飼われていた飼い犬のようでした。

そしてセンターにお迎えに行くと「すみません、今朝網戸を破って譲渡犬舎から脱走してしまいました」と職員に言われました。見るとセンターの前の道路を走っています。「あっトラックにひかれる」と危ない場面にも遭遇。その日は諦め帰りました。そしてその後毎日マーブルはセンターに帰ってくるとの事。そして1週間後「捕まえました」と言う連絡があり再度お迎えに行った記憶があります。

この子は本当に素晴らしい子で当時小さなお子様が背中に乗っても怒る事もなく子守もしてくれました。そして11年の幸せな生涯を6月11日に終えて天国に行ったお知らせを頂きました。14-15歳になっていたと思います。当時は毎日のように収容頭数が多い為処分が行われていました。本当に助けてあげて良かったと思う子です。K様マーブル君を長い間ありがとうございました。小さかったお嬢様もこんなに大きくなられ年月の経つのが感じられました。マーブル君あなたは「素晴らしい茨城ブランド犬」でしたよ。

2020-6-21-1.jpg

2020-6-21-2.jpg



[2020/06/22 06:50] | お知らせ お願い お礼等 | page top
トライアル決定候補
「トライアル決定候補」

先日7日の譲渡会には多くの皆様に御来場いただきましてお礼申し上げます。様々な不運な現状から助け出して来た保護犬達の「幸せに向かってのスタート」を真剣に検討させていただきました。折角のお申込みのご希望に添えず、ご縁が繋がらなかった皆様には心よりお詫び申し上げます。当会の犬達の将来が「安全」に「健康」に「犬らしく」生きられるように願いトライアルに進む候補を選別いたしました。どうぞご理解お願い申し上げます。

チワワ「ネイト君」

プードル「レラちゃん」

プードル「つくしちゃん」

プードル「ニーナちゃん」

シーズー「カウ君」

ミックス犬「チャイちゃん」



尚沢山の応募を頂きました、シーズーハーフ「ピーチ」はまだ里親様にお願いするためのトレーニングをもう少し継続した方が安全と思い、今回のトライアルは見送りさせて頂きました。

またプードル「チコちゃん」はこの子の性格を鑑み検討をさせて頂きたいと思います。



「譲渡」と言う事は様々な角度から検討し決定をしていく事が里親様に対しても犬達に対しても一番大切な事と当会の信念は貫いてきました。どうぞ「ご縁」がぴったりの子に巡り会えるよう今後もお手伝いをさせて頂きたいと思っております。



どこの「保護犬猫達」にも皆様の真の愛情を注いで頂けます様心よりお願い申し上げます。ありがとうございました。

[2020/06/10 09:42] | お知らせ お願い お礼等 | page top
もう1つの訃報
もう1つの訃報を頂いております。ただ留守電にありましたお声がはっきりと聞こえず失礼いたしました。

「20年前にダックスのルンルンをお世話頂きました○○です。5月28日に亡くなりました」としか分かりませんでした。ルンルンちゃんと言うお名前は憶えているのですがご連絡がつかず失礼いたします。20年と言う長い年月を育てて頂きルンルンちゃんは20歳以上と言うご長寿ですね。素晴らしいです。1匹の保護犬の一生を見守っていただき心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

[2020/06/07 15:41] | お知らせ お願い お礼等 | page top
お月様の元へ
2007年11月にお嫁入りした柴犬「月美」ちゃんが6月5日朝3時半に天国へと旅立ったお知らせを頂きました。推定14歳の月美ちゃんは春ごろから体調を崩し里親様の必死の介護で今まで頑張ってくれました。

この子をセンターから引取ったのが丁度十五夜の時。「月見」と名付けた思い出があります。本当に性格の良い子で柴犬の強さはまるでありませんでした。里親様のお家を探しながらお届けした記憶がつい最近のような気がいたします。

「月見」と言う一文字を美しいお月様「月美」ちゃんと名付けて頂きO様の元からお空のお月様へと帰って行きました。月美ちゃんは本当に良い子でしたね。あなたの事は忘れません。O様長い間家族として可愛がっていただきましてありがとうございました。

2020-6-7-1.jpg


飼い主さまからのご連絡の一部
今朝3:30に月美が亡くなりました。
昨年春からあまり体調が良くなくも、先月までは自分の足で立ち、食欲は落ちてきていたものの、自分で食べていました。しかし、1週間ほど前から足が立たなくなり、食べ物もほとんど受け付けなくなり、眠っているところ、最後にクシャミをしてすうっと息を引き取りました。推定年齢14歳でした。最後まで本当にお利口さんな月美でした。私達にはもったいないぐらいいい子でした。


[2020/06/07 15:37] | お知らせ お願い お礼等 | page top
手作りマスクを頂きました
コロナウイルスでマスク不足の中有難いご寄附がありました。いつも「犬用ベッド」等を手作りで送って下さる伊勢原市のN様。今回はオーダー用のワイシャツ生地でサラサラとしたマスクを沢山お送りいただきました。綺麗にミシンをかけて頂きまさか手作りとは思えませんでした。素晴らしいマスクをありがとうございました。

2020-6-4-1.jpg

ポメの舞子ちゃんは今年でお嫁入りして5月28日で4年目になりました。素晴らしい毛ふきになってマイペースで過ごされているそうです。繁殖場の狭いケージから解放されて幸せになりました。どうぞこれからも宜しくお願い致します。
[2020/06/04 11:50] | お知らせ お願い お礼等 | page top
いつも一緒

チコちゃんとピーチちゃんjは いつも一緒に寝ています。

2020-5-29-1.jpg    2020-5-29-2.jpg


[2020/05/30 09:27] | お知らせ お願い お礼等 | page top
最後のご挨拶に来てくれました
2006年4月10日にお婿入りさせていただきましたマルチーズ「ミックス?」のピース君が今月23日当会保護犬のロッティーちゃんに会いに来て下さいました。その時に里親様のW様が「今日はなんだか元気がないんですよ。いつもはこうなんです」と動画を見せて下さいました。確かに様子が違いました。遠くからの距離に疲れたのかなと思いました。

しかし昨晩急変し夜間病院に駆け込み手当の甲斐なく天国へと行ってしまわれました。びっくりしたのと同時にこのピース君、引き取った当時はかなり性格が難しい子で何度かトライアルに行きましたが不成立で戻ってきた子でした。そんな中、W様はピースを大切に愛情を掛けて頂き今はすっかり良い子になり幸せな生涯を送っていたところでした。

毎晩ご主人様が一緒に添い寝して下さりどれだけ精神的にも安心していたか。そしてお見合いに来てくれロッティーちゃんを避ける事もなく「僕のうちに来ていいよ」と言うように受け入れてくれました。その時にはピースがお別れの時期を感じていてW様ご夫妻が寂しくならないように次の子を託してくれたのかもしれません。また神奈川県動物保護センターから引き取った私に最後のあいさつに来てくれたように感じました。

海老名市国分東台で収容されて来たピース君当時3歳位となっていましたので今年で17歳位になると思います。当会の保護活動の中でも記憶に残る子でした。「ピース君最後のあいさつに来てくれてありがとう。良く頑張りました。えらかったですよ。すっかり穏やかなおじいちゃんになってましたね。あなたは犬ではなくなんだか人間のような気持ちを持った子みたいです。どうぞゆっくりとお休みください」

当時お預りしていただきました吉野様。お知らせいたします。

2020-5-27-1.jpeg


2020-5-27-2.jpeg

W様、今まで長い年月、ピースを幸せにして頂きまして心より感謝申し上げます。
[2020/05/28 14:44] | お知らせ お願い お礼等 | page top
おめでとう!フィラリア陰転
1月に茨城センターの譲渡用犬であるミックス「チャイ」さんを引き取りました。ただフィラリア陽性。センターでも治療を開始して下さっていて引き取り後当会で同じ方法で治療をして来ました。それは「ボルバキア治療」という「ジブラマイシン」というメスの機能を抑制する抗生剤と肝臓薬を1か月飲ませその後モキシデック「一般の犬の予防薬」とプレゾニン「ショック止め」を3か月、1か月後血液検査し、もしまだ陽性だったら2クール目で「ジブラマイシン1か月モキシ3か月」と継続して行きます。

末期の腹水が溜まるようになってしまうと心臓手術、つり出し手術しかありませんがまだそこまでいかない時に治療をしましたから今回の血液検査で見事「陰性」でした。おめでとう、チャイさん。お預り人のSさんきちんとお薬を飲ませて頂きありがとうございました。

d1377-8.jpg


今までも何匹も陽性の子がいました。でも皆、陰性に転換しました。今はフィラリアも怖い病気ではなくなりました。でも一番大切なのは「感染しないように毎月予防薬を飲ませる事」です。皆様、今の時期はフィラリア予防開始です。忘れずにご愛犬に飲ませて下さいね。
[2020/05/18 16:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
皆様コロナウイルス大丈夫でしょうか?
5月6日に緊急事態宣言が解除になればと期待していたところまだまだ長期戦になると言う事でがっかり致しました。でも「医療崩壊」と「私達、皆様の命を守る」ためにはもう少し耐えてこの危機を乗り越えなければなりませんね。

毎日「今日の感染者は減少したか」と見守っていますが一向に減少の兆しも見えず気持ちがへこみます。その様な中で多くの方から「保護犬希望」の応募を沢山頂いております。すぐにお会い出来ずに申し訳ございません。きっと6月には譲渡会も開催できると信じ保護犬達と毎日を過ごしております。

県外のセンターに引き取に行く事も出来ずにお預けしたままになっている子達もいます。どうか皆様、不自由な生活ですがもう少し頑張って行きましょう。お会い出来る日を楽しみにしております。
[2020/05/06 06:56] | お知らせ お願い お礼等 | page top
クッキーちゃん
昨日天国へ行った子の「クッキーちゃん」のお写真です。この子は放棄犬で2歳半でS様に迎えて頂き「平成15年」今年19歳―20歳になったと思います。素晴らしいですね。S様本当に有り難うございました。

2020-4-19-1.jpeg

2020-4-19-2.jpeg

2020-4-19-3.jpeg

[2020/04/19 14:09] | お知らせ お願い お礼等 | page top
卒業犬達の旅立ち
この数日で4匹の卒業犬達の旅立ちのお知らせを頂きました。

プードルのソル君 4月14日 町田市K様

ミックスのニコ君 4月13日 多摩市S様

ダックスのクッキーちゃん4月13日 川崎市S様

ヨークシャーテリアのビビちゃん 4月15日 町田市A様



どの子も里親様方の1日でも長く生きられるようにと通院、闘病生活、介護生活をして頂き沢山の愛情に守られて生涯を終える事が出来ました。当会保護時の思い出も蘇ります。しかし私達の手を離れこうして安心して天国へと旅立って行かれたことは全て里親様方の愛情と責任感のお蔭です。皆様今はとても悲しいお気持ちで過ごされていらっしゃると思います。沢山の思い出を心の中に残してあげて下さい。そしてご家族様の元気になられた姿を天国から見てきっと安心してお空からいつまでも見ていてくれると思います。

長い間育てて頂きまして心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


[2020/04/18 13:12] | お知らせ お願い お礼等 | page top
怯えていたバンビが
当会で保護した当初のバンビは3カ月間センターの同じ場所にいつもうずくまっていました。そろそろ処分の運命になって来ていて、どうにかして助けられないか悩みました。咬む犬なら諦めようと思い檻から出してもらうと抱っこさせてくれました。「これなら大丈夫」と決心し引き取りました。

その後妊娠していてもう臨月。3匹の男の子を出産。約2年間少しずつ社会に慣らすトレーニングをして来ました。そしてやっと私が手放しても大丈夫と思える里親様に巡り会う事が出来T様ご家族に迎えて頂きました。寒がり屋さんでこたつの中からくつろいでいるお写真を頂きました。このような姿を拝見させていただき本当に安心いたしました。どうぞこれからもバンビが笑顔でいられますように宜しくお願い申し上げます。

2020-3-30-1.jpg



追記
長男くんのご家族さまより返信頂きました。
ありがとうございます。
2020-3-30-2.png


[2020/03/30 15:25] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>