TopRSS管理
【お知らせ等】固定
■■7月譲渡会の予定■■

++「緑山譲渡会のお知らせ」++

上半期最後になります譲渡会を開催いたします。
2020-7-19j.png
7月19日「第3日曜日」AM11時—PM2時。
緑山霊園「合掌の杜」パーキング(横浜市青葉区奈良町2035-1)
※ 「あにまるサポートきずな様」は今回はお休みです。

但し「コロナ感染」が東京都で毎日増えて行っています。当会としましても万全を期して行いますが今回は全頭の参加は見送りお見合いなどでお話がある犬達、他頭数を制限しての開催といたします。入り口には「消毒液」を置いてありますので必ず付けて下さい。マスクの装着は厳守です。11時前はスタッフが用意のため動いておりますので会場内にはご案内のお知らせがあるまでは下の駐車場でお待ちください。また「緑山霊園様」に問い合わせのお電話は決してなさらない等、トラブルが起きないように宜しくお願い申し上げます。

参加予定の犬達

ポメラニアン「ムーン」
ミックス「ポッケ」
テリアハーフ「むく」、
シーズー「ココ」、
シーズー「リオ」、
柴犬ハーフ「カレン」、
プードル「サブレ」、
プードル「タルト」、
プードル「もも」、
Fブル「ルーシー」、
チワワ「幸太」
ダックス「ライム」
仔犬2匹譲渡会に参加です。オス1、メス1
の予定です。


ご来場者様の駐車は危険防止のため会場内スペースには上がって来ないようにお願いいたします。
2019-1-20j-001.jpg

o1920108014337557984-002.jpg

同伴されるワンちゃんは駐車場内を歩かせないように、また排泄の処理、脱走防止「リード、名札等の装着」等十分にお気をつけて楽しい譲渡会にしたいと思います。

スタッフは「ピンクのエプロン」「腕章」を付けていますのでご質問があります時はお声がけされてください。







「緑山霊園様」にお電話をして「譲渡会の有無」等をお聞きになることは絶対になさらないでください。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







+++ベアちゃん基金+++

2019-4-7-003.jpg
人懐こいベアちゃんが元気に楽しい生活が出来るようにどうぞ皆様、
ベアちゃんを助けてあげて下さい。お願いいたします。
詳細はこちら↓↓
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1977.html


 郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。

  ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名↓↓
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
「ベアちゃん基金」と明記をお願いします。


2019-9-24追記ベアちゃんの近況
門脈シャントのベアーちゃんはとてもいい子で元気に過ごしています。手術をして直してあげたいと思いましたが、大学病院の診察によると「可能だが手術中に何か起きても分からない状態です」と言われ今までどうしようかと考えてまいりました。
ある病院の先生からも今まで「多分7歳位」繁殖に使われながらも生命を維持してきたのであえて危険な手術をせずに薬で対処した方が良いのではとのご意見でした。
前にも里親様に引き取られましたポメラニアンの子も同じ先天性疾患でもう6年ぐらい心臓薬のみで元気にしています。そんな事でベアちゃんは手術せずに皆様のご支援をお薬に使用させて頂く事にいたしました。「ベアちゃん基金」ではなく「ベアちゃん支援」としてこの子が命ある限りケアーしてあげたいと思いますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

また本当に性格の良い子なので里親様として手を上げて頂ける方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。



+++医療費支援のお願い+++

いつも当会の保護犬達にお心かけていただき心より感謝申し上げます。

多くの犬達が皆様からの御寄附で有難く手厚い治療を受けさせていただき里親様の元へと送り出すことが出来ました。しかしこのところ病犬、長期の治療を要する子、手術が必要な子、里親様に出せず当会で終生保護をしていく子「看取り犬」などが増えてしまい当会の経済状態も深刻になってしまいました。

皆様にはいつもご支援いただきながらのお願いで大変恐縮でございますが何とか今の窮地を乗り越えることが出来るよう、「医療費支援」をお願い出来れば助かります。今回は多頭飼育崩壊などで行き場がなくなった子達の引き取りなどが重なり出費がかなり増えてしまいました。

郵便局振込 
  記号番号:00220-5-33668 
  口座名:NPO法人保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会

ゆうちょ銀行
      029支店 当座貯金 0033668
    口座名:NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会

どうぞ保護犬達に皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。



当会問い合わせのメールアドレスは
lovedogcatjp@yahoo.co.jp
こちらのアドレスにお願い致します。

お問い合わせ頂いたメールには必ず返信しています。
が・・・
当会パソコンからですと携帯メール先が受信しない事もあり 返信が届かない事あります。


[2021/08/08 10:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
急遽茨城へ子犬のお迎え
昨日8日は急遽子犬3匹のお引き取にチョコママさんと、初めての訪問のSさんが向かってくださいました。10時半過ぎには引き取り完了のメールにびっくり。いったい何時に出発したのでしょう。雨の中ありがとうございました。

2020-7-8-003.jpg


しかしこの子達とても似ていてどれがどれだか分かりませんが1匹の男の子はしっぽが皮膚炎を起こしていてセンターで治療して下さりエリカラを付けての引き渡しです。3匹は19日の譲渡会に参加致しますので良いご縁がありますように。
仔犬2匹譲渡会に参加です。オス1、メス1.1匹は皮膚炎なので治療します。

仔犬の条件は「室内飼い、生後6か月時に不妊手術を受ける、お留守番時間は4時間ぐらいまで、介護の時まで見て頂くために50歳代、60歳初ぐらいまでのご家族様、乳幼児のお子様がいらっしゃらない方」を希望しております。この子達を捨てた飼い主さん、母犬も可哀想と思いませんか?もう2度と出産しないように不妊手術を受けさせてください。命をゴミのように扱わないでください。

2020-7-8-001.jpg

2020-7-8-002.jpg


2020-7-8-004.jpg
[2020/07/09 20:05] | 動物収容センター | page top
後肢壊死のポピーちゃん
何があったのでしょう。右後肢はすでに腐ってウジがわき毛玉で足が繋がっていた状態。骨が出たままもげてしまいました。センターで処置して下さいましたが問題は左後肢。骨が見え皮膚は欠損、痛々しい赤い皮膚が裂けセンターでは消毒をして頂き命を繋いでくれました。

しかし骨が壊死してきたらその足も切断をしなければならないと言われていました。3本脚なら犬はどうにか歩く事は出来ますが後ろ足2本とも失ってしまったらこの子の行動範囲は無くなってしまいます。悩みましたがお引き受けし6月15日からK動物病院様で入院治療を開始。1日2回の消毒と皮膚再生の薬、保湿と包帯の巻替えに先生たちは尽力していただいております。

今日2週間ぶりに傷口を拝見させていただきました。びっくりです。あれほど痛々しい傷でブラブラの状態だった足は力を入れて立つことが出来ています。そして動けなかったときに出来た腰骨の飛び出したところの褥瘡はきれいに回復してきました。このままで上手くいけば切断しなくても良いかもしれないと嬉しいお言葉を頂きました。

2020-7-4p-004.jpg

2020-7-4p-003.jpg

2020-7-4p-002.jpg

2020-7-4p-001.jpg


先生は「普通に飼っていたらこんな状態にはなりません」と言う判断。虐待されたのか、事故で負傷しても放置されていたのか。いずれにせよこの子はどれだけの痛みを今まで訴える事も出来ずに堪えてきたのでしょう。段ボールに入れられ遺棄され、もう1匹のプードルも怪我はないまでも衰弱と栄養失調でセンターで点滴をし生き返りました。誰も段ボールの中に犬がいることに気が付かなければあの「京都餓死させられた犬達」と同じことになっていたでしょう。死んでも良いと言う気持ちで放置したであろう飼い主。センターにはこのような底辺の犬達が収容されてきます。

この子たちも以前でしたら「安楽死処分」と言う刻印を押される運命だったでしょう。しかし、茨城県動物指導センターでは車いすの犬、ヘルニアで立てない犬、衰弱している犬猫達等手厚く治療をして愛護団体へと繋いで下さっています。本当に有り難うございます。現在はまだ「殺処分0」には出来ませんがこうして生きられる命は私達へバトンタッチして下さっています。自治体の業務は一言で表す事が出来ない程過酷な仕事です。少しでもお手伝いできるように協力体制で活動していかなければならないと、心から痛感しています。センターから引き出す事だけが目標ではありません。「収容頭数減少」「適正飼育」「終生飼養」が達成できた時に真の「殺処分0」と言う言葉が認められるのです。ポピーちゃんはまだまだ入院ですが頑張っています。皆様応援よろしくお願いいたします。
[2020/07/04 15:04] | 放棄・虐待 | page top
引き離すのが悩みます。

ピーチとチコはなぜこんなに着いているのでしょう。
引き離すのが悩みます。
2020-7-4-1.jpg
[2020/07/04 13:35] | 気になること | page top
子猫のミルクボランティア募集
今の時期毎日のように乳呑児、離乳の子猫が収容されてきます。育てて頂ける「ミルク美ランティア」様を募集しております。7月1日現在茨城県動物指導センターで保護されているちび猫ちゃん達です。乳吞児は3時間おきの哺乳をしなければならずセンターの職員の方が夜9時ごろまでお世話をしそのまま自宅編連れ返ったりして命を繋いで下さっています。ご協力いただけます方がいらっしゃいましたら当会へお申し込みください。不妊手術の必要性を痛烈に感じます。

※画像クリックして拡大して下さい。
2020-7-2-1.jpg
2020-7-2-2.jpg


[2020/07/02 18:36] | お知らせ お願い お礼等 | page top
動物虐待の厳罰化の要請
公益財団法人「Eva」杉本彩様とスタッフの方々が森法務大臣様にお時間を取っていただき「動物虐待の現状」の話を聞いていただきました。当会も賛同団体として連名させて頂きました。昨今の「京都大量餓死事件」も愛護活動をしている人間が起こした前代未聞の虐待事件です。

しかしこのような事は必ず今後も起きると危惧しております。室内で行われている「多頭崩壊」「ネグレクト」「変質者により虐待」等皆様の身近で起きていてもなかなかか外には判明しにくい「動物虐待」と言う現状。私達愛護団体として声を上げていても、動物たちの「声なき声」を見つけてあげられないのが現状です。気が付いた時には命を落としてしまっているケースがとても多く、これは日本の「動物愛護」の資質の低さから起きた事と思います。それには「動物行政」の在り方が問われる問題だと、今回多くの団体様の声を法務大臣様に届けて頂きました。詳細は「Eva」様のブログをお読みください。

http://www.eva.or.jp/mori_moj

[2020/07/01 14:32] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
9匹兄弟姉妹の1匹
2011年10月12日に7匹の仔犬を引き取りました。この子たちは朝 委託会社の方が来た時に大部屋の中で母犬が9匹の子犬を生んで他の犬に咬まれないように必死でお腹の下に入れて守っていたそうです。お誕生日は9月15日ですが茨城のセンターでは普通子犬はすぐに処分になっていたところ母犬の収容期限が過ぎるまで親子を一緒にして下さっていました。

9匹の子犬達はママと一緒に個室に入れてもらいすくすくと大きくなりました。うーん9匹を引き取るのはすごく大変な上 母犬は野犬のようでまるで人馴れしていません。悩みました。その後2匹の子犬は死亡してしまい7匹の子犬を引き取った経緯があります。母犬も一緒に引き取りたかったのですが首輪もリードも付けられずリードを付けると咬み切ってしまう程でした。

仔犬を引き取ってから2か月間センターで母犬を少しでも慣らそうと努力していただきましたがまるで変化も見られませんでした。そんなに人間に恐怖を感じている子を無理やり人間社会になじませることは虐待に近い事になります。「あなたの子犬達は必ず幸せにするから」と言ってこの母犬は諦めました。

その中のシエルティー風の子犬ルビーちゃん「旧ベイジ」が昨日まで元気で飛び跳ねていたところ夕方下痢をしハーハー呼吸が早くなり動物病院に入院し先生から「落ち着いてきました」と言うご連絡があったのもつかの間、今朝急変して息を引き取ってしまったそうです。お庭で何かを食べてしまったのか原因も分からずお別れになってしまったと悔やまれていらっしゃいました。8歳10カ月の生涯を終えて行きました。

d868-0.jpg


青葉区のT様お知らせをありがとうございました。心の準備もないままのお別れでさぞ気落ちをされたことでしょう。今まで沢山いろいろなところにも連れていっていただき楽しい思い出をありがとうございました。兄弟姉妹犬達の「ドナテロ、ミケ、てんてん、ランラン、ベイク、アロマちゃん」は元気ですか?
[2020/06/30 16:51] | お知らせ お願い お礼等 | page top
京都犬猫大量餓死事件の署名

「わらわらわんわん」様のブログに署名を求めています。
https://ameblo.jp/peacepuccimani/entry-12606951590.html


今回起きた保護活動家「かあたん」事、Mの厳罰を求める署名があります。看取りとか老犬ばかりを引き取ると言う事は早く死んでほしい事が分かります。運ばれた時のままのケージに入れられミイラになって死んでいる犬猫達。「エサはやっていた」と言うならどうしてあそこまでやせ細っているのか?どれだけ苦しい寂しい時を経て命が終わって行ったのでしょうか?茨城、神戸、広島のセンターからの犬達も被害にあいました。

また繁殖場からの引き取り犬達、飼い主が飼えなくなった犬達。センターから引き出されなければ生きていられたはずの犬達。その無念の死が無駄にならないように多くの方の署名を求めます。日本の愛護活動のずさんさ、低レベルな資質が明るみになった例でしょう。これからは「センター譲渡の規約」も厳しく改定する必要がある時期になりました。いつも犠牲になるのは「犬猫達」なのです。

[2020/06/27 06:06] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
譲渡会の結果報告
21日の譲渡会には多くの方がご来場いただきましてありがとうございました。
良いご縁ばかりで正直悩みました。ただ今の状況で環境を変えることがマイナスになってしまう事も考えまして応募頂きました子で今回は見送ることにいたしました。

プードル「チコ」、パピヨン「アビー」です。

大変勝手で申し訳ございませんがご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
[2020/06/25 14:22] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
始まってしまった残酷犬肉祭り
毎年夏至に行われる世界一残酷な「玉林市犬肉祭り」がとうとう今年も21日から始まってしまった。中国当局は「犬猫は食物の中には入らない」とした5月からの条例を決めたはずがなぜユーリンだけこれに反し行う事が出来るのか。さすが人の面前で犬猫を虐殺する事はしないが陰で肉にされて行った犬達は同じように生きたまま苦しみを与えられ恐怖の中で肉にされていったのでしょう。

マークチンさんも現地入りし隠し撮りの画像を掲載しています。また10匹の子犬達はヒューマンソサエティーに助けられたと書かれています。小さな子犬まで生きたまま熱湯に入れて茹でてしまうなどこんなおぞましいことが中国では行われています。たまたま中国に生まれたためにこんな酷い目にあわされる犬猫達が今現在いる事も皆様知ってください。中国の愛護団体さんも「犬肉祭り」の前にはいろいろと動いているようですが、過激に行動をすると警察に捕まってしまうなど本当に気の毒だと思います。どこの国でも「犬猫を家族」と思っている国民は沢山います。世界中でこのような残虐な運命な犬猫達がいなくなることを今年も何もしてあげられない日本から神に祈ります。

「ももこ姫様」のブログからお読みください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12605880321.html

[2020/06/23 12:02] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
久しぶりの譲渡会
3カ月ぶりの譲渡会が無事に開催する事が出来ました。密を避けるため車と車の間にケージを置き来場者様が重ならないような対策を取りました。矢張り開場前からどんどん来場者様が来ていただきスタッフも走り回ってご用意いたしました。

2020-6-21j-1.jpg

2020-6-21j-2.jpg

2020-6-21j-3.jpg


沢山のお見合いをして頂き今後検討をさせて頂き「トライアル」に進む方にはご連絡差し上げたいと思います。1匹ずつの性格を良く考えてトライアルが失敗にならないように選別をしていきたいと考えております。ご縁が繋がらなかった方には本当に申し訳ございませんがまた今後とも宜しくお願い申し上げます。

曇り空でもやはり日が出てくると暑かったですね。参加犬達も頑張りました。
2020-6-21j-5.jpg

2020-6-21j-6.jpg




またいつも会を支えて下さっている皆様からのご寄附、物品のご支援、亡くなられたソル君のママがご挨拶に来られ素敵な遺影が入った盾を見せて下さいました。ソル君の足型が付いていました。小さな足でした。幸せに天国に行かれ良かったですね。ありがとうございました。

2020-6-21j-4.jpg


卒業犬達も幸せいっぱいでご挨拶に来てくれて嬉しかったです。皆本当に若返ってびっくりです。
2020-6-21j-7.jpg


皆様、楽しい譲渡会をありがとうございました。上半期の譲渡会は7月までで8月はお休みいたします。どうぞ来月もまた沢山の御来場をお待ち申し上げます。

[2020/06/22 12:22] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
素晴らしいマーブル君の旅立ち
マーブル君は茨城のセンターにいました。とっても大きな子で 出しても里親様が見つからないのではと思いましたが「もし見つからなければ家の子にします」と神奈川県のK様が言われセンターに会いに来ていただきました。この子は茨城の犬の捨て場になっている「神栖市」の野犬群れの捕獲が行われた時、捕獲檻に入っていて収容されました。ただ人馴れしていて青い首輪が付いていました。どこかで飼われていた飼い犬のようでした。

そしてセンターにお迎えに行くと「すみません、今朝網戸を破って譲渡犬舎から脱走してしまいました」と職員に言われました。見るとセンターの前の道路を走っています。「あっトラックにひかれる」と危ない場面にも遭遇。その日は諦め帰りました。そしてその後毎日マーブルはセンターに帰ってくるとの事。そして1週間後「捕まえました」と言う連絡があり再度お迎えに行った記憶があります。

この子は本当に素晴らしい子で当時小さなお子様が背中に乗っても怒る事もなく子守もしてくれました。そして11年の幸せな生涯を6月11日に終えて天国に行ったお知らせを頂きました。14-15歳になっていたと思います。当時は毎日のように収容頭数が多い為処分が行われていました。本当に助けてあげて良かったと思う子です。K様マーブル君を長い間ありがとうございました。小さかったお嬢様もこんなに大きくなられ年月の経つのが感じられました。マーブル君あなたは「素晴らしい茨城ブランド犬」でしたよ。

2020-6-21-1.jpg

2020-6-21-2.jpg



[2020/06/22 06:50] | お知らせ お願い お礼等 | page top
センター譲渡犬。6月19日現在
センター譲渡犬。6月19日現在 気になる保護犬がいましたら当会アドレスに質問をお送り下さい。窓口になります。

※画像は一部抜粋  
http://npo.seikenjoto.org/0-20200619-1.pdf0-20200619-1.png


特別な事情のある犬の情報
http://npo.seikenjoto.org/0-20200619-2.pdf



[2020/06/20 15:06] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
京都Mに犬猫を渡した方は警察へ連絡を
京都八幡で起きた愛護家による最悪な「ネグレクト」「虐待」「餓死」事件についてこのMに1匹でも犬や猫を渡した方は「八幡警察署」に情報提供をして下さい。どれだけの子達が犠牲になったかを知る証拠になるとのことで警察も動いています。20年にわたりこの容疑者Mは何匹の命を奪っていったのだろうか。そしてこの悲惨な状況になってもまだ引き取りをしようとしていたとの事。末怖ろしい頭数の犬猫達が無念の死を迎えて行ったことは今までにない酷い事件です。犠牲になった子達の供養のためにも警察への協力をお願いします。

1匹の犬と猫ちゃんの写真が掲載されています。その子を渡した方を探しています。心当たりの方は連絡をして下さい。今回の事件は決して「書類送検」等で終わらせてはいけない。これからも詳細を収集してお知らせいたします。犠牲になった多くの子達、どうか成仏してください。合掌。

詳細は「レナトス」様のブログをご覧ください。
https://ja-jp.facebook.com/chinatsu.irie0827/posts/3282976118429640?__tn__=H-R


[2020/06/20 14:33] | 保護、団体関連 | page top
プードル崩壊現場の犬達
今回の14匹崩壊現場の子を最終的には2匹をお引き取いたしました。

2020-6-18-1.jpg

2020-6-18-2.jpg

いつまでもこのように人間のお金に換えられる子犬を生まされ挙句の果てにごみのように捨てられていく繁殖犬達。「犬達には罪がない」と思っても頭をよぎるのは「この現実をいつまで容認していかなければならないのか」と言う事。このように放棄してもらえる子達はまだまし。多くは「引き取り屋」なる者に引き取られ最悪な最期を迎える犬達。

先日の「京都虐殺事件」も子猫を渡すときにMに30万円を渡して引き取ってもらったというブログを見た。このMも「引き取り屋」と同じ。そしてお金をもらえば早くに死んでもらった方が良いはず。その様な闇の世界に愛護団体が群がる。だから今回のこの子たちのように正統派の愛護団体に引き取られた方が幸運なのでしょう。放棄する人との交渉は本当に大変な作業がある。PAK様やりくりご苦労様でした。日本は真の「殺処分0」にはなりようがないのが現実なのです。

今日はトライアルのお届け後、藤沢に回りPAK様からプードル男の子2匹を責任をもってお預かりしてきました。幸せな未来があるようにご縁を繋いでまいります。昨日は茨城へ、今日は栄区と藤沢と忙しい毎日を同行していただきましたY様、ありがとうございました。
[2020/06/18 22:30] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム | 次のページ>>