TopRSS管理
6月の予定 ::::トップ固定記事::
■■7月の予定■■

掲載までしばらくお待ち下さい。



会場をご厚意でお貸しいただいております緑山霊園様に
譲渡会の問い合わせをしないようお願いいたします。




++++++++++++++医療費支援のお願い++++++++++++++++++++++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。
[2023/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
中国の若い活動家からも非難の声が
嬉しい事で中国の若い人からも「世界一残虐な犬肉祭り」に廃止の声が上がり皆で集結し食品局に出向いたそうです。韓国では「犬の屠殺は違法」という判決が今回出ました。少しずつ韓国は「犬食産業」が衰退に動いています。それも「キム、ナミ」さんたちの地道な活動の賜物です。

ムーンジェイン大統領も保護犬の里親様になられました。その嬉しい判決が出た6月20日は「記念すべき日」ではありますが、その翌日から「玉林市」でのこの野蛮な祭りが始まりました。世界中からこれだけ抗議の声が上がっていても開催するこの祭り。絶対に中止にさせるべきです。

日系活動家マークチンさんは今年もユーリンに運ぶトラックを止めて400匹の犬達を救いました。また殺された母犬から産まれた子犬はすでに切られていたそうです「なんと残酷なことを平気でする人間なのでしょう」。母犬は身重な体でどれだけ苦しかったことでしょう。また足を切断されたまま血を流し「流血させて出血死させるため」生きている犬達。立つことも出来ない「伏せの状態」小さな檻に入れられたまま殺されるまで水もエサも与えず路上に放置されている犬達。


「ユーリンの皆様」

もっと世界中の人が笑顔で沢山来てもらえるような楽しい祭りにしていきませんか?「犬猫肉」を食べなくても、いくらでも夏を乗り越える食材はありますよ。犬猫は今は世界中で「食物」ではなく「家族」です。私達は「家族である人間が食べられているような気持ち」で辛く心痛めてこの祭りの終わりを祈っています。


「超、拡散」という事で「ももこ姫」様23日のブログに皆様の声を届けるための送り先が出ています。1人の力が大きなうねりとなってきっと中国ユーリンの方々にも理解してもらえる日が来ることを願い当会としても声を上げて行きます。中国語が出来ないので今、ある方にお願いをして「愛護家、楊さんへの支援」の送り先も確認中です。日本の犬も中国の犬も同じ愛すべき家族です。中国の事だからどうでも良いとは思わないでください。皆様の愛犬愛猫と同じなのです。

ももこ姫様のブログをご覧ください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12385822228.html

[2018/06/24 15:20] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
犬猫収容数・殺処分実態反映しない神奈川県発表 ほど遠い「ゼロ」、誤解の恐れ
2018-6-22-1.png

2018-6-22-2.png

20108-6-22-3.png

2018-6-22-4.png
[2018/06/23 08:20] | 自治体 行政関連 | page top
【拡散希望7】私達が出来ることは
ユーリンの犬肉祭りが始まり2日前から犬達は屠殺されます。目の前で仲間が何度も頭をこん棒で叩かれ絶叫する場面と声を聴きながら怯える犬達。肉にされた犬達はペットの小型犬ばかりだったそうです。

レスキューした中で3匹は妊娠していて、そこで子犬を産まなくてよかったと。また弱っていた犬をお金で買いすぐに病院に運んだが、もう生きられる状態ではなく安楽死をさせたと書かれています。犬達がいかに酷い目にあわされ人間に殺されて食べられるという子の祭り。

血と糞尿まみれの屠殺場に潜入出来た活動家が撮影に成功。しかし犬達の絶叫する声が耳に残り「何とかこの子達を救ってあげたい」と強く思ったそうです。世界中で一番残酷なこの祭りを中止するための署名も25万以上集り中国政府に送るそうです。私達も中国政府に抗議、要望を送りましょう。手紙やメールではスルーされてしまう可能性があるため「ハガキ」が良いそうです。

送り先は



〒106-0046東京都港区元麻布3-4-33

駐日中華人民共和国大使館。中国大使館大使 程永華大使



「62円で救える命」になるよう1人でも1枚でも多くの方が送って下さい。

「動物愛護法の制定」「世界中から非難されるような祭りを行う事は中国の恥である」と言うような内容で犬猫を救えるために今私達が出来ることはこれしかありません。日本中の皆様、中国の苦しめられている犬猫達を助けて下さい。



「ももこひめ」様のブログ「6月22日」に詳細が出ています。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12385590327.html

拡散希望
[2018/06/23 08:08] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
いよいよ始まる玉林市犬肉祭り
6月21日から10日間犬猫達は子犬子猫も含み苦痛を与えられ虐殺され食される祭りが始まりました。世界中から抗議の声が起きても毎年行われる「地獄の祭り」。中国の愛護活動家やマークチンさんがユーリンに運ばれる犬猫をトラックを止めて警察に通報。犬達は「検疫証明書」「ワクチン接種証明書」が1匹ずつ付いていないと違法になるためトラックごと差し止められ愛護家たちが引き取り助けています。

今回も40時間も小さなケージに積み重ね押し込められ運ばれてきた犬達猫達はもうボロボロ、血が出ているイヌ、乱暴に扱われ骨折している子、死にかけている子、最後の時に苦しみを与え殺した方が肉が美味しくなるというような誤った考えから「生きたまま茹でる」「生きたまま焼き殺す」「生きたまま首つりさせ窒息死させる」「叩き殺す」等言葉に出来ないような虐待をされて肉にされていく犬猫達。

マークさんたちは400匹の犬猫達をトラックから助け出しました。多くは飼い主から盗まれて来た動物たちです。小さな命を救う手段がありません。現場で戦っている愛護団体様はどれだけ辛い苦しい思いをしながら助け出して下さっているのかと思いますと本当に何もできない歯がゆい気持ちで一杯です。

どうか皆様この現実を多くの方に知っていただき署名をお願いいたします。可愛い顔の犬猫達が救いを待っていますが全部の子は助けられません。助け出されたとしても弱っていて治療の甲斐なく死亡してしまう子も沢山います。今年もユーリンに数千頭の犬猫が運ばれ虐殺されます。

詳細は「ももこひめ」様のブログをお読みください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12385396079.html

神様、いらっしゃるならどうか助けて下さい。
[2018/06/22 09:41] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
【中国】犬数千頭を殺して食す「玉林犬肉祭り」 署名・嘆願先あり

【中国】犬数千頭を殺して食す「玉林犬肉祭り」 署名・嘆願先あり
動物救援隊 外交官 ももこひめ様より
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12384068121.html

各署名方法が掲載されています。
ご協力下さい。
宜しくお願いします。
[2018/06/20 15:21] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
葉山譲渡会のお知らせ
7月7日「七夕様」AM11時―PM2時。
葉山市役所前の「花の木公園」にて
神奈川県動物保護センター認可団体が参加して譲渡会が開催されます。

当会からは
ダックス「ラフィー」、
シーズー「テン」、
ミックス「キャリー」、
プードル「?」、
チワワ「もも次郎」、
黒子猫2匹、
未定ですが7月2日に関西からレスキューされてくる犬達の健康状態で数匹が参加予定です。
詳細は再度お知らせいたします。

[2018/06/20 15:02] | お知らせ お願い お礼等 | page top
譲渡会報告
2018-6-17j-010.jpg


梅雨の合間のお天気に恵まれた日曜日。開始時間より前から来場者様がぞくぞく来て下さいまして大急ぎで用意いたしました。お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。各お預り人の方がお見合いの対応をして下さいまして皆様熱心にお話を聞いていただき家族になる犬猫との対面に時間をかけて下さいました。

2018-6-17j-001.jpg

2018-6-17j-002.jpg


今回はトライアルに進む子達は
子犬「定春君」、
柴犬「すみれさん」、
プードルハーフ「サラちゃん」
シーズー「ククーちゃん」、
ミックス犬「アンジーちゃん」、
これから交渉段階が「マリオン」「マカロン」「風太」です。
お家の状況を再度お聞きし脱走、危険などを検討させていただければと思います。トライアルに進む前に良くお話し合いさせていただき「再募集」にならないようにしてあげることが犬達にとっても負担がない事と思います。そして失敗が無いようにお届けしたいと思っておりますのでどうぞご理解を頂ければと思います。

2018-6-17j-006.jpg

2018-6-17j-005.jpg

2018-6-17j-004.jpg

2018-6-17j-003.jpg

2018-6-17j-008.jpg


ものすごい来場者様で走り回っての応対でした。多くの方に「保護犬を家族に」というお気持ちが浸透しこれからも「ペットショップで買わない」ような社会になってほしいと願います。募金箱にご寄附を頂きました皆様、卒業犬達のご家族様、いつも当会を支えて頂いております皆様。本当にありがとうございました。



2018-6-17j-007.jpg

2018-6-17j-009.jpg



またバザー用品をお買い上げいただきました皆様、大切に犬猫達のために使用させていただきます。フード、首輪、リード、ペットシーツ、お菓子、日焼け止めクリーム等と私達の美容?にまでご心配していただき沢山の頂き物をいたしました。本当にありがとうございました。また今回ご縁が繋がらなかったご家族様、どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。


7月7日は「葉山市役所前、花の木公園譲渡会」。
また7月15日「緑山譲渡会」の2回開催予定です。どうぞ犬猫達に会いにいらしてください。
[2018/06/19 09:42] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
玉林市犬肉祭りの詳細
今年も6月23日から30日まで玉林市で犬達が虐殺され食する祭りが開催されます。
毎年世界中から非難の抗議が上がっても非公式で開催されるこの「地獄の祭り」。
多くは飼い犬が盗まれ肉にされています。

「アニマルアジアサポートグループBeckyのブログ」からお読みください。
https://ameblo.jp/animalsasiajapan/entry-12382310515.html

[2018/06/18 10:46] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
茨城センターの譲渡犬達
6月12日現在、家族を求めている子達が沢山待っています。
http://npo.seiken-joto.org/0-h300612.pdf

お申込みは当会のアドレスにお寄せ下さい。

※画像はサムネイル
0-h300612.png
[2018/06/18 06:13] | お知らせ お願い お礼等 | page top
キャリーさんの子供達
4月29日生まれ。メス、11月初旬に手術を受けて頂きます
。室内飼い、
子犬ですから里親様は50歳代ぐらいまでのご家族様を希望いたします。
留守番時間は3-4時間ぐらい。
3匹とも性格は大らかなゆったりとした子達です。寝ながら食器に口を入れてもぐもぐすることも。見ていてほっこりします。これもママのキャリーさんのゆったりと愛情深い性格で子育てが出来たことが大きな効果だったと思います。

後日保護犬リストに掲載します。

IMG_5164.jpg

IMG_5165.jpg

IMG_5166.jpg
[2018/06/15 18:50] | お知らせ お願い お礼等 | page top
「家族になろうよ」のダイジェスト放送!
6月14日(木) 朝8時15分~9時54分 NHK総合「あさイチ」の中の9時台のコーナー企画で放送予定「先日、こんな放送をしました」というダイジェストVTR(2分ほど)を放送します。短いですけど どうぞ御覧ください。
[2018/06/13 15:14] | お知らせ お願い お礼等 | page top
7月は2つの譲渡会
7月7日「土曜日」葉山市役所前の「花の木公園」にて神奈川県動物保護センターの認可団体の一部が譲渡会に参加致します。
当会も予定をしておりますので皆様とお会いできます事楽しみにしております。

7月15日「第3日曜日」は定例の「緑山サンデー譲渡会」を行います。詳細、参加犬は後日お知らせいたします。

8月は暑さのためお休みになりますのでどうぞ沢山の方の御来場をお待ち申し上げます。



[2018/06/11 08:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
懐こい親子の猫ちゃん家族募集
親子の猫ちゃんが現れました。毎日そこのお宅の庭でどこにも行かず懐こく見ています。
ドアーを開けると入って来てゴロニャンするという事を聞いてもどこかで飼われていて今回親子ともども遺棄されたのだと思います。梅雨に入り毎日雨になると可哀想なので保護いたします。

緊急で責任ある里親様を求めています。毛がふわふわのまん丸いお顔にクリクリの目が可愛い子供たちとママです。ママはエイズ検査をします。子供たちは今生後2か月ぐらいともいますので6か月の時に必ず手術を受けて頂けるご家族様を求めています。

2018-6-7-002.jpg

2018-6-7-001.jpg

2018-6-7-004.jpg

2018-6-7-003.jpg

飼い主申込みは当会HP「飼い主申込み」ページより
http://npo.seiken-joto.org





2018-6-19追記
母猫とキティちゃんは譲渡決定しました。

DgBBfgiUEAE3KyE.jpg
[2018/06/07 15:50] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
子犬の販売8週齢の法改正
多くの方々が三原議員などに要望をしていた今年の「動物愛護法改定」の中に繁殖業者からの繁殖子犬の売買月数を「8週齢まで親兄弟から離し移動は禁止」という法改正に11万名の署名が集まりました。しかし何という事でしょう。「8週齢規制」の事は議論にも上がっていないとの三原さんの話。反対しているのは業者で「8週まで親犬に子犬を付けていたら次の繁殖に支障が来る」と動物の福祉、健康を何も考慮していない考えです。

「マイクロチップの徹底化」を謳っているようですがそれも大切とは思います。しかしそのこと以上に「殺処分0」に向かうためには蛇口である業者の取り締まりを強化することが優先ではないでしょうか?繁殖に使われている親犬達の虐待に近い扱いは到底容認できることではありません。やはり「動物の事を根本から理解している議員さん」が立ち上がって下さらない限り何も改善はないでしょう。

人間側に有利になるような法律ばかりで何のために「動物愛護法改定」なのでしょうか❓でも諦めてはいけません。悪辣繁殖場を根絶するためにこれからも声を上げて行きましょう。そして「店頭販売」のペットショップで犬猫を買わない事。

下記に状況が掲載されていますのでお読みください。

三原じゅん子議員と面会 「8週齢は議論のテーブルにも上っていない」(三原議員)


[2018/06/05 17:01] | 自治体 行政関連 | page top
| ホーム | 次のページ>>