TopRSS管理
::トップ固定記事::
■■10月予定■■

掲載までしばらくお待ち下さい。



会場をご厚意でお貸しいただいております緑山霊園様に
譲渡会の問い合わせをしないようお願いいたします。






+++ベアちゃん基金+++

2019-4-7-003.jpg
人懐こいベアちゃんが元気に楽しい生活が出来るようにどうぞ皆様、
ベアちゃんを助けてあげて下さい。お願いいたします。
詳細はこちら↓↓
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1977.html


 郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。

  ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。





+++医療費支援のお願い+++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。



当会問い合わせのメールアドレスは
lovedogcatjp@yahoo.co.jp
こちらのアドレスにお願い致します。
[2023/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
【トップ固定記事】成犬譲渡の会 卒犬カレンダー2020年用写真大募集!!


昨年に引き続き、卒犬カレンダー2020年用写真をいよいよ募集いたします。
2019年カレンダーと少し応募方法が異なりますので、よくご確認ください。

カレンダー専用アドレス
calendadog@gmail.com (昨年と同様)

写真添付は25MBまででお願いいたします。
複数写真を添付する際で、25MBを超える場合は、複数に分けてメールをお願いいたします。
(容量を超えると、メールを受信できません)

【メールタイトル】
「苗字 愛犬名」(例:犬山タロー)

【メール本文に下記を明記してください】
1) 里親さんのお名前
2) 里親さんのお名前ふりがな
3) わんこの名前
4) 譲渡前の仮名
5) 犬種
6) 性別

【写真について】
写真は横向き(横長)で、1頭につき最大4枚+プロフィール用1枚
計5枚を上限とします。
プロフィール用の写真は縦向きでも構いません。
できれば顔が正面を向いているものが望ましいです。
応募のわんこは全て掲載します。
掲載写真の枚数は、集まり状況により異なります。

【募集期間】
7月11日~9月15日


※1
応募のメールには、3日以内に受付の返信をいたします。
3日過ぎても返信がない場合は、お問い合わせをお願いいたします。

※2 写真はトリミングをする場合があります。ご了承ください。

※3
「上手に撮れた写真がない…」「写真の送り方がわからない…」そんな声にお答えして
 
7月・9月の譲渡会にて、ジョンママ・姫パパカメラマンによる撮影サービスを実施いたします。
  お気軽にご利用ください。

※4 「写真はたくさんあるけど、送り方がわからない…」そんな方には、
  7月・9月の譲渡会にて、データの受付サービスをいたします。

※5
不明な点は、カレンダー用アドレス(calendadog@gmail.com)にお気軽にご質問ください。

注) ※3・4 預かり犬のお見合い中は、対応ができない場合があります。
 
カレンダーは11月から販売を予定しています。
売上は会の活動費になります。
皆さまのご協力よろしくお願いいたします。 


2019-7-20追記
■□カレンダーQ&A□■

1) 譲渡会でのデータ受付サービスはどうすればいい?
→ USBメモリ・SDカード・コンパクトフラッシュ等をご持参ください。

2) プロフィール用写真とは?

全ての応募わんこを一覧にして紹介します。顔のみトリミングするので、正面を向いている写真ですと、顔がわかりやすくなります。

3) 縦向きの写真はダメですか?

縦・横向きが混じるとレイアウトが難しくなり、1枚に多数の写真を配置できなくなります。
「小さくなってもいい」「横になるようトリミング加工していい」などコメントを入れていただければ、お受けいたします。

4) 確認メールは3日待たないといけない?

担当者がフルタイムで勤務しているため、確認・返信にお時間をいただいております。特に締切間際には応募が集中するため、返信が遅れる可能性があります。3日経っても確認メールが届かない際には、必ずご連絡をお願いいたします。

※ 2020年卒犬カレンダーの最新情報は下記ブログでも掲載中。
http://little-lifewan.seesaa.net/article/468125667.html

[2019/12/31 14:41] | お知らせ お願い お礼等 | page top
いばらき犬猫不妊手術基金の活動日誌
いばらぎ犬猫不妊手術基金の「日誌」が出来ました。
どうぞ皆様応援して下さい。
沢山の小さな命が生まれては消えていく現実を変えて行きたいと思います。

https://ameblo.jp/dcsc2019/

[2019/09/13 15:50] | お知らせ お願い お礼等 | page top
幸せな生涯をありがとう
15年半前ポメラニアンのアポロ君を家族にして頂きました中野区のT様より天国へ召されたお知らせを頂きました。トイレも外派で亡くなる前の日までお外に出て済ませ。家の中では余り滑って歩けなくても立って過ごしていたそうです。

亡くなる晩はいつものようにお布団の中で一緒に寝ていたそうで朝になり見ると首を布団から落ちるようになっていたので抱き上げるともう硬直していたそうです。本当に楽に静かなお別れだったのですね。最後まで大好きな飼い主さんの側で旅立つことが出来幸せな子でした。

当時はまだ処分が多い状況で沢山の子は懐かしい飼い主を待ち続けても最後に自分の名前を呼んでくれる声も聞けず、優しいお顔を見る事もなくガス室に入れられて行きました。T様は「1人息子ですから。でも自分たちももう高齢になりましたから次の子は飼えないんです」と言われていました。

病院にもよく連れて行き健康管理をされて下さったのでこうして16歳3か月ぐらい迄長生き出来ました。アポロ君は8月18日静かに生涯の幕を閉じました。長い年月を1匹の保護犬に愛情をかけて下さりそして最後のご報告も何度も留守電に入れていただきまして心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
[2019/09/07 09:02] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ワクチン支援のご報告
今年の夏も人間にも動物にも過酷な暑さでしたね。皆様はお元気で夏をお過ごしいただけましたでしょうか?センター内のパルボ発症の際には、皆様より多大なるご支援を賜りました。心より御礼申し上げます。

遅くなりましたが、8月末日〆にて収支計算ができて参りました。支援に関連するブログ記事の削除、物資の支援へと変わりましたことにより、心ない憶測も飛び交いましたようで、皆様にはご心配をおかけいたしました。 当会としましては、まずは犬たちとセンターが一刻も早く平穏な日を取り戻せることを優先と考え、諸々控えておりました。今日までさまざまなご報告が遅れましたことをお詫び申し上げます。

詳しくはご報告書にて述べておりますが、ワクチン支援に関するブログ記事の削除は、薬事法における観点と懸念から削除するよう関連窓口から要請があったためでした。そのため、支援に関する経緯を含むご報告、ならびに収支報告は、郵送という形をもっての対応となりますことをどうぞご了承くださいませ。ご支援くださいました全ての皆様に、是非ご覧いただき、確認いただきたく思っております。お手数をおかけしてしまいますが「お名前、ご住所」を会のアドレスまでご連絡くださいますと幸いです。

保護活動において動物医療は欠かせないものです。活動関係者としての薬事法解釈の再確認、「生」と「法」のはざまというものを考えさせていただく貴重な機会となりました。

何はともあれ、ウイルス蔓延を止められなければ「全頭処分」になるかもしれないという緊急事態。30数頭の亡くなった子たちが出てしまいましたが、皆様からのご協力により1カ月で終息する事ができました。 今日現在、センターの犬達は元気に保護され、お世話していただいております。委託会社の方々も過酷な業務の中、やっと通常の業務で1匹ずつ丁寧に管理が出来るようになりました。どうぞご安心ください。また愛護団体様も多頭の引き取りは管理が手薄になり事故が起きてはいけないからと、しっかりとお世話が出来る範囲での頭数を引取り開始しています。

どこの団体様も「1匹でも命を救いたい」という思いは同じです。「小さな思いやり」を人間にも、動物にも持てるような世の中になってほしいと願っております。 

今後とも「茨城県の犬猫達」をどうぞ、温かく見守って頂くようお願い申し上げます。ウィルスから救って頂きました皆様、本当に有り難うございました。

NPO法人保健所の成犬猫の譲渡を推進する会、一同

[2019/09/05 21:13] | お知らせ お願い お礼等 | page top
介護の犬達にありがとう
いつも我が家の保護犬達に温かなお気持ちで見守っていただいております練馬区の様かT様からピカちゃん、まゆちゃん達に柔らかな食品をお送りくださいました。

今ピカちゃんは水はまるで飲みません。命を繋いでいる水分は「犬用ミルク」のみです。また固形物は銜えることが出来ず柔らかなウエットしか食べられません。そんなピカちゃんにぴったりのフード等を送っていただき早速おいしそうに食べられました。いつも見守っていただきまして本当に有り難うございます。

亡くなったひばりちゃんと一緒に生活していたピカちゃん、まゆ、チェリーちゃんも皆シニアの10歳越えになってしまいました。これから介護生活がどんどん始まりそうですがいつかは誰にでも通らなければならない道です。1日でも気持ちよく安心した生活が出来るようにしてあげたいと思っております。いつも応援していただき有難うございます。

2019-8-24-002.jpg

2019-8-24-001.jpg
[2019/08/24 15:48] | お知らせ お願い お礼等 | page top
皆様署名をお願いいたします。
茨城県古河市の虐待保護施設「ワンライフ」が書類送検になりましたが不起訴にならないように皆様署名をお願いいたします。

詳細は下記クリックしてお読み下さい。
日本動物虐待防止協会によって警察に告発受理された【茨城県NPO法人OneLife〜小さな命〜】へ厳罰を求める嘆願書にご賛同ください!


[2019/08/22 14:03] | お知らせ お願い お礼等 | page top
皆様ありがとう
皆様が支えて下さっています茨城県のセンターにフードの寄付をお持ちいたします。十分に犬達にはフードを与えて下さっていますが、今日も東北で地震がありましたね。茨城、栃木も震度3と聞くとあのセンターは古いから崩れ落ちないかと心配になりました。せめてフードだけでもストックして置いてもらいたいと沢山購入しました。

2019-8-5-001.jpg

2019-8-5-002.jpg

東京から茨城まで300キロの道程。時間も早くて片道3時間はかかります。今10年前に茨城のセンターから保護したチワワ雑のピカちゃんが脳障害で発作を起こし夜中に2時間ごとに4回ぐらい起こされその度に薬を飲ませたりミルクを飲ませたりしています。口を大きく開けてすごい力で口の中をかきむしる様に暴れます。

2019-8-5p-003.jpg

2019-8-5p-002.jpg

2019-8-5p-001.jpg


そのうちにハーハー息も苦しそうになり悲しそうな声で訴えます。抱いてあげて背中を撫でて落ち着かせています。この子は保護した時から歯はなくおちょぼ口。リードをかけると大暴れし絶叫された思い出があります。もう15歳位になるのでしょうか?目は真っ白。発作でケージの角に頭を押し付けるため脱毛し円形に禿げてしまいました。生きられる時間はあとどのぐらいか分かりませんが出来る限りの介護をして参ります。

しかし私が毎日、寝られないのが辛い。仕事、家事、犬達の世話等の合間に昼寝をするようにしていますが頭がボ—っとしてしまい運転はスタッフの方にお願いをしています。ただ往復の時間が長時間になるためピカちゃんを家に置いて出る事は出来ません。病院に預けたり、スタッフの方が交代で戻るまでお預りしてくださったり皆でこの子を守っていただいています。本当に有難いです。1匹の犬の命を預かる責任の重さを痛感します。どの子もたった1回の生涯。人間と動物が良い関係で共存できる世の中になってもらえることが実現できますように。
[2019/08/05 09:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
最近のノアです
チコの息子「ジョン」あらため「ノア」君です。
随分と大きく成りましたね。

2019-7-23-001.jpg

2019-7-23-002.jpg

2019-7-23-003.jpg
[2019/07/23 09:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
タオルの緊急募集
センターで使うタオルが足りません。新品でなくてもかまいません。綺麗にお洗濯をしてあれば中古品でも構いません。犬の収容頭数が今だ多い為に消毒、犬達の体を洗浄したりするタオル、バスタオル、フェイスタオル等のご寄附をお願い申し上げます。

送り先は

〒309−1606
茨城県笠間市日沢47
茨城県動物指導センター宛
ウイークデーのAM9時からPM4時までにお願いいたします。


追加
バスタオルはそのまま、フェイスタオルは4つに切っていただけるとありがたいです。センター内の消毒などに使用いたします。

[2019/07/18 09:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
見つかりました。
逃げてしまったシーズーハーフは今日午前11時に見つかったそうです。怪我もなく無事に保護出来たそうです。皆様、慣れてきた時に心に緩みが起き思いもしないことが起きています。

今回は「W」リードは注意されていたのにハーネスに2本リードを付けていてハーネスが外れたそうです。それではWリードの意味が無かったですね。

当会も里親様にかなり厳しくお願いをしております。2度とこのような事が起きないように皆で気を付けましょう。
[2019/07/07 15:33] | お知らせ お願い お礼等 | page top
船橋で逃げているシーズーミックス
アルマ様のブログから転載いたします。
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12490683145.html

※クリックすると拡大します
o0788108014492981119.jpg


当会にも同じところから保護した子達がいます。緊急に茨城のセンターから保護した子達は飼い主が認知症で頭数も把握していなかった。4月12日にセンターは満杯なために置き場所もなく団体様が来所され緊急引き取りされた中の1匹です。


崩壊現場からの子は皆、捕まえようとすると逃げます。矢張り「ハーネスだけは非常に危険」です。必ずWリード「首輪2本とリード2本、またはハーネスと首輪にそれぞれ2本のリードを付ける」。

当会から譲渡する犬達には里親様とお約束の条件です。皆様も再度ご確認ください。これは鉄則です。呼べば来るような子ならともかく逃げて行ってしまう性格の子たちは捕まりません。当会でもメロンちゃんは決まりました。オス犬の「コウ君」はトライアル中「要注意」、イチゴ、ピーチ、ピコはまだまだ油断できません。

アルマ様の子を見かけた方は呼んだり、追いかけることはしないでください。どんどん逃げてしまいます。全てのワンちゃんには、子犬であっても油断せず必ず「Wリード」で散歩を再度ご確認ください。雨の中早くに保護出来ますように。


2019-7-7追記
逃げてしまったシーズーハーフは今日午前11時に見つかったそうです。怪我もなく無事に保護出来たそうです。皆様、慣れてきた時に心に緩みが起き思いもしないことが起きています。今回は「W」リードは注意されていたのにハーネスに2本リードを付けていてハーネスが外れたそうです。それではWリードの意味が無かったですね。

当会も里親様にかなり厳しくお願いをしております。2度とこのような事が起きないように皆で気を付けましょう。
[2019/07/06 14:21] | お知らせ お願い お礼等 | page top
沢山のご支援ありがとうございました
ご愛犬が亡くなられ大切なお品を当会にご寄附頂きました。
わざわざ郵送いただきバザーや保護犬達に使用させていただきます。
ありがとうございました。


S__18006019.jpg

S__18006032.jpg

S__18006033.jpg

S__18006034.jpg

S__18006035.jpg

S__18006036.jpg

[2019/07/04 15:53] | お知らせ お願い お礼等 | page top
トライアルが決まったジョン君
2019-5-30j-001.jpg

2019-5-30j-002.jpg

2019-5-30j-003.jpg

今日も大好きなまりちゃんの側で遊んでもらっています。この子はじゃれていてもしつこい事はせずに上手く大きな犬とも接することが出来ます。我が家の保護犬達は皆「チビだからしょうがないなー」と言うように怒ることもせず仲良くして暮れています。動物は人間以上に心の交流を持っているんですね。トライアル先の「ルイ」君、宜しくお願いします。
[2019/05/30 16:16] | お知らせ お願い お礼等 | page top
感謝状
5月24日東京都譲渡団体に小池知事より「感謝状」の贈呈式が都庁でありました。当会はあいにく参加出来ませんでしたが贈呈式後土日を挟んで28日「㈫」には「感謝状」が簡易書留で送られてきました。

2019-5-30-1.jpg

※画像クリックすると拡大します。
2019-5-30-2.jpg


当会が始めたころの東京都のセンターは、今の茨城県のように収容頭数も多く「団体譲渡」も公には出来ず水面下で行われ当会が引取りをしてきました。しかし犬猫の多くは大田区の城南島に送られ「炭酸ガス処分」になっていました。長い年月を経て現在の収容頭数の減少になったのは東京都は「飼い主の適正飼育」の啓蒙、不妊去勢手術の徹底化、愛護団体育成の講習会、年1回の譲渡団体会議「全団体が参加義務あり」等の努力をしてきた賜物です。

一番感心したことは職員の仕事の速さ。今回の「贈呈式」に関しても参加不参加のお知らせの書面郵送、その後最初の時間と変更がありメールでの連絡後、更に電話での確認、最終的に書面での郵送。1つの業務に関してこれだけの慎重な仕事にはさすが「東京都」と思いました。スピーディーな仕事処理には感心してしまいます。また「殺処分0」に関しての解釈も適切に行われている事に同感しております。神奈川県も茨城県もあとに続いてもらえるように願います。
[2019/05/30 14:36] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム | 次のページ>>